鐘撞堂山  カタクリが咲いていました

夜は飲みに行く予定だったので、ちょっと歩こうと思い、
関東百名山の1つ、鐘撞堂山へ行ってきました。

平成28年3月27日(日) 晴れ
8:00過ぎに出発。渋滞なくスムーズに谷津池の駐車場に到着。

【9:45 谷津池駐車場を出発】
南コースを登ります

歩き始めるとまもなく
01kanetukikatakuri1.jpg 
カタクリがたくさん咲いていました。

あたりはカタクリの群生地になっています。
02kanetukikatakuri2.jpg 

つつじも咲いていました。
03kanetukitutuji.jpg 

木の間から谷津池が見えました。車も見える。04kanetukiyatuike.jpg 

ヘビイチゴかな…これもけっこう咲いていました。
05kanetukiichigo.jpg 

【10:14 鐘撞堂山山頂】
06kanetukisancho.jpg 
のんびり歩いても30分弱で到着

でも、景色はいいです。霞んで遠くは見えませんでしたが、スカイツリーも見えるようです。

三角点♪
07kanetukisankakuten.jpg 

山頂にある鐘  撞くのは1人1回って書いてあったので1回にしておきました
08kanetukikane.jpg 

山頂標
09kanetukisanchohyo.jpg 

澄んでいたら遠くまで見えるんだろうなぁ
10kanetukikesiki.jpg 

【10:35 鐘撞堂山を出発】
帰りは西コースで。
すぐに小さな神社があります。
展望のないコースですが静かでいいです。

【10:55 谷津池駐車場に到着】
あっという間に下山しました。

冬の晴れた日が良さそうです。
今回はカタクリが見られて良かったです。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

鎌倉 祇園山ハイキングコース H24.12.27(木)

今年最後のハイキングに妻と一緒に鎌倉に出かけました。
最初は天園のハイキングコースにしようかと思いましたが
衣張山もおもしろそう・・・ということで衣張山ハイキングコースを
目指して出発しました。

平成24年12月27日(木) 晴れ

横須賀線・快速で鎌倉駅に着いたのが11時過ぎ。
すでにおなかもすいてきて、小町通りを歩き出すと
すぐにIWATA珈琲店が目にとまりました。
01iwatacoffee.jpg

ここの名物は分厚いホットケーキ。焼くのに30分
かかります。平日とあってそんなに混んでない。
これはチャンスとばかり、食べることにしました。
お店に入ると焼き上がるまでに50分かかりますが・・・
このチャンスを逃すと当分食べられないと思ったので
のんびり過ごすことにしました。

で、来ました。
02hotcake1.jpg 

横から見るとこの迫力
03horcake2.jpg 
焼いてあるところはカリカリ。中はふわふわ。
おいしいです。食べ応えがあります。妻と1つずつたのみましたが
1つたのんで1個ずつでもいいですね。ツナトーストやサンドイッチの
美味しそうだったのでホットケーキ1つと他のものがいいかも。

すっかりまったりしてしまい、時間は12時半。
ハイキングコースの入口を探して住宅街へ。
下調べが適当だったので、ちょっと迷いながら、祇園山ハイキングコースの
入口へ。入口のところには北条高時腹切りやぐらがあります。

ハイキングコースの入口は階段。
階段を登り切ると尾根の道になります。
04gionyamahaiking1.jpg 
緩いアップダウンを繰り返していきますが、雰囲気は房総の山に
似ています。

さて、途中で衣張山方面へ行ける道があると思っていましたが、
ありません。ネットで印刷した地図には降りられる道があるように
見えましたが、ありません。仕方ないので祇園山ハイキングコースを
最後まで歩くことに。

紅葉している木がまだ残っていました。
05gionyamahaiking2.jpg 

今年最後の紅葉を楽しみました。
06gionyamakoyo.jpg 

さらに歩くと見晴台に到着
07gionyamamiharasidai.jpg 
鎌倉の町並み、由比ヶ浜から稲村ヶ崎、富士山などなかなかの
景色が広がっています。

富士山
08miharasidaifuji1.jpg 

ここからは出雲神社に向かって階段をおります。

出雲神社
11yakumojinzya.jpg 
この神社の右にハイキングコースの入口があります。

入口の案内板
09gionyamaannaizu.jpg 

なにやらしゃがれた犬のような声が響き渡っていました。
探すと・・・こいつ
10taiwanrisu.jpg 
タイワンリスです。
見た目はとてもかわいいのですが、鎌倉では増えすぎてしまって
いろいろと悪さをしているようです。えさをあげたりしないように。
この日も何匹も目にしました。

段葛、小町通りを散歩して鎌倉駅まで戻り、せっかくなので
江ノ電で藤沢まで電車を楽しんでから帰宅しました。

祇園山ハイキングコースは1.5kmくらいの短いコース。
ちょっとしたお散歩にはいいですね。景色が良いのは
見晴台だけですけど。
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

日本で最も遅い紅葉 千葉・養老渓谷 H24.11.24(土)


妻が養老渓谷で紅葉を見たいけど、昼から予定があるというので
早朝から粟又の滝周辺の滝めぐりコースを歩いて来ました。

天気予報では曇りのち晴れ・・・雨が少し残るかも・・・でした。
はたして・・・

平成24年11月24日(土)

5時過ぎに家を出て、ガソリンを入れ、コンビニに寄り、
市川を出たのは5時半。まだ暗い中、車を走らせます。
この時間帯の京葉道にしては車が多い。やはり三連休
です。館山道に入る頃には明るくなってきましたが、
曇り空。なんとか雨は降っていません。
圏央道の木更津東ICまで高速にのり、一般道へ。
養老渓谷の案内が出る頃になると、ぽつりぽつり・・・
やっぱりきちゃったよ、雨。
粟又の滝の町営駐車場に着くと、雨は本降り。
傘が1本しかないのですが、とりあえず滝めぐりコースを
歩くことにしました。

このコースは約4kmで駐車場に戻ってきます。

まずは滝見苑の前から川の方へ降りていきます。

降り始めるとすぐに、滝が目に入ります。
ゆるゆると坂を下り、目の前に粟又の滝が現れます。

粟又の滝は別名養老の滝とも呼ばれています。岩盤の上を
滑るように水が流れています。
01awamatanotaki.jpg 
紅葉はまだ3~4分程度でしょうか。
昨日の雨のせいか、水量が多めで意外と迫力がありました。

飛び石の橋で対岸へ渡ると、川沿いに約2km遊歩道が続きます。

日光がよく当たる上の方はけっこう紅葉していてきれいです。
02awamatakoyo.jpg 
残念なのは、光が足りないこと・・・。

左端に遊歩道が見えますが、川に沿ってのんびり散歩するのは
なかなかいいものです。
03takiyuhodo.jpg 

滝めぐりコースとあって、ところどころに小さな滝があり、目を楽しませて
くれます。
04taki.jpg 

川沿いはまだ紅葉が2分くらいの感じ。
05awamatakoyo2.jpg 

このあたりはなかなかきれいでした。写真はいまいちですが…
06awamatakoyo3.jpg 

07awamatakoyo4.jpg 
赤にオレンジ、緑があいまって美しい。

08awamatakoyo5.jpg 

水面すれすれを鳥が飛んできました。
09awamatatori.jpg 
けっこう大きな鳥。アオサギでしょうか。

10awamatakoyo6.jpg 
真っ赤に色づく木もあり、雨の中ですがけっこう紅葉を楽しめました。
来週くらいには見頃になりそうですね。

約2km、川沿いを歩くとこの橋があります。
11awamatahasi.jpg 
ここで川沿いの遊歩道はおしまい。対岸に渡り、長い階段を上ると
車道になります。
少し行くと幻の滝と書かれたところがあり、有料で滝を見せているようです。
この時間(8時頃)はまだやっていないようで閉まっていました。

これまで川沿いは木の下を歩くところが多かったので、そんなに濡れなかった
のですが、車道に出るともろに濡れます。バス通りに出るとすぐに原ノ台という
バス停がありました。バスの時刻を見ると10分後にくるようです。
粟又の滝まで1kmくらいですが、傘1本では結構濡れるので、バスを待とうと
いうことになりました。
しかし、時間になってもバスはきません・・・さらに10分待ちましたがきません。
今日は三連休だけど祝日でも日曜でもない、土曜日・・・
土曜日の時刻表には確かに8:22のバスがあると書いてあるのに・・・
来そうもないので20分ちょっと待ちましたが、あきらめて歩くことに・・・
雨はやむ気配もなく、降り続け、駐車場に着く頃には半身、びっしょり。
とうとうバスに追い越されることもありませんでした。どうなってるんだ~

9時には無事に駐車場に着き、さーっと帰ってまいりました。11時前には家に着き
今日はのんびりです。

明日は天気が良さそう・・・山に行くか・・・どうしよう・・・
Home |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: