那須岳 強風の洗礼に初の撤退orz H24.6.23(土)

梅雨の晴れ間が期待できる天気予報・・・
山へ行くしかないでしょう・・・

平成24年6月23日(土) 曇りのち晴れ

3:00 市川市を出発

那須ICで降りるはずが、おしゃべりをしていて通り過ぎ、
那須高原SAのスマートICで出る。

5:30 峠の茶屋駐車場に到着

朝日岳はガスがかかっている・・・
01togenochaya.jpg 

5:40 駐車場を出発

5:46 那須岳登山口
02nasu4tozanguchi.jpg 
鳥居が新しくなってる

最初は樹林の中を黙々と登ります。
階段が多い。

森林限界を超えると茶臼岳が目の前だが・・・
03nasu4sinringenkai.jpg 
山頂付近はものすごい速さでガスが走っています

振り返ると下界は見えました
04nasu4gekai.jpg 

朝日岳方面の稜線が見えます
05nasu4asahidakehomen.jpg 
このあと歩く予定のところです

峰の茶屋の避難小屋がみえました
06nasu4minenochayamieru.jpg 
ガスで時折見えにくくなる

ここまででたぶん唯一咲いていた花
07nasu4hana1.jpg 
名前がわかりません

見上げると少し青空が・・・
08nasu4chausuaozara.jpg 
晴れるかな・・・

6:23 峰の茶屋避難小屋

中に入って少し休憩
09nasu4minenochaya.jpg 

6:30 出発・・・朝日岳に向かいます

風の通り道になっているので結構風が強いです。
すぐに山の東側を歩くので、西から吹いている風は受けません。

歩き始めるとすぐにイワカガミがたくさん咲いていました
10nasu4iwakagami.jpg 
癒されます。ピンクと白がありました。

イワハゼもかわいい
11nasu4hana2.jpg 

雪渓もすっかり消え、安心して歩けます。
1箇所だけ登山道に石と土砂がかぶっているところがありましたが
慎重に通過すれば問題ありません。

登山道が東側から西側に移るあたりから霧が濃くなり
風も強くなってきました

鬼の角のところも強風でした。
12 nasu4kiri

西側に移ると霧が吹き付け、めがねに水滴がつき髪の毛も
びしょびしょに。
1つめの鎖つきの階段はあがりましたが、あがったところでまた
強風が吹き付け、身体が持って行かれそうになりました。
台風より強い感じです。
13nasu4kaidan.jpg



2つめの鎖のところでかなりの強風、鎖が濡れて滑るし、先が霧で
見えない・・・

6:50 登山を始めて初の撤退決定・・・

岩場での強風は怖かった。
来た道を引き返します。
風はさらに強くなり、飛ばされないように身体を低くする場面も。
那須岳4回目にして、強風の洗礼を受けました。

7:05 峰の茶屋避難小屋に戻る

しばらく風がやむのを待つが・・・

茶臼岳なら登れそうですが、強風の中登っても景色も見えず、
濡れるだけ・・・

8:00 下山決定

8:34 那須岳登山口


下山後は大丸「ニューおおたか」(700円)で温泉。
HPに掛け流しと書いてありましたが、加水しているということで
残念。露天は広くて良いけど。

温泉から出ると茶臼岳も朝日岳もきれいに見えていました。
晴れてる・・・

ま、こういうこともありますね。

今日のコース

那須岳登山口5:46-6:23峰の茶屋避難小屋6:30-6:50朝日岳手前で撤退-
7:05峰の茶屋避難小屋8:00-8:34那須岳登山口

歩行距離 約4km
累積標高差 約350m

地図
nasudake4map.jpg 

断面
nasudake4danmen.jpg 

今度は北温泉から三本槍岳を目指そう



スポンサーサイト
Home |  Category:日光・那須 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

那須でしたか。
朝のうち、上部に雲がかかってましたが、そんなにひどかったですか。
実はうちのnaoさんも朝早く登りに行きました。峰の茶屋避難小屋で回復を待っていたけど、あきらめて下りてきたとか。
下山の時間帯がブルさんと被ってるようですよ。

所変われば、随分と天候が違うものですね~
こちらは、カラっとした穏やかな一日でした。

一瞬でも怖いなと感じたら、下山すべし。ですね ^^;
吹き飛ばされる恐怖を味わったのは、木曾駒の稜線で
一度だけありますが、自然の猛威を目の前にしたら
なす術なし、ただ、耐えるのみでした。
あの怖さ、もう味わいたくないです(~_~;)

時々、那須の強風のことは聞きますが、冬の季節風以外でもこういうことがあるんですね。
関東の下界は大変穏やかな一日でしたから、山は分からないですね。
でも、撤退の勇気、大切なことですよね。
山は逃げませんから、また機嫌の良い時に行けばいいわけですから。
風は特に、危険は一瞬で決まってしまいますから、撤退が最良だと思います。

こんにちは。
いや~、すごかったですよ。思わず持って行かれそうに
なりました。
naoさんは単独ですか?小屋の中には単独女性が
一人いらっしゃいました。クリーム色の帽子をクリップで留めて
いた方が。薄緑のザックに、ストック2本。違いますか?
私の向かい側に座っていたので覚えています。

こんにちは。
怖かったですね。強風とは聞いていましたが、
想像以上でした。やせ尾根だったらアウトですね。

パン教室がんばってくださいね。
写真見て、いつも美味しそうだなと思っていました。

こんにちは。
私もこんなに風が強いとは思ってもいませんでした。
ほんとうに通り道なんですね。
びっくりしました。
一瞬で決まるのがわかりました。

それですよ、それ。
こんなかっこうだったと思います。↓
http://nasu240.blog103.fc2.com/blog-entry-663.html#comment
「朝日岳方面は風が強く引き返してきた」と話してたふたりかな?と申しておりましたよ。

間違いありませんね。
まさしく私たちです。でかいほうが私でした。
身体がでかいから覚えているかもしれませんね。
偶然ってあるんですね。
知っていればご挨拶できたんですが・・・
またどこかでお会いできるといいですね。

ブルさんも那須岳の強風にやられましたか…。
半端ないらしいですよね。
私たちは体験する前に撤退でしたから…
「また来いやぁ~!」ということでしょう。

私たちは10月にまたリベンジ予定です。
煙草屋さんにお礼しに行かないとv-48

こんばんは。
完全にやられました。茶臼岳なら行けそうでしたが
やめました。
この後、晴れてきただけに残念です。
煙草屋は行ってみたいですね。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: