房総は春近し・・・水仙ピークから嵯峨山へ H24.3.3(土) でもどろどろ・・・

金曜日に飲み会があったので、遅出でも十分に行ける
お手軽ハイキングコースに行ってきました。

平成24年3月3日(土) 晴れ

9:20 市川市を出発

少し渋滞がありましたが、11:00前には
館山道・鋸南保田ICを降りることができました。
しかし、小保田のバス停のわきの道を左折し、
その後、少しうろうろ・・・なんとか下貫沢出合の
駐車スペースを発見しました。
01simonukisawadeai.jpg 
駐車スペースがどろどろで田んぼのようになっていました。

ということは登山道も・・・

11:09 下貫沢出合を出発

見上げると青空♪
02sagayamasora.jpg 

嵯峨山まで50分
03sagayamasidohyo1.jpg 

すぐに桜の木が植えられていますが、つぼみはまだ固いですね。
04sakuratubomi.jpg 

気温10度。久しぶりに10度超えの中を歩きます。
05sagayamatozando1.jpg 

暖かで春近し・・・という感じです。

嵯峨山周辺は水仙が有名です。1月~2月の水仙の時期には
多くの人が訪れますが、そのほかの時期は人が少なく静かな
ハイキングが楽しめるようです。

少し残っていた水仙
07suisen.jpg 

房総と言えば菜の花
06nanohana.jpg 

明るいのは歩き始めて3~4分。
この後は樹林の中になります。

樹林の中に入ると、朝方までの雨で下はどろどろ。
ちょっと急なところは足が滑り思うように進めません。

狭い道を歩いていくと前方に橋が見えました。
08sagayamahasitemae.jpg 

この橋、木を4本組んだ簡単な橋。しかも、木が傷んでいます。
09sagayamahasi.jpg 
特に右から2本目はやばそうです。左の2本の木の上を恐る恐る
進みました。結構揺れるし、距離があるのでかなり怖かったです。

このあとも滑る斜面を登り、いつもの数倍疲れる感じです。

11:40水仙ピーク登り口の分岐

指導標があります。
10suisenpeakiriguchi.jpg 

ここからロープが付いた急斜面を登ります
11suisenpeaknobori.jpg 
足下がすべるので、ロープを頼りになるべく踏ん張らないように登りました。

急登したあとはやせ尾根
12sagayamayaseone.jpg 
ここも足下が微妙に滑ります。低山ながら、両側がかなり切れ落ちていて
ちょっと怖い。乾いていれば、なんともないところですが・・・
慎重に歩きました。

11:56 水仙ピーク

小ピークの足下まで水仙があります。
13suisenpeak.jpg 
水仙がたくさん咲いているときはすごいと思います。

木の間から少し眺望があります。

富津岬方面 海の白い線が富津岬です
14suisenpeakfuttsu.jpg 

花は終わっていますが、足下までたくさんの水仙があります。
15suisenpeak2.jpg 

伊予ヶ岳
16suisenpeakiyogatake.jpg 
右上が岩峰の山頂

富山
17suisenpeaktomisan.jpg 
この角度からだと双耳峰に見えないですね。

12:02 水仙ピークを出発

最初は急な下り・・・ロープがついています
18suisenpeakkudari.jpg 
足下が滑る・・・本日1回目のスライディングをしましたorz

12:12 嵯峨山(315m)山頂に到着

山頂には大きな山頂標と三等三角点がありました。
19sagayamatop.jpg 
眺望はほとんどありません。木の間から少し見える程度。

北風が強く、体感的には4~5度くらいの感じで寒かったです。

少し先に進むと祠があります。
20sagayamahokora.jpg 

ここからは北西方面の展望が開けています。

マザー牧場は近い
21sagayamamotherfarm.jpg 

富津岬方面
22sagayamaumi.jpg 

低山ながらも、地形の複雑さから山深さを感じることができます。
23sagayamakara.jpg 

遠くに東京湾観音も見えます
24sagayamatokyowankannon.jpg 

対岸は観音崎でしょうか・・・東京湾の出口は狭いです
25sagayamakannozaki.jpg 

12:24 嵯峨山を出発

この先が恐怖でした。
滑る斜面を降りますが、狭い。しかも片側が切れていて
狭い道が切れている方向に斜面になっています。
足を置くと切れている方向にずるっと滑り落ちそうになり
ました。斜面に手をつきながらなんとか降りました。
赤岳~横岳~硫黄岳の岩場より怖かったです。

広いところにでてほっとしたとたん、本日2回目のスライディングで
ズボンはどろどろの・・・orz

釜ノ台という農村部になんとか降りました。
廃墟が多く、ちょっと閑散としています。
少しの間、舗装路を歩きます。

里山らしく分岐がたくさんあります

この分岐は左へ。小さな指導標があります。
26kamanodaibunki.jpg 

立派な舗装路をちょっと歩き、左の階段を登ります。
27nanamagaribunki.jpg 
ここから水仙ピーク入口の分岐まで登りです。
七曲りと呼ばれる坂のようです。
28nanamagarikanban.jpg 
ここは湿っていますが、石ころが適度に混ざっていて
滑りません。ほっとしました。

13:03 水仙ピーク登り口の分岐

ここからは来た道を戻ることになります。
また、滑る道を恐る恐る降りていきます。
普段の倍くらい時間がかかっている気がしました。

途中、下の方からすごい鳴き声が聞こえてきました。
田んぼのようなところにものすごい数の生き物が
はねています。下の写真です。
29sagayamakaeru.jpg 

正体は「かえる」でした。普段耳にする「げろげろ」という声でなく、
もっと高い声で鳴いています。
写真の上の方にも写っていますが、交尾の時期みたいです。
すごい数にびっくりしました。

慎重に下りましたが、ちょっと明るい踏み跡がたくさんあるところで
道を見失いました。猪が掘り返した後がたくさんあり、よけいに
わかりにくいところです。ちょっとうろうろしましたが、道を発見。

安心したところで3回目のスライディング・・・orz

ズボン、フリース、ザック、ウエストバッグ、靴とみんなどろどろ・・・

橋まで戻ってきました。
対岸に人がいました。本日初めて会う人です。
今日はこの人にしか会いませんでしたが・・・

先に自分が渡ることにしました。1度渡ってるので。
なんとか無事に渡り無事に駐車スペースに戻りました。

13:32 下貫沢出合

本日のコース
歩行距離 約3.5km
累積標高差 約350m

下貫沢出合11:09-水仙ピーク分岐11:40-11:56水仙ピーク12:02-
12:12嵯峨山12:24-水仙ピーク分岐13:03-13:32下貫沢出合


地図
sagayamamap.jpg

断面
sagayamadanmen.jpg

これまでで一番怖かったかもしれません。落ちるのではないかと思いました。
乾いていれば何ともない道ですが、雨上がりは要注意でした。

房総は春がもうすぐ。里山歩きも楽しいです。
スポンサーサイト
Home |  Category:千葉県の山 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

ブルさん こんばんは★
水仙は終わりましたか…春間近ですねe-235

富山に登ろうと行きましたが大雨で帰ってきたことがあるので、
ぜひまた行きたいと思っています。

雪雪雪で春が待ち遠しい今日この頃ですe-51

こんばんは。
寒い日と暖かい日が混ざって、少しずつ
春が近づいている感じがしますね。
南房総は暖かかったです。
蛙の大合唱にも春を感じました。

富山だけだと物足りないので、伊予ヶ岳と
セットで歩くといいです。下山後は美味しい
お魚をどうぞ。

もう1回、雪山ハイキングに行きたいなと
思っています。

何かと忙しく、雪山に行けないうちに春になってきて、焦っています。
この日、珍しく房総を車で走っていました。
いいお天気でしたよね。
アクアラインから、房総の山の連なりを見て、深い山を思っていました。
時間があれば、富山あたり、と思っていましたが、帰りが気になり、次回、になってしまいました。
それにしても、これからの時期、だんだん、「田植え」登山が増えますよね。
要注意ですね。
まずは、ご無事で何より。

 こんにちは ブルさん
 このところ毎週 寸暇をみつけて歩いておられ、ご家族サービスは
大丈夫でしょうか。
水仙の終わった嵯峨山、雨上がりでなければ長閑さも
満喫できそうなところですね。
釜ノ台・・・、まさに廃屋と日本水仙の組み合わせが画になりそうです。

こんばんは。
三寒四温で少しずつ春になっていきますね。
明日は17度くらいになるようです。
土曜日は天気がよかったのですがちょっと北風が
強かったです。
房総の山は何かのついでにちょこっと登るには
いいですよね。次はぜひ。
この日は田んぼもあれば、表面がずるっといくのも
あり疲れました。

こんばんは。
毎週、でかけていますね・・・
土日のどちらかは家にいるので大丈夫・・・
と思います。

嵯峨山は水仙の時期以外は人が少なそうですね。
この日も1人とすれ違っただけでした。
釜ノ台は廃屋が多く、寂しかったです。
過疎化なんでしょうかね・・・

ブルさん、こんにちは^^

ドロドロの登山道は大変そうでしたが、遅出で山歩きが出来るっていいですね。
この山の水仙は自生ですか?水仙の香りが大好きです。
滑る斜面は本当に怖いし、身体がガチガチにこわばってしまいますね。
服が泥だらけになってもケガがなくて良かったですv-290
もうカエルの鳴き声が!今日の関東地方は暖かそうだし、春はもうそこまで来ていますね。

こんばんは。
どろどろ、つるつるには参りました。
水仙は地元の方が手入れをしているようです。
水仙ピーク付近のものはちょっとわかりませんが。
谷にスライディングしなくてよかったです。
房総は春でした。

さすがに房総、春本番になってますね。

それにしてもドロドロとは大変でした。
合わせて恐怖の斜面も!
写真では、のんびりとした中にもやせ尾根があったりでコースとしたは面白そうですね。

こんばんは。
距離が短いながらもいろいろな要素が入った
ハイキングでした。
どろどろにはほんとうにまいりました。
それもよき経験ではありました。

春を感じることができて良かったです。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: