虹に感動 瑞牆山 H24.7.15(日)

切り立った岩が印象的な瑞牆山。
平成22年6月に一度登っています。
このときは晴れ間がありましたが、金峰山以外の山は見えず。
今回も展望に大きな期待はできない予報でしたが、岩峰から見下ろす
爽快感を感じたいと思い出かけてきました。

今回は5人での登山です。

平成24年7月15日(日) 曇りのち晴れ 山頂付近は小雨時々曇り

3:40 市川を出発

6:05 瑞牆山荘に到着

駐車場は8割方うまっていました。


6:21 瑞牆山荘を出発

山荘前から白樺やみずならの美しい林の中を歩きます。
少しすると傾斜も増し、風もほとんどなく蒸し暑くなってきました。


6:48 最初のベンチ

汗を絞られながらも到着。しばし休憩。
ここからは山頂が見えるはずですが、ガスの中・・・
01mizugakibenchkara.jpg 
水分を補給し、出発。

急登は続きますが、ほどなく水場が見えてきます。
冷たくて美味しい水をいただき少し上の小屋へ。


7:06 富士見平小屋
02fujimidairakoya.jpg 
金峰山方面との分岐点で、にぎわっています。

ここから小川山との分岐までは緩いアップダウンを繰り返します。


7:26 小川山分岐
02ogawayamabunki.jpg 

天鳥川まで一気に急坂を下ります。


7:32 天鳥川出合

ここで徒渉します。
03amadorigawadeai.jpg 
水量は少なく、石の上を歩いて渡ります。

渡ったところで休憩。
ベンチや丸太があり座って休みました。

7:44 出発

巨大な桃太郎岩の脇の階段を登って、急登の始まりです。
04mizugakiooiwa.jpg 

最初のロープ付きの岩
05mizugakirope.jpg
この岩は右側を回り込むとロープなしで登れます。

その後、ロープが数カ所はられていますが、問題はありません。


8:37 大ヤスリ岩の下
06ooyasuriiwa.jpg 
下から見上げる大ヤスリ岩は巨大だ。

ぽつぽつ雨が降り出しました。

山頂までは約30分。急登が続きます。

登山道が山頂の北側に回り込むとあと少し。
ロープの張られた岩を登り、小さなはしごを登ると
山頂の岩が見えます。

9:09 瑞牆山(2230m)
07mizugakisancho.jpg 
周りはガスで真っ白。小雨の降る中、休憩です。

あきらめかけていると一気にガスがとれてきました。

大ヤスリ岩も顔を見せてきました。
08ooyasuriiwaarawaru.jpg 

金峰山は最後まで頂上を見せず・・・
09mizugakikinpu.jpg 

瑞牆山荘の赤い屋根も見えます。
10mizugakisanso.jpg 

と、そのとき・・・・

虹だ!
11mizugakiniji1.jpg 
下に虹が見えました。

大ヤスリ岩にかけられた橋のようでした。
12ooyasuriniji.jpg 

今回も遠くの山は見えませんでした。

9:45 山頂を出発

雨もすっかりあがり、ゆっくり下山です。


11:09 天鳥川出合
休憩しました。

11:20 出発

徒渉し、小川山分岐まで一気に登ります

途中から山頂を見ると人でいっぱい。
13mizugakisachomiru.jpg



11:50 富士見平小屋

バッヂを購入しました。

水場でペットボトルに水をくみました。

12:30 瑞牆山荘に到着

今回のコース
歩行距離 約5.5km
累積標高差 約820m

瑞牆山荘6:21-富士見平小屋7:06-7:32天鳥川出合7:44-
9:09瑞牆山9:45-11:09天鳥川出合11:20-11:50富士見平小屋11:55-
12:30瑞牆山荘

地図
mizugakiyama2map.jpg 

断面図
mizugakiyama2danmen.jpg 

山バッヂ
mizugakiyama b

下山後は増富の湯へ。いろいろな温度の源泉を楽しめます。
700円。

帰りに中央道の渋滞にはまる。小仏トンネルで11km、調布で15km。
さらに首都高・箱崎で4km・・・
小仏トンネルをなんとかしてくれ。

2度目の瑞牆山もすばらしいかったです。
スポンサーサイト
Home |  Category:奥秩父 |  コメントアイコン Comment14  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

 こんばんは ブルさん
私も好きな瑞牆山、秋が最も好まれる岩峰だと思います。
奥秩父では金峰山とこのみずがき山は やはり捨てがたい峰ですね。
友を案内したり、繰り返し歩かれる気持ちがよく解ります。
 5人というと結構賑やかな登山を楽しまれたようですね。

今日は蒸し暑い一日でしたね…
山頂付近は涼しかったですか!?
虹を見下ろすのって、贅沢で嬉しくなりますよね( ´ ▽ ` )ノ

まだまだお天気が安定しなくて、山行計画を立てるのも
難しいです(^◇^;)



山頂で虹とは、いいことありそうですね。
同行の方々も、感激されたのではないでしょうか。

瑞牆山も、ずいぶん以前に行ったっきりです。

今年は冬に金峰山を挫折しているので、あのあたりにはぜひまた行きたいと思っています。

でも、ブルさんのお仲間は皆さん早起きなんですね。

ブルさん、こんにちは。

連休もしっかり山を楽しまれたのですね^^
虹は見上げるもんだと思ってました(笑)
見下ろす虹なんて、なかなか出会えないですよね。

山に行きたいけど、もうアツくてどこに行けばいいのかわかりません!
樹林帯を歩ける涼しげな場所、どこかないでしょうか。。^^;
ご指南くださいませ。

こんばんは。
秋の瑞牆山は黄金に突き出た岩峰が
印象的だろうなと思います。ぜひ歩いて
みたいです。金峰山は大弛から一度登って
いますが、やはり瑞牆山荘から歩いてみたい
です。今後の楽しみにとっておきます。

こんばんは。
虹を上から見たのは初めてです。
いいことありそうな気がしました。
関東までは梅雨明けしたようです。
この後は少し安定した天気に期待
ですね。来週は平日に山歩きを
狙っています。

こんばんは。
虹はすてきでした。みなさん、感動していました。
金峰山はやはり瑞牆山荘から登らなければと
思っているので、近いうちにチャレンジしたいです。
早起きは夜、酒を飲む時間を確保するためと
思われます。

こんばんは。
虹を上から見るのはなかなかないですね。
貴重な経験をしました。

この季節は1000m以下の低山はきついですね。
私は2000m以上の涼しげな山を好天をねらって
歩きに行ってます。
おすすめは「ピラタスロープウエイを使って北横岳」、
「霧ヶ峰」、「美ヶ原」あたりでしょうか。
近くでは棒ノ嶺の名栗湖からの沢沿いはいいかも。
でも後半の階段は厳しいかな。

梅雨明け前、小雨の中の登りはこたえますね。
でも、登り切れば雲も切れ、虹!

瑞牆山、いつも思いますけど、独特な形ですよね。

こんばんは。
標高2000mを超えているので暑さは
そんなに感じませんでしたが、雨の中は
嫌ですね。今回は思わぬご褒美があったので
良かったです。

瑞牆山はどこからでもすぐにわかりますよね。
大ヤスリ岩も印象的です。

こんにちは。

>小仏トンネルをなんとかしてくれ。

そうですよね~。

中央道の難所です。

最近では、渋滞予測がある場合、仮設トイレまで出動しているようです。


調布辺りはまだ、ダラダラ動きますが、小仏トンネルはうんともすんともいわなくなっちゃう時がありますから。

渋滞になった場合、私の好みは左レーンの登坂車線で、他レーンに比べ比較的マシなようです。

こんばんは。
ほんとうに小仏トンネルはいらいらします。
手前を3車線にしたって意味ないです。
トンネルをもう1本造るしかないです。

ブルさん、ご指南ありがとうございます♪

早速「霧が峰~美ヶ原」行きの計画を立てはじめました!
この猛暑では近くのお山はキツイですよね。。^^;

こんばんは。
この暑さにはまいりますね。
霧ヶ峰も暑そうですね。
考えてみれば、車山は日陰がありません。
美ヶ原は標高2000mです。山歩きと言うより
散策という感じでしょうか。王ケ鼻からの眺めはいいです。
両方セットで行けるのはいいですね。とりあえず
両方とも百名山ですし。
計画も楽しいですよね。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: