スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

南郷山~幕山 梅の宴は開宴したが・・・ H24.2.4(土)

この前の雪でどの山も雪がいっぱい。アイゼンを使わない山ということで、
神奈川県は湯河原町にある幕山を選びました。

幕山は昨年の大震災の翌日に登る予定にしていましたが当然中止に。
再度、計画をしました。

ちょうど幕山公園にある湯河原梅林の「梅の宴」の開宴の日でした。
立春のこの日、春の訪れを感じることができたらと思いでかけました。

平成24年2月4日(土) 晴れ

5:10 市川市を出発。

7:00 登山口となる幕山公園の駐車場に到着。(「梅の宴」期間は有料)

準備を整え出発です。

7:10 幕山公園駐車場を出発

幕山の西側をまわりこみ、まずは南郷山を目指します。

湯河原の梅林の梅は残念ながらほとんどがつぼみ。数本、花をつけている木が
ありました。入園料もまだ取られませんのでしょうがないですね。
01makuyamakoenume.jpg 

沢沿いに舗装路を歩いていきます。傾斜もほとんどありませんので、のんびり
ウォームアップという感じです。
02maukyamatozando1.jpg 

7:50 大石平

ここで沢と別れ、幕山の北面へと登っていきます。ここからが登山道という
雰囲気です。

少し登ると先日の雪がちらほら。

雪の重みで垂れ下がった竹が道に覆い被さりトンネルになっていました。
03makuyamatake.jpg 

中には、四つん這いにならなければ通れないようなところもあります。
障害物競走のような感じでした。

もう少し登ると登山道にも雪が完全に残っていました。
04makuyamatozandoyuki1.jpg 

凍結しているところもあり慎重に歩きました。

8:34 幕山・南郷山分岐

分岐を南郷山方面へ。
すぐに白銀林道と出合います。

白銀林道は南郷山の帰りに歩こうかと考えていましたが、この道路状況を
見て、登山道をここまでピストンすることにしました。

スケートリンクのような路面の白銀林道
05siroganerindo.jpg 

慎重に林道を横切り、自鑑水を目指します。

8:44 自鑑水(自害水)

石橋山の合戦に敗れた源頼朝主従が地元郷土の英雄土肥実平一族の庇護により
平家の追手から逃れ、この池の水鏡で髪を結い直すと、平家を倒し天下を取る自ら
の姿が映り、自害をとどまり、気持ちを取り直したという頼朝再興の礎の地として語ら
れている池だそうです。

自鑑水もこの寒さで凍っていました
06jigansui.jpg 

さらに雪のついた斜面を登っていきます。
途中で道を少し間違えながらも南郷山への稜線にのりました。
あとは緩やかな道を南郷山へ。

9:16 南郷山(611m)

南郷山山頂は強風が吹き抜けていました。風のおかげで寒いです。

三角点がありました。

眺望は海側が少し。箱根側は山が見えます。

湘南の海岸線がきれいに見えました。
08nangoyamakesiki.jpg 

奥には江ノ島、三浦半島、房総半島までよく見えます。

横浜方面
07nangoyamayokohama.jpg 

写真を撮って、立ったままおやつを食べ、寒いので幕山に向かいます。

9:25 南郷山を出発。

雪の斜面を慎重に下り、自鑑水(9:53通過)を見て、幕山と南郷山の分岐まで
戻りました。

10:02 幕山・南郷山分岐

少し進むと完全に雪道に。
09makuyamayuki2.jpg 

登りなので問題なく歩けましたが、下るなら軽アイゼンをつけた方が安心して
歩ける感じでした。

10:19 幕山(625m)

南郷山はだれもいませんでしたが、幕山は次々と登山者があがってきます。
南郷山よりも少し風が弱い感じです。

この日初めて座っての休憩です。
おにぎりとスープで身体を温め、おなかを満たしました。

天城山
10makuyamaamagisan.jpg 

大島と初島のコラボ
11makuyamaoosima.jpg 

10:45 幕山を出発

下山途中、真鶴半島がきれいに見えるポイントがありました。
12makuyamagezanmanazuru.jpg 

幕山の南面は雪はまったくありません。
ジグザグにどんどん降りていきます。

幕岩ではクライミングを楽しむ人たちがいました。
13makuiwa.jpg 
こんな垂直の岩を登るなんて・・・すごいですね。

11:25 幕山公園

幕山を見上げます
14makuyama.jpg 

ちょっとだけ咲いていた梅
15makuyamaume2.jpg 

このあと、湯河原B級ぐるめの「たんたんたぬきの坦々焼きそば」を食べにいきました。
湯河原町内20店舗以上で味わえるそうです。
写真を見て選んだお店が、喫茶Bon。田舎の喫茶店をイメージしていましたが
とてもおしゃれなお店でした。

たんたん焼きそば800円
16yugawaratantanyakisoba.jpg 

ピリ辛の味付けに温玉のマイルドさが加わりなんとも美味しい。
他の店でも食べたくなりました。ツーリングでも行こうかなと思いました。

おなかも満たされ、日帰り温泉「こごめの湯」で温泉につかり、帰宅しました。

今回のコース
歩行距離 約8.5km
累積標高差 約620m

幕山公園駐車場7:10-7:50大石平-幕山・南郷山分岐8:34-自鑑水8:44-
9:16南郷山9:25-自鑑水9:53-幕山・南郷山分岐10:02-10:19幕山10:45-
11:25幕山公園

地図
makuyamamap.jpg 

断面
makuyamadanmen.jpg 

梅にはちょっと早かったですが、思わぬ雪の感触を楽しめ良かったです。
坦々焼きそばに温泉。大満足の1日でした。
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0

三浦半島最高峰・絶景の大楠山へ H23.3.5(土) 

大楠山山頂からの富士山
16 ogusu fuji 

平成23年3月5日(土) 快晴

ツーリングをかねてバイクで出撃です。

目指すは横須賀・大楠山

7:10 市川市を出発

8:40 横須賀・しょうぶ園駐車場に到着

8:51 駐車場を出発

まずは舗装された普通の道路を歩いていきます。
指導標があるので迷うことはありませんでした。
01 ogusu start 

横浜横須賀道路の下をくぐります
02 yokoyoko tunnel 

トンネルをくぐるとすぐにトイレがあります。
03 toile 

9:02 この先、山道に入っていきます。

沢沿いの気持ちよい道
04 hasi1 

こんな楽しそうな橋を渡ります
05 hasi2 

気持ちのよい樹林の中を歩きます
06 ogusu tozando1 

ところどころクイズがあります
07 quiz3 

このQ3を過ぎると階段です
08 ogusu kaidan1 

なにやらがさごそする音が・・・
ともったら

リスでした
09 risu 

確認しただけでも4匹
たくさんいるんですね。

階段を上っていくと、ゴルフ場のわきに出ました。
10 golfwaki 

そんなにナイスショットでもないショットにナイスショットの声がかかる
ゴルフ場のわきを歩いていくと分岐があります。

分岐の指導標を見ると・・・ 
 11 sancho230

山頂まで230段・・・

ここが一番疲れました
12 ogusu kaidan2 

9:30 大楠山山頂に到着

青空に突き出る鉄塔。右が展望台。
13 ogusu sancho2 

山頂は241m
13 ogusuyama sancho 

二等三角点がありました
13 ogusu sancho2 

展望台にあがります。

360度の大パノラマ

富士山と江の島
15 fuji enosima 

丹沢方面・・・塔ノ岳、蛭ヶ岳がはっきり見えます
18 ogusu tanzawa 

塔ノ岳をアップ
19 ogusu tonodake 

横浜方面
20 ogusu yokohama 
ランドマークタワーもくっきり

猿島 三笠公園から船で10分の無人島
20 ogusu sarusima 

房総の山並み
22 boso 
双耳峰の富山はすぐにわかりますね

南アルプスも見えます・・・間ノ岳、農鳥岳など
23 ogusu minamialps 

江の島をアップ
24 enosima 

展望台から山頂を見下ろす
25 ogusu sancho 

トンビをとらえた!
26 tonbi 

東京スカイツリーみ見えました
27 ogusu skytree 

房総の富山
28 tomisan 

鋸山 ロープウエイの軌道が見えます
29 nokogiriyama 

このほか伊豆大島、天城山、箱根の山々も見えました。

10:04 下山

10:28 阿部倉温泉

10:40 しょうぶ園駐車場


今日のコース
歩行距離 約4.8km
累積標高差 約230m

地図
ogusuyama map 

断面
ogusuyama danmen



8:51しょうぶ園駐車場-9:02阿部倉温泉-9:30大楠山10:04-
10:28阿部倉温泉-10:40しょうぶ園駐車場


快晴の天気に富士山、最高です。
南アルプスまで視認できました。
低山ながら眺望は抜群。
さすが三浦半島最高峰です。
Home |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。