スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

笠山~堂平山 雪と景色を楽しむ その2

その1はこちら

平成25年2月10日(日) 無風・快晴

笠山峠分岐6:28-七重(笠山)峠7:13-7:41笠山(西)7:50-7:54笠山(東)7:59-
七重(笠山)峠8:23-8:50堂平山と歩いてきました。その続きです。

【8:50 堂平山】
山頂手前はパラグライダーの離陸場所となっていて、広々として気持ち良い。

目の前には両神山が大きい
25dodairaryokami.jpg
白い頭が見えているのは八ヶ岳の山々

赤岳(左)。右の横岳はちょっと霞んでいる。
26dodairaakadake.jpg 

硫黄岳
27dodairaiodake.jpg 
 
蓼科山(右)と北横岳(蓼科山の左)
28dodairatatesinayama.jpg

奥秩父の山々
29dodairakobisi.jpg 
一番右のなだらかなピークが三宝山。その左に甲武信岳。

すぐ下には大霧山。
30dodairaogiriyama.jpg 
奥には浅間山、四阿山、浅間隠山、谷川連峰と続く大パノラマ。

武甲山はちょっと痛々しい
31dodairabukosan.jpg 

雪に写る自分の影。細く見える
32yukiself.jpg 

四阿山
33dodairaazumayasan.jpg 

山頂標のところへ向かいます。
ここで今日初めて人と出会いました。年配のご夫婦。車であがってきて
景色を楽しんでいるようです。

それにしても快晴に無風。気温はそんなに高くないのですが
日差しが強く、ぽかぽか。気持ちいい

 35dodairasancho.jpg

一等三角点
34dodairasankakuten.jpg

ここで休憩。

久しぶりの山ラー
39karaageiri.jpg 
豪華、唐揚げ入り。

大パノラマを前にラーメンを食す。
38yamaraa.jpg
この上ない幸せ

ラーメンを食べているとハイカーが1名あがってきました。
今日、会ったのは3人のみでした。

目の前には武甲山、その手前に1月行った丸山。
37dodairabukosan2.jpg 

目を左の方にやると・・・ 真ん中やや右に白い山がちらっと見えます。
36dodairafuji1.jpg 
一番右のピラミダルな山は蕎麦粒山。

白い山をアップに
37dodairafuji2.jpg 
家で調べてみると富士山のようです。
頭だけわずかに見えるんですね。

のんびり過ごしましたがそろそろ出発です。

40dodairayamatenmondai.jpg 

【9:40 堂平山を出発】
剣ヶ峰に向かいます。雪道を降りると林道歩き。
林道は除雪されていて雪はありません。

剣ヶ峰の手前の急坂から雪道。階段は凍っているところもありましたが
慎重に登れば大丈夫。
41kengaminekaidan.jpg 

【9:55 剣ヶ峰】
42kengamine.jpg 

電波塔がでかい
42kengaminetou.jpg 

雪道を白石峠へ

【10:08 白石峠】
43siroisitoge.jpg 

東屋と槻川源流の碑があります。
44siroisitogeazumaya.jpg 

ここからもまだ雪道。「あ」から下が雪に埋まっています。
45fureaiyukiniumaru.jpg 

ここまで凍っているところはほとんどありませんでしたが、
最後の方で少しアイスバーンがありました。
46icuburn.jpg 
雪が溶けて水が流れているところが夜中に固まったものです。
避けて歩けばOKですが、気をつけないと。

車道に出てしまい楽しかった雪道もおしまい。
47yukimichiowari.jpg 

あとは除雪された車道をとぼとぼ歩きます。

【10:49 笠山峠分岐に到着】
48bunkitochaku.jpg 
車は増えていませんでした。

このコース、期待以上に楽しいです。雪があったからかもしれませんが
静かでのんびり歩けました。景色もすばらしい。車で上まで行けてしまう
のだけが難点です。それにしても3人しか会わないなんて・・・とってもいい
コースなのに。

【今日のコース】
歩行距離 約7.6km
累積標高差 約670m
笠山峠分岐6:28-笠山峠7:13-7:41笠山(西)7:50-7:54笠山(東)7:59-
笠山峠8:23-8:50堂平山9:40-剣ヶ峰9:55-白石峠10:08-10:49笠山峠分岐

【地図】
kasayamamap.jpg 

【断面】
kasayamadanmen.jpg 

奥武蔵、まだまだ楽しめるとところがありそうです。
スポンサーサイト
Home |  Category:奥武蔵 |  コメントアイコン Comment13  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。