美しき魔女の瞳 一切経山~東吾妻山 一切経山編 H24.9.1(土)

今週末は日曜日の天気が今ひとつ、土曜日のほうが良さそうだが
金曜日は飲み会…でも山に行きたい。
結果、金曜日の飲み会はお酒をぐっとひかえて食べることに集中して
土曜日に行こうと決しました。

今回は福島日帰り。片道320kmはちょっと辛いのですが、昨年、日帰りで
磐梯山、安達太良山の2山をはしごしているので大丈夫。ただ飲み会の
翌日は歩くのが疲れるというのが心配でした。

浄土平は家族旅行で行ったことがあり、そのときには吾妻小富士を歩きました。
まだトレーニングを始める前だったので、死ぬ思い出歩いたの覚えています。
現在ではあのときの苦しさが幻のようです。そのときに見た荒々しい一切経山方面が
忘れられずいつか登りたいと思っていました。関東の低山は暑いのでのんびり
歩けて涼しい山でと思い、日帰り登山の計画を立てました。

平成24年9月1日(土) 曇り時々雨、ちょこっと晴れ

【4:00 市川市を出発】

天気はまずまずだと思っていましたが、二本松ICを降りて安達太良方面に
あがっていくと怪しくなってきました。土湯付近は完全に霧。ちょっとがっかり
しなが磐梯吾妻スカイラインへ。すると青空が少し見えてきてテンションアップ
です。天候に一喜一憂しながら浄土平へ。

今年は磐梯吾妻スカイライン、浄土平駐車場とも無料措置がとられています。
約2000円安くなりますね。

【7:20 浄土平駐車場】

レストハウス、ビジターセンター、天文台などがあります。天文台奥の
未舗装の広い駐車場にとめました。登山道に近いところです。

【7:37 浄土平を出発】
駐車場の奥にあるこの橋を渡ると登山道です
01issaikyozaniriguchi.jpg 

すぐに花がたくさん咲いています

ウメバチソウ
02umebachiso.jpg 

エゾオヤマリンドウ
03ezooyamarindou.jpg 

すぐに登山ポストがあります
04tozanpost.jpg 

この先、一切経山へ直登するコースは火山ガスのため通行禁止になっています。

ヤマハハコ
05yamahahako.jpg 
エーデルワイスの一種だそうです。たくさん咲いていました。

イワオトギリ
06iwaotogiri.jpg 
もうおしまいの頃で少なかったです

アキノキリンソウ
07akinokirinso.jpg 
この時期、エゾオヤマリンドウと並んで湿原を彩る花です。

噴煙を見ながら登ります
08funen.jpg 

ナナカマド
09nanakamado.jpg 
すでに色づいている葉があります。
秋はきれいでしょうね。

シラタマノキ
09siratamanoki.jpg 

クロマメノキ
10kuromamenoki.jpg 
ブルーベリーの一種。ジャムにするとよいそうですが、国立公園なので
採取はできません。

花の写真を撮りながらなのでぜんぜんすすみませんね・・・

と、雨が降ってきました。天気予報では曇り時々晴れだったんですが・・・
でも、すぐにあがりました。

【8:15 酸ヶ平分岐】

ガスがせまってきます
11sukadairabunki.jpg 
見えている避難小屋方面に進みます

【8:18 酸ヶ平避難小屋】

12sukadairahinankoya.jpg 
きれいな小屋で、トイレも併設されています。
いざというときには強い味方。

ここで小休憩。
飲み会の次の日は水分が余計にほしくなります。

8:21 出発です

木の間の細い道を抜けると岩がごろごろした急登になります。
13issaikyozantozando.jpg 

振り返るとガスで避難小屋も鎌沼もよく見えなく
なっています。東吾妻山はまったく見えません。
14gashinankoya.jpg 

ここを登り切るとあとは一切経山まで緩い登り。

山頂が見えてきました。
15issaikyozanmieta.jpg 
山頂方向は青空が見えています。やった♪

振り返ると東吾妻山も見えてきました。
16higashiazuma.jpg 

【9:00 一切経山(1949m)山頂】

17issaikyozan.jpg 
天気はまずまず。
五色沼も見えそうです。

北の端の方にいくと・・・

五色沼
18gosikinuma.jpg 
魔女の瞳と呼ばれています。吸い込まれそうです。

アップにするとエメラルドブルーの美しさがいっそう際だつ。
19gosikinumamizu.jpg 

西吾妻山への稜線(クリックで大きく)
20issaikyozanpano.jpg 

山名入り
20issaikyozanpanosanmei.jpg 
こっちもいつか歩きたい

魔女の瞳を見ながら軽くおやつ休憩。ゼリーと生小倉どらやき。

9:19 山頂を出発。

酸ヶ平の分岐までは同じ道を戻ります。

吾妻小富士も姿を現しました。
21azumakofuji.jpg 
なんともかわいらしい富士です。

これから向かう鎌沼、東吾妻山も見えています。
22higasiazumatokamanuma.jpg 

鎌沼と避難小屋の間が酸ヶ平湿原
23hinankoyatokamanuma.jpg 

【9:46 酸ヶ平分岐】

分岐を鎌沼方面に進みます
24sugadairafukin.jpg 

酸ヶ平湿原
25sugadairamokudou.jpg 

青空の面積が増えてきました♪

夏の雲みたい
26natunokumo.jpg 
でも、風は秋。涼しいです。
晴れることを期待して、東吾妻山編へ続く…
スポンサーサイト
Home |  Category:福島県の山 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

吾妻に行かれたんですねぇ~
東北に住んでいた学生時代、何度か誘われながら、吾妻は登っていません。
行っておけばよかったな、と今では思います。
東北の山って、火山が多いし、独特のものがありますよね。
なだらか、湿原、お花畑、展望、といろいろ。
続きを楽しみにしていますね。

こんにちは。
吹く風に秋を感じるハイキングでした。
安達太良山もそうですが、この荒々しい感じが
いいですね。それでいてすぐしたに湿原があったり。
なかなか楽しめます。

山をやっていた人には歩きが物足りない感じなので
しょうね。年をとってからでも十分に楽しめる山なので
将来にとっておくのも良さそうです。

東北にもたくさん良い山がありますが、距離があるので
なかなか行けません。時間とお金の余裕があれば
チャレンジしたい山はたくさんあるんですけどね・・・

8月の末、「鬼怒沼」か「一切経山」を天秤にかけて…(笑)
先送りにしてしまったんですが、やっぱり魔女の瞳。魅力的です。
今年は、高ーい磐梯吾妻スカイラインが無料だし、浄土平の駐車場も無料だし♪
絶対、狙い目の年なんですよね~。
紅葉が輝きだす頃、ぜひ行ってみたいです。

…って、お燧さまと今度は天秤になりそう。(笑)


「以前、吾妻小富士をやっと登って…」と言う節。
私も。私も~~!!と、思わずうなづいてしまいました。(^_^;)

こんばんは。
磐梯吾妻スカイラインと浄土平Pで2000円も
お得な今年は魅力でした。
燧ヶ岳と一切経山・・・どちらもいいですが
燧ヶ岳は魅力的ですね。尾瀬の草紅葉も
楽しめそうですし・・・浄土平の紅葉もきれい
らしいです。
思い切って両方行っちゃいましょう。

吾妻小富士、本当に死ぬかと思いました。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: