スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

草津白根山でカモシカに会う

8月の仙丈ケ岳以来、2か月ぶりの山です。
楽で景色の良いところと思って、まだ歩いていない
草津白根山にいってきました。

平成28年10月10日(月) くもり時々はれ
【4:45 市川市を出発】
三郷南ICから外環にのり、関越道に入り、渋川伊香保ICで降りました。
そこからは下道。途中でコンビニにより買い物。

【7:50 草津に到着】
8:00から志賀草津道路が通れるので、しばし待つ。
白根火山ロープウエイの山麓駅前に駐車して9時まで
待ちます。

【9:00 白根火山ロープウエイに乗車】
13分の空中散歩で山頂駅に到着

【9:15 山頂駅を出発】
01kusatsusanchoeki.jpg

さすが百名山。多くのハイカーがいます。

リフトに乗ると100m稼げますが、今回は歩くことに。

久しぶりに歩いたせいもあると思いますが、この歩き始めが一番きつかった~

クマ除けの鐘 その1
02kusatsukumakane1.jpg

鐘をならしてぜーはー言いながら登る

クマ除けの鐘 その2
03kusatsukumakane2.jpg

ボンベみたいな形だ

ここでリフトからの道と合流

火口を目指します

火口に着くと…
04kusatsukako.jpg

いました
05kusatsukamosika1.jpg
ニホンカモシカがお食事中です

06kusatsukamosika2.jpg

火口の周りを少し歩くと分岐があり、遊歩道最高地点へと向かいます

07kusatsukoyo.jpg

色づいた葉もありましたが、ダケカンバはすべて葉を落とし、ほぼ紅葉は終了でした

榛名山
08kusatsuharuna.jpg

景色もいまいちでした

【10:30 遊歩道最高地点】
09kusatsusaikochiten.jpg

現在、山頂部は立ち入り禁止になっているので、ここが今回の最高地点です。

これから向かうのは展望所
火口の右の高いところです
10kusatsukako2.jpg

少し青空がみえました


11kusatsuaozora.jpg

浅間隠山(左)と鼻曲山
12kusatsuasamakakusi.jpg


【10:45 本白根山展望所】



13kusatsutenbosyo.jpg


別のカモシカがいました



14kusatsukamosika3.jpg
しばらくこっちをじっと見ていましたが、走り去りました

浅間隠山
15kusatsuasamakakusi2.jpg
きれいな形の山です

鼻曲山
16kusatsuhanamagari.jpg
独特の形です

草津温泉街
17kusatsuonsengai.jpg

白根山と横手山
18kusatsuyugamayokote.jpg
奥の高いのが横手山


【11:30 鏡池】
19kusatsukagamiike.jpg
ここでお昼ご飯にしました
風が冷たいです

20kusatsukagamiike2.jpg

ご飯を食べたら出発
ここからはしばらく下り
木道や階段ではスリップ注意です

【12:25 山頂駅に到着】
ロープウエイで降りて、レストハウスでソフトクリームを食べました
緑と白のミックスを食べましたが、笹団子のような味でした
あんこを入れたら最高だと思います

草津温泉で汗を流し帰路に

大渋滞の中、帰宅しました

草津白根山はお手軽な百名山で人が多い
もう行かないかも


草津白根山の記録はこちら








スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

榛名山の最高峰 掃部ヶ岳

5月5日は渋滞予想では最悪の日。
早く帰る、まだ登ってない山を条件にいろいろ考えて、
滝子山、石裂山、榛名山を候補に。
石裂山ははしごや鎖がたくさんあって楽しそうだが、
バイクで転んだ時に痛めた手首も方も痛いから危ない。
滝子山は帰りの小仏トンネルでイラつきそう。
ということでお手軽そうな榛名山の最高峰・掃部ヶ岳に
登ることにしました。

平成28年5月5日(木)快晴!
久しぶりの早起き。心配でしたが起きられました。

【3:20 市川を出発】
上里SAで朝ごはんにかきあげそばを食べて登山口へ。

【5:45 湖畔の宿記念公園駐車場に到着】
気温は10度。私にはちょうど良い気温です。

【5:50 駐車場を出発】
無料・トイレあり
01harunap.jpg

まずは国民宿舎先の登山口まで湖畔を歩きます。

目の前には榛名湖と榛名富士

ダイヤモンド榛名富士
02harunafuji.jpg
太陽がちょうど山頂にありました。

【6:03 掃部ヶ岳登山口】
国民宿舎は営業をやめてしまい建物だけ残っています。
その先に登山口があります。
03kamontozanguchi.jpg

1か月ぶりの山歩き、いきなりぜーはーぜーはー…

すみれがたくさん咲いています
04harunasumire.jpg

ぜーはーしながらなんとか硯岩まできました

【6:23 硯岩】
足元は絶壁。足がすくむ~
目の前には榛名湖と榛名富士、榛名の外輪山がきれいに見えます

榛名湖と榛名富士
05suzuriiwaharunafuji.jpg

遠くには赤城の山々
06suzuriiwaakagi.jpg

山名を入れると
06suzuriiwaakagi(name).jpg

5分ほど硯岩で写真を撮り、掃部ヶ岳へ向けて出発

硯岩を降りるとほぼ平坦な道になりますが、その後急になってきます

新緑と青空が美しい
07harunatozando.jpg

後半は階段地獄に
08harunakaidan.jpg
いつまで続くの~この階段~♪

山頂の手前200mまで延々続きます。

階段を登り切ると勾配は緩やかに。木々の間からきれいな景色も見られます。
09harunako.jpg

【7:15 掃部ヶ岳(1449m)】
山頂に到着
10kamongatakesancho.jpg
山頂はけっこう狭い。
誰もいなかったのでのんびり。おにぎり食べた。

後からご夫婦と男性コンビがきました。

山頂からは南西方向の展望が良いです
11kamongatakekara.jpg

妙義山
12kamonmyogisan.jpg
あのギザギザ、すごい

浅間山
13kamongatakeasamayama.jpg

榛名神社の鳥居かな
14harunajinzya.jpg
赤い鳥居は目立ちますね。山頂からも一目瞭然。

荒船山が真ん中あたりに見えていますが…
15kamonarafune.jpg


【7:33 山頂を出発】
杖の神峠経由で下山します。

いきなり急坂
笹で登山道が見にくい
16harunasasahara.jpg

地蔵岩
17harunajizoiwa.jpg
見方によっては地蔵に見えるかな。

急な道を恐る恐る下り、一度しりもちをつく。
ストックが曲がってしまいました。これで左右とも同じように曲がってしまったので
そんなデザインなのかなと思うことにしました。

【8:28 杖の神峠】
18tuenokamitoge.jpg

ここからは林道を歩きます

上を見ると大きな岩が。あのあたりをさっきまで歩いていたのか…
19harunarindoukara.jpg
それにしても空が真っ青だ。

榛名富士と榛名湖が見えるともうすぐ駐車場
20harunafuji2.jpg

湖畔の宿記念公園に入ると竹久夢二のアトリエがあります。
21takehisayumejiatorie.jpg

こんな歌碑もあります
22harunakahi.jpg


つつじがきれい
23harunatutuji.jpg

【9:15 無事に駐車場に到着】

歩行距離 約6km
累積標高差 約460m

たいしたことないコースなのに妙に疲れました。
運動不足と体重増加が原因と分かっていますが…

夏までに克服できるのか…

とても心配です。

今回の山の記録はこちら
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

赤城の鍋割山 荒山とセットで H28.4.9(土)

雪の時期に行こうと思っていた赤城の鍋割山。
結局、行けなかったのですが、一度登っておこうと思い
行ってきました。

平成28年4月9日(土) くもり時々晴れ
【4:30 市川を出発】
外環、関越を順調に走り、上里SAで朝ごはん。
前橋ICで降りて、赤城山へ。

【6:45 姫百合駐車場に到着】
走り屋の車がたくさんいました。
01aranabehimeyurip.jpg
トイレあり

外気温は5度。やや肌寒い感じ。
02aranabekion.jpg

【7:09 姫百合駐車場を出発】
林道を渡って登山口へ
03aranabetozanguchi.jpg
マイクロハードルのような階段は脇を歩きます。

荒山風穴 冷たい風は吹いてきませんでした
04aranabefuketsu.jpg

【7:53 荒山高原】


05aranabearayamakogen.jpg
広くなっていて休憩に適地。
チョコレートとアクエリアスでエネルギー&水分補給

出発しようと思ってふと見たらうっすらと…
06aranabefuji.jpg
富士山だ! テンション上がります。
霞んでいるので目を凝らして見ないと見えません。

【7:58 荒山高原を出発】
荒山を目指します
緩やかな登山道を登っていきます。

一回転した松。どうしたらこうなっちゃうのかな?
07aranabematsu.jpg

関東平野方面が開けた場所がありました
08aranabemaebashi.jpg

反対側は木の間からは谷川連峰方面が見えます。

榛名山の奥に浅間山も見えます
09aranabeasamayama.jpg

ひときわ高い群馬県庁の建物
10aranabekencho.jpg

登山道の脇には雪が残っているところがありました

11aranabeyuki.jpg

山頂に近くなると傾斜が急になり、ロープがついているところもあります。
ロープがなくても登れるレベルですが、あるとらくですね。



12aranaberope.jpg

【8:59 荒山山頂】
本日の最高地点 1572m
13aranabearayamasancho.jpg
山頂は木に囲まれているので、展望は木の間からのみ。

山頂周辺は少し広くなっているので休憩はできます。

15aranabearayamakion.jpg
山頂の気温は9度。ザックを下して休憩しましたが、すぐに背中がひんやりする感じでした。

三角点
16aranabearayamasankakuten.jpg

【9:13 荒山を出発】
来た道を戻るか迷いましたが、南尾根経由で荒山高原に戻ることにしました。

少し下るとひさし岩という展望の良いところがあります
18aranabehisasiiwa.jpg


左が地蔵岳。 電波塔が並んでいるのですぐにわかります。

19aranabejizodake.jpg
さらに下ります


【9:32 南尾根東屋】
ここで棚上十字路方面に向かいます
20aranabeazumaya.jpg

緩やかに下っていきます。途中に2か所ロープがついたところがありますが、
難しいところはありません。

下っていくと沢がありました。
21aranabesawa.jpg

【9:56 棚上十字路】
休憩できる建物と芝生広場があります。休憩には良い場所です。
22aranabejyujiro.jpg
ここから荒山高原までは緩やかな登り。
荒山から直接荒山高原に戻ったほうが楽ですね。

【10:04 荒山高原】
ふたたび荒山高原に戻ってきました。
ここから鍋割山を目指します。

最初は階段。ちょっときついですが、登り切ると開けて
気持ちの良い稜線歩きができます。

23aranaberyosen.jpg
両側が開けて景色が良いです。目の前のピークは火起山。

火起山からは浅間山が見えました。
24aranabaeasamayama2.jpg

北側には谷川連峰
真ん中が谷川岳。右が朝日岳。一番左のピークが万太郎山。
25aranabetanigawa.jpg

右が仙ノ倉山・平標山。左は苗場山。
26aranabesenokuranaeba.jpg

手前右が子持山
27aranabaekomochi.jpg

振り返るとさっき登った荒山。その左奥に地蔵岳。
28aranabehiokoshikara.jpg

次の小ピーク、竈山から。とがった山は鈴ケ岳。その左に見える雪山は武尊山。
29aranabaekamadokara.jpg

【10:46 鍋割山】
三角点
30aranabenabesankakuten.jpg

山頂は1332m
31aranabenabewarisancho.jpg

関東平野側の眺望がいいです。冬なら遠くまで見えそう。

蝶がいた
32aranabecho.jpg

昼ご飯はシーフードヌードルのBIGとおにぎり33aranabeseafoodn.jpg

前橋から高崎方面
34aranabekantoheiya.jpg

のんびり休んでから出発

【11:30 鍋割山を出発】
ここから来た道を戻ります。

木の間から武尊山。
35aranabehotaka.jpg


【11:59 荒山高原】
本日3回目

【12:33 姫百合駐車場に到着】
1時間ちょっとで下山完了です。

歩いた距離 約8.7km
累積標高差    ±720m

夏に向けて少しずつ負荷をかけた山歩きをしたいと
思いますが、できるかどうか…

今回の山の記録はこちら

Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

大展望! 3回目の赤城山 H26.5.11(日)

ここのところ山友との山行を計画した日の天候が悪いことが
多かったのですが、今回はだんだん天気予報が良くなって
きて、快晴の中気持ちの良い山歩きができました。
今回は5人での山行です。

平成26年5月11日(日) 快晴!
【4:30 市川市を出発】
東京で1人をピックアップして赤城へ。
GWの翌週のせいか道はすいていました。

【6:45 おのこ駐車場に到着】
到着時の気温は7℃。肌寒い感じでしたが、天気予報では
15℃くらいまであがるとのこと。

【7:04 おのこ駐車場を出発】
まずは黒檜山登山口まで車道を歩きます。
早朝からバイクがけっこう走っています。

【7:20 黒檜山登山口】
01kurobi3tozanguchi.jpg 
岩がごろごろの急な登山道を登ります。
最初からきつい登りです。

少し登ると大沼と地蔵岳がきれいに見えます。
02akagi3jizouono.jpg 
【7:36 猫岩】

このあと少し平になったかなと思うとすぐに急登が始まる。

大沼と地蔵岳を見ているとどんどん高度があがるのがわかります。
03akagi3jizoufuji.jpg 

地蔵岳の左に富士山が見えました。
04akagi3fuji.jpg 
富士山が見えるとテンションがあがります。

このあともひたすら岩がごろごろの道を急登です。

【8:52 駒ヶ岳分岐】
稜線にあがると少しだけ雪が残っていました。
05akagi3zansetu.jpg 
ここでしばし休憩

【9:00 分岐を出発】
快適な稜線を歩くとすぐに山頂

【9:03 黒檜山山頂 1828m】
06akagi3kurobisan.jpg 
三等三角点が設置された山頂からは筑波山や日光方面がよく見えていました。
写真だけ撮ってさらに奥の展望所へ向かいました。

【9:08 黒檜山奥の展望所】
ここで大休憩です。

尾瀬から上信越の山が一望です。
07akagi3pano1.jpg

山名入り
07akagi3pano1 -name 

燧ヶ岳 美しい双耳峰
08akagi3hiuti.jpg 

至仏山  こちらから見た至仏山はなだらかで優しい印象
09akagi3sibutusan.jpg 

武尊山  大きな山塊だ
10akagi3hotakayama.jpg 

浅間山から北アルプスのパノラマ
11akagi3pano2.jpg 

山名入り
11akagi3pano2 - name 

奥に白い北アルプス。右奥に鹿島槍ヶ岳が見える。
12akagi3kasimayari.jpg 

ルリビタキ(たぶん…)
13akagi3aoitori.jpg 

燧ヶ岳と会津駒ヶ岳
14akagi3hiutiaidukoma.jpg 

皇海山
15akagi3sukai.jpg 

男体山 その左に女峰山から大真名子、小真名子。
16akagi3nantaiasan.jpg 

日光白根山
17akagi3nikkosirane.jpg 

谷川岳
17akagi3tanigawadake.jpg 

八ヶ岳も見えましたがうっすらでした。

【9:59 展望所を出発】
稜線を分岐まで戻り、さらに駒ヶ岳方面へ向かいます。

【10:09 御黒檜大神】
18akagi3onkurobi.jpg 

稜線からは地蔵岳や小沼がよく見えます。
19akagi3jizoukono.jpg 

御黒檜大神を過ぎると、延々階段をおります。
大タルミまで標高差約200mを下ります

途中から駒ヶ岳を臨む
20akagi3komagatake.jpg 

【10:34 大タルミ】
黒檜山と駒ヶ岳の鞍部


【10:49 駒ヶ岳】
駒ヶ岳から関東平野方面を臨むが、霞んで遠くは見えなかった
21akagi3komagatakekara.jpg 
下の方にはアカヤシオが見えた
10:55 出発

少しの間稜線を歩く
22akagi3tozando1.jpg 
心地よい登山道だ

その後、鉄の階段やらをどんどん下る

【11:43 駒ヶ岳登山口】

【11:48 おのこ駐車場に到着】


【今回のコース】
歩行距離 約5km
累積標高差 約520m
akagi3map.jpg 

akagi3danmen.jpg 

赤城山3回目だが、距離や標高差の割にきつく感じます。
全体的に急なところが多いのと階段が多いのがそう感じる要因でしょうか。

この大展望は何度でも足を運びたくなりますね。

今回の山の記録はこちら
Home |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0

鳴神山 展望を楽しみに登る H26.1.11(土)

chikoやんさんの1月7日の記事を見て、行ってみようと
思い立ち、急遽、山友の先輩と2人で行くことにしました。
地元と人に愛される展望の良い山との印象です。

平成26年1月11日(土) 晴れ

昨日、飲み会で朝起きられるか心配でしたが、大丈夫でした。
ビールだけにしておいたから・・・

【5:00 市川市を出発】
3連休の初日で車が多いのかなと思いきや、がらがらの
東北道・北関東道。
順調に大滝(木品)登山口先の駐車スペースに到着。

【6:50 大滝登山口先の駐車スペース】
気温は-4度。ちょっと寒い。
01narukamips.jpg
下りてきてわかりましたが、コツナギ橋登山口にも駐車スペースが
数台分ありました。大滝登山口の手前にもありました。

【7:06 出発】
舗装路を少し歩くと登山口

【7:13 大滝(木品)登山口】
大きな鳥居が目印
02otakitozanguchi.jpg 

樹徳高校大滝山荘の二宮金次郎像
03ninomiyakinjiro.jpg 
最近あまり見ない気がします

少し歩くと大滝

【7:22 大滝】
04narukamiotaki.jpg 
こんな橋がかかっています
05narukamikinohashi.jpg 
落ちるのより折れる怖さを考えてしまう自分が情けない・・・

ずっとこんな沢のような石がごろごろしたところ登っていきます
06narukamitozando1.jpg 

途中、簡易舗装の道がありますが、ここが一番きつかった・・・
07narukamitozando2.jpg 
アキレス腱が伸びきります。

昨日飲んだビールがすべて汗になった気がします・・・

【8:33 肩の広場(鳴神神社)】
狛犬さんがお出迎え
08narukamikomainu1.jpg 
10narukamikomainu2.jpg 
マフラーが愛らしい

鳴神神社
09narukamijinzya.jpg 

ここからひと登りで山頂です。山頂手前が少し凍っていましたが
問題ありませんでした。

【8:42 鳴神山(桐生岳)山頂】 標高は980m
11narukamiyamasancho.jpg 
あまり広くないですが、貸切なので問題なし。

いろんな山が見えるらしい。ほぼ360度の展望。
12snarukamisanmeihyo.jpg 

筑波山
13narukamitukubasan.jpg 

富士山
14narukamifujisan.jpg 

浅間山
15narukamiasamayama.jpg 

高崎から前橋の市街地を見下ろす
16narukamimaebashi.jpg 

群馬県庁はひときわ高い
17narukamigunmakencho.jpg 

御座山(右の一番高い山)  左の方に薄く白い甲斐駒ヶ岳の姿も見えている。
18narukamiogurayama.jpg 

日光方面は雲の中・・・残念orz
19narukaminikko.jpg 

新宿の高層ビル群は幻想的でした
20narukamisinjyuku.jpg 

東京スカイツリー  上の方だけが見えていました
21narukamiskytree.jpg 

輝く渡良瀬遊水池
22narukamiwatarase.jpg 

丹沢方面
23narukamitanzawapano.jpg 

丹沢方面(山名入り)
24narukamitanzawapanosanmei.jpg 

奥多摩方面も見える
25narukamioodake.jpg 

浅間山も雲に隠れそう・・・
26narukamiasama2.jpg 

浅間山の右手には榛名山
27narukamiharuna.jpg 

山名入り
28narukamiharunasanmei.jpg 

北岳の頭も見える
29narukamikitadake.jpg 

こちらは甲斐駒ヶ岳
30narukamikaikoma.jpg 

奥秩父の山々
36narukamiokumusasi.jpg 

山名入り
37narukamiokumusasisanmei.jpg 

この日は武尊山、日光の山々、八ヶ岳、谷川連峰などが雲の中。
それでも関東平野の広さを実感できる展望に大満足。

気温は氷点下。ウエストバッグに落ちた汗が凍っていたので。
 

おやつを食べ、スープとキャラメルマキアートで温まる。
でもすぐに寒くなる。

【9:19 桐生岳を出発】
すぐにもう一つの山頂、仁田山岳につく。
32nitayamadake.jpg 
展望はいまいち。

ここから日陰で凍っているところがあり、びびりながら下りる。

【9:41 裏の肩(椚田峠)】
33narukamiuranokata.jpg 
ここからは歩きやすい道でくだります

しばらく下ると下から鈴の音が聞こえます。
今日はまだ誰とも会っていません。

見ると黒いわんちゃんの姿が・・・ラブちゃんだ。
ちらっと私たちの方を向いてすれ違いました。
飼い主のかたがそのすぐ後をあがってきて、
ちょっと立ち話。「千葉から来ていただきありがとうございます」と
ご丁寧に挨拶をいただき、地元の方に愛される山なんだと
感じました。
話をしている間、ラブちゃんはご主人さまの見えるところで
いい子で待っていました。

うれしい出会いでした。

水場
34narukamimizuba.jpg

ここから沢沿いをずんずん下りました。

【10:21 コツナギ橋登山口】
あとは舗装路を車まで

【10:30 駐車スペースに到着】

せっかく桐生に来たのでなにか名物をと調べたところ「ひもかわ」
なるうどんがあるとのこと。食べに行くことに。

食べたのは藤屋本店のこれ。
35himokawa.jpg  
カレーせいろひもかわ800円

つるつるの幅広いうどんがカレーにからまっておいしい。
おすすめです。

このあと桐生温泉湯ららで温泉につかりました。

14:45には自宅に到着。

充実の1日になりました。

【今日のコース】
累積標高差580m
歩行距離 約5.3km

今回の山の記録はこちら
Home |  コメントアイコン Comment18  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。