燕岳 北アルプスの女王は微笑むのか? その3 H24.7.30(月)-31(火)

平成24年7月31日(火) 快晴  ※写真はクリックで大きくなります。

燕山荘で朝食を食べ終え、出発の準備完了!
今日は、最高の天気となったので、空身で燕岳に登り、
それから中房温泉に下山することにしました。

6:25 燕山荘(2712m)を出発

昨日よりも足取りが軽いです。

6:53 燕岳山頂(2763m)

山頂からの景色
[広告] VPS


山頂からのパノラマ
45tubakuropano1.jpg 

山名入り
46tubakuropano-sanmeiiri.jpg 

燕山荘
47tubakuroenzanso.jpg 
右奥には常念岳、左奥は南アルプスの山並み

鹿島槍ヶ岳はここから見てもかっこいい
48kasimayarisirouma.jpg 
真ん中の奥は白馬岳、その左のきれいな三角は旭岳

剱岳、立山
49turugidaketateyama.jpg 
北燕岳の奥に右から剱岳、左に立山

雲海に浮かぶ浅間山
50asamayama.jpg 
浅間山から篭ノ登山、湯ノ丸山へと続く

南アルプス
51nannapano.jpg 

浅間山の左には四阿山
52tsubakuroazumayasan.jpg 
奥には日光白根山が見える

奥穂から前穂の吊尾根
53tubakuroturione.jpg 

草津白根山の左にうっすら武尊山
54kusatusirane.jpg 


7:20 まだまだ見ていたいけど、下山です

下山途中もいろいろ写真を撮りました

ハイマツと槍ヶ岳
55haimatutoyari.jpg 

イルカさんと燕山荘
56irukaenzaso.jpg 

イルカさんと槍
58irukatoyari.jpg 

チシマギキョウと槍穂
59tisimagikyotoyari.jpg 

大天井岳と穂高岳
61otensyohotaka.jpg


7:47 燕山荘に戻る

いよいよ下山。
名頃惜しい・・・

7:57 燕山荘を出発

お花畑の上に建つ燕山荘
62sayonaraenzanso.jpg 
空は真っ青だ

8:21 合戦沢の頭

槍ヶ岳がきれいに見える
63kassensawanoatama.jpg 

燕山荘も見えたんだ 
64znzansofurikaeru.jpg
登るときはガスで見えなかったから・・・

8:31 合戦小屋着
8:35 合戦小屋発

8:57 富士見ベンチ

9:17 第三ベンチ着
9:26 第三ベンチ発

9:48 第二ベンチ

10:04 第一ベンチ着
10:12 第一ベンチ発

10:36 中房温泉登山口着
65tozangutitoutyaku.jpg 

このあと駐車場までアスファルトを歩くのが一番
疲れました。
下山は登りが嘘のようにあっという間に下れました。

山バッジ
66tubakurobadge.jpg 
よく見るとTSUBAKURAになっています

燕山荘のバッジ
67enzansobadge.jpg 

たくさんのバッジがあるので1回行くことに違うのを買うのも
楽しみです。

出会った花
ニガナ
68nigana.jpg 

カラマツソウ
69karamatuso.jpg 

ゴゼンタチバナ
70gozentatibana.jpg 

ミヤマキンポウゲ?
71miyamakinpouge.jpg 

ウサギギク
72usagigiku.jpg 

ツマトリソウ
73tumatoriso.jpg 

ミツバオウレン
74mitubaouren.jpg 

イワカガミ
75iwakagami.jpg 

アオノツガザクラ
76aonotugazakura.jpg 

バイケイソウ
77baikeiso.jpg 

トリカブト
78torikabuto.jpg 

ハクサンフウロ
79hakusanfuuro.jpg 

コマクサ
80komakusa.jpg 

チシマギキョウ
81chisimagikyo.jpg 

キバナシャクナゲ
82kibanasyakunage.jpg 

クルマユリ
83kurumayuri.jpg 

コケモモ?
84kokemomo.jpg 

エゾシオガマ
85ezosiogama.jpg 


今回のコース
歩行距離 約6.2km
累積標高差 +160m -1450m

2日目 燕山荘6:25-6:53燕岳7:20-7:47燕山荘7:57-合戦沢の頭8:21-
8:31合戦小屋8:35-富士見ベンチ8:57-9:17第三ベンチ9:26-
第二ベンチ9:48-10:04第一ベンチ10:12-10:36中房温泉

地図
tsubakuronoborimap.jpg 

断面
tsubakurokudaridanmen.jpg



久しぶりの山小屋泊。3畳で4人だったのでまだよかったです。
山の夜明けは山で泊まらないと見られない風景。
夜明けの美しさは格別です。

北アルプスの女王は私たちのしっかり微笑んでくれました。
北アルプスは焼岳に続き、2座目でしたが、ますます
憧れが強くなりました。

次はぜったい縦走するぞと決めました。

どこをとってもすばらしい2日間でした。
スポンサーサイト
Home |  Category:北アルプス |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

 北アルプスは何処へ登っても そのままずうっと歩きたい尾根道が
続きます。
久方ぶりの小屋泊り山行、楽しかったようですね。
生ビールと夕陽や星空、夜の語らい そして朝陽に輝く峰々などなど・・・、
泊りで体験できたよさは想い出に残ることでしょう。
縦走など次の展開に期待しています。

時間を忘れて、ずっと眺めていたい景色ですよね〜
次回は縦走に決まりですね!
歩く程に、表情が変わり、言葉では表現しきれない
美しい稜線ですので、是非ぜひ、歩いて下さいね(*^o^*)
テント泊デビューもそろそろですか?!

こんなドピーカン、北アルプスの夏山では、最近は経験ないですよ。。。
うらやましい。
そうですね、こんな天気だったら、縦走したいですよね。
槍を目指して、青空の下、歩いたら、最高ですね。
北アルプス、どこへ行っても大きな山小屋なら生ビールはあるし、
いうことないですね。

こんにちは。
雲取山荘以来の山小屋泊、楽しかったです。
天候にも恵まれ、やっぱり縦走だなと思いました。
まだ2泊で山歩きをしたことがないので、次は
常念岳~蝶ヶ岳あたりをのんびり歩けたらいいなと
思っています。

こんにちは。
ほんとうにいつまでもビール飲みながら
眺めていたいなと思いました。何時間でも
見ていられそうです。
テント泊、したいですね・・・体力が心配ですが・・・
縦走したいです。
カメラ、見つかってよかったですね。

こんにちは。
すばらしい天気でした。久しぶりにこんなに
天候に恵まれました。
まだ2泊以上で歩いたことがないので、天気の心配は
あんまりいらなかったのですが、2泊以上だと天候との
戦いもありそうですね。
でも縦走してみたいです。

天気最高でしたね~、7/31私は槍の方にいましたが、夏山だと午後にはガスがわいたり、夕立があったりすることも多いのですが、
このときは入山から下山まで好いお天気で、夏山を満喫しました。

久しぶりの北アルプスでしたが、ますますこの山域が好きになってしまいました。

山から帰ってから一週間、又山へ登りたくなってきました。

おはようございます。

31日に槍でしたか。さぞかしすばらしかったこと
でしょう。うらやましいです。
北アルプスのあの景色を見たら何度でも行きたく
なりますよね。
来年は自分も縦走したいと思います。

ブルさん、こんにちは♪
はなねこ山に来てくださってありがとうございました。
   
この朝は、ほんとうに素晴らしい眺めでしたね。
こんなことがあるので、山はやめられなくなります。
   
燕岳はとっても魅力的な山ですね。
そこに登るのはもちろん、眺望がまた素晴らしいです。
私も燕岳ではこんな朝を迎えましたが
当時は、裏銀座の山々を全く知らなくて、あっさりとしか眺めませんでした。
今思うと、惜しいことしましたが、ブルさんの山名入りの写真いいですね。
次に行くことがあったら、参考にさせていただきますね。
  
これからもどうぞよろしくお願いします。

こんばんは。
コメントありがとうございます。
ほんとうにすばらしい天気でしたね。
奥穂からみた景色は最高だったことでしょう。
こんな景色を見たらやめられませんよね。
燕岳だけでこんな感動だったので、縦走したら
どんなにかと想像しています。
穂高いつかはと思っています。

下山するのが惜しいくらいです。
もう1日歩きたくなりそうです。

燕岳は、白と緑と青のバランスがたまらなくいいですね。

こんばんは。
ほんとうにもっと歩きたくなる天気でした。
燕岳はまさに緑と白まっとた女王の気品あふれる
山ですね。表銀座や常念岳への縦走は気持ちよさそう
です。来年はチャレンジしたいです。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: