大菩薩嶺 4度目の正直なるか H24.5.12(土)

4度目の大菩薩嶺。過去3回は今ひとつ天候に恵まれず
ちょっと残念な感じのこの山。昨年は晴れの予報が外れての霧。
今年も天気予報は晴れ。今回こそは・・・期待大です。

3:30 市川市を出発

5:38 上日川峠に到着

すでに車が7、8台とまっていて、これまでで一番多い感じです。
南アルプスが見えているではありませんか。
天気は上々。いい感じです。

5:52 上日川峠(1580m)を出発

上日川峠に建つロッヂ長兵衛
01daibosatu4kaminikkawatoge.jpg 

登山道をのんびり歩きます。

6:17 福ちゃん荘(1700m)

ここで一人の男性が早足で降りてきました。すでに山頂まで行ってきたとのこと・・・
早いです。

福ちゃん荘前の案内板
02daibosatu4annaizu.jpg 

ここから唐松尾根を登ります。

少し登ると大菩薩湖(上日川ダム)が見えました。
03daibosatu4daibosatuko.jpg 
あれ?富士山は?
確かに三ツ峠山、杓子山・鹿留山は見える・・・・
富士山は?

雲の中でした。

唐松尾根は最後がガレた急登です。
04daibosatu4karamatuone.jpg 

ほどなく雷岩が見えました。

7:17 雷岩

南アルプスがきれいです
05kaminariiwananna.jpg 
右から北岳、間ノ岳、農鳥岳・・・さらに左に塩見岳がちょこっと見えますね。

休憩はあとにして、大菩薩嶺の山頂に向かいます。

ところどころ氷のつぶつぶが落ちています。
06daibosatu4koori.jpg 
雹でも降ったのかな?

7:25 大菩薩嶺(2057m) 山頂です。
07daibosatu4sancho.jpg 
何回来ても寂しげな山頂です。展望がないんですよね。
写真だけ撮って、雷岩に戻って休憩です。

7:35 雷岩

富士山が顔を出してくれました。

南アルプスのパノラマ
08daibosatu4nanapano.jpg 
雲がかかっていますが、まずまずの景色です。
昨年は2回とも霧で真っ白でしたから・・・

八ヶ岳も見えますよ
09kaminariiwayatugqatake.jpg 

木の間からは赤岳も見えました。
10kaminariiwayatugqatake2.jpg 

おなかがすいたので、おにぎりとどら焼きを食べる。
どら焼きは栗入りです。

風が冷たい。フリースを着ました。

7:48 雷岩を出発

雷岩から大菩薩峠までの稜線歩きが大好きで、何回も来ようかなと
思います。

標高2000mのあたりにあるとがった岩がいい感じだったので。
11daibosatu42000m.jpg 

開放的な稜線
12daibosatu4ryosen1.jpg 

下を見ると福ちゃん荘
13daibosatu4fukuchanso.jpg 

ちょっとした岩場も下ります
14daibosatu4iwaba.jpg 

稜線の奥には富士山が。
15daibosatu4ryosentofuji.jpg 

中腹にくもがかかっていますがまずまずきれい
16daibosatu4ryosenkarafuji.jpg 

8:15 賽の河原(旧大菩薩峠)

避難小屋があります
17daibosatu4sainokawara.jpg 
中はきれいです。

親不知ノ頭に向けて少し登ります。

8:23 親不知ノ頭

ここからの景色もなかなか良いです。
18daibosatu4oyasirazunoatama.jpg 

甲府盆地を一望
19daibosatu4kofubonchi.jpg 

大菩薩湖と富士
20daibosatu4fujitodaibosatuko.jpg 

ここまで歩いてきた稜線を振り返ります
21daibosatu4ryosen2.jpg 

ケルンと富士
22daibosatu4keruntofuji.jpg 

親不知ノ頭を出るとすぐに介山荘が下に見えます。大菩薩峠です。
24daibosatu4kaizansomiorosu.jpg 

8:36 大菩薩峠(1897m)
30daibosatutoge.jpg 

奥多摩三山
25daibosatu4okutamasanzan.jpg 

御前山と大岳山
27daibosatu4gozenoodake.jpg 

御坂山塊と毛無山
26daibosatu4misakasankai.jpg 

雲取山
28daibosatu4kumotoriyama.jpg 

鷹ノ巣山
29daibosatu4takanosukawanori.jpg 
真ん中やや左が鷹ノ巣山。やや右に頭だけ見えているのが川苔山。

介山荘でバッジを2個ゲット。
介山荘のおじさんが、今朝はとても寒かったことや熊が出た話などを聞かせて
くれ、ちょっと休憩できました。

8:51 大菩薩峠を出発

ここからは車も通れる道をひたすら下ります。


9:24 福ちゃん荘

歩いた稜線を見上げる
31fukuchanryosen.jpg 

9:43 上日川峠に到着

大菩薩の湯(3時間600円)につかりました。アルカリのねっとり感がいいですね。

その後、おなかがすいたので勝沼でほうとうを食べることに。

一味家のデラックスほうとう(1650円)
32daibosatu4ichimiya.jpg 
野菜、キノコ、豚肉とボリューム満点。おなかいっぱい。

2時前に無事に市川に到着しました。

今日のコース
歩行距離 約7.2km
累積標高差 約550m

地図
daibosaturei4map.jpg 

断面図
daibosaturei4danmen.jpg 

4度目の正直。展望良好で大満足の山行でした。
今度は裂石から登ろう!
スポンサーサイト
Home |  Category:大菩薩 |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

いいお天気でしたものね。
今日は、昨日までの半徹夜続きでどこへも行かず、澄んだ五月晴れを眺めるだけでしたので、うらやましいですよ。
風が強くて、気温が低かったんじゃないですかね。
でも、大菩薩ののびやかな、そして広大な展望は良いですよね。
石丸峠まで回る手もありますが、こんかいは大菩薩峠で降りられたんですね。
それにしても、10時前に下山してお風呂とは、早い早い。

大展望で気持ち良さそうですね!
私も稜線歩き大好きです ^O^

昨年、天狗岳の帰りに、初めて ほうとうを食べました。
思っていた以上にボリューム満点で食べ切れませんでした。。。
でも、野菜をたっぷり食べられますし、栄養も満点で美味しいですね♪

こんにちは。
稜線の風は強くはなかったのですが、冷たかったですね。
下山後の高速道路は風が強く、怖い場面もありました。
大菩薩の稜線はのびやかで気持ちよいですよね。
他の山にも足を伸ばしたコースも行ってみようと思います。
今回は今年山を始めた人と一緒だったので、無理せず
早く下山しました。

こんにちは。
大菩薩だけだと稜線の距離は短いのですが、
のびやかな開放的な感じはなかなかよいです。
上日川峠まで車であがると初心者でもこの
稜線を歩けて、南アルプス、八ヶ岳、奥多摩の山、
富士山と見えるので、山が好きになるのではと
思います。

ほうとうはボリューム満点、栄養満点ですね。
大菩薩に行ったらここと決めています。

 こんにちは ブルさん
雷岩から妙見ノ頭を巻いて峠へのカヤトの尾根は
確かにいつの季節もいいですね。
 私のお薦めは石丸峠から狼平への笹原、
また青梅街道柳沢峠から樹相の豊富な尾根道も好きな所です。

 この大菩薩嶺、どこか茫洋とした嶺ですが、
薄雪と霧氷の季節はまた訪れたくなります。
いつもの早出、どこかでバッタリとなれば 私の登りに対して
はや下山するブルさんでしょうか。

こんばんは。
このあたりの尾根道はどこも良さそうですが
車だと縦走ができないのでなかなか行けません。
石丸峠は今回はパスしましたが、今度はまわって
みようと思います。
雪がある時期にも行ってみたいところです。

山々を見渡せる場所がいくつもあって、気持ちのよい景色ですね。
ほうとうも美味しそうです^^
初心者でも大丈夫とのことなので、私もいつか登ってみたいです。
稜線・・というのですか、山の輪郭に沿った道、歩きたいです。

山登ったあとの温泉もサイコーでしょうね!!

大菩薩は展望がいいですよね。
ぐるっと見渡し、山座同定も楽しいものです。
若い頃、訪れたことがありますが、ガスの中、稜線とも草原と区別がつかない所を歩いてました。
天気がよくて良かったですね。

こんばんは。
大菩薩嶺は初心者でも大丈夫ですよ。
車があれば上日川峠まであがれますので
山頂まで1時間半ちょっとです。
開放感のある尾根道は歩いて良かったなと
思えるでしょう。
一味家のほうとうもおすすめです。

こんばんは。
やっと南アルプスが見られました。
奥多摩方面もよく見え、ほんとうに
山座同定が楽しかったです。
季節を変えて歩きたいです。

ブルさんも大菩薩に行っていたんですね。
こちらはGWに行ってきました。

こちらは初めてだったんですが、峠はちょっと他にはない
いい道ですね。こちらも天気に恵まれ、いい山行でした。
その模様は今頃になってやっとUPしました。

こんにちは。
1週違いでしたね。

大菩薩のかやとの稜線はほんとうに
気持ちいいですよね。私は4回目ですが
山を好きになってもらうには良い山だと
思っています。車でなければ縦走も楽しそうな
ところですね。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: