スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

紅葉と絶景の北八ヶ岳 にゅう~白駒池 1日目 H24.10.12(金)-13(土)

金曜日が休み・・・これは1泊で行くしかないということで
以前から天気予報が気になってしょうがありませんでした。

最後まで唐松岳、那須岳、八ヶ岳で迷いましたが、これまで
気になっていましたが行けなかった稲子湯方面から1泊で
歩くことにしました。唐松も那須も強風が吹き荒れていたようで
結果的に正解だったようです。

1日目の計画としては、シャクナゲ尾根からにゅう、白駒池に降りて
高見石小屋、中山とまわり、行ければ天狗だけ登頂後、根石岳山荘まで、
時間的にだめなら黒百合ヒュッテまでということで考えました。
明るくなってからのスタートとしたので黒百合ヒュッテかなと思い
出発です。

平成24年10月12日(金) 晴れ時々曇り

2:00 市川を出発

関越道・上信越道・中部縦貫道と走り、佐久南ICで降り、稲子湯へ。

5:00 稲子湯の先のみどり池入口の駐車スペースに駐める。先着1台
ありましたが、乗っていないので前日の方か。
明るくなるまで少し休憩。

【5:52 みどり池入口1570mを出発】

シャクナゲ尾根からにゅうを目指します
01syakunageoneiriguchi.jpg 
いきなり急登でずっとこんなかなと思いましたが、
林道に出合うと傾斜が緩くなり、緩いアップダウンと
ちょっと急登があり登っていきます。

シャクナゲ尾根の名の通りたくさんのシャクナゲがあります。
02syakunageone.jpg 
シャクナゲの時期はきれいそうです。

所々紅葉している木もあり
03syakunageonekoyo.jpg 

きのこはいっぱい
04kinoko1.jpg 

こんなきのこもよく見ます
05kinoko2.jpg 

北八つらしい苔がいっぱいの道
06syakunageonekoke.jpg 
癒されます♪

それにしても静かな道だ。朝早いし、平日だし、誰ともすれ違わないし、
誰にも抜かされない。この時間にこの尾根を歩いているのは自分だけ
だと思う。

昨日の晩は霰が降ったようだ
07arare.jpg
そこら中に霰のつぶが落ちています。

ほとんど展望がない道をひたすら歩きますが、時折、木の間から
硫黄岳が見えます。
08zyukankaraioudake.jpg 

ナナカマドの紅葉はきれいだ
09nanakamadosyakunage.jpg 

立ち枯れた木が青空に突き刺さる
10tachigare.jpg 
こんな青空の日は早く展望の良いところに着きたいと思いますが、
シャクナゲ尾根は長い。ひたすら歩きます。
ようやく・・・

【8:26 白樺尾根分岐2150m】

ようやく分岐に到着。
11sirakabaonebunki.jpg 
山と高原の地図のコースタイムが2:30。
ほぼタイム通りでした。ここで8分ほど小休憩。

まだだれにも会ってない。静かだ。

白駒池からあがってくる道と合わせてからはけっこうな人と挨拶を
交わすようになりました。

【9:12 にゅう2352m】

にゅうはちょっとした岩峰
99nyu.jpg 
この岩の上には三角点もあります。

にゅうからの眺めは360度

槍穂
12nyukarayariho.jpg 

富士山
13nyukarafuji.jpg 

天狗岳と硫黄岳
14nyukaratenguiou.jpg 

白駒池のアップ
15nyukarasirakomaike.jpg 
降りないで中山峠へ行くか白駒池へ降りるか迷いましたが
紅葉がきれいなので降りることに決定です。

蓼科山の山頂はガスってる
16nyukaratatesina.jpg 
手前に白駒池

天狗岳のアップ
18nyukaratengu.jpg 
左が東天狗、右が西天狗

後で行く予定の高見石小屋
19nyukaratakamiisi.jpg 

金峰山
20nyukarakinpusan.jpg 

一通り写真を撮影し、岩陰でプリンを食べました。

【9:34 にゅうを出発】

白駒池方面へ降ります。ぬかるみが多く、裾はどろどろ。

白駒湿原
21sirakomasitugen.jpg 

おっ、白駒池だ。
22sirakomaike1.jpg 

カメラマンの数が半端ない。

紅葉真っ盛り
23sirakomaike2.jpg 

【10:38 白駒荘2120m】
24sirakomaso.jpg 
宿泊客が多いらしく、昼食の営業をしないらしい。
それってどうなの・・・?
バッジを購入しました。

人が多く疲れますが、きれいなのでしらばらく写真撮影。
25sirakomaike3.jpg 

26sirakomaike4.jpg 

【10:51 白駒池を出発】

高見石小屋を目指します。
北八つらしい道が続きます。


27kitayatukoke.jpg 
癒されます

急登もあり、おなかがすいてきました。

【11:29 高見石小屋2240m】
28takamiisikoya.jpg 
にぎわっています。ここまでハイキングという人も多いようです。

ここでラーメンタイムにしました。じっとしていると寒い。
やっぱりラーメンは最高です。
30分ほど休憩して出発です。

【11:59 高見石小屋を出発】

ここからは一気に人が減り、また静かな山歩きです。
気持ちはいいのですが、けっこう疲れていて亀の歩みに。

北八つらしい登山道
29nakayamahenotozando.jpg 

【13:17 中山展望台2470m】
高見石小屋から1:18もかかってる・・・
30nakayamatenbodai.jpg 

天狗岳がだいぶ近づきました。
31nakayamatengu.jpg 

縞枯れ現象が目立つ。奥は蓼科山。
32simagaretatesina.jpg 

車山がだいぶ下に見える
33nakayamakurumayama.jpg 

【13:26 中山展望台を出発】

すぐに中山の山頂があります
34nakayama.jpg 
地味な山頂です。2496mもあるのに。

中山を過ぎると展望が開けます。
にゅうが見えました。
35nakayamakaranyu.jpg 

途中、硫黄岳の迫力ある爆裂火口が目を引きます
36nakayamasakikaraiou.jpg 

途中の木の肌に引っ掻いたあと
37kumasika.jpg 
鹿の角で?熊の爪?

紅葉している木もあり
38nakayamsakikoyo.jpg 

14:06 中山峠
黒百合ヒュッテまではあとちょっと。木道を歩く。

【14:13 黒百合ヒュッテ2410m】
39kuroyurihyutte.jpg 
やっと着いた!
けっこう疲れました。

受付で1泊2食7500円を支払います。16:30まで1階で過ごすように
とのことです。布団でぬくぬくしたかったのですが残念。
2階には貴重品しか持って行けないので荷物の整理をする。

で、生ビールタイム。至福の時です。写真撮るのも忘れておいしくいただく。

16:30に布団を割り振られ、17:30の夕食までごろごろ。
山小屋の時間はゆったり流れていて好きです。スタッフの皆さんは忙しいですけど・・・
感謝です。

17:30 夕食
40kuroyuridinner.jpg 

布団がお隣の単独の方と楽しくおしゃべりしながらいただきました。

夕食後に缶ビールをのみながら、クレヨンしんちゃんを読み、一人で
にやにやする。周りから見たら気持ち悪いかも。でもおもしろい。

20:30消灯です。

1日目のコース
歩行距離 約10.3km
累積標高差 +1230m -410m

地図
nyumap.jpg 

断面
nyudanmen.jpg 

八ヶ岳の魅力満載の1日目が終了。
にゅうは白駒池からだと楽にあがれるので初心者にもお勧めです。
なかなかの展望です。富士山が見えるのもうれしい。

2日目に続きます。
スポンサーサイト
Home |  Category:八ヶ岳 |  コメントアイコン Comment18  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

白駒池の紅葉、綺麗ですねー♪
絵になる景色です。これは人が多くても仕方ないですね^^;

黒百合ヒュッテは雰囲気が良いですよね、
私もいつか宿泊してみたいです!
今期、まだ八ヶ岳行けるかな… 行けたら行きたい♪

2日目、楽しみにしています!

こんにちは。
白駒池はちょうど見頃でした。赤が入っていると
やっぱりきれいですね。
黒百合ヒュッテは人気なので人が多いです。
この日も平日なのに45人くらい泊まっていました。
個室の客がうるさくてちょっと困りましたが・・・
雰囲気は良いですね。
本当は根石岳山荘に泊まりたかったけど、足がのろいもんで
時間切れでした・・・
八ヶ岳、11月の頭までは楽しめるのでは。それ以降なら
ピークをねらわず下の方の山小屋を巡るのも楽しいかも。

ブルさん、こんにちは♪
9月末に稲子湯からの天狗岳を予定していました。
でもお天気が一日しかよくないみたいだったので
お勧めの唐沢鉱泉から日帰りに変更になり
さらにお手軽に、越前岳に行ってしまいました。(^^;)
もう寒そうなので、来年です。

白駒池の紅葉が鮮やかですね。

ブルさん、リンクさせていただいちゃいました。
事後承諾でごめんなさい。

こんばんは。
天狗岳はどこから登っても楽しいですね。
最後に絶景が待っていますし。これで4回目です。
大好きな山の一つです。
白駒池は赤が多くてきれいです。駐車場から15分
ということで人も多いですが・・・。今回はまだレポして
ませんが、本沢温泉付近の紅葉が一番きれいに思い
ました。
今週末は紅葉どのあたりでしょうかね。どこに行くか
決めかねています。
リンク、ありがとうございます。こちらもリンクさせて
いただきました。

いい山ですね。
アルプス方面、なかなか時間が作れなくて行けてません。
自分のブログにUPしてませんが、9月に北岳に
向かったものの、体調不良で途中までしか登れずに
帰ってくるという、物凄く悔しい思いをしてしまい、
こんな行程を見ると羨ましくなってしまいますネ。

白駒池の景色とてもきれいですね。
山小屋でのビールいいですね!
あと山小屋ご飯もとてもおいしそうです。
と、食欲の秋で、食べ物ばかりに目が行ってしまいます(^_^;)

木の傷の跡、クマかもっと思ったら怖いですね・・・(>_<)
しかも結構新しそうな傷ですね・・
続きレポも楽しみにしています。

こんばんは。
北岳は残念でしたね。でも、山はなくならないので
またの機会ですね。

八ヶ岳はコンパクトながらいろいろ楽しめて好きです。
これからも通っちゃいそうです。

こんばんは。
白駒池の紅葉はすばらしいです。ドライブのついでに
ちょっと寄ることができるのが魅力ですね。
山小屋のビール最高です。写真撮るのも忘れて飲んで
しまいました。ごはんも美味しいです。朝の玉子かけごはんは
特に美味しかったですね。
木の傷は何でしょうかね・・・

一週間たつと結構紅葉が進みますね。
先週はいまいちでしたが、ようやく見ごろになったようですね。
きれいです。
それにしても、人が多いですね、要所要所は。

続きを楽しみにしていますね。

1泊で北八ヶ岳、ゆっくりできそうです。
深い森と、苔。白駒池を彩る紅葉。
こんな雰囲気、好きです。
昨年出かけた時も、平日でしたが結構な人出でした。土日は相当すごそうです。

 こんばんは
 金峰山の次は北八ヶ岳ですか・・・
ついに静かな東麓からの入山となりましたね。
シャクナゲ尾根からの登りとなると 帰途はみどり池(シラビソ小屋)
経由となりそうですね。 続きが楽しみです。

ブルさんこんにちは♪

同じ日の大体同じくらいの時間に違う場所から槍穂高方面を見て、
ガスに泣いていたワタクシですが…
見える所からは綺麗に見えてたんですねぇe-259
やっぱり日ごろの行いでしょうか(笑)

白駒池。きれいすぎです。
高見石とのハイキングコースは、密かに狙ってるところです。
来年は山小屋ってところにもお泊まりしてみたいなぁ。
(もう、来年の話をしても、鬼に笑われないですよねっ☆)

続き。楽しみにしています。(^^)/

こんばんは。
標高2000m前後は見頃でした。それより上は
ほぼ終わっていて冬ですね。
紅葉がきれいなところは人が多いのはしょうが
ないですね。でも、今回も高見石から上では
ほとんど人に会わない静かな山歩きでした。

こんばんは。
1泊で八ヶ岳ってけっこういろいろ
楽しめますよね。いろいろなコースもあり
悩みます。今回はかねてから行きたかった
稲子湯方面からスタートできました。
苔と紅葉、なかなかの取り合わせ。
楽しかったです。

こんばんは。
シャクナゲ尾根は樹林帯で眺望が少ないので
歩く人は少ないようですね。でも、静かな山歩き
が楽しめました。人に全く会わないのはめずらしい
です。
2日目もいろいろ楽しめました。

こんばんは。
山の天気はわからないもので、たまたま運がよかった
ということですね。この日は足下は雲海で上の方しか
見えていませんでした。
白駒池から高見石、にゅうなどをまわるのも楽しいですし、
1泊であれば天狗岳や硫黄岳も楽しめます。
個性的な山小屋も多く、どこに泊まるのか考えるのも
楽しいです。ぜひ。

素晴らしい景色と紅葉ですね。
まるで天空に登ったみたいな眺めv-353 九州人から見れば壮大な景色にとても憧れます。
初心者でも登れるコースですか? むむ、その言葉ソソられますね(笑)
ブルさん、足は大丈夫でしょうか?
一ヶ所が痛くなると他のところにも影響しますよねぇ・・・
無理しないで(←人のコト言えませんが・・汗)お大事に~v-290

こんばんは。
八ヶ岳はさまざまな人が楽しめるすばらしいところです。
初心者も楽しめるコースがありますし、個性あふれる
山小屋も魅力です。
足は少し良くなりましたが、やっぱり痛いですね。今回は
膝もちょっと痛いので、ちょっと楽なところを歩きながら
リハビリできたらなと思います。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。