荒船山 陸に浮かぶ巨大空母 H24.5.19(土)

国道から見上げた断崖絶壁の荒船山・艫岩
32arafunetomoiwa.jpg 

前日まで那須岳にしようか、荒船山にしようか迷っていました。
まだ未踏だし、この前、浅間隠山では浅間山が半分しか見えなかったし、
リベンジも兼ねて荒船山に行くことにしました。

平成24年5月19日(土) 快晴!

4:00 市川を出発

6:05 内山峠に到着

6:20 内山峠を出発
01arafuneuchiyamatoge.jpg 
先着は4台。

ちょっとしたアップダウンを繰り返しながら登って行きます。
02arafunetozando1.jpg 

今日歩いた中で一番やっかいだったところ
04arafunetozando2.jpg 
下は階段、上の方は滑りやすい土の急登。鎖やロープが設置して
あるので利用させてもらいました。

木の間から見えた艫岩。
06arafunetomoiwa.jpg 
まだ遠い。

こちらは経塚山
07arafunezyukankarakyoduka.jpg 
溶岩台地の上に帽子のように乗っかっています。

7:22 一杯水
09arafuneippaimizu.jpg 
水を飲んでみようか迷いましたが、飲むのが面倒な場所に
あるのでやめました。

一杯水を過ぎると急登です。

まずははしご・・・下から2段目が折れています。
10arafunehasigo.jpg 
山では見かけないサイズの体格をしているので、この木は
重さに耐えられるのであろうか・・・脇の斜面を登るのも疲れそうなので
思い切って足をかけました・・・・メリメリ・・・という音はしませんでした。

冷や汗をかきながらはしごを登ると、岩場です。
11arafuneiwaba.jpg 
ステップが切ってあるので問題なく登れました。

木の橋の上から八ヶ岳がきれいに見えテンションアップです。
11arafuneyatu.jpg 
大きく4つのピークが見えますが、左から赤岳、横岳、硫黄岳、天狗岳です。

ほどなく、巨大空母の甲板の上にあがりました。

マツダランプの看板がありました。
12arafunematudalamp.jpg 
古くからのコースなんでしょうね。

大地の上は道も広く、ほぼ平坦なのでのんびり歩けます。
13arafunedaichiue.jpg 

目の前に小屋が見えたら艫岩展望台です。
26tomiwahinankoya.jpg 
トイレがついています。女子の方は目張りがしてあったように思います。
使えないかも。男子の方は使えました。

7:46 艫岩展望台(1330m)
14arafunetomoiwa.jpg 

まず目に飛び込んでくるのは浅間山
15tomoiwaasama.jpg 

浅間山方面のパノラマ
00arafuneasamapano.jpg 

浅間山をアップで。
17tomoiwaasama2.jpg 
左のピークは前掛山。
浅間山はいつ見ても雄大ですね。

少し右に目を移すと浅間隠山と鼻曲山。
16tomoiwahanamagariasamakakusi.jpg 
奥の一番高いピークが浅間隠山。そのすぐ左手前が鼻曲山。

浅間山の左には黒斑山、篭ノ登山が見え、さらに左には北アルプスの屏風。
00arafunekitaalpspano2.jpg 
少し霞んでいますが、圧巻です。

槍ヶ岳
18tomoiwayarigatake.jpg 

槍・穂
19tomoiwayariho.jpg 

8:14 艫岩を出発して荒船山の最高地点、経塚山山頂を目指します。

大地の上は快適。鳥の声と風の音しかしない。
20arafunedaichi1.jpg 

荒船山の水源地があります
21arafunesuigen.jpg 
きれいな水です。

8:47 経塚山(1423m)
24kyodukayama.jpg 

木の間から八ヶ岳がきれいに見えます
00arafuneyatsupano.jpg 

南アルプスの山もいくつか見えます。

甲斐駒ヶ岳
22kyodukakaikoma.jpg 

北岳(右)と間ノ岳(左)
23kyodukakitadake.jpg 

経塚山の山頂
25kyodukasancho.jpg 
三角点と祠があります。

8:52 経塚山を出発し、艫岩に戻ります。

9:23 艫岩展望台
ここでおやつ休憩。おにぎりにサンドイッチ・・・おやつではなかったな・・・

もう1回写真撮影

乗鞍岳
27tomoiwanorikura.jpg 
奥の雪をまとった山です。

蓼科山
28tomoiwatatesuna.jpg 

穂高岳
29tomoiwahotaka.jpg 
右から北穂、涸沢、奥穂。前穂、明神。重なっていますが手前に
蝶ヶ岳も見えています。

うっすら鹿島槍ヶ岳(左)と五龍岳
30tomoiwakasimayari.jpg 

9:43 艫岩展望台を出発

9:57 一杯水

10:42 内山峠に下山完了

下山時には多くの人とすれ違いました。
駐車場は満車で、路肩に車があふれていました。

このあと神津牧場に寄ってみました。
甘さ控えめのソフトクリームが美味しかったです。
31kodusoftcream.jpg 

あとはまっすぐ帰宅。14時過ぎには家に着きました。

今日のコース
歩行距離 約8.9km
累積標高差 約600m

内山峠6:20-一杯水7:22-7:46艫岩展望台8:14-8:47経塚山8:52-
9:23艫岩展望台9:43-一杯水9:57-10:42内山峠

地図
arafuneyamamap.jpg 

断面図
arafuneyamadanmen.jpg 

絶景に大満足な1日でした。
スポンサーサイト
Home |  Category:群馬県の山 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

今日は良い天気でしたものね。
大展望、堪能されたことでしょうね。
出かけられず、「山にいれば・・」と悔しい思いをしていました。
もっとも、土曜日はとてもじゃないですが、疲れが取れず、早起きなんて無理なんですけどね。

内山峠は、いつも信州の山に行くときの通り道ですから、荒船山を眺めながら、行き来しています。
登ったのは6年くらい前に、午後からの山として一回歩いています。
コースは今回のブルさんとおんなじ。
八月だったので、ずっと森の中のコースで、艫岩以外全く展望がなかったことを覚えています。頂稜に沢(水源)がある事とか、ゆるやかな湿地や草原があって、のんびりした山なんだろうな、と、紅葉や新緑の時の再訪を考えていましたが、まだ実現していません。あの時は、汗びっしょりでしたからね。

それにしても、大展望、興奮しますね。

那須も、新緑、きれいでしょうね。

北、南アルプスに八ヶ岳、素晴らしい景色ですね!!
私も今週はお出掛けができないので、
ブルさんの山行レポをみながら、あー山へ行きたい!って
悶々としてます(笑)

程よい登山でこの景色は贅沢ですね~(*^o^*)

 こんにちは
樹相豊富な溶岩台地の新緑にはちょっと早かったようですね。
まだ「オトシブミ」もなかったことでしょう。
 一枚目の艫岩のカットからすると 下仁田ICから信州佐久への
旧姫街道経由のようですね。

 艫岩周辺で毎年、滑落事故がありますが、この界隈、
西上州の岩峰は 春の岩と新緑・アカヤシオ、そして秋の岩と紅葉の
美しいところです。
今回は眺望が素晴らしかったようでご満足のことでしょう。

こんにちは。
土曜日のほうが帰りの渋滞が少ないので
できるだけ土曜日に行くようにしています。
この日は危うく寝坊するところでしたが・・・

もう少し葉が茂ると展望がなくなるでしょうね。
まだ葉が少なかったので木の間からも楽しめ
ました。これからは暑そうなので紅葉の頃が
よさそうです。
ほんとうに艫岩からの景色はすばらしいですね。

こんにちは。
せっかくの好天なのに出かけられなくて
残念でしたね。暑くもなく寒くもなくいい感じ
ですよ。

私はaiさんのパンの写真を見ながら
おなかをぐーぐー言わせています。

今週末も天気良さそうな感じですよ。
ぜひ山へ。

こんにちは。
「オトシブミ」のことは忘れていました。
もう少しあとの時期でしたか・・・
おもしろいですよね。見てみたいです。

艫岩の断崖は怖いです。ちょっと端の方に
寄るだけでぞくぞくします。
下から見上げるとあそこにどうやって登るのか
不思議に思っていましたが、内山峠からはそんなに
急登もなく初心者でも歩ける感じでしたね。

ここも気になってる山ですが、いまだ出かけておりません。
山の形もおもしろいし、展望もいいし。
紅葉時期はきれいでしょうね。

こんばんは。
下から見るとほんとうにどうやったら上に上がれるのって
感じですよね。紅葉の時期は良さそうですね。
また、季節を変えて歩きたいです。

ブルさん こんにちは^^

荒船山は数年前に漫画家の事故のニュースで知った山なのですが、下から見上げた姿は本当に大きな船のようで雄大ですね。
駐車場が満車になるほど人気あるんですね。
見渡す山々も素晴らしい! 冠雪が残っている姿はこちらでは見れない景色です。

こんばんは。
荒船山は横から見るとまさに空母。
溶岩台地の上を歩くのもなかなかよい
雰囲気です。手軽に登れるので人気ですね。

もう少しの間、雪の北アルプスを眺めることは
できそうです。今週末もどこか行きたいなと
思っています。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: