スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

燕岳 北アルプスの女王は我々に微笑むのか その1 H24.7.30(月)-31(火)

北アルプスはこれまで焼岳に登っているだけです。
1月から山歩きを始めた仕事の先輩と北アルプス入門の山と
言われている燕岳を目指しました。

燕岳は北アルプスの女王と呼ばれ花崗岩の白、ハイマツの緑の
コントラストが美しい山との印象を持っています。
果たして、北アルプスの女王は私たちに微笑んでくれるのでしょうか…?

平成24年7月30日(月) 曇り時々晴れ

2:40 市川市を出発

諏訪湖SAで朝食を食べ、長野道・豊科ICで降りて中房温泉を
目指します。

6:20 登山者無料第2駐車場に到着

平日とあってまだ余裕がありました。

6:37 第2駐車場を出発

6:46 中房温泉燕岳登山口

トイレをすませ、いざ出発

6:50 中房温泉燕岳登山口(1462m)を出発
01tsubakurotozanguchi.jpg 

適度な間隔にベンチがあり、目標を決めて歩くのにちょうど良いです。
まずは第一ベンチへ。

7:20 第一ベンチに到着

7:29 第一ベンチを出発

しばらく歩くとケーブルの音が…
合戦小屋と有明荘を結ぶケーブルです。荷揚げに使われています。
02kassenkoyacable.jpg 

ケーブルをくぐるとすぐに第二ベンチに到着です。

7:55 第二ベンチ(1820m)に到着

登りはじめから急登の連続で絞られます。

8:09 第二ベンチを出発

さらに急登は続きます。

8:37 第三ベンチ着
8:52 第三ベンチ発

まだまだ急登

9:30 富士見ベンチ(2200m)着

周りはガスっていて富士山は見えず

9:46 富士見ベンチ発

ずっと急登

10:17 合戦小屋(2370m)
03kassenkoya.jpg 
にぎわっています

名物のスイカをいただきました
04kassenkoyasuika.jpg 
普段はあまり食べないスイカですが、ここでのスイカはうまい♪

10:45 合戦小屋を出発

まだ急登

11:03 合戦沢の頭(2489m)

晴れていれば槍ヶ岳が見えるそうですが…本日はガスが見えます。
三角点があります。

ここを過ぎると木が低くなり明るくなります。

花崗岩も多く見られるようになります
05kassenatamasugi.jpg 

だんだん傾斜が緩くなり、お花畑が見えると燕山荘です。

06enzansomaesidohyo.jpg


11:55 燕山荘に到着

まずは泊まりの受付を済ませます。
1泊2食で9500円。
受付が終わるとかわいいスタッフが部屋まで案内してくれます。
3畳の部屋に4人でした。

燕山荘の窓から燕岳がはっきり見えました。
07enzansotubakuro.jpg 

喫茶サンルームで昼食を食べてから燕岳に登ることにしました。
カレーライスを食べました。

ウエストバッグにカメラと飲み物を詰めて出発です。

13:00 燕山荘を出発

山荘の周りにはイワヒバリがいます。
08iwahibari.jpg 

周りの山ははガスでほとんど見えませんが、燕岳は見えています。
09enzansomaetubakuro.jpg 

白い砂礫の登山道を少し歩くとコマクサが群生しています。
10komakusagunsei.jpg 
白地にピンクの花が映えます。

さらに進むと…
11irukaiwa.jpg 
イルカさんに会いました♪

花や岩を楽しみながら山頂へ

13:31 燕岳(2763m)に到着
12tubakurosancho.jpg 

残念ながら周りの山は全然見えません。
北アルプスの女王は我々に微笑んでくれませんでした。

13:40 燕岳を出発

燕山荘が近づいてきたそのとき…
13yariarawaru.jpg 
黒い雲の間から槍ヶ岳が現れました。

燕岳は東側がガスで覆われました。
14tubakurogaskoenai.jpg
ガスは稜線を超えられません。

裏銀座の山々も見え隠れしています。
15gasuragin.jpg 

14:11 燕山荘に到着

いよいよ至福の時間
16enzansobeer.jpg 
乾いた身体にしみわたります。 山での生ビールは最高です。

夕食は17時からでした。到着順に17時、18時、19時の三回に割り振られます。
17enzansoyusyoku.jpg 
おいしいです。ご飯と味噌汁はおかわり自由。

夕食の時間にオーナーの赤沼さんのおもしろいお話とアルプホルンの
演奏があります。楽しいひとときでした。
18enzansoalphorn.jpg 

21:00 明日は女王が微笑んでくれることを祈り就寝です。

翌日に続く…

今日のコース
1日目 中房温泉6:50-7:20第一ベンチ7:29-7:55第二ベンチ8:09-
8:37第三ベンチ8:52-9:30富士見ベンチ9:46-10:17合戦小屋10:45-
合戦沢の頭11:03-11:55燕山荘13:00-13:31燕岳13:40-14:11燕山荘(泊)

歩行距離 約6.2km
累積標高差 +1450m -160m

地図
tsubakuronoborimap.jpg 

断面図
tsubakuronoboridanmen.jpg 

晴れてほしい・・・
スポンサーサイト
Home |  Category:北アルプス |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

燕岳でしたか。
なんとか雲の隙間から見えてよかったですね。

「至福の時間」やっぱ、これでしょ!

翌日はどちらに?

山では自炊が基本で、食事や飲み物を頼んだりするのは、山岳部出身者には後ろめたいんですが、生ビールとかき氷だけは、別物で、躊躇なくお金を払ってしまいますね。
山で生ビール、これより上の至福はないような気がしますね。

ブルさんが北アルプスにあまり行かれていないとは思いませんでした。
最近の北アルプスは整備され尽くしているし、規模は別ですが、登りやすいと思いますから、早出が得意のブルさんなら、結構入りやすいと思います。
どんどん登られてくださいね。

こんにちは。
この日はガスに覆われあまり展望が
ききませんでした。
でも、やっぱり生ですね。山小屋で
生が飲めるなんて幸せです。
おいしかったです。

こんにちは。
山やの方にとっては自炊が基本ですよね。
私は体力がないので山小屋基本になっています。

かき氷もいいですね。青年小屋で食べたかき氷が
とてもおいしかったです。

北アルプスは登山口まで車で入れるところも多い
ので高速をがんばれば楽しめそうです。
これからも足を伸ばしたいなと思いました。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。