スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

尾瀬ヶ原でお散歩♪ H27.8.22(土)

 尾瀬の至仏山を目指して出発しましたが、
予定を変更して尾瀬ヶ原で散歩をしてきました。

平成27年8月22日(土) 曇り時々晴れ
【3:30 千葉県を出発】
順調に走り、6:20尾瀬戸倉の駐車場に到着
シャトルバスに乗り換え鳩待峠へ
バスが値上がりしてた。

【7:10 鳩待峠に到着】
写真を撮ろうとカメラを出すが、スイッチが入らない。
故障か…
と思って蓋を開けると電池パックが入っていません。
家に忘れてしまいました。
この時点でカメラと望遠レンズが入ったバッグはただの
荷物となりましたorz
仕方ないので、サブカメラで撮影です。

鳩待峠01oze2hatomachitouge.jpg

準備をして、至仏山を目指し出発。

【7:20 鳩待峠を出発】
山ノ鼻までは標高差200m弱の下り。

タケシマラン
02oze2takesimaran.jpg 
かわいい赤い実がぶらさがっています。

木の間から至仏山が見えます
03oze2sibutumieru.jpg 

途中にある熊除けの鐘
04oze2kumayokekane.jpg 
じゃんじゃん鳴らす

トリカブト
05oze2torikabuto.jpg
きれいな紫色

マルバタケブキ
06oze2marubatakebuki.jpg 
もう終盤かな

ソバナ
07oze2sobana.jpg 
水滴が付いていてみずみずしい

川上川  これを渡ると山ノ鼻まではすぐ。
08oze2kawakamigawa.jpg 
きれいな水だ

【7:33 山ノ鼻】
09oze2yamanohana.jpg 
天気が良くなってきた

左へ行くと至仏山、右へ行くと尾瀬ヶ原
10oze2yamanohana2.jpg 

至仏山に行く予定でしたが、1名体調がよくないということで
至仏山はやめて、尾瀬ヶ原をお散歩することにしました。

尾瀬ヶ原は初秋の趣

オゼミズギク
11oze2ozemizugiku.jpg 

サワギキョウ
12oze2sawagikyou.jpg 

ワレモコウ
13oze2waremokou.jpg 
なんか秋っぽいです

ゴマナ
14oze2gomana.jpg 

アブラガヤ
15oze2aburagaya.jpg 

振り返ると至仏山がきれいに見えています
16oze2sibutusan.jpg 

コバギボウシ
17oze2kobagibousi.jpg 

ミヤマアキノキリンソウ
18oze2miyamaakinokirinso.jpg 

ゲンノショウコ
19oze2gennosyouko.jpg 

この時期でもまだまだいろいろな花が咲いています。癒される~

ミゾソバ
20oze2mizosoba.jpg 

池塘に空が映りこむ
21oze2chito.jpg 
きれい

正面には燧ヶ岳 山頂は雲に覆われています
22oze2hiuchi1.jpg 

逆さ燧  残念…山頂には雲
23oze2sakasahiuchi.jpg 

牛首
24oze2usikubi.jpg 
竜宮方面とヨッピ橋方面との分岐です

今日はここまで。体調の悪いメンバーを山ノ鼻に置き去りにしているので戻ります。

至仏山は雲の中に。登らなくて正解だったかも。
25oze2sibutu2.jpg 

ヘリコプターが飛来
26oze2heriko.jpg 
けが人を救助するようです。
木道ですべったのかな…足首を痛めて歩けないようでした。

ヒツジグサ
27oze2hitujigusa.jpg 
池塘の中に咲いています。

救助中…たいへんなお仕事ですね
28oze2kyuzyo.jpg 

燧ヶ岳が姿を現してくれました♪
29oze2hiuchi2.jpg 

【10:30 山ノ鼻へ戻る】
花豆ソフト
30oze2hanamamesoft.jpg 

避難小屋の中にはとかげさん
31oze2tokage.jpg 

このあと鳩待峠までのんびり歩き、鳩待峠で少し休憩してタクシーで駐車場に戻りました。

温泉は花咲の湯。さっぱりして帰宅しました。

尾瀬ヶ原、何度訪れても楽しいところですね。

今回の山の記録はこちら
 
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

尾瀬は秋の気配 至仏山2 H25.8.25

パート1はこちら

山ノ鼻から828mを登り、いよいよ至仏山山頂です。

【11:16 至仏山(2228m)】
33sibutusancho.jpg 

二等三角点
34sibutusankakuten.jpg

山ノ鼻から3時間25分かかりました。

さすがに人気の百名山。すごい人の数です。30名の団体の記念撮影にはまいりました・・・

勝手に燧ヶ岳は男性的、至仏山は女性的だと思っていましたが、尾瀬ヶ原と反対側を
見てびっくり。かなり切りっ立った断崖になっていました。
35sibusachokara.jpg

片品側では至仏山と呼ばれて
いましたが、利根側で岳倉山と呼ばれていたそうです。倉は崖という意味があるそうで
まさしく崖なんです。女性的なイメージでしたがちょっと変わりました。
いや、女性的かな・・・優しさと厳しさと・・・  ま、どうでもいいことですが・・・。

アヤメ平
36sibutuayamedaira.jpg  

燧ヶ岳のアップ  俎くらにはガスがかかっています
37hiuchiup.jpg


尾瀬ヶ原のオアシス 竜宮小屋  奥には見晴の小屋 
38ryugukoyatomiharasi.jpg 

尾瀬沼  奥には帝釈山
39sibutuozenuma.jpg 

会津駒ヶ岳  ちょっとガスっています
40sibutuaidukoma.jpg 

利根側にはならまた湖
41sibutunaramatako.jpg 
水が少ないです。土がたくさん見えています。
子どもが小さい頃、ならまた湖でカヌーやキャンプをしたのを思い出しました。

平ヶ岳  私にはたぶん登れない山かな・・・
42hiragatake.jpg 

写真を撮り、お昼ご飯を食べのんびり。

【11:56 至仏山を出発】
小至仏山を目指します。
小至仏山へは気持ちの良い稜線。アルペン的な雰囲気満点。
43kosibutuhenoryosen.jpg 
花もきれいだし、人気の山であることがわかります。

ヒメシャジンかな?
44himesyajin.jpg 

イブキジャコウソウ
45ibukizyakoso.jpg 


山頂方面を振り返ると青空だ。
46sibutuaozora.jpg 

【12:53 小至仏山(2162m)】
蛇紋岩の恐怖と膝痛で1時間近くも要しました。
小至仏山からも絶景です。

笠ヶ岳と武尊山
47kasagatakehotakayama.jpg 

ならまた湖の奥に朝日岳。谷川岳はガスの中で見えません。
48kosibtuasahidake.jpg 

小至仏山からどんどん下ります・・・といってもゆっくりです。

【13:31 オヤマ沢田代(2040m)】
49kasagatakebunki.jpg 

湿原が広がります。
50oyamasawatasiro.jpg 
ミヤマアキノキリンソウが咲く。

タテヤマリンドウ
51tateyamarindou.jpg 
今年も出会えたよ。湿原の中にたくさん咲いていました。

さてこの先、樹林帯に入ります。風が遮られ少し暑い。
残り2kmがとても長く感じられました。

【14:51 鳩待峠】
花豆ソフトを食べました。
52hanamamesoft.jpg 
ほんのり豆の香りと甘さ。おいしい♪

帰りも900円払い、シャトルタクシーで尾瀬戸倉駐車場に。
900円は高い。

花咲の湯で温泉。600円。露天風呂が気持ち良い。

帰りは関越渋滞50km。でも、中央のように完全に停止することはほとんどなく、
ゆっくりでも流れていたのでそんなにいらいらすることもなく帰宅。

尾瀬、やっぱりいいなぁ~。

【今日のコース】
歩行距離 約10.7km
累積標高差 約850m

鳩待峠6:32-7:36山ノ鼻7:51-11:16至仏山11:56-小至仏山12:53-オヤマ沢田代13:31-14:51鳩待峠
小休憩はたくさんとりました。

遙かな尾瀬ですが、早起きして日帰りで行ってきました。
水芭蕉の頃や7月の花の頃に比べだいぶ人が少ないように思いました。
でも尾瀬はいつ行っても良さそうです。景色も良し、花も良し。人気が高いのも
うなずけます。その分、団体さんも多く、すれ違いに時間を要したりもします。
30名の団体とかが山頂を占拠しているとちょっとがっかり。うるさくて・・・
ま、しょうがないですけど。

バッジ
53sibutusanbadge.jpg 
鳩待峠で購入

夏最後で山頂まで行けて良かった♪

今回の山の記録はこちら
Home |  コメントアイコン Comment18  |  Trackback0

尾瀬は秋の気配 至仏山1 H25.8.25

尾瀬の山と言えば、すぐに燧ヶ岳と至仏山が思い浮かびます。
私の中では男性的な燧ヶ岳、女性的な至仏山という勝手な
イメージがありました。今回歩いてみてちょっとイメージが
変わりました。至仏山、燧ヶ岳と並んでまさしく名山でした。

今年の夏は雨飾山、槍ヶ岳と悪天候により断念。8月最後の
山行に尾瀬の至仏山を選びました。尾瀬は一昨年、燧ヶ岳と
尾瀬ヶ原を歩いたっきり久しぶりです。そのときに見た優しい
山容の至仏山、山仲間2人と一緒に念願の登山です。

平成25年8月25日(日) 曇り時々晴れ
【3:15 市川市を出発】
途中、埼玉県内や椎坂峠付近で雨に降られ、ちょっと心配に
なりましたが、なんとか尾瀬戸倉では少し青空も見られ一安心
です。
尾瀬戸倉には6時前に到着。ここからシャトルタクシーに乗って
鳩待峠に向かいます。片道1人900円はちょっと高い。8~9人
1台に乗るので7200円~8100円。ぼろもうけですね。
上高地みたいに1台4000円くらいにするべきです。
6:30に鳩待峠に到着です。

【6:32 鳩待峠(1591m)を出発】
車の中で、至仏山ピストンにするか、山ノ鼻まで行き周回コースと
するか話した結果、周回コースに決定。がっつり登山となりました。

ここら入山です
01sibutuhatomachitoge.jpg 

気持ちの良い木道を歩きます。
02sibutumokudo1.jpg

山ノ鼻までは191m下りです。
双六小屋からの下りで痛くなった膝ですが、やはりきついです。ボルタレンを塗り、サポーターを
つけましたが、段差で痛みます。いかん、いかん。

至仏山を見上げると山頂はガスって見えません・・・
03sibutugas.jpg 

しばらく進むと熊除けの鐘が設置されています。熊さんの耳に届いているのでしょうか・・・
一応、ならします。
04kumayokekane.jpg 

木道の脇には鮮やかな色のトリカブト
05sibututorikabuto.jpg 
猛毒を持っているとは思えない美しさ・・・きれいな女性と一緒でしょうか・・・

マルバダケブキ
06sibutumarubatakebuki.jpg 
これもいっぱい咲いていました。

ソバナ
07sibutusobana.jpg 

【7:36 山ノ鼻(1400m)】
08sibutuyamanohana.jpg 
右側にビジターセンターが見えます。

気温は14度
09sibutukion.jpg 
心地よい気温です。

ここから先は下りるまでトイレがないのでトイレ休憩です。

【7:51 山ノ鼻を出発】
10yamanohanasidouhyo.jpg 
至仏山まで2.9km。距離はたいしたことありませんが、山頂まで標高差828mを直登する感じ。

至仏山はまだガスの中・・・
11sibututozandouiriguti.jpg

スタートするとすぐに研究見本園の湿原。
12kenkyumohonen.jpg
花に足が止まります。

イワショウブ
13ozeiwasyobu.jpg 

オゼミズギク  湿原に咲く太陽
14ozemizugiku.jpg

ミヤマアキノキリンソウ
15akinokirinsou.jpg  

サワギキョウとオゼミズギク
16sawagikyotoozemizugiku.jpg 

アブラガヤ  なんか米みたいだ。
17aburagaya.jpg 

ワレモコウ
18waremokou.jpg 

なかなか先に進めませんが、いよいよ登山道へ


19sibutusanhe.jpg 
 あのトンネルみたいなところへ・・・タイムスリップしそう・・・

登山道に入るといきなり急登が続きます。

でもお花も気になる。

ホツツジ
20hotutuji.jpg 
カール具合がいい。

ウメバチソウ
21umebatiso.jpg 
いっぱい咲いていました。

ゴマナ
22gomana.jpg 

濡れて滑る木道やら川みたいな道やらをひいこら登り、森林限界に。
23sibutusinringenkai.jpg 

振り向くと・・・

燧ヶ岳と尾瀬ヶ原
24hiuchiozegahara.jpg
燧ヶ岳、かっこいい♪ 尾瀬ヶ原もきれい。

さっきまでいた山ノ鼻もよく見えます。
25ozegahara.jpg 
でも山頂まではまだまだ・・・

ウメバチソウに癒され、登る。
26umebatiso2.jpg 

ウスユキソウ もっときれいなのもあったが、ひいひいだったので撮らず
27usuyukiso.jpg 

蛇紋岩に鎖
28zyamongankusari.jpg 
鎖場が何カ所かありましたが、鎖は使わなくて登れるレベルなので心配は
ありません。ただ、この岩、滑る。とにかく滑る。平らなところに足を乗せることが
大切。斜めのところで踏ん張ろうとすると滑る。

慎重に登ります。

鳩待峠も見えます。
29hatomatitogegamieru.jpg 

標高2100m 高天ヶ原まで登って来ました。
30takamagahara.jpg 
階段と蛇紋岩の急登で疲れました。

階段が続く山頂方面を見上げます。山頂まではあと一息・・・
31takaamagaharasancho.jpg 
風は冷たいが汗はだくだく・・・

タカネトウウチソウ
32takanetouchiso.jpg

そして、いよいよ山頂です。

続く・・・
今回の山の記録はこちら
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ニッコウキスゲ満開♪ 尾瀬ヶ原ハイキング H23.7.18(月)

14 kisuge hiuchi3
ニッコウキスゲと燧ヶ岳

平成23年7月18日(月) 晴れ

尾瀬ヶ原ハイキングです。
先月、燧ヶ岳に登り、尾瀬ヶ原を見下ろし、その広さに感動。
尾瀬ヶ原を歩いてみたくなりました。
ということで、即実行です。

2:30 自宅を出発

5:10 尾瀬戸倉第一駐車場に到着

なでしこの試合が延長になり、後ろ髪を引かれながら乗り合いタクシーに
乗車。

6:02 鳩待峠に到着
01 hatomachitouge 

6:08 出発です

最初は石畳の階段、緩やかに下ります。
02 oze isikaidan 

少しすると木の階段
03 oze kikaidan 

その後は木道歩き
04 oze mokudo 

途中で咲いていたしゃくなげ
05 oze syakunage 

樹林の中は少し蒸し暑い。
緑が息をしている気がしました。

川上川の橋を渡るとすぐに建物が見えてきます
06 oze yamanohana 
右手の建物が山の鼻ビジターセンターです。

7:04 山の鼻
しばし休憩。人がいっぱいです。

7:25 出発

尾瀬ヶ原に入り振り返ると至仏山
07 ozegahara shibutusan1 
美しいです。

池塘にはイモリ?サンショウウオかな?
08 imori 
いっぱいいる。

池塘に映る燧ヶ岳 
09 chitou hiuchi
かっこいい。

また振り返って至仏山
10 ozegahara shibutusan2 

7:59 牛首
ヨッピ橋方面に向かいます。

池塘には夏の雲が映る
11 chitou hiuchi2 

ここからはニッコウキスゲロード♪
12 kisuge hiuchi1 

燧ヶ岳とニッコウキスゲ
13 kisuge hiuchi2 

これも
14 kisuge hiuchi3 

逆さ燧
15 sakasahiuchi 

8:39 ヨッピ橋
橋の上は涼しい風が吹き抜けます。心地よい。

橋の手前でちょこっと休憩

8:41 竜宮小屋を目指します

至仏山とニッコウキスゲ
16 kisuge shibutu 

夏の燧ヶ岳
18 natunohiuchi 

蒸し暑い道を歩くと、竜宮小屋が見えました
19 ryugukoya1 

9:09 竜宮小屋
尾瀬ヶ原のオアシスです。涼しい風が吹く日陰のベンチで休憩
20 ryugukoya2
9:34 出発

ワタスゲがまだありました
21 watasuge 

タテヤマリンドウも発見♪
22 ozegahara tateyamarindo 

ニッコウキスゲと至仏山
23 kisuge shibutu2 

10:06 牛首
10:10 出発

ここからは往路と同じ道です。

10:40 山の鼻

至仏山荘前で休憩。
24 shibutusanso 
花豆ソフトクリームを食べました。
上品な甘さでおいしかったです。

11:05 出発

最後の登りはちょっと疲れました。

12:01 鳩待峠

今回のコース
鳩待峠6:08-7:04山の鼻7:25-牛首7:59-8:39ヨッピ橋8:42-
9:09竜宮小屋9:34-10:06牛首10:10-10:40山の鼻11:05-12:01鳩待峠

歩行距離 約16km
累積標高差 約250m

地図
oze map 

断面
oze danmen



距離は長かったですが、至仏山、燧ヶ岳に囲まれ楽しく歩けました。
もう少し涼しい時期にまたきたいです。
とりあえずは至仏山も登らなきゃ。
Home |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0

燧ヶ岳2 感動の尾瀬 H23.6.19(日)

その1はこちら

燧ヶ岳山頂から尾瀬沼を見下ろす
22 ozenuma


8:29 燧ヶ岳・俎(2346m)に到着

山頂にはすでに10人くらい休んでいました。

隣の柴安をどうするかまずは偵察

真ん中に柴安、左に至仏山、右に平ヶ岳
22 sibayasugura 

柴安の雪の斜面を滑っている人がちらほら。
かなり苦戦している様子が見えました。
4本の軽アイゼンしかもっていないので今回は
パスすることにしました。

山頂の三角点
28 hiuchigatake sankakuten 
けっこう年期が入っている。

三角点の写真を撮ったので、あとは展望を楽しみます。

独立峰なので360度の大展望です。多少雲がありますが、
梅雨時にしてはなかなかの眺望♪

尾瀬ヶ原を挟んで対峙する至仏山
22 shibutusan 
6月は入山禁止なんですね。

至仏山をアップ
26 shibutusanup 

平ヶ岳
29 hiragatake 
優しい感じがします

武尊山
27 hotakayama 

北西方面のパノラマ
25 sancho pano 

尾瀬沼と日光の山々
23 ozenuma1 

すぐしたにミノブチ岳も見える。
ミノブチ岳には人がたくさん・・・これから登ってくると思われます


これから向かう尾瀬沼ビジターセンター付近が見える
24 visitorcenter 

山頂には黄色い花がいっぱい
25 hana 
ミヤマキンバイでしょうか・・・?

おにぎりやおやつを食べのんびり過ごしました。

9:03 俎をあとにします

すぐにちょっと高度感のある岩場の下り
31 minobuchihenokudari1 

この辺からの方が尾瀬ヶ原と至仏山がよく見える
32 ozegahara 

ミネザクラでしょうか
33 minezakura 

途中で上からミノブチ岳に見えた団体山とすれ違いました。

俎を振り返る
34 manaita hurikaeru 

団体さんは山頂に着いたようだ
35 manaita sancho 

9:31 ミノブチ岳

沼尻休憩所が見える
36 numajiri 

ここから長英新道です。疲れました。

雪解けと前日の雨が入り交じり、すごい泥濘。
ところどころロープはあり助かります。
急なところは少ないのですが、足首まで入りそうな
どろどろの道をひたすら下ります。景色が見えないので
ほんとうにひたすら下ります。長いです・・・
ほとほと疲れた頃、尾瀬沼が見え、ほっとしました。
写真は撮らず・・・

11:30 浅湖湿原分岐

ここからは木道歩き・・・楽ちん

横目に尾瀬沼をちらっと見ながら、樹林の中を歩いていましたが
ぱっと開けました

大江湿原です
37ooesitugen.jpg 

いきなり広い♪

タテヤマリンドウが咲いてます
39 tateyamarindo 
かわいい花。ファンになりました。

木道では名物「しゃがむおじさん」がたくさんいます(笑

黄色い花
40 hana6 
なんでしょう・・・?

白い花も・・・名前が不明です・・・
41 hana7 

11:47 尾瀬沼ビジターセンター

42 bijitasenta 

ここで昼食休憩。
長蔵小屋の売店でバッヂを購入。
ガリガリ君も購入。おいしかった。
12:00からビジターセンターで尾瀬の四季のビデオを見ました。
いろんな季節に訪れたいですね。

12:30 出発です

沼山峠に向かいます

快適な木道歩き
42 mokudo 

さっきまでいた燧ヶ岳
43 hiuchi1 

けっこう歩いたんだなぁと思いつつ、俎をアップに
44 manaitaup 

リュウキンカの向こうに燧ヶ岳
46 hiuchi3 

山道に入ると若干の登り。沼山峠では団体が休憩していたのでスルー。

13:18 沼山峠休憩所

ここからシャトルバス(500円)で御池駐車場に戻りました。

今回の行程
歩行距離 約13km
累積標高差 +1000m
         -800m

御池登山口4:53-広沢田代5:48-6:47熊沢田代6:55-8:29燧ヶ岳・俎9:03-
ミノブチ岳9:31-浅湖湿原11:30-11:47尾瀬沼ビジターセンター12:30-
13:18沼山峠休憩所13:35

地図
hiuchigatake map 

断面
hiuchigatake danmen 


今回初めての尾瀬。
燧ヶ岳の雄々しい姿、湿原の優しい感じ、可憐な花々、
何をとっても感動でした。
人気であることがわかりました。
季節をかえて歩きたいです。ニッコウキスゲの時期もよさそう・・・

まだまだ残雪のある燧ヶ岳・・・柴安を残しているのでまたいつか
チャレンジします。
Home |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。