スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

登り納め 鍋割山で鍋焼きうどん H26.12.28(日)

今年も登り納めは、毎年恒例にしている鍋割山で鍋焼きうどんです。

一昨年度、平日の朝に行ってしまいうどんにありつけなかった経験から
日曜日に計画をしました。

平成26年12月28日(日) 晴れ
【4:30 市川発】
帰省する人がいるのか5時台でも車が多めでした。

【6:00 表丹沢県民の森駐車場に到着】
先に駐まっていたのは2台。うち1台は泊まりだったようです。
6時半前には満車。あとは路駐になる。
明るくなるまで仮眠。30分くらい寝ました。
01nabe6p.jpg
奥の建物はトイレ。

【6:42 出発】 気温マイナス1℃
最初は林道を歩き、勘七橋を渡ったところで左の細い道を入り、おじさんの
銅像まで一気に登ります。

再び林道に出ると登山訓練所跡が見え、尾根には日がさしてきました。
02nabe6kunrenzyo.jpg

【7:03 二俣】
03neb6futamata.jpg
登山ポストがありますが、3月末で撤去されるそうです。

二俣の登山ポストを過ぎるとすぐに勘七ノ沢を渡ります
04nabe6kansitisawa.jpg
まだまだ林道は続く

続いて2つめの沢・本沢を渡る
05nabe6honsawa.jpg
さらに林道を歩く

林道の終点に車があれば間違いなく山荘にご主人がいるので
うどんにありつけます。
06nabe6kuruma.jpg
車、ありました♪

【7:30 ミズヒ沢出合】
鍋割山荘で使う水やめんつゆなどがおいてあります。
余力のある人はボランティアで荷あげします。
07nabe6pet.jpg
今回は水2リットルを1本だけお手伝い。

少し休憩しました。

3つめの沢・ミズヒ沢を渡るといよいよ登山道。
沢を少しだけ歩いて尾根へ登っていきます。

樹林の中を黙々と登ります。

【8:05 後沢乗越】
08nabe6usirosawanokkosi.jpg
ここで鍋割山への尾根に乗ります。

向かって右手に平らな山頂の三ノ塔が見えてきます。1200mくらいの
山なのでどれくらい登ったのか目安になります。三ノ塔と同じくらいの高さになれば
山頂が近いということになります。

ちなみに鍋割山稜5の標識がありますが、山頂は10番の次です。
ここからが急登の連続。まず、7番までがきつい。
09nabe6onemichi.jpg
写真だと急登感がでませんが、けっこうきついです。

標高1000m
10nabe61000m.jpg
まだまだ急登

右手には三ノ塔。すぐ左に大山がみえてきました。
11nabe6sannoto.jpg
三ノ塔の平らな山頂には避難小屋が乗っているのですぐにわかります。

左手には箱根の山々
12nabe6hakone.jpg

富士山が見えてくるはずですが、富士山方面は雲がかかっていて
残念ながら見えません。

息があがるので立ち休みをしながら登ります。
山荘が見えるとあと一登り。
この木道は山頂の直前。
13nabe6aozora.jpg
こんなきれいな青空が広がっているのに富士山が見えない。

【9:27 鍋割山】
鍋割山荘に鍋焼きうどんののぼりがでていました♪
14nabe6sanso.jpg
それにしてもきれいな青空だ!

さっそく水をポリタンに入れ、うどんを注文

待つこと5分
15nabe6udon.jpg
こたつに入って食べる鍋焼きうどん、最高です!
生き返ります。

そして食べ終わって外へ出ると…
16nabe6fuji1.jpg
富士山が顔を出してくれました。
この1年間の行いが良かったのでしょうか。

檜洞丸(右)の山頂はきれいな霧氷がついているようです。
17nabe6muhyo.jpg

愛鷹山
18nabe6asitaka.jpg
特徴のあるスカイラインですぐにわかります。

愛鷹山と富士山
19nabe6fujiasitaka.jpg
来年も越前岳にスノーハイキングに行きたいな。

富士山  だいぶ雲がとれてきました
20nabe6fuji2.jpg
これが今日のベストでした。

南アルプス 赤石・悪沢あたりがよく見えます
21nabe6nana.jpg

富士山と南アルプス
21nabe6pano.jpg

海も見えましたがちょっと霞んでいたので写真は撮りませんでした。

富士山も南アルプスも堪能したので下山です。
小丸まであがろうかと悩みましたが、温泉と飲み会の誘惑に勝てず、
来た道を下山します。

【10:32 鍋割山を出発】
こんなに急だったんだと感じながら尾根を下りていきます。
多くの人とすれ違います。
昼時の山荘は大混雑でしょう。

【11:37 後沢乗越】
ここから暗い樹林帯を下る

【12:02 ミズヒ沢出合】
ペットボトル、だいぶ減っていました。
22nabe6pet2.jpg
協力する人が多いですね。

ここからは林道歩き。ほっとします。

【12:26 二俣】
あと少し

【12:46 表丹沢県民の森駐車場に到着】
最高ののぼり納めでした。

今年1年、けがなく山を歩けたことに感謝です。

いつもの弘法の里湯で温泉に入り帰宅。
夜、再集合して飲み会でしめました。
西船橋は有馬記念のおかげですごい人でした。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:丹沢 |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。