スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

紅葉と絶景の北八ヶ岳 2日目 天狗岳~硫黄岳 H24.10.12(金)-13(土)

1日目はこちら
 
2日目  平成24年10月13日(土) 晴れ時々曇り

黒百合ヒュッテの朝、外は寒い

朝5:30に温度計を見ると
41kuroyurikion.jpg
なんと-9度。外のベンチやテーブルは氷でばりばりです。

空を見ると金星と月がきれいに光っています。
42tukitokinsei.jpg

小屋の中に入ると朝食です。
43kuroyuribreakfast.jpg 
切り干し大根とひじきは大皿からとって食べます。
玉子かけごはん最高です。おかわりしました。

荷物の準備をしていよいよ2日目の出発です。

【6:01 黒百合ヒュッテ2410mを出発】
テント泊の方とちょっと立ち話をしました。こんなに気温が下がるとは思わなかったと。
-10度でしたよと言ってました。
先月は足首が痛い中、天狗の奥庭を歩いたら予想以上に時間がかかったので、
今回は中山峠から東天狗にアタックです。

6:06 中山峠
ここから尾根歩きです。景色の良いところが多く、気持ちの良いルートです。

天狗岳が見えます
44asanotengudake.jpg
左が東天狗、右が西天狗

西の方を見ると穂高岳や槍ヶ岳など北アルプスの山々も見えます 

穂高岳
45hotaka.jpg

槍穂
46asanoyariho.jpg
朝日を浴びてきれいだ

浅間山もよくみえています
47asamayama.jpg

車山の奥に槍穂
48kurumayamatoyariho.jpg

槍ヶ岳のアップ
49asanoyari.jpg
朝日を浴びてきれいだ

金峰山はシルエット
50kinpusqansiruetto.jpg
五丈岩の大きさがわかります。

手前に天狗の奥庭と黒百合ヒュッテが見える。奥の山は蓼科山
51tengunookuniwatatesina.jpg 

御嶽は堂々としている
52asanoontake.jpg

こちらは乗鞍
53asanonorikura.jpg 
コロナ観測所のドームも見えます

【7:02 東天狗岳2640mに到着】
先月に続いて今年2回目の登頂です。360度の絶景。
54higasitengu.jpg
黒百合ヒュッテからほぼ1時間でした。気温は-5度くらい。
風が強く、寒い。シャツの上にフリースとダウンを着て写真撮影。

南八ヶ岳の山々が美しい
55higasitenguminamiyatu.jpg
左から硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳。その右下に編笠山。
一番手前に根石岳

峰の松目の奥には南アルプスの山々
56higasitenguminamialps.jpg
右から仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳

木曽駒ヶ岳、空木岳など中央アルプスの山々
57higasitenguchuoalps.jpg

赤岳と阿弥陀岳
58higasitenguakadakeamida.jpg 
阿弥陀岳はまだ登ってない。

恐竜の背中のようなギザギザは両神山
59higasitenguryokamisan.jpg

天狗の奥庭と黒百合ヒュッテを見下ろします
60tengunookuniwa.jpg
天狗の奥庭は岩がごろごろで歩きにくいので時間がかかります

左に槍ヶ岳、真ん中に常念岳、右に大天井岳
61higasitenguzyonen.jpg

【7:20 東天狗を出発】
少し高度感のある岩場を下ります。剥がれそうな岩もあるので注意です。

【7:43 白砂新道入口】
東天狗と根石岳の鞍部になります。

向かう先には根石岳
62neisidakehe.jpg 

振り返れば東天狗
63tenguwohurikaeru.jpg

7:50 根石岳に向けて出発

【8:00 根石岳山頂2603m】
根石岳から見た東天狗
64neisidakehigasitengu.jpg
根石岳を8:06に出発

【8:10 根石岳山荘】
きれいなトイレがあります。
バッジを購入しました。
8:26 出発

【8:30 箕冠山】
65mikaburiyama.jpg
ここで女性4人グループとお話。昨日はオーレン小屋泊まりで、今日は天狗岳に
登り本沢温泉に泊まるとのこと。のんびり歩けそうな予定でうらやましい。

【8:53 夏沢峠】
66natusawatouge.jpg
硫黄岳に登るか、そのまま下山するか・・・悩みましたが、
時間も早いし、せっかく来たので登ることにしました。

登る途中、穂高岳~槍ヶ岳~常念岳~大天井岳の稜線に目がいきます
67yatihozyonen.jpg 

途中からガレ場の登りになります
68ioudakehenonobori.jpg

下を見ると水色の建物がある夏沢峠が小さくなっています
69sitaninatusawa.jpg

迫力満点の爆裂火口はすぐ目の前に。
70bakuretukako1.jpg

【9:48 硫黄岳2760mの山頂に到着】
71ioudake.jpg
山頂はとても広く南八ヶ岳の山々を見ながらのんびり
したいところです。

横岳と赤岳
72yokodaketoakadake.jpg
荒々しい岩稜が登山意欲をかき立てます。

赤岳
73akadake.jpg
鞍部には天望荘が見えます。それにしても急斜面ですね。

赤岳の山頂には多くの人が見えます
74akadakesancho.jpg

こちらは阿弥陀岳の山頂
75amidasancho.jpg

南八ヶ岳の山々の奥には南アルプスの山並み
76kitayatunana.jpg 

硫黄岳山頂は広い。空も大きい。
77ioudakesancho.jpg

諏訪湖
78ioudakesuwako.jpg

美ヶ原
79ioudakeutukusigahara.jpg
王ヶ頭ホテルや電波塔が見えます

天狗岳と蓼科山
80ioudaketengudake.jpg 

入笠山
81nyugasayama.jpg
スキー場が目印になります

おにぎり、おやつを食べエネルギー注入です。

【10:18 硫黄岳を出発】

夏沢峠まで一気に下りました。

【10:49 夏沢峠】

10:54に出発

とても歩きやすい道が続きます。

本沢温泉付近は紅葉真っ盛り
82honzawaonsentemae.jpg
青空に紅葉が映えます

からまつもいい感じに黄色くなってきました
83honzwatemaekoyo2.jpg
今回一番の美しさ

【11:31 本沢温泉2150m】
84honzawaonsen.jpg
美味しい水があります。

林道を少し歩き、また登りです。
北八つらしい道となり、ちょっとした湿原をすぎ、中山峠との分岐へ

【12:36 中山峠分岐】
しらびそ小屋まであと少し

トロッコレールの道
85torokkorail.jpg 

すぐにみどり池が見えます
86midoriike.jpg

【12:41 しらびそ小屋2097m】
87sirabisokoya.jpg
煙突からけむりがもくもくでていていい感じです

中で、チーズケーキセットをいただきました。 
88cakeset.jpg
コーヒーがとてもおいしい。チーズケーキの上のジャムもおいしい。
やっぱり泊まってご自慢のトーストを食べてみたいです。

【12:59 しらびそ小屋を出発】

すぐに看板があります
89noronorokanban.jpg
のろのろ1時間半に安心します。

途中で見た恐竜
90kyoryunoki.jpg 

今度はなんとなく1時間 
91nantonaku1jikan.jpg
こういう楽しい案内は山ではけっこう見かけますが、
気持ちが和らぎますね。

歩きやすい登山道が続きます
92tozando.jpg
初心者でも安心して歩けるコースです。

【13:48 みどり池入口】
93midoriikeiriguchi.jpg
無事に着きました

【2日目のコース】
歩行距離 約11.5km
累積標高差 +735m -1560m

13日
黒百合ヒュッテ6:01-中山峠6:06-黒百合平分岐6:51-7:02東天狗7:20-
7:43白砂新道入口7:50-8:00根石岳8:06-8:10根石山荘8:26-箕冠山8:30-
夏沢峠8:53-9:48硫黄岳10:18-10:49夏沢峠10:54-11:31本沢温泉11:34-
中山峠分岐12:36-12:41しらびそ小屋12:59-13:48みどり池入口

地図
tenguioumap.jpg

断面
tenguioudanmen.jpg 


北八つ+硫黄岳、1泊で存分に楽しめます。静かな深緑と紅葉、
美しい景色、何度歩いても飽きないすばらしい魅力にあふれて
います。個性的な山小屋を目的に歩くのも良さそうです。
雪の時期にしらびそ小屋を訪れてみたいなと思います。
スポンサーサイト
Home |  Category:八ヶ岳 |  コメントアイコン Comment16  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

ブルさん、こんばんは。
二日目もとってもいいお天気で、素晴らしい眺望でしたね。
本沢温泉付近の紅葉もいいですね。
温泉には入られなかったんですか?

私も実はこのコースで計画していたんですよ。
ブルさんみたいに早く歩けないので、硫黄岳はカットかな ^^;
来年の参考にさせていただきますね。

ブルさんこんばんは~。

ホントに素晴らしい景色ですね。
こんな景色を見ながらの登山なら、疲れも吹っ飛びそうです。

雪の時期の北八ヶ岳。
ホントにいいそうですね~☆
この間、滝のツアーで一緒になったお兄さんが言ってましたよ♪

ぜひ、歩かれて…
素敵な景色。見せてくださいませ~。(笑)

ブルさん こんばんは♪
「しらびそ小屋」あこがれの小屋です。
密かに狙っているのですが、
相方さん次第なんです。
この美味しそうな写真見たら少し心動くかしら…。

大展望のいい山行でよかったよかった(^^)/

今年は八ヶ岳に行けてません。
平日休みであれば行くんですけど…。

いいお天気で、楽しまれたようですね。
二日間を通して、ずいぶん歩かれたようですし、堪能されたことでしょうね。
結構長いトレイルでしたよね。
充実していますねぇ。
天狗から夏沢峠までの間は、学生時代以来、行っていない空白区感です。
また行きたいんですけどね。なかなかそのあたりに行けません。

いつもありがとうございます。
本沢温泉の野天風呂は魅力的ですが、入りませんでした。
本沢温泉から駐車スペースまでもっと時間がかかると
思っていましたが、予想外に早く着きました。温泉入る
時間はありましたね。しらびそ小屋泊まりで温泉に入りに行くのが
良さそうです。

いつもありがとうございます。
今回は2日間とも良い景色を見ることができ
ほんとうに良かったです。
雪山入門に北八ヶ岳は良さそうです。しらびそ小屋か
黒百合ヒュッテ、赤岳鉱泉など冬でも楽しめる山小屋
がたくさんあるので行ってみたいです。

いつもありがとうございます。
しらびそ小屋、雰囲気いいですね。
泊まってトーストを食べたいです。
山小屋って感じです。
場所が登山口から近く、山頂からは遠いので
うまくコースを組むか、ここを目的にするかしないと
泊まれないですね。

いつもありがとうございます。
自分にしてはけっこう歩きました。
硫黄岳はちょっと欲張りかなとも
思いましたが、登って良かったです。
下山にもっと時間がかかるかと思いましたが
歩きやすい道で早く下れました。
北アルプスに比べるとスケールが小さいですが
静かに歩けるコースが多く、心地よいです。

ブルさん こんにちは、

ブルさんのブログを拝見していて、3年前の丁度今ごろ(10/20頃)八ヶ岳に登ったときのことを思い出しました。

コースは茅野~美濃戸口~行者小屋~文三郎尾根~赤岳~横岳~硫黄岳~オーレン小屋(泊)~東天狗~高見石~白駒池往復~渋の湯~茅野と歩いた1泊2日の山行きで、天気は最高でしたが、体調は最悪。
(高速バスで夜茅野に着き、そのまま朝まで駅で仮眠しましたが、思いのほか寒く、体の芯まで冷え切って翌日以降悪寒・発熱で行動)

もう一度体調万全のときに歩きたいコースです。

お天気に恵まれて、素晴らしいアルプス展望ですね!
次回八ヶ岳に行く機会があれば、硫黄岳に登ってみたいなと
思っているので、とても参考になりました(^-^)
小屋で食べるケーキセットいいな… (笑)

こんばんは。
体調が悪いと辛いですよね。私は飲み会の次の日に
登って倍疲れたので、睡眠時間は大切だなと思います。
歩いたコース、なかなか良いコースですね。私も来年は
もう一度赤岳から横岳を歩きたいと思っています。

いつもありがとうございます。
アルプスの山々がたくさん見えるのが八ヶ岳の魅力でも
ありますよね。
しらびそ小屋も黒百合ヒュッテもおいしそうなものが
ありました。最近の山小屋はスイーツも充実してますね。
山小屋めぐりも楽しみです。

ブルさん、こんにちは。
ちょっとごぶさたしてました。

北八ヶ岳に行かれたのですね!
黒百合ヒュッテ、しらびそ小屋、高見石小屋、あこがれです~
初めての山小屋泊は、北八ヶ岳に・・と企ててます!

ブルさんのようにたくさんは歩けないので
のんびりゆっくり歩けるコースがいいなあと思ってます。
寒いのは苦手だから、来年かな・・

こんばんは。
北八つの山小屋はどこも良さそうです。
地図を眺めながらどんなルートを歩くか
考え、山小屋をどこにするか決めていくのが
楽しいですね。
個性的で心地よい山小屋が多いので、
この山小屋と決めてルートを考えるのもいい
ですね。
もう雪が降るので、来年ですね。

2日目もいい条件だったようですね。
森と、池と、尾根といいとこ全部取りじゃないですか。
これだけ歩いていれば、次は残雪期にでも!

しかしマイナス9℃とは随分冷え込んだもんです。
紅葉とは言いながら、冬に片足突っ込み始めました。

こんばんは。
ほんとうにいいとこ取りでしたね。
平日も絡めるとやっぱりいいです。
しらびそ小屋までなら積雪期や残雪期でも
行けるかなと思いました。マイナス15度の
世界ですが、行ってみたいですね。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。