今年の締めは筑波山 H28.12.25(日)

恒例としていた丹沢・鍋割山で鍋焼きうどんを食べる山歩きは
今年はなし。退院後1か月でどの程度の体力・筋力なのかよく
わからないため安心な筑波山で締めることにしました。

平成28年12月25日(日)晴れ
【6:15 市川市を出発】
三郷南ICから外環・常磐道と走り、谷田部ICから下道で
筑波山へ。7:35に市営第3駐車場に到着。

【7:45 市営第3駐車場を出発】
てくてく筑波山神社へ

【7:53 筑波山神社】
立派な門
01tsukuba5mon.jpg 

これまた立派な社殿
02tsukuba5jinzya.jpg 

安全を祈願し、登山口へ

【7:56 白雲橋コース入口】
ここから登山道になります
03tsukuba5sirakumoiriguchi.jpg 

うっそうとした樹林の中をひたすら登ります
05tsukuba5sirakumotozando.jpg 

06tsukuba5sirakumotozando2.jpg 

途中の道標にあった気温計で気温を見ると…
07tsukuba5kion.jpg 
約3度 けっこう冷えてます

つつじが丘からの尾根が木の間から見えだすと一度道は平らに。
その後、少し急登すると弁慶茶屋跡です

【9:03 弁慶茶屋跡】
ここでつつじが丘からのおたつ石コースと合流します
08tsukuba5benkeiato.jpg 
休憩に良い場所です

霞ヶ浦が見えます
09tsukuba5benkeiatokasumigaura.jpg 

5分ほど休憩

【9:08弁慶茶屋跡を出発】

すぐに弁慶七戻りの石門があります
10tsukuba5benkeinanamodori.jpg 
いつも思いますが、よく落ちないな…

このあといろいろな岩・石が表れて飽きません。
御幸ヶ原から登ると忍耐の階段地獄なので、こちらから登るのがおすすめです

【9:38 筑波山(女体山)山頂 標高877m】
日本百名山に名を連ねます
11tsukuba5nyotaisansancho.jpg 

一等三角点
12tsukuba5sankakuten.jpg 

景色はなかなかです。標高1000mに満たない山とは思えません

スカイツリー
16tsukuba5sanchoskytree.jpg 

霞ヶ浦
13tsukuba5sanchokasumigaura.jpg 

下にはつつじが丘
14tsukuba5tutujigaoka.jpg 

男体山のわきに浅間山
15tsukuba5sanchoasama.jpg 
すっかり雪をまとっていますね

人が多いので写真を撮ったら御幸ヶ原に向かいます

【9:43 女体山をっ出発】
ガマ石
17tsukuba5gamaisi.jpg 

【9:56 御幸ヶ原】
18tsukuba5miyukigahara.jpg 

ここでお昼ごはん
19tsukuba5ramen.jpg 
退院後初ラーメン うますぎる

日光方面
20tsukuba5nikko.jpg 
女峰山から男体山まで

日光男体山
21tsukuba5nantaisan.jpg 

奥の雪山は田代山から帝釈山
22tsukuba5tasiroyama.jpg 

高原山
23tsukuba5takaharayama.jpg 

頭が出ているのは皇海山
25tsukuba5sukaisan.jpg

御幸ヶ原コースで下ります
26tsukuba5miyukigaharairiguchi.jpg 

今回は男体山はパス

【10:28 御幸ヶ原を出発】
階段地獄
27tsukuba5kaidan.jpg 

コースの中間地点でケーブルカーがすれ違います
28tsukuba5cable1.jpg 
上から緑のケーブルカー

下から赤いケーブルカー
29tsukuba5cable2.jpg 
すれ違いました

【11:38 筑波山神社】
無事に下山しました

【11:45 市営第3駐車場】

体力・筋力を確かめるリハビリ登山でしたが、登りは問題なし。下りは足ががくがく。
筋力落ちているようです。少しずつ筋力の回復に努めていきます。

スノーシューに行きたいぞ。

筑波山(5回目)の記録はこちら

スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

筑波山で足慣らし H26.12.21(日)

1ヶ月半、山から遠ざかってしまい、年末恒例の鍋割山へ行く前に
一度足慣らしをと、単独で筑波山へ行ってきました。

平成26年12月21日(日) 晴れ
【4:30 市川市を出発】
守谷SAで朝食を食べ、筑波山へ。

【6:10 筑波山駐車場に到着】
まだ薄暗いけど準備して出発です。
01tukuba4p.jpg
山頂はきれいに見えているので天気は大丈夫の
ようです。

【6:18 駐車場を出発】

【6:27 筑波山神社】
白雲橋コースから登ります。
住宅街のほうへ歩きます。

【6:30 白雲橋コース入口】
02tukuba4sirakumoiriguti.jpg
ここから登山道です。早くもフリースを脱ぐ。

【6:40 迎場コース分岐】
03tukuba4mukaebabuki.jpg

ひたすら登ります。

日の出を過ぎると森の中に日の光が入ってきました。
05tukuba4tozando.jpg

【7:38 弁慶茶屋跡】
ここでつつじヶ丘からのコースと合流します。
06tukuba4benkeichaya.jpg

このあたりに来ると少し景色が見えます。

木の間から霞ヶ浦
07tukuba4benkeikesiki.jpg

弁慶茶屋跡を過ぎると奇岩がでてきます。

弁慶七戻
08tukuba4nanamodori.jpg
大きな岩が今にも落ちそうです。

いろいろな岩を眺めながら歩いていると女体山山頂が見えてきました。
14tukuba4nyutaimiageru.jpg

大仏岩
17tukuba4daibutuiwa.jpg
ここを通るたびに、ゴーレムを思い出してしまいます。

この鎖過ぎると山頂です。
18tukuba4kusari2.jpg

【8:14 女体山山頂】
19tukuba4nyutaisacho.jpg

一等三角点
20tukuba4itosankakuten.jpg

初めて貸切の山頂。だれもいないのは珍しいです。

関東平野を一望
21tukuba4kantoheiya.jpg

筑波山は周りに高い山がないので、低山ながら
眺めはなかなかです。

もう一つの山頂。男体山
22tukuba4nyotainantai.jpg


富士山は頭だけ
23tukuba4fuji.jpg

八ヶ岳
24tukuba4yatugatake.jpg

山名入り
25tukuba4yatugatakesanmeiiri.jpg

奥秩父・奥多摩の山々
29tukuba4okuchichibu.jpg

山名入り
30tukuba4okuchichibusanmeiiri.jpg

東京スカイツリー
26tukuba4tokyoskytree.jpg

つつじヶ丘
31tukuba4tutujigaoka.jpg
ロープウエイ乗り場と駐車場があります。

【8:25 女体山を出発】
ここから女体山と男体山の鞍部である御幸ヶ原へ下ります。

ガマ石
32tukuba4gamaisi.jpg
ほんとうにガマに見える。

【8:40 御幸ヶ原】
お土産屋さん兼食堂が並んでいます。
あとケーブルカーの駅があります。
だれでも登れるのが筑波山の良いところ。

ここからは日光方面がよく見えます
33tukuba4nikko.jpg

左から男体山、大真名子・小真名子、女峰山
35tukuba4nikko2.jpg

高原山
37tukuba4takaharayama.jpg

【8:43 御幸ヶ原を出発】
もう一つの山頂、男体山を目指します。

【8:59 男体山山頂】
女体山山頂を見る
39tukuba4nyotaisan.jpg

浅間山
38tukuba4nantaiasama.jpg
すっかり雪化粧

ちょっと写真を撮ったら御幸ヶ原に戻ります

【9:12 御幸ヶ原】
そんなにお腹はへってないけど、せっかく持ってきたので
ラーメンタイムにします
40tukuba4yamaraa.jpg
寒いときには最高だ。

【9:40 下山開始】
41tukuba4miyukigahara.jpg
下山は御幸ヶ原コースです。
ここを登りに使うと直登できついですね。最後、階段地獄になる。

10:18 中の茶屋跡

【10:52 筑波山神社】
42tukuba4jinzya.jpg
今年1年、大きなけがなく歩けたことに感謝。

【11:02 駐車場に到着】
1時前には家に着きました。

いい足慣らしになりました。
来週は年末恒例、今年を締めくくる鍋割山に行く予定です。

今回の山の記録はこちら
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

筑波山で身体の水分を絞り出そう!

飲み会が増えてきました。
身体の中の水分は飽和状態。どこかで絞らなければ・・・
ということで、1人で筑波山に行って来ました。

平成24年12月16日(日) 晴れ

筑波山は市川からはもっとも近い山の一つです。
昼には家に帰りたいと思い、早めの出発にしました。

5:10 市川を出発
6:15 筑波山市営第3駐車場に到着。
     先着は2台のみでした。

準備をして出発です。

【6:30 市営第3駐車場発】
見上げると山頂が見えています。
01daisanpkara.jpg 
左が男体山、右が女体山。

【6:37 筑波山神社250m】
02tukubasanjinjya.jpg 
今日の登山の安全を祈願しました。

登山口までは民家の間を歩いて行きます。

【6:41 白雲橋コース入口】
03sirakumoiriguti.jpg 
鳥居がなければ見逃しちゃいそうな入口。

樹林の中をひたすら登ります。

6:48 迎場コース分岐

【7:36 弁慶茶屋跡】
弁慶茶屋があったらいいのに・・・
ここからは大きな岩がいろいろと出てきて楽しめます。

弁慶七戻
04benkeinanamodori.jpg 
どうみても落ちそう・・・震災の時も落ちなかったから大丈夫か。

裏面大黒
05rimendaikoku.jpg 
大黒様の後ろ姿に見えそうです。なんとなく見えますね。

大仏岩
06daibutuiwa.jpg 
確かに大仏だ。

ここを登ると女体山
07nyotaisanchotemae.jpg 
ちょっと急登です。

【8:07 女体山877m】
08nyotaisancho.jpg 
4回目の筑波山頂です。

一等三角点♪
09tukubasankakuten.jpg 

風が強いが思ったより寒くない。
男体山頂、手前の建物は御幸ヶ原のコマ展望台。
10nyotainantai.jpg 
フリースもダウンもなしで大丈夫・・・私は。

今日は最高の景色です♪
まずは大きな富士山に目がいきます
11tukuafuji1.jpg 

次に目がいったのは・・・
浅間山
12tukubaasamayama.jpg 
独特の縞模様と火口ですぐにわかります。

スカイツリー
13tukubaskytree.jpg 
肉眼でもよくわかりました。

都心方向・・・真ん中の白っぽいビルは六本木ヒルズかな。
14tukubatosin.jpg 

これは八ヶ岳
15tukubayatsugatake.jpg 
一番高いのは赤岳。その左に権現岳。赤岳の右の平らなところは横岳。
その右に硫黄岳、少しとんで天狗岳。全部見えます。

北東方向は雲海が広がる
16tukubaunkai.jpg 
水墨画のような景色が広がります。

新宿方面でしょうか・・・
17tujubasinzyuku.jpg 

やっぱり富士山
18tukubafuji2.jpg 

富士山から左は丹沢の山々(クリック2回で大きく)
19tukubapano1.jpg 
富士山の左から大室山、蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳が見えます。
一番左には大山。

富士山の右側は秩父の山々
20tukubapano2titibu.jpg 

8:25 写真撮影を終了し、女体山を出発

ガマ石
21gamaisi.jpg 
ガマだ。

【8:34 御幸ヶ原800m】
女体山と男体山の鞍部が御幸ヶ原
22miyukigahara.jpg 
お土産屋さんや展望台が並びます。まだケーブルカーもロープウエイも
動いていないので、人は少ないです。

御幸ヶ原からは日光連山が近くに見えます。
23tukubanikkopano.jpg
左が日光男体山、真ん中は大真名子・小真名子、右が女峰山。
雪をまとってきれいです。

日光男体山
24tukubanantaisan.jpg 
どっしり感がいいです

女峰山
25tukubanyohosan.jpg
かっこいい。

お隣の加波山
26kabasan.jpg 
そのうちに登ってみよう

8:38 とりあえず男体山頂を目指して出発。戻ってきてからラーメンタイム。

【8:46 男体山 871m】
27nantaisan.jpg
女体山に比べると地味な感じ。

富士山はやっぱりきれい
28nantaifuji.jpg 

八ヶ岳
29nantaiyatu.jpg 


赤城山
30akagiyama.jpg
地蔵岳、黒檜山は雲の中のようです。

スカイツリー
31nantaiskytree.jpg 
同じような写真ばかりです・・・

御幸ヶ原に戻ってラーメンだ。

【8:58 御幸ヶ原】
毎度のラーメン・・・でもおいしい♪
32tukubayamara-.jpg 
いつものウインナー、チャーシュー、煮卵、ミックスベジタブル、
加えて鍋の残りのスープ餃子。うまし。

のんびりすごしました。

始発のケーブルカーがあがってきたので下山です。
33sihatucablecar.jpg 

【9:32 御幸ヶ原を出発】
御幸ヶ原コースで下山です。
このコースは、階段の急坂が多いです。御幸ヶ原まで変化のない樹林
なので修行の道です。おすすめは白雲橋コースかおたつ石コースで
登り、御幸ヶ原コースで降りるコースです。

それにしても多くの人とすれ違います。
さすが入門百名山です。

10:00 中の茶屋跡を通過
ケーブルカーがすれ違うところは見られませんでした。

御幸ヶ原コースの入口の鳥居
34miyukigaharairiguti.jpg
紅葉が少し残っていました。

【10:26 筑波山神社】
ガマの油の口上をやっていました。
35gamanoabura.jpg 

【10:32 市営第3駐車場に到着】

【今日のコース】
筑波山神社6:37-白雲橋コース入口6:41-迎場コース分岐6:48-
弁慶茶屋跡7:36-8:07女体山8:25-8:34御幸ヶ原8:38-
8:46男体山8:51-8:58御幸ヶ原9:32-中の茶屋跡10:00-10:26筑波山神社

歩行距離 約7km
累積標高差 約700m

【地図】
tsukubasan3map.jpg
 
【断面】
tsukubasan3danmen.jpg

気温が高く、つくばでは17度ありました。
暑いはずです。おかげで水分をだいぶ放出しましたが、
今週も飲み会連チャンですぐに戻りそうです。

Home |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0

夏!? 暑かった~ 筑波山 H23.5.21(土)

4時からお仕事のため、確実に帰ってこられる
ところということで、筑波山に決定!

筑波山は学生の頃におたつ石コース、
一昨年に白雲橋コース~御幸ヶ原コース
を歩いています。一昨年は山歩きを始めた
ばかりで翌日全身筋肉痛になった思い出の
山です。

6時前には筑波山の市営第3駐車場に到着。
数台とまっていました。(1日500円)

6:07 駐車場を出発

駐車場からは男体山、女体山の山頂が見えます。
写真は男体山頂
01 p kara tukubasan 

女体山
02 jinzyakara nyotaisan 

筑波山神社までは普通の道路。

6:14 筑波山神社

すいか
03 jinjya suika 

御幸ヶ原コースから登りたかったですが、
震災の影響で、現在は御幸ヶ原コースは
通行禁止となっています。

一昨年と同じ白雲橋コースで登ります。

6:18 白雲橋コース入口
05 sirakumo iriguchi 
ここから登山道です。

花1 スミレ? 名前がわからん・・・
06 tsukuba hana1 

迎場コースまで階段状の道が続きます・・・
07 sirakumo tozando1 

前日の飲み会のビールが汗となって噴出・・・
風が無く、朝から暑い・・・

6:25 迎場コース分岐

帰りに迎場コースを下りてくるとここで合流。

花2 シャガ
08 tsukuba hana2 
特徴のある花なので調べたらすぐにわかった♪

弁慶茶屋跡まで、樹林の中をひたすら登る。暑い~

7:15 弁慶茶屋跡

ちょっとした広場になっています。
つつじがきれい
09 benkeichaya tutuji 

ここから山頂までは大きな岩がたくさんあります

弁慶七戻り
10 benkei modori 
大きな地震が来たら落ちるのでは・・・

登山道にも岩が出てくる
12 tukuba kusari 

ここにもつつじ
13 tukuba tutuji 

新緑もきれい
14 tukuba sinryoku 

陰陽石やら母の胎内くぐりやらいろいろでてきます。

北斗岩
15 hokutoisi 
でかい

大仏岩
16 daibutuiwa 
確かに大仏だ

7:47 筑波山(女体山 標高877m)山頂に到着
17 nyotaisan 

一昨年撮り忘れた一等三角点
18 tukuba sankakuten 

景色は残念ながら霞んでいて遠望がききませんでした。
霞んでいなければ関東平野が一望。もちろん富士山も。

高度感はばっちりです。
20 nyotaikara1 

男体山  建物のあるところがケーブルカーの山頂駅がある御幸ヶ原
19 nyotaikara nantai 

見下ろすと駐車場にある自分の車が見えた
22 nyotaikara p 

これから向かうつつじヶ丘の駐車場も見えます
22 tutujigaoka 

北側の山・・・加波山方面かな・・・
24 nyotaikara kita 

8:09 女体山を出発

男体山は今日はパス

弁慶茶屋跡までは同じ道を戻ります。

8:28 弁慶茶屋跡

ここからおたつ石コースへ。

最初は樹林の道。
後半は明るい開けた道に。気持ちよい。
25 otatuisi1 

8:43 つつじヶ丘

つつじヶ丘には名前通りたくさんのつつじが咲いていました
27 tutujigaokakogen2 

8:55 つつじヶ丘駐車場
29 tutujigaoka p 

誘惑に負けて、冷たいジンジャーエールを購入。
あまりのおいしさに夏を感じました。

始発のロープウエイを見送ります
30 tukuba ropeway 

ロープウエイに乗れば、山頂駅まで6分。女体山山頂まで15分で着いちゃいますね・・・


9:05 つつじヶ丘駐車場を出発

ここから筑波山神社へは迎場コース
ここは初めて。
31 mukaeba1 
最初から最後までこんな感じ。樹林の中を緩やかに下って行きます。
静かな山歩きができます。

9:28 迎場コース分岐

ここで登りに歩いたコースと合流
多くの登山者とすれ違いました。

9:33 白雲橋コース入口

9:37 筑波山神社
32 tukubasanjinjya 

がまの油の口上は準備中。

参道の土産屋で前回とは違うデザインのバッヂを購入

9:48 市営第3駐車場に到着
33 nyotaisancho 
見上げると、女体山頂に登山者が見えました


今回のコース
歩行距離 約7.5km
累積標高差 約670m

6:07市営第3駐車場-6:14筑波山神社-6:18白雲橋コース入口-
6:25迎場コース分岐-6:31白蛇弁天-7:15弁慶茶屋跡-7:40大仏岩-
7:47女体山山頂8:09-8:28弁慶茶屋跡-8:43つつじヶ丘高原-
8:55つつじヶ丘駐車場9:05-9:28迎場コース分岐-9:33白雲橋コース入口-
9:37筑波山神社-9:48市営第3駐車場

地図
tsukubasan2 map 

断面
tsukubasan2 danmen 


3回目の筑波山
今回は筋肉痛にもならず、お散歩感覚で登れました。
だいぶ山歩きにも慣れた気がしました。

老若男女、だれでも登れる山。ロープウエイもケーブルカーもあるので
小さい子でも大丈夫。そのわりに女体山の高度感。
みんなが楽しめる山はいいですね。

おまけ
つくば市にある国土地理院に寄りました
ここには地図と測量の科学館があります。
39 sokuryo museum 

地図が好きな人には楽しい場所です。

電子基準点
35 densikizyunten 

筑波基準点  測量に使うのでしょうかね
38 tukubakizyunten3 
この建物の下に基準点があります
36 tukubakizyunten

科学館のショップではすべての地形図が買えます。
その他、地図関係のものがたくさん売っていて楽しいです。

帰宅後、風呂に入り、仕事には余裕を持って行くことができました。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

筑波山 登山    平成21年9月13日 日本百名山

2登目は、筑波山に登ることにしました。
筑波山は20年くらい前につつじが丘から登ったことがあるのと、
万が一何かあっても乗り物があるので安心。
登山入門として登ることにしました。

ケーブルカー・ロープウエイが動き出すと山頂が混雑するということなので、
早朝に出発し、乗り物が動き出す前に山頂に上がってしまう作戦にしました。

6:20筑波山第3駐車場に到着。
見上げると筑波山山頂が見えています。
1 駐車場
けっこう登るなぁ・・・

筑波山断面
標高差は660m。茶臼岳の倍だ。疲れそう・・・

6:35筑波山神社
2 筑波山神社
大きな杉があったりして荘厳な感じがします。

6:37登山道入口。今回は白雲橋コースを登ります。
3 登山道入口

登山道は弁慶茶屋まで樹林の中。展望はありません。
4 登山道

6:43迎場コースとの分岐。ここまではいいペース。
5 分岐

ここから、さらに樹林の中を急な階段や坂道を登ります。
体重と身体の堅さで、かなりきつく、息が上がりながらも
1時間後、7:42弁慶茶屋に到着。茶屋があるのかと思ってたら、なくなってた。
6 弁慶茶屋

ここからはいろんな岩を見ながら登ります。

左から弁慶七戻、出船入船、北斗岩、大仏岩
7 弁慶七戻 8 出船入船9 北斗岩10 大仏岩
 
 


ロープウエイ乗り場との分岐を過ぎ、ちょっと登ると女体山山頂。
8:13に到着。
11 女体山山頂

高度感があり、かなりの絶景。
12 山頂から1
これから向かう男体山方面。
13 山頂から2

雲海が広がっています。標高900mにも
満たない山でもきれいな雲海が見られるんですね。
14

女体山をあとにして御幸ヶ原へ。
途中、ガマ石。ほんとガマみたい
15 ガマ石

8:33御幸ヶ原到着。ケーブルカーの駅やお店があります。
16 御幸ヶ原

けっこう疲れたのでちょっと休憩。
男体山へ。
8:50男体山山頂到着。展望はほとんどありません。
17 男体山山頂

うっすら富士山が見えます。
18 富士山
富士山ってすごい。

再び御幸ヶ原に戻って、休憩。ケーブルカーがあがってきました。
19 ケーブルカー
もう山頂に行ってきちゃったよ~という優越感。

売店のソフトクリームの準備ができるまで待っていたら、
おばちゃんが一巻きサービスしてくれました。
生乳ソフトクリーム。
20 生乳ソフト
なんかエロティックな響きだな。

ソフトクリームを食べて元気を取り戻し、9:34下山開始。
下山は御幸ヶ原コースです。
21 下山コース

一番斜度のあるコースでしょうか。展望のない樹林をどんどん下ります。
たくさんの人とすれ違いましたが、みな苦しそうでした。
途中に男女川という水場があります。
22 男女川
ちょこっと飲んでみました。普通?

10:39筑波山神社に無事下山
23 下山完了

神社は人がたくさんいました。
24 神社

標高は低いけどけっこう疲れました。
次の日は足が筋肉痛になってしまいました。
トレーニングせねば。


筑波山
白雲橋コース登山口6:37-迎場コース分岐6:43-弁慶茶屋7:42-
女体山山頂8:13-御幸ヶ原8:33-男体山山頂8:50-
御幸ヶ原9:34出発-筑波山神社10:39



Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: