恒例 大山詣 H30.1.14(日)

今年も安全祈願で大山に行ってきました。

平成30年1月14日(日) 快晴
【5:30 市川を出発】
特に渋滞もなく順調に走りました。
コンビニで食料を購入してヤビツ峠へ

【7:00 ヤビツ峠に到着】
今年は雪はありません。

【7:15 ヤビツ峠を出発】
01ooyama8yabitu.jpg 

登り始めてすぐ木の間から江の島が見えました
02ooyama8enosima.jpg 

伊豆七島の利島と新島
03ooyama8tosima.jpg 

今回がこれまでで一番の眺望かも…

神津島も見える
04ooyama8kozusima.jpg 

イタツミ尾根で唯一の鎖場
05ooyama8kusari.jpg 
鎖は必要ないレベルですが、凍結しているときはありがたい


歩きながらちらちら富士山が見えます

一番のビューポイント
06ooyama8fuji1.jpg 
富士山、きれい
手前は二ノ塔と三ノ塔

この季節の富士が一番美しいです
07ooyama8fuji2.jpg 

遠くに南アルプス
08ooyama8nanna.jpg 
真ん中は赤石岳 左は聖岳でしょうか

塔ノ岳  尊仏山荘が見えるのですぐにわかります
09ooyama8tonodake.jpg 

それにしても例年、このビューポイントは凍結しているのですが、今年はまったく
凍結していませんでした。

【8:32 イタツミ尾根分岐】
ここで表参道と合流。
山頂まで急登です。

【8:49 大山山頂】
10ooyama8sanchotorii.jpg 

箱根方面
11ooyama8hakone.jpg 
大涌谷の噴煙が確認できます

東京スカイツリーもくっきり
12ooyama8skytree.jpg 

新宿のビル群
13ooyama8sinzyuku.jpg 

横浜 ランドマークタワーとベイブリッジ
14ooyama8yokohama.jpg 

江の島、三浦半島、房総半島
15ooyama8miurahanto.jpg 

江の島をアップで
16ooyama8enosima2.jpg 

本当に眺望がいい。

伊豆大島
17ooyama8osima.jpg 
 
真鶴半島の奥に天城山
18ooyama8amagi.jpg 
初島も見えますね

ご飯を食べて下山です

【9:40 大山を出発】
どんどん下る

【9:49 イタツミ尾根分岐】
帰りにもビューポイントから富士山
19ooyama8fuji3.jpg 

【10:48 ヤビツ峠に到着】
20ooyama8yabitup.jpg 

いつもの鶴巻温泉・弘法の里湯で温泉に入り、帰宅後、打ち上げをしました。

眺望に恵まれいいスタートを切れました。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

雪の残る大山に詣でる H29.1.14(土)

今年も恒例の安全祈願登山に大山へ行ってきました。

平成29年1月14日(土) 晴れ
【5:30 市川を出発】
渋滞もなくすいすい。ヤビツ峠へ。

【6:50 ヤビツ峠に到着】
思っていた以上に雪がいっぱい
01ooyama7yabitup.jpg

トイレの水道は水が出ず…

準備をして出発

【7:10 ヤビツ峠を出発】
ヤビツ峠の登山ポスト
02ooyama7post.jpg

登り始めると鹿に遭遇
03ooyama7sika1.jpg

みんなこっちを見ている

04ooyama7sika2.jpg
ここで会った鹿は6頭でした

これまでの大山登山でで一番雪が多くありました
05ooyama7tozando1.jpg

小さなお地蔵さん
06ooyama7smalljizo.jpg

イタツミ尾根で鎖は1か所
07ooyama7kusari.jpg
なくても登れるレベルです

表尾根と富士山
08ooyama7omoteone.jpg
二ノ塔、三ノ塔から塔ノ岳はきれいに見えています

富士山
09ooyama7fuji.jpg
残念ながら今年は雲の中でした

塔ノ岳 山頂に尊仏山荘
10ooyama7tonodake.jpg

この景色がみられるとすぐに表参道に合流です

表参道に合流すると山頂まではちょっと急な岩がごろごろした上り
凍っていて怖かったので4本アイゼンを装着。さくさく登れました。

山頂手前の鳥居


11ooyama7torii.jpg
ここから山頂まではわずか

【9:20 大山山頂に到着】
13ooyama7sancho.jpg

山頂から横浜
14ooyama7yokohama.jpg
ランドマークタワーとベイブリッジがわかる

江の島
15ooyama7enosima.jpg
江の島の奥に三浦半島、東京湾、房総半島が見える

東京スカイツリーもなんとか見えた
16ooyama7skytree.jpg

伊豆大島
18ooyama7oosima.jpg
ぽっかり浮かぶ


奥の院で安全祈願
17ooyama7okunoin.jpg

ランチ後下山

【10:10 下山】
アイゼンをつけて下山しました

木の間から
19ooyama7gezankinoaidakara.jpg

【11:50 ヤビツ峠に到着】

鶴巻温泉・弘法の里湯で温泉に入ってから帰宅

アイゼンがどろどろで洗うのが面倒でした…

今年1年、無事に山歩きができますように…

大山(7回目)の記録はこちら
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

弘法山でお散歩 H28.12.10(土)

葉が落ち始めた初冬の里山にお散歩に行ってきました。

弘法山は小田急線の秦野駅と鶴巻温泉駅を結ぶ標高200mちょっとの
小さな山。桜が有名で桜の時期にはすごい数の人が押し寄せるようです。

弘法山公園の第一駐車場から権現山と弘法山を歩きました。

平成28年12月10日(土)快晴
【6:45 市川を出発】
首都高、東名と少し渋滞しましたが、8時過ぎには弘法山公園第1駐車場に
到着。目の前にジンギスカンを食べられるレストランがあります。

駐車場から丹沢の山々が見えます。

端正な大山
01koboooyama.jpg 

【8:35弘法山公園第1駐車場を出発】
階段を少し上がると羊さんがいます
02kobohituji1.jpg 
まさか…レストランでジンギスカンとして出てくるのか…

右上に富士山 真っ白です
03kobohituji2.jpg 

羊さんを見ていたら寄ってきました
04kobohituji3.jpg 
何かもらえると思ったのでしょうか…

メジロがいました
06kobomejiro.jpg 

海には江の島
07koboenosima.jpg 
房総半島までくっきり

まだ紅葉も残っていました
08kobokoyo2.jpg 

09kobokoyo3.jpg 

【9:45 権現山の山頂に到着】
標高は243.5m
10gongenyama.jpg 

標高は低いけどなかなかの景色ですよ

富士山
11gongenfuji1.jpg 

アップで。風が強そう
12gongenfuji2.jpg 

箱根山 右下の噴煙は大涌谷と思われます
13gongenhakoneyama.jpg 

海のほうに目をやると…

伊豆大島
14gongenosima.jpg 
この日は利島や式根島も見えました

こちらは横浜のみなとみらい ランドマークタワーがまさしくランドマーク
15gongenyokohama.jpg 

塔ノ岳 尊仏山荘がちょこんとのっています
16gongentonodake.jpg 

権現山の三角点
17gongensankakuten.jpg 

おにぎりやらお菓子やらで休憩

【10:55 権現山を出発】
来た道を戻り、弘法山を目指します

紅葉をめでたり景色を楽しみながらのんびり歩きました

【11:40 弘法山】
こちらの標高は237.1m

弘法大師様が鎮座しています
18koboyama.jpg 

井戸やら鐘楼やらがあります
19koboyama2.jpg 

風が出てきて、日陰はちょっと寒い

少し休憩して駐車場に戻りました

この後はそのまま帰宅。

のんびり過ごした1日でした。


弘法山の記録はこちら


カメラの調子が悪く、黒い写真が連発。
絞りの羽の不具合と思われます。ペンタックスには多い症状のようです。
修理に出すか、新しいのを買うか、悩むところです。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

遅ればせながら山はじめ 今年も大山で H28.1.16(土)

年末からの咳が止まらず、台湾で遊びすぎたつけもあり、
なかなか山に行けませんでしたが、行ってきました。
体調や体重を考慮し、今年は楽ちんなヤビツ峠から
イタツミ尾根で登ることにしました。

平成28年1月16日(土) 晴れ
【4:40 市川を出発】
海老名SAで朝ご飯を食べ、秦野中井ICで下り
ヤビツ峠まで順調に進みました。

【6:20 ヤビツ峠に到着】
先着は2台。3台目でした。
相模湾方面は晴れていますが、表尾根方面はガスの中。
富士山は見えるか…

【6:42 ヤビツ峠を出発】
すでに標高は761m。山頂まで2.3km、標高差約500mです。
01ooyama6yabitu.jpg 
階段を登り始めるとすぐに上でガサガサ音がしました。

上を見ると…

鹿が2頭、こっちを見ていました。
02ooyama6sika1.jpg 

階段を登っていくと
03ooyama6sika2.jpg 
さらに2頭の鹿がいました。この日は全部で6頭の鹿と会いました。

少し登ると木の間から江の島が見えました。
04ooyama6enosima.jpg 

ご来光
05ooyama6goraiko.jpg 
この瞬間が美しい。

さらに上って行くと鎖場が。
06ooyama6kusari.jpg 
鎖、いらないくらいの感じです。歩きにくい位置に鎖が付いています。

早朝の凛とした空気の中歩いていると…

霧氷だ。きれい
07ooyama6muhyo.jpg 

気温は氷点下。枝にきれいについています。
08ooyama6muhyo2.jpg 
帰りにはすっかり溶けていました。

しばらく登ってふと振り返ると、木の間から富士山がきれいに見えていました。
09ooyama6fuji1.jpg 
表尾根方面のガスはきれいに晴れていたんですね。

奥多摩方面の山もきれいに見えています。
09ooyama6okutama.jpg 

さらに登っていくと木道がでてきます。
10ooyama6mokudo.jpg
掘れてしまった登山道につけられていてありがたいです。

2つめの木道を過ぎ、一登りでイタツミ尾根の最上部に出ます。
ここは毎年、がちがちに凍っているところですが、今年は雪がないのでがちがちでもなかったです。
11ooyama6itatumijyobu.jpg 

ここからの景色が大山登山の最大の魅力だと思っています。

表尾根と富士山
12ooyama6omotetofuji.jpg 
二ノ塔から塔ノ岳、丹沢山まできれいに見えています。

富士山 雪はまだまだ少ないですね。
13ooyama6fuji2.jpg 

南アルプス・赤石岳。右端に悪沢岳がちょこっと見えています。
14ooyama6akaisi.jpg 

塔ノ岳山頂には尊仏山荘があります。
15ooyama6tonodake.jpg 

平らな三ノ塔の山頂の奥に聖岳の頭が見えます。
16ooyama6sanoto.jpg 

塔ノ岳から丹沢山へのスカイライン。
17ooyama6tonodaketanzawasan.jpg 
歩くと気持ちのよいところ。

【8:03 イタツミ尾根分岐】
ここで標高1174m。表参道に合流です。
山頂まではちょっと急登ですが、約10分。
18ooyama6yabitibunki.jpg 

この鹿よけの階段を登るともうすぐ。
19ooyama6kaidan.jpg 

27丁目の鳥居。あとちょっと。
20ooyama6torii1.jpg 

大山山頂の鳥居。
21ooyama6sanchotorii.jpg 
山頂は28丁目です。

【8:12 大山山頂に到着】
休憩・写真撮影こみでちょうど1時間30分。
なまった身体にはちょうどよかったかな。

ふりむけば富士山
22ooyama6furimukebafuji.jpg 

見えた
23ooyama6fuji3.jpg 

相模湾が朝日に輝く
24ooyama6sagamiwan.jpg 

奥の院。シャッターが閉まってますが、今年の安全祈願をしました。
25ooyama6sanchookunoin.jpg 
にゃーにゃーと声がします。建物の左がわに猫がいます。

声の主はこいつ。
26ooyama6neko1.jpg 
年末から山頂にいるらしいです。まるまるしているからみんなからご飯をもらっているんでしょうね。

山頂標
27ooyama6sanchohyo.jpg 

ラーメンの準備をしていたら、目の前に来てニャーニャーとなくので
ピーナッツ味のラスクをあげました。
28ooyama6neko2.jpg 
かわいく食べていると思ったら、かじっただけで食べませんでした。
せっかくあげたのに気に入らなかったようです。

ラーメン完成♪
29ooyama6yamara-.jpg 
山頂でのラーメン、最高です。

関東平野を一望できるのも魅力。夜景を見に来たら最高だと思います。
30ooyama6kantoheiya.jpg 
青空ですが、もやっていて遠くは見えません。本当なら新宿やスカイツリーが見えるところです。
横浜も見えませんでした。

天城山方面かな…
31ooyama6amagisan.jpg 

【9:09 大山山頂を出発】
来た道を戻ります。

【9:17 イタツミ尾根分岐】
表尾根に少しガスがかかっています。
32ooyama6omotetofuji2.jpg 
表尾根方面からヘリコプターの音がしています。
しばらく飛んでいたので何かなければいいのですが…

上部から見た鎖場。
33ooyama6kusari2.jpg 

【10:11 ヤビツ峠に到着】
下りは1時間2分でした。

帰りは渋滞もなく、12時半には自宅に着きました。

今度は雪山ハイクかスノーシューに行きたいところです。

今晩から関東に雪が降るかもという予報。
平野には積もらず、山に積もってほしいのですが、
虫がよすぎますかね。

約1ヶ月ぶりの山歩き、楽しかった♪

今回の山の記録はこちら
Home |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

年末恒例 鍋割山で鍋焼きうどん♪ H27.12.20(日)

今年も鍋割山に鍋焼きうどんを食べに行ってきました。
7回目の鍋割山です。

【4:30 市川を出発】
中央道から八王子ジャンクション経由で、新しくできた圏央道を
走ってみました。時間的には東名を利用するのとほとんど変りなく
着けることがわかりました。
途中、コンビニで買い物をして表丹沢県民の森駐車場へ。

【6:05 表丹沢県民の森駐車場に到着】
正規の駐車スペースは7台くらいでしょうか。着いたときは残り2台分で
すぐに満車。あとは空いたスペースやゲート前、路肩に駐車という感じに
なります。
数年前まではこの駐車場を利用する車はとても少なかったのですが、
ここのところはすごい人気です。テレビで鍋割山が紹介されてから
らしいのですが…
まだ薄暗いので少し車の中で休憩。
【6:33 表丹沢県民の森駐車場を出発】
林道を少し登ってから勘七橋まで下ります。
橋を渡ったところからすぐ左に入る小道があるので、その小道に入り林道を
少しショートカットします。
ちょっと急な坂を登るとおじさんの像の裏側に出ます。
01nabewari7zo.jpg 

ここから登山指導センター跡を左手に見ながら林道を下っていきます。
ほどなく二俣に到着です。

【6:53 二俣】
02nabewari7futamata.jpg 
登山ポストは撤去されました。

このあと3つの沢を渡りますが、二俣の指導標を過ぎるとすぐに1つ目の沢を渡ります。

勘七沢
03nabewari7kansitisawa.jpg 

林道を上っていくと…

2つ目の沢、本沢
04nabewari7honsawa.jpg 

さらに林道を上っていくと
山荘の車とペットボトルの山が見えます。

【7:18 ミズヒ沢】
ここでちょっと休憩

鍋割山荘で使う水やめんつゆなどが置いてあり、多くの人がボランティアで山荘まで
運んでいます。今回はペットボトル1本だけお手伝いしました。
05nabewari7petbottle.jpg 
右のボンベは20kg超。帰りにはなくなっていたので、歩荷の人が上げたのでしょうか。

【7:26 ミズヒ沢を出発】
林道はここまで。ミズヒ沢にかかる橋を渡るとちょっとした沢床をあがり、
登山道となります。
06nabewari7mizuhisawa.jpg 

最初は緩やかですが、尾根に出る前は少し急登。

【7:50 後沢乗越】
07nabewari7usirosawanokkosi.jpg 
ここから鍋割山稜の尾根道となります。

山頂までは急登の連続。山頂かなと思ってしまうにせピークもいくつかあるので
鍋割山稜の看板の番号を目安に歩きます。後沢乗越は5番。山頂は10番のあとです。

木の間からは平らな山頂の三ノ塔が見えます。1200ちょっとの山なので高度の目安に
なります。三ノ塔を越えてくる高さになれば、鍋割山の山頂も近いことになります。
08nabewari7sannnoto.jpg 

冬枯れの明るい登山道
09nabewari7tozando.jpg 
急登が続くので息がきれます

7番の看板で小休憩。
10nabewari7nanaban.jpg 
ちょっと広く、倒れている木がベンチの代わりになるので休憩にはよい場所です。

標高1000mを通過
11nabewari71000m.jpg 

さらに急登は続く…

10番を過ぎてひと登りで木道になり、左手には富士山が大きくなります。
木道を過ぎると最後の急登。ここを頑張ると山頂です。

富士山 雪が少ないです。
12nabewari7fuji1.jpg 

【9:17 鍋割山山頂】
うどんののぼりはでていませんが、食べている人がいたので安心です。
13nabewari7sanso.jpg 

中に入ってさっそく鍋焼きうどんを注文。
ここ数年は注文票に記入するスタイルになりました。それだけ人が多いのでしょう。

5分ほどで…♪
14nabewari7udon.jpg 
白いガラスはクリスマスツリー。ボタンを押すと音楽が山荘中に響き割ります。
あまりに大きい音なのでちょっとびっくりしました。

やっぱりおいしい。登ったご褒美です。

外に出て景色を楽しみます。

山頂標
18nabewari7sanchohyo.jpg 

南アルプスの山々
左の白い頭が聖岳、真ん中、赤石岳、その右が悪沢岳
15nabewari7akaisiwarusawa.jpg 

真ん中に北岳、その左に少し見えているのが間ノ岳。北岳の右に仙丈ケ岳。
16nabewari7kitadake.jpg 
左の大きな山体は御正体山。

塩見岳と蝙蝠岳(左)
17nabewari7siomi.jpg 

もちろん富士山も見えますよ
19nabewari7fuji2.jpg 

景色を楽しんだら下山です。

【10:10 鍋割山を出発】
来た道をおります。

少し雪が残っていました。
20nabewari7yuki.jpg 

それにしても多くの人とすれ違います。

【11:18 後沢乗越】

【11:43 ミズヒ沢】
行きにたくさんあったペットボトルなどはすっからかんでした。

【12:07 二俣】

【12:29 表丹沢県民の森駐車場に到着】
路肩まで車があふれていました。

温泉はいつもの弘法の里湯へ。混んでいました。

帰りは東名から湾岸経由で帰宅。夜の打ち上げまで充実した1日
でした。


今年も天候に恵まれ景色とうどんを楽しめました。
それにしてもここ数年の鍋割山人気はすごいです。
年々人が増えています。
最初のころは、帰りでも駐車スペースが空いているくらいでしたが、
去年、今年と車があふれています。
うどんもいつも一番か二番だったのが、山頂に着くと多くの人が食べている
状態。
テレビに紹介されるとすごいんですね。

あまりに人が多いとなんかなぁ…

お昼時はうどん、1時間待ちだったようです。
都内のラーメン屋じゃないんだからね…

にわか登山の人も多く、大丈夫かなって感じの人も多く見受けられました。

今回の山の記録はこちら
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: