FC2ブログ
 

花いっぱい 入笠山  H30.8.12(日)

   花を楽しみに入笠山に行ってきました。

平成30年8月12日(日)
【9:30 富士見パノラマ駐車場に到着】
準備をして、ゴンドラであがります。

【10:00 ゴンドラ山頂駅を出発】
案内板のあたりから花がいっぱい

ネジバナ
01nyukasa5nejibana - コピー 

リンドウ
02nyukasa5rindou.jpg

エゾカワラナデシコ02nyukasa5nadesiko - コピー

【10:10 入笠湿原】
山頂駅から花の写真を撮りながらのんびり歩くこと10分。
入笠湿原に着きました。

ワレモコウ
03nyukasa5waremokou - コピー 

マツムシソウ
04nyukasa5matumusiso - コピー 

ハナイカリ
05nyukasa5hanaikari - コピー 

コオニユリ
06nyukasa5kooniyuri - コピー 

シロバナコバギボウシ
07nyukasa5sirobanakobagibousi - コピー 

アザミには蝶  ヒョウモンチョウの仲間でしょうか
08nyukasa5hyomoncho - コピー 

サワギキョウ
09nyukasa5sawagikyo - コピー 

ここまで花の写真しか撮ってない…

入笠湿原で花を満喫し、山頂に向かいます。

トリカブト
10nyukasa5torikabuto - コピー 

御所平峠から少し急登。
一気に息があがりました。

【11:16 入笠山山頂に到着】
人が多いです。
11nyukasa5sachohyo.jpg 

残念ながら眺望はなし。

ゼリーを食べました。

薄っすらと諏訪湖が見えました。
12nyukasa5suwako.jpg 

50分ほど休憩して下山です。

【12:07 入笠山を出発】
ヘビイチゴ
13nyukasa5hebiichigo.jpg 
いっぱいありました。

シモツケソウ
14nyukasa5simotukeso.jpg 

入笠湿原に戻ってきました

雰囲気の良いところです
15nyukasa5situgen.jpg 

ツリフネソウ
16nyukasa5turihuneso.jpg 

階段を上る…
17nyukasa5situgen2.jpg 

ウメバチソウ
18nyukasa5umebachiso.jpg 

クサレダマがいっぱい咲いていましたが、写真を撮り忘れました

【13:16 山頂駅に到着】
19nyukasa5kanban.jpg 

売店でルバーブソフトを買って食べました
20nyukasa5rubabusoft.jpg 
甘酸っぱくて美味

ゴンドラで降ります。おしぼりを手渡してくれるのがうれしい。

下山後は、ゆーとろん水神の湯で汗を流しました。
洗い場がきれいになっていました。

帰りはかなりの渋滞でした。


ここのところ眺望に恵まれないなぁ…
スポンサーサイト
Home |  Category:長野県の山 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

金峰山 雷鳴にびびる H30.7.21(土)

金峰山に行ってきました。
4回目になります。いずれも大弛峠からのピストン
です。
奥秩父を代表する山だけあって、その眺望は
すばらしいものがあります。

先週の四阿山では、予想以上に歩けない自分がなさけ
なくなり、自信も喪失。今週はどうでしょうか…

下界では35度以上の予報ですが、2500mの稜線は
涼しいと期待して出発です。

平成30年7月21日(土)晴れのち曇り一時雷雨
【4:30 出発】
首都高、中央道は少し車が多いが、順調に。
勝沼ICを降りたあとも問題なく、7:40大弛峠に到着。
駐車場はいっぱい。長野側のダートにとめました。

駐車場は、線の中にちゃんととめればあと数台は
とめらます。後の人のことを考えてとめてほしいです。
もしかしたら、またテントをはっていたのかもしれません。
あいかわらず、マナーが悪い人がいるのは残念です。
トイレももう少しきれいに使えないのかなと疑問に思いま
した。

大弛峠 ナナカマドかな…色づいている葉がちらほら。季節を間違えてるのかな…
02kinpu4nanakamado.jpg

【8:02 大弛峠を出発】
01kinpu4odarumi.jpg 

登り始めからきつい。先週と同じだ。

すぐに、新コースになっていて、ジグザグに登る感じで傾斜が緩やかに
なっていました。
小さなアップダウンを繰り返していきます。

【8:40 朝日峠】
03kinpu4asahitoge.jpg 
坂を下ってくるとこのケルンが見えます。

ここで最初の山を越えたことになります。

山と高原の地図のコースタイムを8分オーバー。
う~ん…すでに体がだるい。
5分ほど休憩。

次は朝日岳を越えます。

【8:45 朝日峠を出発】
樹林の中を登ると30分ほどで露岩に出ます。05kinpu4asahirogan.jpg

富士山や南アルプスの景色がよいところですが、残念ながら雲が立ちはだかっています。
04kinpu4asahitemaekara.jpg 
夏の雲だ。これはこれで夏山っぽくていいけど。

ここでも少し休憩。

朝日岳山頂を目指して細かいアップダウン。

【9:40 朝日岳】
すでに疲れている。体力がない。

ここからは金峰山(右)が見えるが、残念ながらガスで五丈岩が隠れてしまった。
06kinpu4 asahikara   
 
【9:55 朝日岳を出発】
この先は急なガレ場。
06kinpu4asahisakigare.jpg

そのあとも下って結局、110m下ります。

帰りに登り返すのがつらいところ。

下りきると鉄山へ登る。山頂は北側を巻くのでありがたい。

最後登り切ると、賽の河原。
周りは真っ白で景色は見えません。

【11:29 金峰山山頂】
07kinpu4sanchohyo.jpg 

大弛峠から3時間27分。コースタイムを約1時間オーバーして到着。
すでに疲れがたまっていて、帰りが不安になりました。

三角点
08kinpu4sankakuten.jpg 

五丈石
09kinpu4gojyoiwa.jpg 
時折、ガスが五丈石を包み込む。

昼ご飯はおにぎりとそうめんとゼリー。食べられました。

何回来てもこの岩は不思議に思います。どうやって積みあがったのでしょうか…
10kinpu4gojyoiwa2.jpg 
景色が見えないので、みんな岩に登っている人たちを観察して、上まで登った
人がいると拍手が起こっていました。

五丈石の前には山梨百名山の山頂標がありました。
11kinpu4sanchohyo2.jpg 

かろうじて見えた千代の吹上
12kinpu4chiyonofukiage.jpg 

約50分休憩して戻ります。

【12:38 金峰山から下山開始】
来た道をを戻ります。

賽の河原から鉄山の巻き道に入ると雨が降り出しました。

あっという間に強雨に。急いで合羽を着て、ザックカバーをしました。

その後、雷が鳴りだし、だんだん近くなってきました。

鉄山を過ぎ、登りにかかると雷がすぐ近い感じに。稲光が光ると
木の間に身を隠しながら歩きました。

雷の怖さで歩く辛さが少なくなり、朝日岳手前のガレ場も登り切って
しまいました。

【14:10 朝日岳】
この辺りが、一番雷がごろごろ鳴っていて、怖かったです。
特に露岩で木がないところ。
様子を見ながら急いで通過。
後は樹林帯の中で、標高を下げていくので幾分、気持ちが
楽になりました。

【15:00 朝日峠】
雨の降る中、ずぶぬれで歩きました。

15:10くらいになると雨はほとんどあがりました。

田んぼのような道をとぼとぼ歩き、なんとか大弛峠に到着。

【15:50 大弛峠】

このあと鼓川温泉で汗を流し、帰宅しました。

それにしても、雷は怖い。

強雨のため、帰りは写真を撮れませんでした。


運動不足と体重増加の結果、まともに歩けなくなりました。
歩いていてもあまり楽しくなく疲れだけを感じます。
今後どうなることやら…


今回の記録はこちら
Home |  Category:奥秩父 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

四阿山 バテバテ…(悲  H30.7.15(日)

思うように出かけることができずに、
夏になってしまいました。
運動不足は極致に達し、体は大きくなるばかり…

さて、今回は群馬県と長野県の県境にある四阿山に
行ってきました。下界は40度にもなろうかという
猛暑の予報。
どうなることやら…

平成30年7月15日(日) 晴れ

【4:30 市川市を出発】
できたばかりの外環を使い、便利さに感激。

小諸から湯ノ丸高原を通り、嬬恋へ

【7:30 パルコール嬬恋駐車場に到着】
ゴンドラは8:00からなのでゆっくり準備

気温は22度。風はさわやかですが、暑くなりそうです。

【8:10 ゴンドラへ】
なかなか進まず、スタートするまでに時間がかかりました。
ゴンドラに乗ること15分で山頂駅に到着。

【8:37 山頂駅を出発】
山頂駅
01azumaya2sanchoeki.jpg

快晴だ

02azumaya2kanban.jpg
標高2050m

日差しが強い。
日焼け止めを用意せず…

最初はスキー場の連絡コースを歩く。

ニガナ
03azumaya2nigana.jpg 

リフト降り場を過ぎると登山道に入ります。

樹林の中を歩くとすぐにけっこう下る…
帰りに登るのかと思いながら下る。

その先は少し急なところがありますが、全体的には緩やかな稜線を歩いていきます。

この登山道は道幅が狭く、休憩適地が少ないです。
1時間以上歩いて少し休憩しました。

その後、体がだるくなってきました。

奥に見えるのが山頂かな…
04azumaya2tozando.jpg 

だんだん足取りが重くなり、ペースダウン

【10:03 茨木山分岐】
05azumaya2baragibunki.jpg 

ここまで1時間26分。
山と高原の地図のコースタイムは90分なので、それでもなんとか順調に歩いて
きました。

しかし、この時点で体はかなりきつくなってきていて、この先どうしようかなと
思い少し休憩。

一応、山頂に向かいました。休み休み歩き、クルマユリやゴゼンタチバナなど
花を見つけましたが、写真を撮る余裕もなく、黙々と歩きます。

途中で根子岳と北アルプスが見えました。
06azumaya2nekodake1.jpg
ここは風が心地よく、休みながら写真を撮れました。
根子岳の奥に白馬岳あたりが屏風のように見えています。

1か所目の鎖を過ぎると三角点があります。
07azumaya2sankakuten.jpg
お地蔵さんも健在でした。

2か所目の鎖場を登ると山頂です。

【10:46 四阿山山頂】
08azumaya2sanchohyo.jpg 

なんとか山頂に着きました。
茨木山分岐からコースタイム15分のところ36分もかかりました。
このコースを歩くのが1回目だったら途中で引き返してたかな
と思います。2回目だったので登れました。

群馬側の祠
09azumaya2hokora.jpg 
きれいになってる。

お昼ご飯にしますが、まったく食欲がありません。
まずゼリーを食べ、飲み物を飲む。ここまでで1リットルちょっと飲みました。
おにぎりを一つ食べておこうと思い、むりやり食べましたが、気持ち悪く
なりました。
軽い熱中症のような感じでしたが、汗はでているので、大丈夫かなと。

山頂から湯ノ丸山と烏帽子岳
10azumaya2yunomaru.jpg 

北アルプス
11azumaya2kitaapanorama.jpg 

志賀高原から草津方面12azumaya2sanchokara.jpg 

40分ちょっと休憩し、下山です。

【11:30 四阿山山頂を出発】
ところどころ開けます。

鹿島槍ヶ岳付近
13azumaya2kitaa.jpg 

湯ノ丸、篭ノ登山あたり
14azumaya2asama.jpg 

【11:59 茨木山分岐】
ここまでコースタイム10分のところ29分もかかっています。

気持ち悪さとだるさ、少し頭痛がして、足がなかなか前に出ません。

休み休み歩きます。

最後の登り返しがきつい。

なんとかスキー場に出た時にはほっとしました。


【13:50 山頂駅に到着】
15azumaya2kanban2.jpg 
コースタイム80分にところを1時間51分かかりました。

無事についてよかったです。一緒に歩いてくれた友人に迷惑をかけてしまいましたが
助かりました。

運動不足と体重増加に暑さが加わり、どうにもひどい登山でした。

今後、歩けるか不安しか残りませんでした。

帰りは、バラギ温泉湖畔の湯へ。
JAF割引で400円。お湯が熱い。エアコンがないので出たあとまた汗をかいてしまうので、
すぐに車に戻りました。

渋滞もあり、疲れました。

今回の記録はこちら
Home |  Category:群馬県の山 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

西上州の名山 御荷鉾山を歩く H30.6.2(土)

 山を全然歩いていないし、体力的にもだんだんおとろえてくる
今日この頃。ちょっと歩く自信がなくなってきました。

そんなんでそんなに大変じゃないけど景色のよさそうな山で
まだ行ってないところ…
そんなんで御荷鉾山に行ってみることにしました。

御荷鉾山は東御荷鉾山と西御荷鉾山の2つのピークがあります。
今回はその鞍部の投げ石峠に車をとめて、ピストンで両方とも
登る予定です。

平成30年6月2日(土) うすぐもり
【4:30 市川市を出発】
今日は外環が開通する日ですが16:00なので
今まで通り三郷南まで行ってから外環に入ります。
市川北ICができるので、関越、東北、常磐のいずれもとても
便利になります。

渋滞もなく、到着

【7:45 投げ石峠に到着】
路肩に駐車しました。先着1台ありました。

準備してカメラを取り出し、現在の気温を撮影しようとしたら
画面がまっくら。シャッターもきれません。
何度もスイッチを入れたり切ったりしてもだめ。レンズを付け替えても
だめ。本体がダメなようです。
そういえば、前回の飯盛山の時に、駐車場に戻って車にしまうときに
アスファルトに落としてしまったんだ。たぶんその時に
おかしくなったと思われます。
仕方ないので、スマホで撮影です

そんなことをしていたら7:20になってしまいました。

【7:21 投げ石峠を出発】
01mikabonageisitoge.jpg

まずは標高の高い西御荷鉾山から登ります。

草が生い茂るのをかき分けて登山道へ。
少し痩せた道を歩くと、その後、前半は階段。
02mikabokaidan.jpg 
こんな感じで、しばらくは雑木林と松や杉が混在する階段を登ります。
けっこう急で疲れる。

少し緩くなったと思うと、今度は植林された杉の中をジグザグに登る。
ここもちょっと急。

杉林が終わり、傾斜が緩くなるとあら山頂でした。

【8:04 西御荷鉾山(1287m)】
03nisimikabosancho.jpg 

三角点
04nishimikabosankakuten.jpg 

山頂には不動明王
05nishimikabofudo.jpg  
信仰の山なんですね。

山頂は木が刈られ広くなっています
10nishimikabosancho.jpg

南面、北面が開けていますが、北面はガスっていて何も見えませんでした。

南側の景色
真南くらいでしょうか…正面に雲取山が見えます
06nishimikabokara1.jpg  

真ん中少し左の3つのピークが見えるのが、甲武信ケ岳、三宝山
07nishimikabokara2.jpg 

真ん中に小川山  その左を緩やかに上がったところに金峰山
09nishinmikabokara3.jpg 

パノラマ
11nishimikabopanorama1.jpg 

だれもいない山頂で写真を撮ったり、おにぎりを食べたりしました。

【8:25 西御荷鉾山を出発】
どんどん下る。

登りの半分以下21分で下山しました。

【8:46 投げ石峠に戻る】
12mikabo1nageisitoge2.jpg 

100mほど舗装路を歩くと東御荷鉾山の登山口があります。

【8:48 東御荷鉾山登山口】
13higashimikabotozanguchi.jpg 

東御荷鉾山のほうが距離が少し長く、標高が少し低いので楽なのかと思いきや…
いきなり急。滑りやすいのでロープがついています。
しばらく急な斜面をジグザグに登る。

その後はちょっとしたアップダウンがありますが、釜伏山と東御荷鉾山の鞍部までは
小ピークを巻きながら緩く登っていきます。

新緑がきれいで、癒されます。
14mikabo1sinryoku.jpg 

鞍部からは少し急になり、岩が出てくるとあと一息
15mikabo1iwa.jpg

傾斜がほとんどなくなると山頂です。

【9:45東御荷鉾山(1246m)】
16higasimikabosancho.jpg 

三角点
17higasimikabosankakuten.jpg 

花が少し
18mikabo1hana.jpg

こちらにもお不動さん
 19higashimikabofudo.jpg

 山頂は狭い。ラーメンを食べようと思いましたが、狭くい、虫が多いので
やめました。

山頂からの景色は南側のみ。西御荷鉾山からの景色と変わりません。

武甲山(左)が見えました。 右は大持山
20mikabo1bukosan.jpg  

おにぎりを食べて下山です。

下山は、つま先が痛くなり、ゆっくりペース
靴ひもをきつく締めなおせばよかったかな。体重がつま先にかかってしまい
どうすることもできませんでした。

【10:45 投げ石峠に到着】
21mikaborindowakip.jpg 

この程度でももがプルプルしているようでは、アルプスは厳しいなと感じました。
普段、ぜんぜん歩いてないからいかんのはわかっていますが…

新緑は目にやさしく心地よかったです。これで虫の羽音がなければ最高なんですけどね。

人が少なく、静かにのんびり歩ける良い山でした。
ニッコウキスゲのころがよいみたいですが、ちょっと暑そうです。

歩行距離 約4.7km
累積標高差 約585m

今回の記録はこちら
Home |  Category:群馬県の山 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

絶景 飯盛山 H30.5.2(火) 

すっかり山から遠ざかってしまいました。

今回は妻が一緒にいくのでお手軽で展望のよい山ということで
飯盛山に行ってきました。

全国に飯盛山はありますが、今回行ったのは長野県の野辺山と山梨県の
清里の間にある山です。山自体は長野県になります。

天気予報では午前中なら大丈夫とのことなのですが…

平成30年5月2日(火)曇り時々雨
【5:00 市川市を出発】
首都高も中央道も混雑なし。
順調に走れました。

【7:30 平沢峠に到着】
トイレがシャッターで閉ざされていました。
仕方ないので野辺山駅へ。

【7:45 平沢峠に再度到着】
トイレをすませて戻ってきました。

目の前には八ヶ岳がドーンと見えます
01mesimori1hirasawatogekara.jpg 

後で曇って写真が撮れないと残念なので、取りあえず写真撮影

赤岳
02mesimori1akadake.jpg 


【8:00 平沢峠を出発】
登山口の地図
03mesimori1map.jpg

前半は樹林の中を登ります。
ところどころちょっと急なところがありますが、全体的には緩やかです。

平沢山と巻き道の分岐を過ぎると視界が開けます。
富士山だ
04mesimori1fuji1.jpg 
一気にテンションがあがります。

南アルプスの山々
05mesimori1nana.jpg 

飯盛山の山頂部も見えました。
06mesimori1sanchomieru.jpg 

ここからは片側が切れている斜面を歩きます。
その分、景色がいいです。

このあたりはマメザクラがたくさん咲いていました。
07mesimori1mamezakura1.jpg 
飯盛山と富士山
08mesimori1mesifuji.jpg 

マメザクラ
09mesimori1mamezakura2.jpg 
淡いピンクがきれいです

飯盛山と富士とマメザクラ
10mesimori1mmesifuji2.jpg 

ここで雨が降ってきました。
予報では大丈夫そうだったのですが…



【8:52 飯盛山(1643m)】
雨が降る中山頂に到着
11mesimori1sancho.jpg 

雨でも景色はいいです。

山頂からは360度の絶景です。
八ヶ岳はもちろん、南アルプス、富士山、奥秩父、浅間山など多くの山が
見渡せます。

金峰山
12mesimori1kinpusan.jpg 

瑞牆山
14mesimori1muzugakiyama.jpg 

瑞牆山と金峰山
15mesimori1mizugakikinpu.jpg 

北岳
13mesimori1kitadake.jpg 

富士山
16mesimori1fuji2.jpg 

茅ヶ岳と富士山
17mesimori1fujikaya.jpg 

木曽駒ケ岳は頭のほうのみ見えます
18mesimori1kisokoma.jpg 

雨が降っているので、写真だけ撮り、お茶もせずそのまま下山。

【8:57 下山開始】
八ヶ岳

19mesimori1yatu.jpg 
ちょっと霞んできました。

同じ道をひたすら戻る。

【9:44 平沢峠に到着】
20mesimori1hirasawatogep.jpg 
雨はあがりました。

山頂手前から樹林に入るあたりまでが雨でした。残念。

でも、景色は良かったです。久しぶりのハイキングにはちょうどよかったかな。

このあと清里にある丘の公園の天女の湯につかり、中村農場へ。
11時少し前に到着し、10番目。すぐにまわってくると思いきや、
40分待ちました。

親子丼大盛を食べました
21mesimori1oyakodon.jpg 
おいしかった♪

3時過ぎには自宅につきました。

歩行距離 約4km
累積標高差 約245m


今回の記録はこちら
Home |  Category:長野県の山 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: