奥秩父の盟主 金峰山 その2 H24.9.29(土)

その1はこちら

5:45に大弛峠を出発して、写真を撮りまくりながらのんびり
歩いて、賽の河原まで来ました。

【7:38 賽の河原】
25sainokawara.jpg 
ケルンが積まれ、高い山に来たなという感じがします。

ここは西側の展望も開け、360度に近い眺望。

下方に瑞牆山
26sainokawaramizugaki.jpg 
独特の岩峰は要塞のようだ。

瑞牆山の奥には大きな八ヶ岳の峰々
27mizugakitoyatu.jpg 
編笠山から蓼科山まですべて見渡せます。

編笠山の奥には乗鞍岳
28sainokawaranorikura.jpg
手前は編笠山から権現岳の稜線

すぐ目の前には小川山が大きい
29sainokawaraogawayama.jpg 
奥には浅間山や四阿山、湯ノ丸山など

蓼科山の奥にはうっすらと北アルプス
30sainokawaraturugi.jpg 
蓼科山のすぐ右が立山、その右の高い山は剱岳

北アルプス(クリックで大きく)
31sainokawarakitaapano.jpg 

八ヶ岳の最高峰、赤岳
32sainokawaraakadake.jpg 
頂上小屋や天望荘も見えます

先々週歩いた天狗岳
33sainokawaratengudake.jpg 
きれいな双耳峰。手前には根石岳も見えます。

木曽駒ヶ岳には日があたっています
34sainokawarakisokoma.jpg 

御嶽、形に特徴があるのですぐにわかります。
35sainokawaraontake.jpg 
雄大だ

下には金峯山小屋
36kinpusankoya.jpg 

ハイマツと瑞牆山
37haimatutomizugaki.jpg 

このあたりは森林限界を越え、ハイマツ帯になっている。

山頂を目指して大きな岩の上を歩きます。

【7:55 金峰山 2599m】
38kinpusansancho.jpg 
あしもとに三角点がありました

目の前には巨大な五丈岩
39gozyoisi.jpg 
登っている人もいましたが、ちょっと危ない

歩いて来た稜線をみると紅葉の始まりといった感じ
40koyohajimari.jpg 
見える手前のピークは鉄山、奥は国師ヶ岳、北奥千丈岳

やっぱり富士山は大きい
41kinpusanfuji.jpg 

仙丈ヶ岳
42kinpusenzyo.jpg 

北岳
43kinpukitadake.jpg 

間ノ岳
44kinpuainodake.jpg 
地味な印象だが、堂々としてなかなかいい。

五丈岩の横面
46gozyoisiyoko.jpg 
やっぱりでかい!

五丈岩の裏側で休憩です
人が少なくてお気に入りの場所。富士山と南アルプス、中央アルプスが
目の前です。吹き渡る風は少し冷たく、晩秋の雰囲気。

そんなにおなかはすいていないので、おにぎり1個とどらやきで
のんびり。

さっきまで見えていなかった箱根山がみえました
48kinpuhakoneyama.jpg 
箱根の最高峰です

三ツ峠山
49kinpumitutouge.jpg 
電波塔が写っています。左奥が箱根山(神山)。

西農鳥岳から農鳥岳
50kinpunoutori.jpg 
左に塩見岳の丸い頭。

【8:40 金峰山を出発】

賽の河原まで戻る途中、八ヶ岳にも日があたってきました

八ヶ岳のパノラマ(クリックで大きく)
52sainokawarayatupano.jpg 

赤岳
53akadake.jpg 
右端の稜線上に天望荘

天狗岳
54tengudake.jpg 

瑞牆山には雲が押し寄せてきました

天空の城だ
55tenkunosiro.jpg 
なんとも幻想的だ

賽の河原を通過し、緩いアップダウンを繰り返しながら
朝日岳西側の鞍部に。
いよいよここから朝日岳まで登り返す。約100mの登り。
56asahidakenoborikaesi.jpg 
3年前にはとってもきつく感じたけど、それほどでもありませんでした。
少しは歩き慣れたようです。

【9:48 朝日岳】
朝日岳を過ぎると景色の良い岩稜。
57asahidakesakinorogan.jpg 
写真では高度感がありそうな感じですが、高さは感じません。

10:19に朝日峠を通過

【10:50 大弛峠に到着】
到着すると車がいっぱい。11人乗り以上の車は通行できない
はずなのにマイクロバスがとまっていた。川上村側のダートは
通行できるのだろうか・・・しかも転回場所でとめるなと書いて
あるところに。なんとも思わないのか・・・

道路には30名くらいの団体がこれから登るところでした。

国師ヶ岳、北奥千丈岳にも登ろうかと思いましたが、
足も心配だし、帰りの小仏トンネルの渋滞にはまるのも
嫌だし・・・ということでまたの機会にしました。

着替えて林道を下ると500m下までぎっしり車がとまって
いました。往復1kmよけいに歩かなければいけないのは
疲れますね。舗装路だし。

途中の道路から金峰山がきれいに見えました。
58dourokarakinpu.jpg 

今回のコース
歩行距離 約8km
累積標高差 約530m

大弛峠5:45-朝日峠6:12-朝日岳6:50-7:55金峰山8:40-
朝日岳9:48-朝日峠10:19-10:50大弛峠

地図
kinpusan2map.jpg 

断面
kinpusan2danmen.jpg



2度目の金峰山。今回も眺望に恵まれ、楽しい山行でした。
限られた駐車場をマナーよく利用したいものです。
テントはテン場に。
スポンサーサイト
Home |  Category:奥秩父 |  コメントアイコン Comment14  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

素晴らしい景色ですねー!
これからは空気も澄んで、ますます山歩きが楽しくなる
季節ですね(*^o^*)

それにしても、貴重な駐車場にテントを張ったり、横着に
路駐したり、理解に苦しみますね…
せっかくの楽しい山行も後味悪くなっちゃいますよね(T ^ T)
マナーって、やっぱり大切だと思います。

金峰山は昨年あたりから、行こう行こうと思いながら、なかなか再訪できていません。
一つには、混んでいそうだから・・というのもあります。
ならば、冬ってことになりますけどね。

最近、こういうマナーに関することをよく聞くようになってきました。
ちょっと、そろそろ問題化しているような気がします。
槍ヶ岳のテント場に埋められていた何キロものごみのことや、ここにお書きになった駐車場の使い方のことや、テント場でのマナーなど、いろいろと山が乱れてきているような気が、切実にしてきます。
いよいよもって、マイナールートに傾いてきそうですね。
それでも、バリエーションルートや、あまりふみ跡のないところに、ネットで情報を仕入れて入り込む、さほど経験にない人たちを見ていると、ちょっと・・と思うことも多いですから、マイナールートと言っても、要注意なのかもしれませんね。

別のサイトで見た、山小屋に対する要求度の問題などもあり、山と渓谷間などの雑誌を通じてでもよいので、話題を盛り上げていく必要がありますよね。
みんなで気持ち良く登りたいですからね。

こんばんは。
景色、良かったです。早起きしたかいがありました。
駐車場にテント張るとか、ほんと勘弁して欲しいです。
これからの時期は凛とした空気感の中、のんびり歩く
のが楽しみです。紅葉も楽しみたいです。

こんばんは。
金峰山、人は多かったのですが、谷川岳のような
行列にはならないので割と静かな山歩きが楽しめ
ました。眺望もいいし、初心者でも楽しめるので
いいですね。
マナーの問題はそれぞれの良識に頼るところが大きく
なかなか難しいですね。テン場が目の前にあるのに
よく駐車場にはれるなと神経をうたがいたくなります。
ほんとうは注意するのがいいんでしょうが・・・こっちも
気分が悪くなるので・・・難しいですね。

ブルさん こんばんは☆
大展望の金峰山 お見事です。
行く前にブルさんの展望写真を見ていくといいですね。
いつも山頂で地図広げて「うーん?あれは○○山かな?」と
テキトーに納得していることが多いかもです。

最近思うこと ツアー(札付けて歩いている方々)の人は態度が悪い。
道いっぱいに歩いたり、気持ち良くあいさつもできない。
花の写真を撮っていると「これは…ね」と数人に囲まれてしまい、
いたたまれなくなったことがありました。
自然に癒されたいのに、人で煩わしい思いはしたくないですもんね。
難しいですね。



こんばんは。
展望に期待して2回目の金峰山でしたが、
光量が足りなかったものの、なかなかの眺望でした。
360度いろいろな山が見えました。檜洞丸もしっかり
見えましたよ。
団体さんはリーダーがしっかりしていないとだめですね。
気を遣って道を空けてくれたり、休憩場所を考えたりして
くれるリーダーでなければだめです。ツアーのリーダーは
そういう点でだめな場合が多いです。所詮、客商売なん
ですかね。そもそも20人とかの団体で登っておもしろいと
感じるのが疑問です。

ブルさん こんばんは。

「天空の城」の写真、
 メチャクチャかっこいいですね〜(^。^)/

僕も金峰山を予定しているので、
楽しく拝見させて頂きました。
そして、勉強になりました。
ありがとうございます(m_m)

紅葉は、
中旬位まで持ちますかね?(>_<)

こんばんは。
瑞牆山にどんどんガスが流れてきてあっという間に
雲の上に浮いてました。ラピュタを思い出してしまい
ました。上から見る瑞牆山はなかなかすてきです。

金峰山の紅葉、あと2週間はどうですかね・・・
気温が下がれば一気に紅葉してしまうかもしれません。
3年前は10月11日に登っていますが、気温0度、
葉っぱに霜が、地面には雹の粒が残っていました。
紅葉は終わっていました。今年は少し遅めのようです。
紅葉が終わってるくらいのほうが眺望は良さそうです。

台風予報とはいえ、土曜日は好条件でした。
金峰山そのものはもちろん、見渡せる山々も素晴らしいものです。
紅葉もいい感じに進みそうです。
天空の城は素敵です。

こんばんは。
土曜日は涼しい風も吹き、秋の山を楽しめました。
展望の素晴らしさに五丈岩、アルペン的雰囲気と
申し分のないすばらしい山です。
ガスに包まれた瑞牆山はまさしく天空の城でした。

ブルさん こんばんは。
金峰山は相変わらず人気のようですね。
楽に行けるし、展望もいいし、岩もカッコイイですものね。
久しぶりに行ってみたくなりました。
山人口が増えるにしたがって、マナーが乱れてきたように思います。
年齢が高いからといって、必ずしも人間ができているとは言えませんね。
      
この日は教えていただいた天狗にしようかと思ったのですが
駐車場争奪戦に勝てそうもなくて、他にしました。

こんばんは。
金峰山は天候が良ければ初心者でも楽しめる
貴重な山ですよね。何回でも行きたくなります。
狭いところにたくさんの人が行くので、お互いに
気持ち良く過ごせるようにしたいものです。
天狗もこの日はしっかり見えていたので良かった
かなと思います。唐沢鉱泉も桜平もたくさん車を
駐められるのでぜひ。

こんばんは。(^^)/

天空の城…
めちゃめちゃかっこいいです。

普段だったら邪魔者扱いしたくなっちゃうような雲たちも
雄大な景色のアクセントになってますね~。

10月の声を聞いちゃうと、紅葉の山ばかりに目が行っちゃいますが
こんな景色…絶対、アリですねぇ。e-349

こんばんは。
瑞牆山の周りをかなりのスピードで雲が
流れていました。ラピュタの世界でした。

これからの時期はやっぱり紅葉がみたい
ですね。今週末は8日だけ時間がありそう
なので行けたら北八つでも行きたいなと
思っています。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: