スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

鳴神山 展望を楽しみに登る H26.1.11(土)

chikoやんさんの1月7日の記事を見て、行ってみようと
思い立ち、急遽、山友の先輩と2人で行くことにしました。
地元と人に愛される展望の良い山との印象です。

平成26年1月11日(土) 晴れ

昨日、飲み会で朝起きられるか心配でしたが、大丈夫でした。
ビールだけにしておいたから・・・

【5:00 市川市を出発】
3連休の初日で車が多いのかなと思いきや、がらがらの
東北道・北関東道。
順調に大滝(木品)登山口先の駐車スペースに到着。

【6:50 大滝登山口先の駐車スペース】
気温は-4度。ちょっと寒い。
01narukamips.jpg
下りてきてわかりましたが、コツナギ橋登山口にも駐車スペースが
数台分ありました。大滝登山口の手前にもありました。

【7:06 出発】
舗装路を少し歩くと登山口

【7:13 大滝(木品)登山口】
大きな鳥居が目印
02otakitozanguchi.jpg 

樹徳高校大滝山荘の二宮金次郎像
03ninomiyakinjiro.jpg 
最近あまり見ない気がします

少し歩くと大滝

【7:22 大滝】
04narukamiotaki.jpg 
こんな橋がかかっています
05narukamikinohashi.jpg 
落ちるのより折れる怖さを考えてしまう自分が情けない・・・

ずっとこんな沢のような石がごろごろしたところ登っていきます
06narukamitozando1.jpg 

途中、簡易舗装の道がありますが、ここが一番きつかった・・・
07narukamitozando2.jpg 
アキレス腱が伸びきります。

昨日飲んだビールがすべて汗になった気がします・・・

【8:33 肩の広場(鳴神神社)】
狛犬さんがお出迎え
08narukamikomainu1.jpg 
10narukamikomainu2.jpg 
マフラーが愛らしい

鳴神神社
09narukamijinzya.jpg 

ここからひと登りで山頂です。山頂手前が少し凍っていましたが
問題ありませんでした。

【8:42 鳴神山(桐生岳)山頂】 標高は980m
11narukamiyamasancho.jpg 
あまり広くないですが、貸切なので問題なし。

いろんな山が見えるらしい。ほぼ360度の展望。
12snarukamisanmeihyo.jpg 

筑波山
13narukamitukubasan.jpg 

富士山
14narukamifujisan.jpg 

浅間山
15narukamiasamayama.jpg 

高崎から前橋の市街地を見下ろす
16narukamimaebashi.jpg 

群馬県庁はひときわ高い
17narukamigunmakencho.jpg 

御座山(右の一番高い山)  左の方に薄く白い甲斐駒ヶ岳の姿も見えている。
18narukamiogurayama.jpg 

日光方面は雲の中・・・残念orz
19narukaminikko.jpg 

新宿の高層ビル群は幻想的でした
20narukamisinjyuku.jpg 

東京スカイツリー  上の方だけが見えていました
21narukamiskytree.jpg 

輝く渡良瀬遊水池
22narukamiwatarase.jpg 

丹沢方面
23narukamitanzawapano.jpg 

丹沢方面(山名入り)
24narukamitanzawapanosanmei.jpg 

奥多摩方面も見える
25narukamioodake.jpg 

浅間山も雲に隠れそう・・・
26narukamiasama2.jpg 

浅間山の右手には榛名山
27narukamiharuna.jpg 

山名入り
28narukamiharunasanmei.jpg 

北岳の頭も見える
29narukamikitadake.jpg 

こちらは甲斐駒ヶ岳
30narukamikaikoma.jpg 

奥秩父の山々
36narukamiokumusasi.jpg 

山名入り
37narukamiokumusasisanmei.jpg 

この日は武尊山、日光の山々、八ヶ岳、谷川連峰などが雲の中。
それでも関東平野の広さを実感できる展望に大満足。

気温は氷点下。ウエストバッグに落ちた汗が凍っていたので。
 

おやつを食べ、スープとキャラメルマキアートで温まる。
でもすぐに寒くなる。

【9:19 桐生岳を出発】
すぐにもう一つの山頂、仁田山岳につく。
32nitayamadake.jpg 
展望はいまいち。

ここから日陰で凍っているところがあり、びびりながら下りる。

【9:41 裏の肩(椚田峠)】
33narukamiuranokata.jpg 
ここからは歩きやすい道でくだります

しばらく下ると下から鈴の音が聞こえます。
今日はまだ誰とも会っていません。

見ると黒いわんちゃんの姿が・・・ラブちゃんだ。
ちらっと私たちの方を向いてすれ違いました。
飼い主のかたがそのすぐ後をあがってきて、
ちょっと立ち話。「千葉から来ていただきありがとうございます」と
ご丁寧に挨拶をいただき、地元の方に愛される山なんだと
感じました。
話をしている間、ラブちゃんはご主人さまの見えるところで
いい子で待っていました。

うれしい出会いでした。

水場
34narukamimizuba.jpg

ここから沢沿いをずんずん下りました。

【10:21 コツナギ橋登山口】
あとは舗装路を車まで

【10:30 駐車スペースに到着】

せっかく桐生に来たのでなにか名物をと調べたところ「ひもかわ」
なるうどんがあるとのこと。食べに行くことに。

食べたのは藤屋本店のこれ。
35himokawa.jpg  
カレーせいろひもかわ800円

つるつるの幅広いうどんがカレーにからまっておいしい。
おすすめです。

このあと桐生温泉湯ららで温泉につかりました。

14:45には自宅に到着。

充実の1日になりました。

【今日のコース】
累積標高差580m
歩行距離 約5.3km

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:群馬県の山 |  コメントアイコン Comment18  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。