絶景 佐久の幽巒 御座山 H29.6.4(日) 

絶景だけど人が少ないとの情報があり、これまで何度も
候補に挙げていた山、御座山。登山口までのアプローチが
長く、後回しにしていました。
今回は朝早起きしていくことにしました。

平成29年6月4日(日) 晴れ
【2:40 市川市を出発】
行きは中央道・長坂ICから南相木村の栗生登山口へ。
途中、双葉で朝ごはん。コンビニでおやつを購入。

八ヶ岳高原大橋から絶景だったので撮影
甲斐駒
01hasikaikoma.jpg 

八ヶ岳
02hasiyatsu.jpg 

5:50に登山口に到着です。

【5:50 栗生登山口に到着】
先着は3台でした。
03kriup.jpg 

【6:00 栗生登山口(1420m)を出発】
04oguratozanguchi.jpg 

最初は涸れた沢沿いを歩きます
05oguratozanguchi2.jpg 

少し歩くとからまつの新緑がきれい
06ogurakaramatsu.jpg 

きれいな新緑の中をひたすら登る
このコース、ほとんど展望がありません。
ひたすら登る

【6:45 不動の滝(1700m)】
07ogurafudonotaki.jpg 
水量は少ないけどちょっとしたオアシス

滝から少し上ったところに展望スポット
08ogurakitadake.jpg 
遠くに北岳かな

このあと展望のない道をジグザグに急登

ちょっと離れたところでガサガサ音が…
振り返って見たけど何かは確認できず…熊か鹿か…
しばらく静かにしていましたが、わからず。

トウゴクミツバツツジ
09oguratutuji.jpg 
けっこう咲いてました

さらにちょっと登るとスミレがいっぱい
11ogurasumire.jpg 

山頂まで500m
12ogura500m.jpg 

この先鎖・ロープが待っています

鎖がきた
13ogurakusari1.jpg 
登りは鎖なしで行けます

木の根っこを利用してどんどん登る
14ogurakusari2.jpg 

途中、金峰山、瑞牆山の展望スポット
15oguraokutitibu.jpg 

金峰山 五丈石が大きい
16ogurakinpu.jpg 

瑞牆山
17oguramizugaki.jpg 

登りきると

【7:55 御岳神社(2050m)】
18oguramitakejinjya.jpg 
安全を祈りました

ここからいったん下ります

鎖・ロープの急斜面
19ogurakusari3.jpg 
ちょっと下りにくい

ここを下ると鞍部
山頂の岩壁が見えた
20ogurasanchomieru.jpg 

この先、シャクナゲがちらほら
21ogurasyakunage1.jpg 

コイワカガミ
22ogurakoiwakagami.jpg 

【8:26 避難小屋(2105m)】
23ogurahinankoya.jpg 
きれいな避難小屋

ここを過ぎると山頂までは絶景の岩尾根

八ヶ岳が大きい 雲がかかっているのがちょっと残念
24ogurayatu2.jpg 

南アルプスはきれいに見えています
25ogurqananna.jpg 

岩尾根の奥に山頂標が見えます
26oguraiwaone.jpg 

左側は絶壁。のぞいたらやばい。

【8:33 御座山(2112m) 山頂】
27ogurasancho1.jpg 
景色最高です 山頂にはだれもいません 山頂を独り占め

北岳 
28ogurasanchokitadake.jpg 
北岳の左手前に鳳凰三山の地蔵ヶ岳

甲斐駒ケ岳
29ogurasanchokaikoma.jpg 

八ヶ岳・権現岳あたり
30ogurasachoyatu1.jpg 

北八ヶ岳
31ogurakitayatu.jpg 
右に蓼科山、その左に北横岳

ギザギザ両神山
32ogurasanchoryokami.jpg 

はるか遠くに筑波山
33ogurasanchotukuba.jpg 

山頂付近にシャクナゲがいっぱい
34ogurasanchosyakunagae1.jpg 

硫黄岳
35ogurasanchoioudake.jpg 

金峰山・五丈石
36ogurasanchokinpu.jpg 
右は千代の吹上

シャクナゲがきれい
37ogurasanchosyakunage2.jpg 

山頂で写真を撮ったり、おやつを食べたりして30分過ごしましたが、
だれも来ませんでした。

【9:03 御座山を出発】
もと来た道を下山します。

【9:07 避難小屋】

【9:29 御岳神社】

【10:22 不動の滝】

【11:09 栗生登山口】
帰りはけっこうな人とすれ違いました。
早出にかぎりますね。

この後、南相木村・滝見の湯へ
450円と安い。泉質はまあまあ。設備はきれい。

天ざるを食べました
38 aikitenzaru 
おそばがおいしかった。ビールが飲めれば最高ですが、車なので我慢

バッジを購入
39ogurasanbadge.jpg


帰りは佐久南ICから関越経由で帰りました。
15:30には帰宅。楽しい山行でした。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:長野県の山 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

ちょこっと房総のマッターホルンへ 5回目の伊予ヶ岳 H29.5.16(火)

年に数回しかない平日の休み…
朝起きてお日様がでたので、ちょこっと歩きに行くことに
どこにするか…
岩場も楽しみたいので伊予ヶ岳に 決定です

平成29年5月16日(火)くもり
8時過ぎに自宅を出ましたが京葉道路までが混んでました。
平日の8時過ぎに車に乗ることがないので渋滞にはまいり
ました
それでも京葉道路に入るとすいすい。

【10:10 伊予ヶ岳登山口に到着】
けっこう車がとまっていてびっくり。これまでは休日でも
2,3台だったので…

【10:16 駐車場を出発】
平群天神社の狛犬さんに見送られて出発
01iyo5komainu.jpg

平群天神社
02iyo5jinjya.jpg

【10:18 伊予ヶ岳登山口】
03iyo5tozanguchi.jpg

伊予ヶ岳の山名の由来が書いてあります
04iyo5kanban.jpg

花がけっこう咲いてる

あざみ
05iyo5azami.jpg

へびいちご
06iyo5ichigo.jpg

【10:35 富山分岐】
07iyo5tomisanbunki.jpg

ここから少し急に

【10:43 展望台】
東屋が建っていて休憩できます
08iyo5azumaya.jpg

つつじ
09iyo5tutuji.jpg

展望台から
富山
10iyo5tomisan.jpg
雲行きが怪しい

この先は岩場
低山ながら楽しめる

最初のロープ
11iyo5rope1.jpg
登りはロープを使わないでも登れる

しばらくロープのついた岩場を登る

最後に鎖場



12iyo5kusari.jpg
登り切ると山頂です

登りはロープ・鎖なくてもOKです

【10:55 南峰山頂】
13iyo5sancho.jpg

御殿山
14iyo5gotenyama.jpg

鋸山
15iyo5nokogiriyama.jpg

平群の集落
16iyo5heguri.jpg

低山ながら景色は良い
晴れてれば富士山がきれいなんですが…残念です






軽く休憩して下山
今回は雲行きが怪しいので三角点のある北峰はパス

【11:08 下山開始】

11:25 展望台
11:33 富山分岐
11:49 登山口

【11:50 駐車場に到着】
無事に下山しました

このあと金谷で温泉
昼ご飯
刺身 1100円
18iyo5sasimi.jpg

アジフライとエビフライ定食 750円
19iyo5fry.jpg

ぜいたくにお昼を食べました

ちょっとした岩場のトレーニングになりました


今回の山の記録はこちら
Home |  Category:千葉県の山 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

美し森山は本当に美しかった 清泉寮もお散歩 H29.4.23(日)

ちょこっと歩こうということで清里に行ってきました。

平成29年4月23日(日)快晴
【7:40 八ヶ岳美し森ロッジ駐車場を出発】
まずは水芭蕉を見に行きます

駐車場から美し森山方面に5分ほど下ったところに
水芭蕉の群生地があります

咲いているか…
01utukusimizubasyo1.jpg  

咲いていました
02utukusimizubasyo2.jpg

03utukusimizubasyo3.jpg

美し森山の山頂へ

【7:55 美し森山】
11utukusimorisancho.jpg

山頂には額縁があります
のぞくと…
きれいに富士山が見えます
04utukusigakubuchi1.jpg

反対側からのぞくと…
八ヶ岳が見えます

富士山がきれい
05utukusifuji1.jpg

振り返ると赤岳
06utukusiakadake1.jpg

南アルプスの山々もきれい
07utukusinana1.jpg

北岳
08utukusikitadake1.jpg

甲斐駒ケ岳
09utukusikaikoma1.jpg

赤岳の山頂に頂上小屋が見えます
10utukusiakadakesancho.jpg

さらには金峰山
12utukusikinpusan.jpg
五丈岩がはっきり見えます

もう1回富士山
13utukusifuji2.jpg

八ヶ岳
14utukusiyatugatake.jpg

【8:00 美し森山を出発】
来た道を戻り、羽衣の池を目指します

駐車場のところまでは緩い登り

駐車場を過ぎると…

階段が始まります



15utukusikaidan.jpg
この階段がマイクロハードルみたいになっているので、乾いていれば木の上を
歩いたほうが楽。

【8:19 羽衣の池】
16utukusihagoromonoike.jpg
地味な池だった

池の周りをまわって駐車場に戻りました。

【8:35 駐車場に到着】

車で清泉寮に移動です

【8:50 清泉寮】
17seisenryofuji.jpg
左に茅ヶ岳(正確には金ヶ岳かな)、そのすぐ右に富士山

清泉寮
18seisenryogongendake.jpg
権現岳(右)と三ツ頭(左)が美しい

富士山とせせらぎの小径を歩いて展望テラスに向かいます

やまねミュージアムのすぐ右側を歩いていきます(間違えやすい)

ウッドチップが敷かれたふかふかの道
19sensenryoyuhodo.jpg
気持ちよく歩けます

せせらぎ
20seisenryosawa.jpg

15分ほどで展望テラスに到着
21seisenryotenboterasu.jpg

まだ牛は放牧されていませんでしたが、絶景です

茅ヶ岳と富士山
22tenboterasufuji.jpg

金峰山
23tenboterasukinpusan.jpg

紅茶を入れ、一休み
最高です

休憩後は牧草地に沿ってファームショップまで下りました
ファームショップを見て、パン工房へ
おいしそうなパンを買って、ゆるゆる登って清泉寮に戻りました

こんな絶景を眺めながら歩けます
24seisenryoyatugatake.jpg

清泉寮に戻ったら定番のこれ
25seisenryosoft.jpg
おいしい

お昼ごはんはお蕎麦

さと
26kiyosatosato.jpg

天ざるを食べました
27kiyosatosatotenzaru.jpg
おいしい

丘の公園で温泉に入り、帰ろうかと思いましたが、
須玉にある三代校舎の桜がきれいみたいなので
寄ってみることにしました

三代校舎は明治、大正、昭和の校舎が建っていることから呼ばれています
津金学校が廃校になり、その建物を活用したもので、資料館、レストラン、
パン工房などがあります

28 tuganesakura
立派な桜

29tuganesakura2.jpg
きれい

明治校舎 資料館になっています
30tuganemeiji.jpg

校舎の前から
31tuganesakura3.jpg

せっかくなので中に入ってみました
32tuganesiryokan.jpg
教室が再現されています
学校で使われていたものが展示されていて懐かしさを感じました

窓からは桜
33sakuratokaikoma.jpg
甲斐駒ケ岳がかっこいい

桜と甲斐駒ケ岳
34sakuratokaikoma2.jpg

急な階段を上がり、一番上の太鼓楼まで登りました
和太鼓がつるしてあり、たたいて時を告げていたとのことです

すばらしい眺め
35tuganemadokara.jpg
南アルプスが一望です

学校の前からは八ヶ岳が一望
36tuganeyatugatake.jpg
こんなところで勉強できたら幸せですね

天候に恵まれ絶景を楽しめました

今回の山の記録はこちら










Home |  Category:お気楽ハイキング |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

大菩薩嶺 富士山を眺める H29.4.16(日)

3月から山に行った日以外は土日もお仕事をしなければ
追いつかない忙しさ…
やっと山に行けました。

平成29年4月16日(日)晴れ
【3:45 市川を出発】
渋滞もなく、すんなり到着

【5:45 上日川峠に到着】
さっさと準備をして出発です。

【5:50 上日川峠を出発】
01daibosatu7kaminikkawatoge.jpg
福ちゃん荘までは登山道と車道が並行していますが、
朝早いので凍っているうちに登山道を歩きます。
とけると泥んこ祭りが開催されそうなので。

【6:10 福ちゃん荘】
02daibosatu7fukuchanso.jpg

唐松尾根を登ります

しばらく登ると樹間から南アルプスの山々が見えました
03daibosatu7nana1.jpg
テンション、あがります

さらには富士山
05daibosatu7fuji1.jpg
大菩薩嶺は7回目ですが、今回が一番の天気かも

凍っているところもちらほらある
04daibosatu7karamatuone.jpg

ごそごそっと音がしたと思ったら鹿が転んでた

で、逃げていった鹿がこっちを見ている
06daibosatu7sika.jpg

人間に驚いて転がったと思われます

ひいこら登って雷岩に

【7:10 雷岩】
この先は凍っているので4本のアイゼンを装着
こういう時には簡単で便利…実際はあんまり使うときはありませんが…
07daibosatu7tozando1.jpg
こんな感じが続きます
ところどころつるんつるん

【7:24 大菩薩嶺 山頂】
08daibosatu7sancho.jpg
写真だけ撮って雷岩に戻る

こんな感じを下る
09daibosatu7tozando2.jpg
アイゼンがないと滑る

【7:32 雷岩】
戻ってきて休憩
10daibosatu7kaminzariiwa.jpg
ラーメンにしようか迷いましたが、風がけっこう強かったのでおにぎりとパンを食べました。

雷岩から
富士山と大菩薩湖
11daibosatu7fuji2.jpg

南アルプス
12daibosatu7nana2.jpg
夜景もきれいそう

甲斐駒ケ岳
13daibosatu7kaikoma.jpg

仙丈ケ岳
14daibosatu7senjo.jpg
また登りたい
左手前が鳳凰三山の地蔵岳

右から北岳、間ノ岳、農鳥岳
15daibosatu7kitadake.jpg
この稜線も歩いてみたい 3000mの空中散歩

【7:52 雷岩を出発】
稜線は泥んこ一歩手前

お気に入りの岩のところで富士山
16daibosatu7fuji3.jpg

【7:57 標高2000m】
17daibosatu72000m.jpg

この景色が最大の魅力
18daibosatu7ryosenfuji.jpg

稜線は泥んこ一歩手前 昼ころには泥んこ祭りが開催されそうです
19daibosatu7ryosen1.jpg

賽の河原の避難小屋が見えた
20daibiosatu7oyasirazumiru.jpg
左下に小屋があります

【8:11 賽の河原】
21daibosatu7sainokawara.jpg

ここから親不知の頭へちょっと登る
22daibosatu7oyasirazuhenonobori.jpg
おっ、飛行機が飛んでる

【8:15 親不知の頭】
歩いてきた稜線を見る
23daibosatu7oyasirazuryosen.jpg
この伸びやかな稜線が好き

景色、最高です
24daibosatu7fuji4.jpg

親不知の頭から
八ヶ岳 赤岳、権現岳、編笠山が見えます 横岳もちょこっと見えます
25daibosatu7oyasirazuyatugatake.jpg

金峰山
26daibosatu7kinpusan.jpg

五丈石を確認
27daibosatu7gozyoiwa.jpg

10分ほど撮影しました

富士山と反対側には奥多摩の山々
29daibosatu7okutama.jpg

山の名前を確認
30daibosatu7okutamasanmei.jpg

介山荘が見えました
31daibosatu7kaizanso.jpg

【8:32 大菩薩峠】
32daibosatu7touge.jpg

小地蔵さん
33daibosatu7jizo.jpg

あとは下るのみ
34daibosatu7tozando3.jpg
ところどころ凍っています

鳥 たぶんカケスではないかと
35daibosatutori1.jpg

もう一枚
36daibosatu7tori2.jpg

沢でアイゼンを洗いました



【9:16 福ちゃん荘】
歩いた稜線を見上げる
37daibosatu7fukuchankara.jpg

【9:31 上日川峠】
無事に到着です
38daibosatu7hasura.jpg

大菩薩の湯につかり帰宅しました

何度歩いても楽しい山です

バッジを購入
39daibosatubadge7.jpg

今回の山の記録のページはこちら

Home |  Category:大菩薩 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

浅間隠山に大きな浅間山を見に行く H29.3.20(月)

三連休最終日、渋滞に巻き込まれたくないので
サッと行ってサッと帰ってきたい、景色を楽しみたい、
雪も踏みたいということで、浅間隠山に行くことにしました。

平成29年3月20日(月)快晴 だけど 春霞
【3:50 市川市を出発】
渋滞はなく、関越道・前橋ICで降りて約50km、
無事に到着。

【6:45 浅間隠山登山口(二度上峠)に到着】
01asamakakusi2p.jpg
一番のりでした

【6:58 浅間隠山登山口を出発】
02asamakakusi2tozanguchi.jpg

雪と土が交互に出てくる感じの登山道を登ります

登り始めて15分、雪の狭い道が見えたのでアイゼンを装着しました。



03asamakakusi2aizen.jpg
装着に6,7分かかりました

さくさく雪の道を歩く。気持ち良い。
04asamakakusi2tozando1.jpg

地の声…前回も思ったけどどういう意味なんだろう…
05asamakakusi2chinokoe.jpg

何の足跡だろう…きつね?急な斜面を下っていってました
06asamakakusi2asiato1.jpg

こっちは何かな…
07asamakakusi2asiato2.jpg

わらび平キャンプ場からのコースとの分岐を過ぎると
気持ちの良い尾根道になります。

青空のもと雪道を登ります
08asamakakusi2one1.jpg

左手には木の間から浅間山が見えます
09qsamakakusi2asama1.jpg

あと少し 青空に向かって登るのがうれしい
10asamakakusione2.jpg





山頂標が見えました
11asamakakusi2one3.jpg

【8:28 浅間隠山1757m】
12asamakakusi2sancho.jpg
浅間山をバックに

三角点
13asamakakusi2sankakuten.jpg

浅間山
14asmakakusi2asmayama.jpg

噴煙が上がっています
16asamakakusi2asamaup.jpg

草津白根山
15asamakakusi2sirane.jpg

左から東篭ノ登山、西篭ノ登山、湯の丸山、角間山
17asamakakusi2kagonotoyunomaru.jpg

残念ながら北アルプスは見えず
八ヶ岳や谷川連峰は肉眼ではうっすら。写真はきれいに撮れませんでした。
春だなと感じました。

【8:58 山頂を出発】
滑らないように気を付けながら下山

【9:49 登山口に到着】
 
せせらぎの湯で汗を流し、帰宅しました。

18asamakakusi2seseragi.jpg
茶色のお湯です

1か月ぶりのハイキング。
雪山ハイキングも終盤になってきました。
雪山おさめに残雪の八ヶ岳にでも行きたいな。

今回のコースの記録はこちら
Home |  Category:浅間 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: