スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

奥秩父の盟主 金峰山 H25.7.7(日)

今回は山仲間の先輩方と金峰山に行って来ました。
過去2回の金峰山登山は単独で歩きましたが、好天に恵まれ、
山を好きになれる山との印象があります。
今回の山行は、梅雨明け後で気温が高くなる予想でしたので、
標高が高く、わりと楽に歩け、大展望というのを条件に山を
絞り、黒斑山と最後まで迷いましたが、金峰山になりました。

平成25年7月7日(日) 晴れ時々曇り

【3:30 市川を出発】

梅雨明け直後の1週間は天候が安定するとの話ですが、
笹子トンネルを抜けると雨・・・予想をしていなかったので
ちょっとがっかり。雨だったら温泉にほうとうしかないかな
などと考えましたが、川上牧丘林道に入り、標高があがって
くると青空が見え始めました。

【5:55 大弛峠に到着】

区切られた駐車スペースは満車。
過去2回駐めた川上村側のダート道の路肩に駐車しました。

【6:10 大弛峠(2360m)を出発】
01kinpu3oodarumitoge.jpg
金峰山まで3.6km。

登り始めが意外ときつい。

しばらく歩くと、立ち枯れた木の間から青空が見えました。
02kinpu3sora.jpg 
夏の空だ!

せっかく登ったのにちょっと下ると・・・

【6:43 朝日峠(2430m)】
03kinpusaasahitoge.jpg 

ここからゆるゆると登ります。

木の間から富士山が見えました。
04kinpu3fuji1.jpg 
今日の富士山。山頂付近は雲に覆われています。

空が近くなると露岩の見晴らしがよいところにでます。
ここでしばし休憩。
緑の向こうに富士山
05kinpu3fuji2.jpg 
残念ながら南アルプスは雲の中でした。

風が冷たい。

雲海に浮かぶ毛無山
06kinpu3kenasi.jpg 

10分くらい休憩して朝日岳へ

【7:32 朝日岳(2581m)】
ここまで来て金峰山が姿を現します。
07asahidake3kinpusan.jpg
五丈岩がシンボルです。左のピークは鉄山。

八ヶ岳もきれいに見えるところですが、残念ながら雲の中でした。

ここから一気に100mくらい下ります。毎度の事ながら帰りには
登り返します。

鞍部付近にはバイケイソウがたくさん。
08kinpu3baikeiso.jpg 

金峰山が近くなってきました。
09kinpu3kinpu2.jpg 

鉄山を巻き、木が低くなってくるとすぐに森林限界。

【8:25 賽の河原】
10kinpu3sainokawara.jpg 
森林限界を越えたので、周りが開け、気持ち良いです。
アルペン的な雰囲気満点。

瑞牆山が下に見えます
11kinpu3mizugaki1.jpg 
ここから見る瑞牆山はヨーロッパのお城をイメージさせますね。

稜線を歩きを楽しみ、大きな岩がごろごろするところを行くと山頂です。

【8:47 金峰山(2599m)】
12kinpu3sancho.jpg 
あと1mで2600mなのにね・・・

岩の間にひっそり三角点
13kinpu3sankakuten.jpg 

目の前には大きな五丈岩
14kinpu3gozyoisi.jpg 
登ろうと試みる人多数。でも、なかなか上まで行ける人はいませんでした。
早いけどここでご飯タイム。

足下には可憐なイワカガミがたくさん咲いていました。
15kinpu3iwakagami.jpg 

【9:51 金峰山を出発】

来た道をひたすら戻ります。
朝日岳の登り返しはきつかったですが、とても楽しく歩けました。

【12:13 大弛峠】

下山後は温泉へ。
小楢山の帰りに寄った鼓川温泉へ。
気持ちの良いお風呂で汗を流し、中央道の渋滞にはまり、
6時前には市川へ。
車をおいて反省会。

楽しい1日・・・・となるはずでしたが・・・

自宅の駐車場で滑って転び、スマホが機械式駐車場の地下へ。
雨上がりで水につかっています。
30分後に救出。防水なので、なんとかスマホは無事でした。
2階から落としたくらいの衝撃だったと思いますが、よくぞご無事で。

ほっとして飲み会へ。

帰って写真を整理しようと、鞄からカメラを取り出すと・・・
レンズの根元から折れていました・・・・(泣
山を一緒に旅したカメラが壊れてしましました。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:奥秩父 |  コメントアイコン Comment18  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

それは、それは、最後に災難でしたね。

惜しいですね。
今度は、ぜひ富士見平小屋へおいでください。

こんばんは。
お天気はよさそうですが、雲が多かったのでしょうか。2枚目の写真、こんな感じがとても好きです、良いですねぇ~。
足の方はもう大丈夫でしょうか。アップダウンは疲れるのではないでしょうか。気を付けられてくださいね。

こんにちは!
6時前から満車状態ですか。
さすが人気の山ですね。

お天気もまずまずで、写真は雲の変化があって見ている方としては面白いです。
スマホは無事、カメラはびっくり!ブルさんは大丈夫だったのですか?

私も今回、武尊山に登って来て尻もちこそ、つかなかったのですがザックが汚れたので荷物を全部出して風呂桶に水を張って洗剤を入れて漬け置き。

夫が写真を読み込むからカメラは?
え?
なんと写真は無事でしたかカメラは水浸しでしかも洗剤入りですから。
今回はコンパクトデジカメ(一眼だったらさすがにこんな事はないか。)で長年使ったのでま、あきらめました。(笑)

ほんとにまいりました。
カメラを見たときは愕然としました。
次こそは富士見平から登りたいです。

こんばんは。
雲が多めでしたが、涼しくて良い感じでした。
膝は相変わらずで少し痛むこともありますが
ゆっくり歩けば楽しめるので大丈夫です。
ありがとうございます。

こんばんは。
大弛峠は駐車スペースに駐めるのは難しそうです。
同じ日に夜中1時で駐めるところがなかったとかかれて
いたので。人気の山です。すれ違う人の多いこと。
それでも魅力のある山なんですね。
カメラには驚きました。鞄からだしたらあるはずの
レンズがついてなかったので・・・
新しいカメラを購入しないと山で写真が撮れません・・・

ブルさん こんにちは
脚はまずまずのようですね。よかったです。
だんだんとよくなるといいですね。
私も大弛の駐車場の件、びっくりしました。
お手軽にアルペン気分のお山なので、人気なのですね。
大展望とはいかなくても、高山の景色はやはり違います。
雲海に浮かぶ富士山もいいですね。
レンズもスマホも、ブルさんの身代わりになってくれたのでしょう。
ボーナスで新調かな (^^)

ブルさん こんばんは~。
富士山を眺める山歩きは、やっぱりブルさんおすすめコースです
瑞牆山 ホントにノイシュバン シュタイン城を思いだしました。

カメラは残念でしたが、怪我がなくて、ホントに何よりでした。
夏山シーズンを棒に振らずにすんだ…と思って、おニューのカメラで
またきれいな富士山を見せてください~。

 「標高が高く、わりと楽に歩け、大展望・・・」という条件、
確かに大弛峠からのルートはそうですね。
でも馬力のあるブルさんらしくないですね。
次回は是非 devilmanさんがおっしゃろように富士見小屋から
千代の吹き上げを経て・・・という道を楽しんでください。
 VOXYの後部フラットシートでは 巨漢のブルさんには
車中泊は無理ですか?
楽しいブルさんの山歩き、もっと南へ!もっと北へ!

こんばんは。
大弛峠はいつも休日は混雑ですね。
賽の河原から山頂までは高山の
雰囲気満点で気持ち良いです。
瑞牆山を下に見るのも気持ち良いです。
カメラはどうしましょう・・・・買いたいけど・・・

こんばんは。
富士山も南アルプスもきれいな
山だけに雲はちょっと残念でした。
でも、久しぶりの高山の雰囲気は
よかったです。
けがは擦り傷程度でしたが・・・
カメラは直らないので・・・
がっかりです。

こんばんは。
今回は一緒に登る方の要望がこのような
条件でしたので金峰山にしました。
70歳を越える大先輩も一緒でした。
今年の夏は北アルプスにも行きたいなと
思っています。

金峰山、行ってきたんですね。
こちらは金峰山にするか瑞牆山にするか最後まで迷って、結局、瑞牆山に行ってきました。

次は是非、金峰山に行こうと考えています。
でも五丈岩は僕もムリかなぁ

お久しぶりです。
瑞牆山もいいですね。好きな山の一つです。
五丈岩にチャレンジしている人が多数いましたが
上まで行ける人はいませんでした。
ボルダリングやってる人なら楽勝だと思いますが。

遥か昔、雲取から金峰縦走、大弛の小屋に泊まったことがあります。当時も林道が通っていたような。
五丈岩の大きさに驚いた記憶があります。

カメラ痛かったですね。
うちも皇海山の雨で電源が入らず。。。
最近、防水タイプを導入したところです。

こんばんは。
五丈岩、圧倒されますよね。

カメラ、痛かったですが、買い換えろとの
事だったと思い、購入してしまいました。
撮影がうまくできるか不安です。

まさに西欧の古城だー!
水曜どうでしょうのヨーロッパリベンジを思い出した。
いつか登ってみたい!

かっこいいですよね。
次は上から眺めちゃってください。
焼岳もおすすめですよ。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。