スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

年末恒例 鍋割山で鍋焼きうどん♪ H27.12.20(日)

今年も鍋割山に鍋焼きうどんを食べに行ってきました。
7回目の鍋割山です。

【4:30 市川を出発】
中央道から八王子ジャンクション経由で、新しくできた圏央道を
走ってみました。時間的には東名を利用するのとほとんど変りなく
着けることがわかりました。
途中、コンビニで買い物をして表丹沢県民の森駐車場へ。

【6:05 表丹沢県民の森駐車場に到着】
正規の駐車スペースは7台くらいでしょうか。着いたときは残り2台分で
すぐに満車。あとは空いたスペースやゲート前、路肩に駐車という感じに
なります。
数年前まではこの駐車場を利用する車はとても少なかったのですが、
ここのところはすごい人気です。テレビで鍋割山が紹介されてから
らしいのですが…
まだ薄暗いので少し車の中で休憩。
【6:33 表丹沢県民の森駐車場を出発】
林道を少し登ってから勘七橋まで下ります。
橋を渡ったところからすぐ左に入る小道があるので、その小道に入り林道を
少しショートカットします。
ちょっと急な坂を登るとおじさんの像の裏側に出ます。
01nabewari7zo.jpg 

ここから登山指導センター跡を左手に見ながら林道を下っていきます。
ほどなく二俣に到着です。

【6:53 二俣】
02nabewari7futamata.jpg 
登山ポストは撤去されました。

このあと3つの沢を渡りますが、二俣の指導標を過ぎるとすぐに1つ目の沢を渡ります。

勘七沢
03nabewari7kansitisawa.jpg 

林道を上っていくと…

2つ目の沢、本沢
04nabewari7honsawa.jpg 

さらに林道を上っていくと
山荘の車とペットボトルの山が見えます。

【7:18 ミズヒ沢】
ここでちょっと休憩

鍋割山荘で使う水やめんつゆなどが置いてあり、多くの人がボランティアで山荘まで
運んでいます。今回はペットボトル1本だけお手伝いしました。
05nabewari7petbottle.jpg 
右のボンベは20kg超。帰りにはなくなっていたので、歩荷の人が上げたのでしょうか。

【7:26 ミズヒ沢を出発】
林道はここまで。ミズヒ沢にかかる橋を渡るとちょっとした沢床をあがり、
登山道となります。
06nabewari7mizuhisawa.jpg 

最初は緩やかですが、尾根に出る前は少し急登。

【7:50 後沢乗越】
07nabewari7usirosawanokkosi.jpg 
ここから鍋割山稜の尾根道となります。

山頂までは急登の連続。山頂かなと思ってしまうにせピークもいくつかあるので
鍋割山稜の看板の番号を目安に歩きます。後沢乗越は5番。山頂は10番のあとです。

木の間からは平らな山頂の三ノ塔が見えます。1200ちょっとの山なので高度の目安に
なります。三ノ塔を越えてくる高さになれば、鍋割山の山頂も近いことになります。
08nabewari7sannnoto.jpg 

冬枯れの明るい登山道
09nabewari7tozando.jpg 
急登が続くので息がきれます

7番の看板で小休憩。
10nabewari7nanaban.jpg 
ちょっと広く、倒れている木がベンチの代わりになるので休憩にはよい場所です。

標高1000mを通過
11nabewari71000m.jpg 

さらに急登は続く…

10番を過ぎてひと登りで木道になり、左手には富士山が大きくなります。
木道を過ぎると最後の急登。ここを頑張ると山頂です。

富士山 雪が少ないです。
12nabewari7fuji1.jpg 

【9:17 鍋割山山頂】
うどんののぼりはでていませんが、食べている人がいたので安心です。
13nabewari7sanso.jpg 

中に入ってさっそく鍋焼きうどんを注文。
ここ数年は注文票に記入するスタイルになりました。それだけ人が多いのでしょう。

5分ほどで…♪
14nabewari7udon.jpg 
白いガラスはクリスマスツリー。ボタンを押すと音楽が山荘中に響き割ります。
あまりに大きい音なのでちょっとびっくりしました。

やっぱりおいしい。登ったご褒美です。

外に出て景色を楽しみます。

山頂標
18nabewari7sanchohyo.jpg 

南アルプスの山々
左の白い頭が聖岳、真ん中、赤石岳、その右が悪沢岳
15nabewari7akaisiwarusawa.jpg 

真ん中に北岳、その左に少し見えているのが間ノ岳。北岳の右に仙丈ケ岳。
16nabewari7kitadake.jpg 
左の大きな山体は御正体山。

塩見岳と蝙蝠岳(左)
17nabewari7siomi.jpg 

もちろん富士山も見えますよ
19nabewari7fuji2.jpg 

景色を楽しんだら下山です。

【10:10 鍋割山を出発】
来た道をおります。

少し雪が残っていました。
20nabewari7yuki.jpg 

それにしても多くの人とすれ違います。

【11:18 後沢乗越】

【11:43 ミズヒ沢】
行きにたくさんあったペットボトルなどはすっからかんでした。

【12:07 二俣】

【12:29 表丹沢県民の森駐車場に到着】
路肩まで車があふれていました。

温泉はいつもの弘法の里湯へ。混んでいました。

帰りは東名から湾岸経由で帰宅。夜の打ち上げまで充実した1日
でした。


今年も天候に恵まれ景色とうどんを楽しめました。
それにしてもここ数年の鍋割山人気はすごいです。
年々人が増えています。
最初のころは、帰りでも駐車スペースが空いているくらいでしたが、
去年、今年と車があふれています。
うどんもいつも一番か二番だったのが、山頂に着くと多くの人が食べている
状態。
テレビに紹介されるとすごいんですね。

あまりに人が多いとなんかなぁ…

お昼時はうどん、1時間待ちだったようです。
都内のラーメン屋じゃないんだからね…

にわか登山の人も多く、大丈夫かなって感じの人も多く見受けられました。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:丹沢 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。