蓼科山(2530m) 360度真っ白 H22.6.20(日)

将軍平から見た蓼科山
19 syogundairakara

平成22年6月20日(日) 曇り(霧)

2:20 市川市を出発

5:45 大河原峠到着
風が強く、山頂は霧の中・・・6:30まで様子を見て
登ることに決めました。

6:43 大河原峠出発
01 ookawaratoge 
すでに2000mを越えています。

歩き始めは緩い登り
03 tozando1 

10分位すると少し傾斜がでてきますが
大した登りではありません。
04 tozando2 

こんなところもあります
05 tozando3 

ここは木場ですか?
06 kiba 
木から落ちないように慎重に歩きます。落ちたら足首まで水の中・・・

7:49 赤谷の分岐
07 akatani bunki 
ここから将軍平までは緩い下り。

自然の芸術 を発見!
08 geizyutu 

7:58 将軍平
蓼科山荘が建っています
09 tateshina sanso 
天気がよければ山頂が見えますが・・・雲の中
水分補給だけしました。

山荘の脇には花が咲いていました。
10 hana 

ここから蓼科山頂ヒュッテまでは大きな岩が
ごろごろ。急登です。
11 iwaba 

ペンキを頼りに歩きます
12 iwaba2 

山頂まで15分に励まされます
13 15fun 

8:32 蓼科山頂ヒュッテに到着
まわりは真っ白で眺望はありません。
14 sancho hyutte 

ヒュッテ前の看板
15 kanban

周りには可憐なコイワカガミがたくさん咲いています
17 koiwakagami 
唯一、目を楽しませてくれました。

山頂の三角点はどこ・・・?
18 iwayama 

8:37 山頂三角点を発見
16 sancho 

山頂ヒュッテまで戻って、山バッヂを購入。
おやつタイムにしました。少し待つも霧は晴れず・・・あたりは真っ白

9:05 山頂ヒュッテ出発
将軍平までは登ってきた岩場を下ります。

9:34 将軍平
一瞬、山頂がみえました。
19 syogundairakara 
ここから天祥寺原へ向けて一気に下ります。

途中、沢沿いを歩きます。水は冷たくて気持ちよい。
20 sawazoi 

10:48 天祥寺原への分岐
21 tensyojiharabunki 
今にも倒れそうな道標。これがなかったら不安になると思う。

こんな笹の間を歩く
22 sasa 
ズボンも濡れてしまう。

11:02 天祥寺原
23 tensyojihara 
予定では亀甲池、双子池、双子山とまわって大河原峠と
思っていましたが、霧が晴れないのでそのまま大河原峠に
向かいました。

大河原峠までは緩やかな登りが続きます。
24 sasahara 
晴れていれば静かで気持ちよい山歩きが楽しめそうです。

11:38 大河原峠に到着

今回の山歩き 
tatesinayama map 
tatesinayama danmen 

累積標高差668m 歩行距離7.7km
大河原峠6:43-赤谷の分岐7:49-将軍平7:58-
蓼科山頂ヒュッテ8:32-8:37蓼科山山頂9:05-
将軍平9:34-天祥寺原分岐10:48-天祥寺原11:02-
11:38大河原峠

大展望が期待できる蓼科山・・・360度真っ白でした。
いつかリベンジだ。
スポンサーサイト
Home |  Category:八ヶ岳 |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: