スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

奥秩父の盟主 金峰山 その1 H24.9.29(土)

山歩きを始めてすぐに歩いた金峰山。富士山、八ヶ岳、南アルプスなど
360度の展望に感動し、ますます山歩きが楽しくなった思い出の山です。

先週は山歩きをお休みしたので足首の調子もだいぶ良い感じです。
今回は足の具合をみるためにそんなにきつくないところと思い、
最後まで金峰山と北八つの麦草峠からにゅうと迷いましたが、近い
金峰山にしました。次に歩くなら瑞牆山荘からと思っていましたが、
今回も大弛峠から歩きました。

平成24年9月29日(土) 晴れ時々曇り

2:00 市川を出発
勝沼ICで降り、大弛峠を目指します。
川上牧丘林道は全面舗装で道幅もあり走りやすい林道です。

林道に入ると動物たちが活動しています。

きつねさんのお出迎えです。
01fox.jpg

目の前をぴょんぴょんと飛び歩く姿は愛らしいです。
ちょっとの間、こちらをちらちら振り返りながら先導してくれました。

林道ではきつね3匹、鹿2頭をみました。

5時前でしたが大弛峠の手前に路肩駐車の車が数台。もう駐車スペースは
いっぱいなのかと思い、峠に着くと・・・
舗装された駐車スペースにテントを張っているばかものがいました。
舗装スペースに3張り、未舗装のスペースに1張り。出発前にみましたが
老年の方々でした。大弛峠はすぐ上にちゃんとテン場があるのです。
人気のある場所だけに気を遣わなければいけません。朝から気分が悪くなり
ました。

前回同様、川上村側のダートの路肩に駐車して、車のライトを消すと・・・満天の星♪
写真にうまく写せないのが残念です。明るくなるまでしばし休憩です。
寝転んでうとうとしていると5時半。外は明るくなっていました。準備をして出発です。

【5:45 大弛峠を出発】
02oodarumitouge.jpg 

歩き始めで身体が慣れないせいもありますが、最初がちょっときつい。
03kinputozando1.jpg 
少しの間、少し急な登りですが、ここを過ぎれば、金峰山まで
そんなにきついところはありません。

少し歩くと樹間から美しい富士山のシルエットが見えました。
04zyukankarafuji.jpg 

小ピークを越え、少し下ると朝日峠です。

【6:12 朝日峠を通過】
朝日峠はケルンが積んである朝日岳手前の鞍部です。
ここから朝日岳までは登り。
20分くらい歩くと視界が一気に開け、見晴らしの良い露岩に出ます。
ここで写真を撮りまくりです。

雲海に浮かぶ美しい富士山
05asahitemaefuji.jpg 
右端に毛無山、富士の左の裾野付近に御坂黒岳が見えます。

鉄山の奥には甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳
06asahitemaetetuyama.jpg 

左に目を移していくと・・・

白峰三山
07asahitemaesiramine3zan.jpg 
右から北岳、間ノ岳、農鳥岳。その右に塩見岳の頭だけがちょっと見えます。
手前に鳳凰三山がかぶっています。北岳の右下が地蔵岳です。
雲海を挟んで手前に深田氏が亡くなった茅ヶ岳。

悪沢岳、赤石岳、聖岳
08asahitemaewarusawa.jpg 

南アルプスの山々がすべて見えます。

富士山の左(東)方向には丹沢の山々
09asahitemaetanzawa.jpg 

尾根の反対側(北)側をみると、まず目に飛び込んでくるのは
甲武信岳、三宝山。すぐ目の前という感じです。
10ashitemaekobusidake.jpg

その左、遠くに日光、尾瀬、越後の山々(クリックで大きく)
11nikkoozwpano.jpg 

男体山から日光白根山までをアップに
12asahitemaenikko.jpg 

谷川連峰から苗場山方面(クリックで大きく)
13asahitemaetanigawanaeba.jpg 

浅間山、四阿山方面
14asahitemaeasama.jpg 

さらに左に目をやると
15asahitemamyokohiuti.jpg 
遠くに妙高、火打。

すばらしい景色に思わず時間を忘れてしまいそうです。

この露岩から朝日岳までは緩い登りです。

立ち枯れたシラビソと青い空のコントラストがきれいです。
16aozora.jpg 

【6:50 朝日岳】
17asahidake.jpg 

朝日岳の先は目の前が開け、眺望が良い。

富士山
18asahidakefuji.jpg 

南アルプスを背にして、金峰山がきれいに見える。
19asahidakekinpusan.jpg 
甲斐駒ヶ岳から南アルプスの屏風だ。

金峰山の山頂をアップに
20kipusanup.jpg 
五丈岩が大きい。山頂とほぼ同じ高さだ。

ガレ場を1mくらい下ると右手に瑞牆山と八ヶ岳が見えた
21asahidakeyatu.jpg 

高層に雲がかかって青空の面積は少ないが、まずまずの
天気です。

ここから100m近く、一気にガレ場を下ります。
22asahidakesakigare.jpg 
帰りには登り返すことになります・・・

その後はさらに緩く下ります。

紅葉している木もちらほら。
23kinputozandokoyo.jpg 

鞍部から緩く登り、鉄山を巻いて行くと木が低くなってきます。
紅葉と富士山
24koyotofuji.jpg 

ハイマツの中を登っていくと賽の河原に到着です。

【7:38 賽の河原】
25sainokawara.jpg 

ここがまた絶景です・・・

その2へ続きます・・・
スポンサーサイト
Home |  Category:奥秩父 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。