花の宝庫 入笠山 H24.8.22(水)

今回は妻と出かけることになり、「膝が痛くなると困るので標高差の少ない山」、
「景色の良い山」、「涼しい」というのが条件に出かける山を考えました。

思いついたのが、ロープウエイを使う山で、北横岳、那須茶臼岳、入笠山。
入笠山は自分もまだ登ってないし、こういう機会がないと登らない気もした
ので入笠山に決定しました。

山頂直下まで車で入れてしまうので、正直あまり魅力を感じていませんでした。
でも、その印象は見事にひっくり返させられました。

平成24年8月22日(水) 晴れ

平日の休みということで首都高が混まないように5時に出発です。

5:00 市川市を出発

途中、双葉SAで朝食。

8:20 富士見パノラマリゾートの駐車場に到着

目の前に八ヶ岳がど~んと見えています♪
01 fujimipkarayatu 
(クリックで大きく)
山名を入れてみました
01 fujimipkarayatu name 

ひょっとして今日一番の眺めかもしれないのでしっかり写真に撮りました。

ここは冬はスキー、夏はMTBのコースになっています。
9時からゴンドラが動くので少し休憩です。

9時にチケットを買うと、「入笠に咲く花」というガイドブックをくれます。
これが散策に役立ちます。

9:10 ゴンドラ乗車

9:20 ゴンドラ山頂駅を出発

団体さんがゴンドラに乗るのが見えていたので、先に出発されたら
嫌だなと思い山頂駅に着くと、まだストレッチを始めるところでした。
こちらはさっさと出発です。

山頂駅近くの案内板
02nyugasaannaizu.jpg 
案内図を見ていると従業員の方がまわる順番を教えてくれました。
この案内図に向かって左の太い道行き湿原を上から降りていく。
帰りは湿原を横切ってここまで戻るといいですよと。
これは正解でした。湿原を効率よく見て回ることができました。

5分も歩くと湿原の入口です。
湿原の中はまさしく「花の宝庫」。
いろいろな花が咲き乱れています。

キオン
03kion.jpg 

ツリガネニンジン
04turiganeninjin.jpg 

コバギボウシ
05kobagibousi.jpg 

ノコンギク
06nokongiku.jpg 

オオバセンキュウ
07oobasenkyu.jpg 

とにかくたくさんの花がありすぎて、写真に撮りきれません。
先に進むことがなかなかできません。

ウメバチソウ
08umebachiso.jpg 

入笠湿原
09nyugasasitugen.jpg

そんなに広いところではありませんが、とにかく花の種類は多いです。

マツムシソウ
10matumusiso.jpg 

コオニユリ
11kooniyuri.jpg 

サワギキョウ
12sawagikyo.jpg 

いろいろな花を見ながらゆっくり歩いていましたが、団体さんに追いつかれたら
嫌なので、湿原を後にします。この湿原だけで数時間過ごせそうです。

9:40 山彦荘
13yamabikoso.jpg 

林道と遊歩道がありますが、行きは遊歩道で。
マナスル山荘の前から登山道らしくなります。

途中で、岩場(直登)コースと岩場迂回コースに分かれます。
14nyugasawakaremichi.jpg 
右の岩場コースに進みました。

途中、何カ所か小さな岩場があります。岩場は問題ありませんが、
急登が山頂まで続きます。

10:12 入笠山(1955m)山頂
15nyugasasancho.jpg 

あっという間に登ってしまいましたが、標高1955mもあります。
この間の谷川岳とそんなに変わらない高さに驚きです。

山頂は岩で木も草も生えていないので、360度の眺望。
雲がなければ絶景なのでしょう。それでもなかなかの景色。
眼下に諏訪湖が見え、守屋山の全景も見えます。

守屋山
16moriyayama.jpg 
割と手軽に登れますが、こう見るとけっこう大きな山体ですね。

中央アルプスがかろうじてみえました
18chuoalps.jpg 
真ん中のへこんだところの左が空木岳

諏訪湖
19suwako.jpg 

よく見ると白鳥の船がはしっています
20hakuchofune.jpg 

守屋山と諏訪湖
21moriyasantosuwako.jpg 

青い空には飛行機
22hikoki.jpg 

おやつのゼリーやパインを食べ、メープルラテを飲み、
ゆっくりしていると団体さんが到着。
一気に賑やかになったので下山です。

10:45 下山です

まだまだいろいろな花が咲いています。

ハクサンフウロ
23hakusanfuro.jpg 

エゾカワラナデシコ
24ezokawaranadesiko.jpg 
これはかわいい。今日一番のお気に入りです。
さすがナデシコ。

シナノオトギリ
25sinanootogiri.jpg 
ピンぼけ・・・

マルバタケブキ
26marubatakebuki.jpg 

おっ、アサギマダラだ♪
27asagimadara.jpg 
編笠山で見て以来だ。

11:18 山彦荘
ここでバッジを購入しました。5種類あったので1つ購入。残りは
今度登ったときにとっておきます。あと4回登らなきゃ。
この近くにとてもきれいなトイレがあります。
11:24に出発

ツリフネソウ
28turifuneso.jpg 

ヤマユリ
29yamayuri.jpg 

花を愛でながらあっという間にゴンドラ山頂駅です。

11:40 ゴンドラ山頂駅

ゴンドラに乗るときにおしぼりをくれます。ありがたいサービスですね。
30gondora.jpg 

正面に見える八ヶ岳はすっかり雲をかぶっていました。
やっぱり朝写真をしっかり撮っておいて良かった。

ゴンドラを下りてソフクリームを食べることに。
チケットを買ったときに割引券をくれました。350円が300円に。

で、食べたのがソフトクリームのルバーブ
31rubabusoft.jpg 
甘酸っぱい味がなんとも美味しいです。酸味がいいのです。
おすすめのソフトクリームです。

ルバーブはタデ科の植物で野菜の一種らしいです。
酸味が強いので砂糖でにてジャムにしたりクリームと
一緒に食べたりするようです。

下山後は温泉。チケット売り場に割引券があったので
700円が600円。
小さな施設ですが、露天に4つの湯船がありのんびりできます。

その後は、富士見駅近くの丸甚そばでおそばとヤマメの天ぷらを
食べました。この店は、席に着くと小鉢が3つでてきます。
これがどれもおいしい。千枚漬け、キュウリの味噌漬け、とうがんの
煮物。おそばはもちろんおいしい。ヤマメの天ぷらもふわふわ。

このあと首都高が渋滞していなければなお良かったのですが・・・
ま、楽しい時間を過ごしたのでよしとしましょう。

今回のコース
ゴンドラ山頂駅9:20-9:25入笠湿原-山彦荘9:40-
10:12入笠山10:45-11:18山彦荘11:24-11:40ゴンドラ山頂駅

歩行距離 約4.1km
累積標高差 約270m

地図
nyugasayamamap.jpg 
断面図
nyugasayamadanmen.jpg 

正直、あまり期待していなかった入笠山でしたが、
とてもすばらしい山でした。歩く楽しみより、花や景色を楽しむ感じ
でした。季節を変えてまた登りたいですし、雪山入門として
冬にぜひ行ってみたいです。景色も良さそうです。

バッヂ
32nyugasabadge.jpg


スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

守屋山 南アルプス北端の一等三角点 H24.4.29(日)

平成24年4月29日(日) 快晴

仕事の大先輩の別荘が八ヶ岳の美濃戸口にあり、
そこに泊めていただきました。
28日は阿弥陀岳への登山コースの途中にある御小屋山(2137m)
までお散歩。2000m以上はまだまだ凍っていました。
下山後、BBQでおなかいっぱい。で、29日はどこに行こうかと考えて
いると守屋山を紹介していただきました。
名前も知らなかったのですが、守屋山に決定しました。

美濃戸口から1時間弱で杖突峠の登山口に到着。

7:31 杖突峠(1230m)を出発

いきなりの急登で足の筋が伸びる
01moriyasantozando1.jpg 

10分くらいで林道と出合い緩くなりほっとしました。

8:03 分杭平(1340m)
02bunkuidaira1.jpg 
水場、テーブル、ベンチ、トイレがあり休憩に
もってこい。ここまで車で入れるようです。

8:11 出発

この後もきつい登りがあります。

胸突坂
03munatukizaka1.jpg 
「がんばれ」に励まされますね。

写真では急登感はでませんが、息が上がりました。
04munatukizaka2.jpg 
胸突坂の一番上が鎖についたちょっとした岩場になって
います。
05moriyasankusari.jpg 
鎖を使わずに登れます。

かなり汗をかきました・・・数えてみると前日に缶ビール(350mm)6本、缶酎ハイ1本、日本酒と
全部で約2.5リットル飲んでいるので重いはずです・・・ただでも重すぎるのですが・・・

でも、このあとは山頂まで緩やかな登りです。

山頂手前
06moriyasantemae.jpg 
青空がうれしい。

8:50 守屋山東峰(1631m)
07moriyasanhigasimine.jpg 
ちょっとした岩峰になっています。

目の前に雪をまとった山々。
360度の大展望です。

甲斐駒ヶ岳
08moriyakaikoma.jpg 
かっこいい

北岳
09moriyakitadake.jpg 
鋭い

仙丈ヶ岳
10moriyasenzyogatake.jpg 
さすが女王。ゆったり。

南アルプス方面
08moriyasan nana pano 

北アルプス
12kitalps pano 

槍・穂高
11moriyahotaka.jpg 
霞んでいて見にくかったのですが、大キレットが目印に
なるので山座同定しやすいですね。

八ヶ岳方面
13yatugatakepano.jpg 

中央アルプスもよく見えます。

8:58 西峰へ向けて出発

少しくだって登り返します。

9:18 守屋山西峰(1650m)に到着
14moriyasannisimine.jpg 
こちらは芝生の小広い山頂。お弁当食べて昼寝したい。

一等三角点があります
15moriyasansankakuten.jpg 
一等三角点にふさわしい360度の大展望です。

木曽駒ヶ岳、空木岳方面
16moriyakisokoma.jpg 

御嶽
16moriyasanontake.jpg 

乗鞍
17moriyasannorikura.jpg 

眼下には諏訪湖
18moriyasuwako.jpg 


この守屋山は諏訪大社のご神体だそうです。前日に登った御小屋山は
御柱を切り出していた山ということで偶然にも関係のある山を登ったことに
なりました。

車山
19moriyakurumayama.jpg 
山頂のレーダーですぐに目に付きますね。
もう雪はないように見えます。

車山のすぐ右に黒斑山・浅間山がうっすら見えていたのですが
写真ではきびしいかな・・・
21moriyaasama.jpg 

八ヶ岳も相変わらずきれいに見えています
20moriyatenguyokodake.jpg 

9:24 西峰を出発

分杭平でおにぎりを食べ、大休憩。

11時前には杖突峠に下山しました。

下山後は諏訪湖畔の片倉館で入浴。
重要文化財の大きなお風呂。

渋滞もなく帰宅できました。

今回のコース
歩行距離 約7km
累積標高差 約570m
杖突峠7:31-8:03分杭平8:11-8:50守屋山東峰8:58-
9:18守屋山西峰9:24-9:43東峰-10:13分杭平10:30-
10:52杖突峠

地図
moriyasanmap.jpg 

断面図
moriyasandanmen.jpg 


2日間とも快晴で、ハイキングには最適の環境でした。

美濃戸口ではカモシカさんに出会いました。
kamosika1.jpg 
まったく逃げませんね。
Home |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0

朝のお散歩登山 根子岳 H23.6.26(日)

朝のお散歩登山で根子岳に登りました。

平成23年6月26日(日)

3:20 起床 外は月が出ていて歩けそうな天気

山歩きの準備を始める

4:20 峰の原高原を出発

牧場までは傾斜のない樹林の中を歩きます

4:30 菅平牧場入口 

01 nekodake tozanguchi 


牧場にはまだ牛がいません
02 sugadairabokuzyo 

天気があやしくなってきた・・・

イチヤクソウが咲いています
03 ichiyakuso 

レンゲツツジが咲く登山道を緩やかに登り、牧場の終点まで行くと
傾斜が急になってきます。

04 nekodake tozando1 

5:08 避難小屋
05 nekodakehinankoya 

天気はなんとかもっていますが、この先根子岳の山頂付近は雲で
見えません・・・

5分くらい休憩し出発

この先少し傾斜がきつくなります

06 iwakagami 
登山道のわきにはイワカガミが群生しています

こんな花や・・・
07 nekodake hana 

こんな花も咲いています
08 nekodake hana2 

だんだん霧が濃くなり、代わりばえのしない登山道をひたすら
登りました・・・・周りは何も見えません・・・


こんな石に励まされ・・・
09 fightishi 


6:04 小根子岳分岐

10 kiri tozando 
霧でなんも見えん・・・

6:19 根子岳山頂(2207m)
11 nekodake sancho 

晴れてれば眺望がいいんでしょうねぇ・・・

雨が降っているので、カメラをザックにしまって、レインカバーを
してしまったのでこのあとは写真を1枚も撮りませんでした。

同じ道をひたすら下山。朝ご飯に間に合いました。

今回の行程
歩行距離 約8km
累積標高差 約680m
登り 1時間59分
下り 1時間14分

コースタイム
峰の原高原4:20-避難小屋5:08-小根子岳分岐6:04-6:19根子岳山頂6:30-
小根子岳分岐6:47-避難小屋7:07-峰の原高原7:44

地図
nekodake map 

断面
nekodake danmen 


朝食前のお散歩登山で、眺望はありませんでしたが
たくさんの花に出会えました。アズマギクやツマトリソウなども
見られ楽しく、雨でちょっと辛くも、歩けました。
Home |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: