笠山~堂平山 雪と景色を楽しむ その2

その1はこちら

平成25年2月10日(日) 無風・快晴

笠山峠分岐6:28-七重(笠山)峠7:13-7:41笠山(西)7:50-7:54笠山(東)7:59-
七重(笠山)峠8:23-8:50堂平山と歩いてきました。その続きです。

【8:50 堂平山】
山頂手前はパラグライダーの離陸場所となっていて、広々として気持ち良い。

目の前には両神山が大きい
25dodairaryokami.jpg
白い頭が見えているのは八ヶ岳の山々

赤岳(左)。右の横岳はちょっと霞んでいる。
26dodairaakadake.jpg 

硫黄岳
27dodairaiodake.jpg 
 
蓼科山(右)と北横岳(蓼科山の左)
28dodairatatesinayama.jpg

奥秩父の山々
29dodairakobisi.jpg 
一番右のなだらかなピークが三宝山。その左に甲武信岳。

すぐ下には大霧山。
30dodairaogiriyama.jpg 
奥には浅間山、四阿山、浅間隠山、谷川連峰と続く大パノラマ。

武甲山はちょっと痛々しい
31dodairabukosan.jpg 

雪に写る自分の影。細く見える
32yukiself.jpg 

四阿山
33dodairaazumayasan.jpg 

山頂標のところへ向かいます。
ここで今日初めて人と出会いました。年配のご夫婦。車であがってきて
景色を楽しんでいるようです。

それにしても快晴に無風。気温はそんなに高くないのですが
日差しが強く、ぽかぽか。気持ちいい

 35dodairasancho.jpg

一等三角点
34dodairasankakuten.jpg

ここで休憩。

久しぶりの山ラー
39karaageiri.jpg 
豪華、唐揚げ入り。

大パノラマを前にラーメンを食す。
38yamaraa.jpg
この上ない幸せ

ラーメンを食べているとハイカーが1名あがってきました。
今日、会ったのは3人のみでした。

目の前には武甲山、その手前に1月行った丸山。
37dodairabukosan2.jpg 

目を左の方にやると・・・ 真ん中やや右に白い山がちらっと見えます。
36dodairafuji1.jpg 
一番右のピラミダルな山は蕎麦粒山。

白い山をアップに
37dodairafuji2.jpg 
家で調べてみると富士山のようです。
頭だけわずかに見えるんですね。

のんびり過ごしましたがそろそろ出発です。

40dodairayamatenmondai.jpg 

【9:40 堂平山を出発】
剣ヶ峰に向かいます。雪道を降りると林道歩き。
林道は除雪されていて雪はありません。

剣ヶ峰の手前の急坂から雪道。階段は凍っているところもありましたが
慎重に登れば大丈夫。
41kengaminekaidan.jpg 

【9:55 剣ヶ峰】
42kengamine.jpg 

電波塔がでかい
42kengaminetou.jpg 

雪道を白石峠へ

【10:08 白石峠】
43siroisitoge.jpg 

東屋と槻川源流の碑があります。
44siroisitogeazumaya.jpg 

ここからもまだ雪道。「あ」から下が雪に埋まっています。
45fureaiyukiniumaru.jpg 

ここまで凍っているところはほとんどありませんでしたが、
最後の方で少しアイスバーンがありました。
46icuburn.jpg 
雪が溶けて水が流れているところが夜中に固まったものです。
避けて歩けばOKですが、気をつけないと。

車道に出てしまい楽しかった雪道もおしまい。
47yukimichiowari.jpg 

あとは除雪された車道をとぼとぼ歩きます。

【10:49 笠山峠分岐に到着】
48bunkitochaku.jpg 
車は増えていませんでした。

このコース、期待以上に楽しいです。雪があったからかもしれませんが
静かでのんびり歩けました。景色もすばらしい。車で上まで行けてしまう
のだけが難点です。それにしても3人しか会わないなんて・・・とってもいい
コースなのに。

【今日のコース】
歩行距離 約7.6km
累積標高差 約670m
笠山峠分岐6:28-笠山峠7:13-7:41笠山(西)7:50-7:54笠山(東)7:59-
笠山峠8:23-8:50堂平山9:40-剣ヶ峰9:55-白石峠10:08-10:49笠山峠分岐

【地図】
kasayamamap.jpg 

【断面】
kasayamadanmen.jpg 

奥武蔵、まだまだ楽しめるとところがありそうです。
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment13  |  Trackback0

笠山~堂平山 雪と景色を楽しむ その1

行こうかなと思っていて実現していなかった山の一つ笠山。
1月に奥武蔵・丸山に行って、お隣に見えた堂平山。
雪もありそうだし、景色もなかなか良さそう。一等三角点にも
ちょっ惹かれ、今回の山行となりました。
この2山、期待以上のすばらしい山でした。

平成25年2月10日(日) 無風・快晴

この時期、関越道の下りは5:30くらいから渋滞をするようです。
1月に丸山に行ったときも6時前から鶴ヶ島JC手前から渋滞でした。
渋滞前に関越を抜けたいと思い、3:10に目覚まし時計をセット。
しかし夜中にトイレに行きたくなり、1:30に目が覚めてしまう・・・
そのまま眠れず、出発となりました。

【3:20 市川市を出発】
市川市の気温は0度くらい。風がないのでそんなに寒くない。
外環はがらがら。関越に入ると車が増えましたが、渋滞はなし。
嵐山小川ICで登山口の白石キャンプ場近くを目指します。
白石車庫バス停近くのトイレに寄ってから駐車スペースへ。

【5:20 笠山峠分岐の駐車スペース】
今回駐車する場所は、
ブログ「憧れは五ヶ国語ぺらぺらだったはずなのに・・」のdevilmanさんに
教えていただいた白石峠と笠山峠の分岐にあるスペース。

まだ真っ暗中わかるかなと不安でしたが、devilmanさんのブログで
写真も見ていたのですぐにわかりました。しかし、除雪したときにできたであろう
雪玉が路肩にあり、入るのにちょっと大変でした。奥に駐めようと思いましたが、
スタッドレスでも空転。何とか頭まで入れました。
01kasayamatogebunki.jpg 

明るくなるまで待とうと思ったら寝てしまい、目が覚めると6:10。
外は少し明るくなっていました。すぐに準備を開始。
気温は-3度。少し寒いが風はない。

【6:28 笠山峠分岐を出発】
笠山峠を目指して出発。
最初は林道歩き。舗装された道路を10分くらい歩きました。
02kasarindo.jpg

その後、指導標に従い、登山道へ。

しばらく歩くと、林道を横切ります。
03kasarindoyokogiru.jpg 
林道は雪道。深いところでは10cmくらいありそうです。

この後は登山道も雪道に。雪は柔らかく、アイゼンの必要はなし。
04kasayukimichi.jpg 
さくさく気持ち良い。

振り返ると木の間から朝日を浴びた両神山が見え、テンションアップ
05zyukankararyokami.jpg 

時々振り返りながら歩くと林道に出ました。

【7:13 七重(笠山)峠】
七重峠と笠山峠は微妙に位置が違うようですが、ほぼおなじところということで。
熊がいるようです。
06kasayamatoge.jpg 
林道まであがってしまいましたが、手前に笠山への分岐があったようです。
ガードレールに目がいってしったのと、指導標がはっきりしないのとで
間違えてしまいました。
少し戻って笠山に向かいます。
登山道は霜がびっちり。溶けたら泥んこ祭りまちがいなしです。
07kasatozando.jpg 
この時間は凍っていてさくさく歩けました。

一度林道に出て、再び山道へ。急登が少しありましたが、無事に山頂へ。

【7:41 笠山(西峰)837m】
09kasayamanishi.jpg 

日光から谷川連峰のあたりの景色がみられます。

日光方面
15kasanikkoup.jpg  
左から太郎山、男体山、女峰山。太郎さんの手前には社山。

赤城山
11kasaakagi.jpg 
右の一番高いのが黒檜山。左奥の白い山は武尊山。

真ん中右が白毛門、朝日岳。左の高い雪山が谷川岳。
12kasatanigawadake.jpg 

谷川連峰
13kasatanigawarenpo.jpg 
右端が谷川岳。真ん中が万太郎山。左の3つのピークの真ん中が
仙の倉山。

谷川岳 かっこいい
14kasatanigawadakeup.jpg 

真ん中に日光白根山。その左が皇海山、袈裟丸山。
16kasanikkosiranesan.jpg 

ずっと見ていても飽きないのですが、笠山神社のある東峰へ。

【7:54 笠山(東峰)842m】
笠山神社
17kasayamajinzya.jpg 
安全に歩けるように祈願。

東京スカイツリーが見えました。右端にかろうじて写りましたよ。
18kasaskytree.jpg 
肉眼では見えていたのですが、カメラ越しでは逆光でよくわからなかった
のですが、なんとか撮れました。

神社の裏手の木の間からは、浅間山がきれいに見えます。
19kasaasamayama.jpg 
前掛山、黒斑山もはっきり。左の手前は御荷鉾山。

【7:59 笠山(東峰)を出発】
七重峠まで戻り、堂平山へ向かいます。

登山道を戻り、林道に出ます。
右の登山道から来ましたが、帰りは七重峠まで左の林道を歩きます。
20rindobunki.jpg 

林道は除雪していないので雪がたっぷり。
21kasarindoyuki.jpg 
15cmはありそう。楽しい♪

【8:23 七重峠】
マツダランプの指導標がありました。
22kasamatuda.jpg 

ここから堂平山へ向かう道は、新道と旧道がありました。どちらを歩いても
少し先で一緒になります。新道を登りました。

木漏れ日が輝き、登山道に木のシルエットをつくっています。
23komorebi.jpg 

青空と白い雪。静かで美しい。
24kasayukimichi2.jpg 

そういえばここまで誰とも出会っていない。静かだ。

最後に少し急な斜面を登ると広い場所に出て、天文台が目に飛び込んで
きます。堂平山です。

00doudaira.jpg

【8:50 堂平山】

その2へ・・・

Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ぽかぽか 奥武蔵・丸山 H25.1.13(日)

山仲間3人で奥武蔵・丸山に行って来ました。
丸山は標高960m、芦ヶ久保駅から直接歩くことができ、
360度の眺望で人気の山のようです。
雨が心配される予報から晴れにかわり山頂からの景気を
楽しみに出発です。

【5:15 市川を出発】

首都高・外環は順調に通過しましたが、関越道に入ると車が増え、
6時前なのに鶴ヶ島JC手前2kmくらいから渋滞にはまりました。
スキー・スノボの方たちが多いと思われます。

【7:15 「道の駅果樹公園あしがくぼ」に到着】

トイレをすませ、第2駐車場に移動。すでに5台駐車してありました。
01asigakubop.jpg

【7:28 道の駅果樹公園あしがくぼ320mを出発】

気温は-5度。谷間の底冷えという感じ。冷凍庫のなかのようです。

国道299号を正丸方面に歩きます。25分くらい歩いてようやく国道を離れます。
さらに5分くらい舗装道路を上ると登山道になります。

登山道に入ると杉や檜の植林の中を歩きます。
02maruyamatozando1.jpg 
日がだんだん差し込むようになると身体もあたたまり、正月の悪い水分が
放出されます。

しばらく急な道が続きますが、次第に傾斜もゆるんできます。
しかし沢をいくつか渡ると再び急になり、これが大野峠まで続きました。
03maruyamahasi.jpg 
突然、舗装路に出ます。ここが大野峠です。

【9:13 大野峠850m】
04oonotoge.jpg 
一生懸命歩いて舗装道路にでるとちょっとがっかり。
実は丸山は山頂直下まで車で行けるのです。

峠を過ぎるとすぐ、今日一番の急な坂。
05maruyamatozando2.jpg 
距離は短いのですがハードルのような階段が疲れます。

5分くらいがんばると目の前が開けすばらしい景色が現れます。
07paratosin.jpg 
都心方面や筑波山の眺めが良いです。
ここはパラグライダーの離陸場所。ここから飛び立ったら気持ちよさそうです。

目の前には天文台のある堂平山
06marudodaira.jpg 

遠くにスカイツリーがぼんやり見えました。
08paraskytree.jpg 
見えるかな?
しばし景色を楽しみ、丸山に向かいます。

心地よい尾根道を歩きます。
09maruyamatozando3.jpg 
右に植林、左に雑木林。
霜が溶けて滑りそうなところは慎重に歩きます。

パラグライダーの離陸場所から20分で鉄塔を通過。
10denpato.jpg 
丸山まではあとちょっと。

【9:50 丸山960mに到着】
11maruyama.jpg 
展望台がちょっと興ざめですが、ここからの眺めは最高です。

山頂標と三角点
12maruyama2.jpg 

展望台に登ります。

目の前に武甲山が大きい
13marubukosan.jpg 
山肌がえぐられちょっと痛々しい

八ヶ岳のアップ。左が赤岳、右に横岳。
14maruyatugatake.jpg 

両神山と秩父市街
15maruryokami.jpg 
白いのが八ヶ岳。

浅間山。左手に黒斑山。右手前は西御荷鉾山。
16maruasama.jpg 

武甲山・大持山の稜線。左手は奥多摩方面。
17marubukosan2.jpg 

丹沢方面はパノラマで(クリック2回で大きく)
18maruokutamatanzawa.jpg 

武甲山と秩父市街
19marutitibu.jpg 
奥には甲武信岳など奥秩父の山

八ヶ岳。左から赤岳、横岳。手前のピークをはさんで硫黄岳の頭、
さらにその右に天狗岳の頭が見える。
20maruyatu2.jpg 

両神山から奥秩父方面のパノラマ(クリック2回で大きく)
21marupano1.jpg 

薄く日光方面。真ん中に男体山。その左に太郎山。
22marunikkou.jpg 
右には帝釈山も見えるが・・・写真では厳しいかな。

堂平山はすぐ目の前。
23marudodaira2.jpg 

景色を十分に楽しみ、展望台を降ります。
ベンチで昼食。
気温は7度くらいまであがってきたでしょうか。風はなくぽかぽか。
気持ち良い日だまりでのまったりした時間を過ごしました。

【10:44 丸山を出発】
日向山には行かず、下山して温泉を目指します。
一番手前の下山路をひたすら降ります。

冬枯れの心地よい道を下ります。
24marugezan.jpg 
この感じ、好きだな♪

民家が目に入ってくると武甲山がおおっきい
25gezanbukosan.jpg 

あとは舗装路をひたすら歩き道の駅に帰着です。

【12:19 道の駅果樹公園あしがくぼに到着】

このあと武甲温泉・武甲の湯へ。露天風呂や炭酸泉でのんびり。
帰りの道も飯能市街で少し詰まっただけで2時間ちょっとで帰宅できました。

【今日のコース】
歩行距離 約10km
累積標高差 約700m
道の駅果樹公園あしがくぼ7:28-姥神7:54-大野峠9:13-
9:50丸山10:44-12:19道の駅果樹公園あしがくぼ

【地図】
maruyamamap.jpg 

【断面】
maruyamadanmen.jpg 

山頂直下まで車で行けてしまう山が多いので、あまり行けてなかった
奥武蔵。久しぶりに歩いて見て、奥武蔵の良さを改めて感じることができ
とても楽しいハイキングとなりました。市川からは意外と距離があり、
片道約120km。でも、また遊びに行こう。
Home |  コメントアイコン Comment18  |  Trackback0

棒ノ嶺  雪がいっぱいでびっくり H24.3.11(日)

今日は東日本大震災の日・・・ですが、
わたくしの誕生日でもあります。

誕生日記念に山に行ってきました。
誕生日じゃなくても毎週出かけていますけど・・・

棒の嶺は都心方面の展望に優れる山と聞いていたので
楽しみにしていました。
ただ本日の天気予報では微妙な感じ・・・
晴? 曇り?
良い方になることを祈って自宅を出発しました。

平成24年3月11日(日)

4:20 市川を出発

天気は・・・残念ながら曇り・・・山々には霧がかかっています

6:05 棒の嶺・白谷沢登山口の駐車スペースに到着

6:20 白谷沢登山口を出発
01bounominetozanguchi.jpg 
写真に写っている白谷の泉は涸れていました・・・残念orz

最初は沢を左下に見ながら歩きます。
かなり下の方に流れていますが、20分くらい歩くと
沢沿いの道となります。
02bounominetoznadousawa1.jpg 

何度も徒渉しながら登って行きます。

ゴルジュと呼ばれる大きな岩の間を歩いていきます。
03bounominesawa2.jpg 
これが楽しい♪

こんな狭くなった沢も登ります。
04 bounominesawa3 

岩の間を抜けると鎖がついた岩の階段を上ります。
05 bounominekusari 
帰りは滑りそうでちょっと怖かったところです。

この階段を上りきるとのんびり沢沿いを歩きます。
06bounominetozandou1.jpg 
薄く靄って、ちょっと幻想的。

標高550mを超えてきました。
雪がでてきました
07bounominetozandouyuki1.jpg 
山頂まで雪はこのくらいかなと考えていました・・・

マムシもいるようです
08bounominemamusi.jpg 

白谷沢を詰めると、上の方に林道が見えました。
林道大名栗線というダート好きにはたまらない林道が走っていました。

7:22 林道脇のあずまやで休憩です。
09bounomineazumaya.jpg 
7:27 出発

雪が一気に増えてきました。
10bounominetozandouyuki2.jpg 
このあたりで積雪2~5cmでしょうか・・・このくらいなら問題はありません。

7:42 岩茸石
11bounomineiwatakeisi.jpg 

指導標に雪がついて見えません。
12bounominesidohyoyuki.jpg 

寒そうですが、そんなに寒さは感じません。

動物の足跡
13bounomineasiato.jpg 
鹿かな?

トレースのないまっさらな雪の尾根道を歩きます
14bounominetozandouyuki3.jpg 

このあたりで10cmくらいの積雪でしょうか・・・

階段の上を見ると15cmくらいかな
15bounominekaidan.jpg 

ゴンジリ峠まであと73段
16gonjirimade73.jpg 
「り」を書き忘れてしまったのでしょうか・・・癒されますね

8:14 ゴンジリ峠
17gonjiritoge.jpg 
こんな漢字を書くのかと思っていたら、埼玉県の「玉」の字の半分まで
雪に埋まっていました。

ハイカットの靴の上まで雪。
18bounominesekisetu15.jpg 
というか、レンズキャップが入っちゃった

ここから雪はさらに深くなりました。
深いところでは膝下までうまります。
積雪20~30cm。

山頂まであと少し
19bounominesanchotemae.jpg 
階段なんですが、完全に雪の下に埋まっています。
プチラッセルでけっこう疲れました。

8:37 棒の嶺(969m)に到着
20bounominesancho.jpg 
晴れていれば都心方面が一望なのですが・・・真っ白

少し寒いので、のんびりラーメンタイムにしました
21bounomineramen.jpg 
本日はみそラーメン、煮卵、チャーシュー、ウインナー、ミックスベジタブル・・・
いつもの具です。
温まる~♪
何回食べても山頂でラーメンはうまいです。

山頂は広く、雪がなくなって乾けばお弁当に最高ですね。
22bounominesancho2.jpg 

9:17 下山です

来た道を戻ります

9:29 ゴンジリ峠

9:45 岩茸石

10:02 林道大名栗線

白孔雀の滝で写真を撮ってました
23sirokuzyakunotaki.jpg 
ぐるぐる巻いている感じが孔雀っぽい・・・かな

道路が見え、無事に到着と思いきや、
スライディング・・・
最後まで集中ですね。

10:52 白谷沢登山口に到着

下山後は、近くのさわらびの湯(3時間800円)で
温泉につかり、ほっこりして帰路につきました。

本日のコース
歩行距離 約6.5km
累積標高差 約660m

白谷沢登山口6:20-7:22林道大名栗線7:27-岩茸石7:42-
ゴンジリ峠8:14-8:37棒の嶺山頂9:17-ゴンジリ峠9:29-
9:45岩茸石9:48-林道大名栗線10:02-10:52白谷沢登山口

地図
bounominemap.jpg 

断面
bounominedanmen.jpg 

沢沿いでマイナスイオンをたくさん浴びて、
雪にまみれ、温泉につかり、
とても幸せな誕生日登山でした。
Home |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0

大霧山 展望よし♪ H23.2.26(土)

大霧山から見た武甲山・・・ちょっと痛々しい・・・
10 ogiri bukosan 

平成23年2月26日(土) 晴れ

日和田山から37km移動してきて大霧山に登ります。
八高線沿いの道はのんびりしていい感じでした。

粥仁田峠まで来るまであがって路肩に駐車しました。
楽しすぎかな・・・

11:13 粥仁田峠の大霧山登山口を出発です。
01 ogiri tozanguchi 

登山口にある看板
02 ogiri kanban 

最初、急です。息が上がりながらも登ります。

落ち葉の道はふかふかで心地よい
03 ogiri tozando1 

雪がちょこっと残っていました
04 ogiri tozando yuki 

緩やかになったと思ったら、また急坂。
と思ったら山頂標が見えました。
ここが一番危ない。凍っています。
05 ogiri sanchotemae 

凍っていないところに足を置きながら

11:38 大霧山767m なんとか山頂に到着。
06 ogiriyama sancho 

人がいっぱいです。

なかなかの展望です。

三角点がありました
07 ogiriyama sankakuten 

山頂からのパノラマ1
08 ogiri pano1 

山頂からのパノラマ2
09 ogiri pano2 

すぐに目に付く両神山・・・やっぱり恐竜の背中
11 ogiri ryokami 

両神山のすぐ左に八ヶ岳(赤岳、横岳)の頭が見える
14 ogiri yatsu2 

赤岳の頭をアップ
12 ogiri yatugatake 

浅間山もうっすら見えました
13 ogiri asama 

蓑山が下に見えます
15 ogiri minoyama 

蓑山の山頂をアップ
17 ogiri mino up 

ついでに宝登山もアップ
16 ogiri hodosan 

こちらは雲取山
18 ogiri kumotori 

長瀞の町並み
19 ogiri nagatoro 

展望を楽しみながらお昼を食べました。
コーンスープ、コンビニおにぎり、ゆでたまご、チーズ。

12:23 下山

来た道を戻ります。
急坂が凍っていて怖い。
20 ogiri gezan 

毛無山で痛い思いをしているので慎重に下山しました。

12:47 登山口
21 kainitatoge 


今回のコース
歩行距離 約2.2km
累積標高差 約215m

地図
ogiriyama map 

断面
ogiriyama danmen  

11:13粥仁田峠-11:38大霧山12:23-12:47粥仁田峠


粥仁田峠まで来るまで入ったので楽ちんでした。
人気の山だけあって人がいっぱい。
ちょっと騒がしかったです。山座同定を楽しむのはいいですが、
大声で登った山について自慢げに話しているのはどうかと・・・
ま、いいですけど。

この一体は縦走が魅力だと思います。
次に来るときは縦走したいなと思いました。
Home |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: