憧れの槍を目指して3 H25.8.20

パート2はこちら

昨夜は20時前に就寝、暑くもなく寒くもなく快適に眠っていました。
しかし、夜中、激しく屋根を叩く音で目が覚めました。
うわ、雨だ・・・・
ちょっとがっかりして朝まで就寝。

【3:45 起床】
外から雨の音は聞こえません。真っ暗でよくわからないし。

まずは1階に下りて、、水筒にお湯をいただく。無料です。
双六小屋は水が豊富です。トイレもきれい。洋式で助かます。

【4:30 朝食】
64sugorokuchosyoku.jpg 
おいしくいただきました。もちろんご飯はおかわりしました。

足の付け根の痛みもなく、体調もばっちり。7時間はぐっすり寝たので。

外はどうかな・・・

65sugorokukoyaasa.jpg 
見事な乳白色の世界。真っ白。風が強い。雨は降ってませんが、いつ降っても
おかしくありません。山小屋の人の話では今日も明日も雨。間違いないと・・・
しかも西鎌尾根は強風だそうです。

でも一応準備をしてよく考えます・・・・

昨日一緒になった新潟の男性75歳の方と話をしていました。
すると学生のパーティーが樅沢岳から下りてきて、「西鎌に向かったが
強風と雨でだめだったので戻ってきた。これじゃ死にに行くようなもの
なので撤退です。」と。やっぱり・・・

西鎌尾根はエスケープルートがありません。休めるところも限られていて
千丈沢乗越までは登らなければ飛騨沢に下ることもできません。
霧で前もよく見えない。とうことで今回は断念することにしました。
で、このまま下るのはもったいないとも思いましたが、真っ白・強風で
双六岳か樅沢岳に登ってもしょうがないので、75歳の男性と一緒に
下山することにしました。

【5:50 双六小屋を出発】
今日は快調です。西鎌尾根に行くことができなくて残念。
乳白色の中、ひたすら歩きます。

でも、濡れた花もまたきれいで、来てよかったなと思います。
雨に濡れたチングルマの花穂
66chingurumawata.jpg 

【7:02 弓折乗越】
奥には槍穂が見えるはず・・・
67yumiorinokkosi.jpg 

昨日はこうだったのに・・・
35kitakamaone.jpg 

せっかくだから1つくらいピークを踏もうと弓折岳に向かいました。
弓折乗越から10分くらいです。
弓折岳方面に向かう人はほとんどいないので、静かでいいです。
行ってみてびっくり。お花がいっぱい。

【7:20 弓折岳 2588m】
やっと山頂を踏みました。景色は乳白色。
68yumioridake.jpg 
ここが山頂なのかないう感じの地味なピーク

でもお花はいっぱい。

チングルマ 雨に濡れてかわいい
69chingurumawata2.jpg 

ハクサンイチゲ
70hakusanichige2.jpg 

ウサギギク
71usagigiku.jpg 

弓折岳、静かではなもいっぱい、なかなかです。

弓折乗越に戻り、鏡平に向けて下ります。

【7:37 弓折乗越を出発】
昨日苦しかったところですが、どんどん下ります。

【8:20 鏡平】
72kagamidairasanso.jpg 
20分休憩して、腹ごしらえ。

鏡池の景色も今日はこんな。1日でこうも違うとは・・・
73kagamiike2.jpg 

シモツケソウ
74simotukeso.jpg 

【9:27 シシウドヶ原】
左俣谷を見下ろします。
75sisiudogahara.jpg 
橋が小池新道の終点。まだまだあります・・・

【10:43 秩父沢】
77chichibusawa2.jpg 
天然クーラー。生き返ります。涼しいより寒い。

小池新道入口までが長い・・・

途中でクワガタ発見
78kuwagatamesu.jpg 
岩の上に引きずり出しちゃってごめんなさい。ちゃんと木に戻してあげましたよ。

橋まであとちょっと・・・
79koikesindoatotyotto.jpg


【12:17 小池新道入口】
一緒に下った75歳の男性、がんばりました。すごい脚力です。
ここからはなが~い林道歩き

途中は立派なブナの森
80rindobuna.jpg

【12:47 わさび平小屋】
お腹が空いたのでお昼ご飯です。

カレーライスとラムネ
81wasabidairakare.jpg 
外で食べるカレーってほんとうにおいしい。

13:15出発

林道をとぼとぼ歩く。途中で雨に降られながらもとぼとぼ歩きました。

【15:05 新穂高温泉】

【15:15 新穂高温泉登山者用無料駐車場】
無事に到着しました。

温泉は駐車場の向かいにある深山荘
82miyamaso.jpg 
河原の露天風呂は開放的で気持ち良いです。

ここで新潟の男性とお別れして帰路につきました。
天候に恵まれず涙の下山となりましたが、いい思い出です。

帰りに甲斐駒ヶ岳や北岳が見え、南アならピーク踏めたかなと
思いましたが、山は逃げないのでまた計画します。

槍ヶ岳、来年こそ行くぞ~

【今回のコース】
1日目 歩行距離約14km
     累積標高差 +1680m -180m
2日目 歩行距離 約14km
     累積標高差 +210m -1710m

私の技量では、雨の西鎌尾根は無理でした。予備日を設ければ
いいのですが、日程的にも金銭的にも苦しいところです。
天気の良い日に槍沢か飛騨沢から登る経験をしてから西鎌の
方が安心かなとも思います。西鎌は逃げ道がありませんので。
いい経験になりましたし、裏銀座を歩いてみたいと強く思いました。
鷲羽岳、水晶岳、野口五郎岳・・・どれも素敵そうです。
山への想いが強くなる山行でした。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:北アルプス |  コメントアイコン Comment23  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

お疲れさまでした~ 
双六まで本当に遠いですよね ^^;
けれど、あんなに素晴らしい景色の中
歩ける登山道って、なかなか無いので、
リベンジしたくなる気持ち分かります。

私達も槍は、悪天候で翌日撤退しているので、
お預けになってます。
西鎌尾根歩いてみたいですよね~(*^-^*)

こんにちは♪

1日目はあんなにいいお天気だったのに、2日目残念でしたね・・・。
ってブルさん雨男ですかー?(笑)
槍ヶ岳、みなさん憧れの山ですね♪
簡単に登れないからなおさらなのかな?
1日目の写真は本当に素敵です。

それにしても2日間で歩いた距離すごいですねー。
体力あって羨ましいです。
75歳の方はもっとすごいですね!

ブルさん、リンク組んでも宜しいですか?

ブルさん こんにちはv-290
今回は山行の予定変更残念でしたね。
それでも雄大で素敵な景色を見せて頂きましたv-353
いつか私も!!と思いますが、常日頃も計画性のない私なのでなかなか実現までは行きません(泣)
まずは積立ですなー(笑)
雨に濡れたチングルマ、とても綺麗です!
山でカレーv-374も美味しそ~~
食べたくなってきたぁ~v-396

ブルッちさん御無沙汰しております
習志野のなおたんです

コメントはあまりしませんが、こちらのblogは必ずチェックしてます♪今は育児中で登山はお休みしてるので、このblogを読んで登ったつもりにひたっています笑!!

最後の『山への思いが強くなる山行でした』ってとても共感できます!!
一層執着感がわくと言うか、そこが登山の醍醐味でもあると思うんです!!

以前お話ししたか忘れましたが私はこの槍までのルート二回経験しましたが、槍までの西鎌サイコーです
是非リベンジしてください♪

疲れました。双六までほんとうに遠かったです。
足の痛さに加え、シャリバテ気味。足が重くて
まいりました。
鏡平からはとくに気持ちいいですよね。
景色もお花も最高でした。

豪快な槍への道を見てしまったので、ちょっと
びびりながらもリベンジしようと思いました。
西鎌尾根歩きたいですね。

こんにちは。
1日で大違いでした。天気予報見てちょっと
危ないと思っていましたがここまでとは・・・
でもこれまでは雨で登れないというのはなかった
んですよね。今回は日程ありきだったので仕方ない
ですね。他に強力な雨男か雨女がいたにちがい
ありません。
75歳の方はすごかったです。私もそうでありたいです。
リンク大歓迎です。こちらもリンクしますね。
よろしくお願いします。

こんにちは。
今回も残念でした。雨飾山と槍ヶ岳と今年の夏は
2つとも逃してしまいました。いつかまたリベンジです。
九州にもたくさんいい山がありますが、やっぱり
アルプスとかも歩いてみたいですよね。
その点、千葉はどこも近くないけどそんなに遠くも
ないのがよいでしょうかね。
チングルマ、かわいかったですよ。悪天候でも花は楽しめました。
カレーは家で食べたら何って思うかもしれませんが、
山では特別に美味しいですね。実はそうめんもあって
そうめんにも心が動きました。
積み立てがんばってください♪

こんにちは。
いつもチェックしてくださっているんですね。
ありがとうございます。
2回も西鎌歩いてるんですね。最高に決まって
ますよね。私もこの目で見ちゃいましたから。
ぜったいリベンジしますよ。やせて。
西鎌のこととか今度教えて下さい。

ブルさん お疲れさまでした。
槍様。「そう簡単には頂上を踏ませないよ」
っておっしゃってるんでしょうかねぇ。
私はとりあえず燕岳辺りから槍ヶ岳を眺めたいです。
って、合戦尾根を登れる気がしないんですけどねー(汗)
登山の楽しみって登頂だけじゃないっていう
素敵な景色を見せていただきました♪

簡単には踏ませてもらえませんね・・・
花も景色も楽しめましたが、やっぱり
ピークを踏みたいですね。
燕岳、ぜひ。合戦尾根は急なところも
多いですが適度にベンチがあって登り
やすいです。スイカもおいしいですし。

ブルさん こんばんは。
初日のあの眺め、お花畑、とっても素晴らしくてうっとりと拝見していました。
我が家も今年 鏡ヶ池からどこかへ展開しようというプランもあったのです。
西釜尾根はどんなだったかしらと来てみたら
あらあら、打って変わって悪天候だったんですね。
う~ん!! うまくいかないものですね。
でも、次はきっと・・・ (^^)
裏銀座の山々、魅力的ですよね。
私も全く登っていないのですが、そろそろ行きたいです。

こんばんは。
雨が降ってしまいましたですか。残念でしたね。また来年来られてくださいね。お花が綺麗ですね。それにお天気のいいのも良いですが、こうした写真も素敵ですね。お疲れ様でした。

鏡ヶ池ってどこでしょうね
西釜尾根?
あわてんぼうが露見してしまいました。
あ~ ハズカシ (^^;)

おはようございます。
天候はどうしようもありませんね。
またチャレンジします。
雨に濡れた花もきれいでした。

おはようございます。
裏銀座の山々、気になりますね~。
目の前の鷲羽岳はほれぼれするかっこよさ
でした。いつか行きたいです。
天気、雨はひどくなかったのですが、眺望も
期待できないし万が一を考えて撤退しました。
でも、花も景色も満足な2日間でした。

こんにちは!
一気に読ませていただきました
1日目の素晴らしい景色
写真もすごーく綺麗でまたまた行きたくなりました~
一眼ですか?
ワタシは次はおでんを食べようと決めました!
天気は残念でしたね
ワタシも3年前悪天候で双六で撤退しているので
きっとかなりの強風だったのでは。。。と思います
次こそは!リベンジの楽しみがありますね!
西鎌尾根ワタシも歩いてみたいです!

こむさんのレポを読んで、登るなら
双六経由でと思って計画しましたよ。
足痛とバテで10時間もかかったのには
まいりました。振り返ればやつがいて
がんばれましたよ(笑
西鎌尾根はとても楽しそうですよ。
天候の安定しているときに再チャレンジ
したいです。
写真はデジイチです。前のカメラを駐車場で
転んだときに壊してしまい思い切って買って
しまいました。PENTAX K-30です。

お久しぶりです。
ついに槍を目差したのに残念ですね。
でも無理して登らないで撤退するのも大切だと思います。
山は逃げないので今回は下見だと思いましょう。

双六小屋に泊まるのもよさそうですね。
テントだと中まで入れなかったので気になっていました。
ここ生ビールがあるのもうれしかったけど、牛乳パックまで売っていたのは涙ものでした(^^)

鷲羽岳などから槍を見ても感動したので、私も双六から西鎌尾根で槍を登ってみたいと感じましたよ。
表でも裏でもどこからでも槍を見ると、疲れていても元気になりますしね。
次回こそ槍の山頂に登ってください♪

こんにちは。
そうですね。下見だと思いましょう。双六までの感じも
わかりましたし、今度こそ西鎌尾根にチャレンジ
したいです。
双六小屋の中もとてもきれいで、とくにトイレには
驚きました。また泊まりたいです。おでんも
美味しかったですし。

そうだったんですか。
う~ん残念。
初日の天候からすればあまりの変わりよう。
でも、晴れてるときの方がいいですもんね。
さあ、来年!9月もいいかもです。

残念でしたね。
でも、山にはこういう状況もありうるもの。諦めが肝心です。
逆にラッキーなこともありますから。
山は逃げませんので、また挑戦してくださいね。
読んでいたら、僕も西鎌から槍、また行きたくなりました。

期待を持たせてしまいすみません。
悪天候で西鎌尾根を歩く自信が
ありませんでした。
9月の連休は人が多すぎるので
また来年チャレンジできたらと
思います。

西鎌尾根は歩いてみたいと思わせる
豪快な尾根ですね。再チャレンジしたいです。
でも双六小屋に行ってみて、裏銀座の山々が
かなり気になります。来年は鷲羽、水晶あたり
もいいなと・・・

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: