太平アルプス縦走 階段がいっぱい H26.3.16(土)

土日、天気は良いようだが、息子が車を使いたいというので
車がない。
さて・・・電車で行くか、家で過ごすか・・・

駅から歩けそうなところで普段は歩く予定にしていないところ・・・

で、思いついたのが晃石山、太平山。
調べて見ると太平山にはたくさん茶店があり、玉子焼きに焼き鳥、
お団子が三大名物とのこと。山歩きのしめにビール飲みながら
三大名物。これで気持ちは固まりました。
栃木はちょっと遠いけど行ってみることにしました。

平成26年3月16日(土) 晴れ(気温高い)

市川大野駅5:26に乗り、南越谷で乗り換え。
さらに南栗橋で日光線各駅停車に乗り換え。
栃木駅で両毛線に乗り換え、岩舟駅へ。

7:19に岩舟駅に着きました。
下りたのは私1人でした。
久しぶりに電車のボタンを押してドアを開けましたが緊張しました。

【7:23 岩舟駅を出発】01iwafuneeki.jpg 

まずは岩舟山高勝寺を目指します。

3,4分で岩舟山の入口。

【7:27 岩舟山入口】
奥には階段が見えます。
02iwafuneiriguchi.jpg 

階段の手前で靴紐をしっかり結びます。
03iwafunekaidan.jpg 
奥の方にも階段が見えると思いますが、上まで約600段。

最初はたいしたことないかと思っていましたが、最後はヒーヒー言い、
死にそうになりながら登っていました。

今日一番きつかったところです。

上に着くと岩舟の町並みが一望です。
真ん中の山は富士山だそうです。
04iwafunefuji.jpg 
ちっちゃい富士山です。
一気に吹き出た汗をぬぐい、高勝寺の本堂へ向かいます。

【7:39 岩舟山高勝寺】
左手に三重塔
05iwafunesanzyunoto.jpg 

さらに進むと山門
06kosyojisanmon.jpg 

本堂
07kosyojihondo.jpg 
安全祈願をして出発です。

【7:53 高勝寺を出発】
少し行くと大きな岩
08kosyojiuraiwa.jpg 
登れるのかなと見てみると上の方に白いガードレールのようなものが見えます。
登れるんでしょうね。

逆さ岩舟山
09sakasaiwafuneyama.jpg 
まさに大きな岩の船という感じです。

【8:11 鷲神社】
10wasijinzya.jpg 

この先でようやく登山道に入ります。

気持ちの良い明るい雑木林の道
11umairazutozando1.jpg 
冬は葉を落とした木々の中を歩くのが好きです。

ただ、関東ふれあいの道、よく整備されていて、階段が多い。
12umairazutozando2.jpg 
岩舟山の階段で完全にやられましたので、階段がきつい。

【9:03 馬不入山 345m】
「うまいらずさん」と読むんだそうです。
13umairazusansancho.jpg 
ここのところそんなに水分を必要としていなかったのですが、今日は喉が渇きます。

バームクーヘンとおにぎりでエネルギー注入です。

お隣には三毳山
14umairazumikamo.jpg 

これから向かう晃石山方面
15umairazuteruisi.jpg

【9:14 馬不入山を出発】
尾根道をアップダウンしながら進みます。

冬枯れの雑木林。空は青いが遠くは霞んでいます。
16teruisizokibayasi.jpg 

【9:40 桜峠】
北西方面が開けている
17sakuratoge.jpg 

桜峠は大きな桜の木があり、咲いたらきれいだと思います。

東屋もあります。
18sakuratougeazumaya.jpg 

峠を過ぎると長い階段
19sakuratougekarakaidan.jpg 
階段はうんざりです・・・

小さなアップダウンを繰り返して進みます

【10:15 晃石神社】
20teruisijinzya.jpg 
ここでも安全祈願をしました。

【10:20 晃石山 419m】
21teruisisantochigihyaku.jpg 
本日の最高到達点、419m。

北の方には薄く日光の山々が見えました。
22teruisinikko.jpg 

日光男体山 右の肩には太郎山。
23teruisinantai.jpg 

大真名子から女峰山
24teruisinyoho.jpg 

日光白根山
25teruisisirane.jpg 
山名入り
25teruisisirane sanmei 

晃石山は一等三角点
26teruisisankakuten.jpg 
久しぶりの一等三角点ゲットです。

三毳山
27teruisimikamo.jpg 

【10:32 晃石山を出発】

【11:12 太平山】
山頂には富士浅間神社
28ohirafujisengen.jpg 
この裏手に山頂があります。

太平山341m
29ohirayama.jpg 
急な坂を下りていくと神社

【11:25 太平山神社】
30ohirasanjinjya.jpg 
人が多く、賑やかな神社です。

いよいよメインの茶店です。

入ったのは「あづま家」です。

【11:48 あづま家】
石ちゃんが着たことのある店でした。

まずはビール。
 31azumayabeer.jpg
しみわたります。

玉子焼き
32azumayatamagoyaki.jpg 
大きい。おいしい。

焼き鳥
33azumayayakitori.jpg 
1本あたり160円はちょっと高いが観光地だからね。味はおいしい。

最後におそば。
34azumayasoba.jpg 

満足じゃ。

【12:15 店を出る】

あじさい坂を下ってバス停へ
35ajisaizaka.jpg 

バスの時間は調べてありましたが、50分も待つようだ。

栃木駅まで3.6km・・・歩くことにしました。

【13:19 幸来橋】
栃木市は蔵の街で売っているみたいです。
36koraibasi.jpg 

川には船。かもがえさをもらえるので船についていきま。
37tichifune.jpg 

鯉がたくさんいる
38tochigikoi.jpg 


【13:32 栃木駅】
39tochigieki.jpg 
疲れましたが、けっこう楽しめました。

電車はビールが飲めるのがいい。1人だったら交通費が安くすむところも多い。
ちょっと面倒だけど。

三大名物のもう一つはお土産にしました
40azumayadango.jpg 
このお団子。とってもおいしい。
また食べに行こう。


【今日のコース】
歩行距離 約14km
累積標高差 約700m

低山だけど意外とアップダウンがあって歩き甲斐がありました。
暑かったし。

今回の山の記録はこちら

スポンサーサイト
Home |  Category:栃木県の山 |  コメントアイコン Comment20  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

こんばんは。
昨日は電車で行ってこられましたですか。何時も車使われているとちょっと不便でしょうね。階段が凄いですね。神社の階段もですが、山道での階段も歩くのにはいい時もありますが、結構足に来てしまいますよね。
お天気良くて良かったですね。でも、遠くは霞んでしまっていますね。どれくらい遠いところを撮られているのでしょうか。

電車だと同じ所に戻らなくていいので行動半径が広がっていいですね。
佐野藤岡ICの近くの三毳山周辺って、結構、山が連なっていてあの辺ですね。
ビールに玉子焼きもいいですね。

ブルさん こんばんは~♪
もぉ、両毛線、岩舟駅って言ったら、佐野のお隣じゃないですかぁ!
で、ようこそ~☆
陸の松島の景色が望めるって言う太平山。
桜が咲けば花見に行くし、アジサイが咲けばアジサイ坂を登るけど
そう言えばじっくり歩いたのは、、小学校の宿泊学習の時だけかも。(汗)
そろそろ焼き鳥とお団子目指して歩かなきゃね。
岩舟山の大きな岩は、震災の時に山が割れたところです。
佐野から見るとこんな。
http://blog-imgs-44.fc2.com/n/o/n/nonbirinosonoso/201209021526384f0.jpg
岩舟駅がこんなにきれいになっていてびっくり。(笑)
岩舟山から太平山まで稜線つたって歩いて行けちゃうなんて、もっとびっくり。(笑)
地元人なんて、こんなもんです。(^O^;

太平山縦走お疲れ様でした。

僕の家から一番近い山なので、しょっちゅう行っています。
いつもは車で行きますから、あじさい坂下駐車場から馬不入までのピストンです。

縦走&鳥づくし&団子&巴波川界隈は栃木市のゴールデンコースですよ。






ブルさん こんばんは
暖かくなって、低山を歩くのもいっそう楽しくなりましたね。
階段をあがったところから見える富士山、可愛らしいですね。
こんな眺めも好きです。
神社がいくつもあって、面白そうなコースですし
岩船山も、あの尖った大岩も見てみたいです。

電車はちょっと面倒ですが、のんびりゆられて
行くのもいいなと思い始めています。駅から
直接歩けるコースは電車でもいいですね。
階段は足にきますね。この日は最初の600段で
つるかなと思いました。
日光方面の写真はそんなに距離はないと思いますが
春ですね。すっかりぼやけていました。

このあたりは登ろうかなとあまり思っていなかった
ところですが、なかなかいいですね。三毳山も
ちょっとお散歩には良さそうです。
今回はなんといってもビールに玉子焼きに焼き鳥。
最高でした。

佐野は岩舟のお隣だったんですね。近いとは
思っていましたが。
山が割れてしまったなんて驚きです。てっきり
岩峰だと思っていました。
岩舟から太平山まではトレーニングに良いです。
重い荷物を背負って歩けばそれなりの成果が
あがりますね。最後にビールも飲めるし。
また行きたいと思います。
茶店では陸の松島を眺めながら飲み食いが
できますよ。もう少し暖かくなったらいいですね。

この山の近くなんですね。
こういう山が近くにあるのはうらやましいです。
トレーニングにちょうどよい感じですよね。
あじさい坂から馬不入往復は大変そうです。
階段がいっぱいあるし。
まさに栃木ゴールデンコースでしたww

小さい富士山には癒されました。
もう少しすると新緑で低山は暑くなって
しまうので明るい今のうちが私にはちょうど
いい感じです。
今回のコースはほんとうに歴史を感じる
コースでした。太平山神社は日本中の
神社を集めたような神社でおもしろかった
です。

大平山を最後にとは、さすがのコースプラン。
3点セットにビール付き、フィナーレを自分のご褒美にと。
アジサイ坂~大平山しか行ってないですが、栃木駅Pで栃木-岩舟をJR利用、縦走もできますね。

ブルさん こんばんは^^
駅から登山口まで歩いて行けるっていいですね~♪
公共交通機関を使っての山歩きは乗り換えや時間などの大変さはあるけど、運転しなくていいってのは嬉しいですね。
山歩きのあとのv-306v-376とほろ酔いの街散策も楽しそ~~
山歩きと駅までの3.6kmの歩きで、ビールのカロリーもしっかり消費出来たのでは?v-411

せっかく電車で行くのでビールのご褒美がないと
いけませんね。
この縦走、階段が多いのですが、それなりに楽しい
コースですね。
またそのうち行くと思います。

電車での移動もそれなりに楽しいですね。
この日はわりと気温が高かったので栃木駅まで
1時間歩いてけっこう消費したと思います。
でも、また家でも飲んじゃいました・・・

こんにちは♪

電車で行けるお山っていいですね!
低山だけど、見晴いいし面白そうな所です♪
ちょっと階段はイヤですけどね~(^ ^;)
それにしてもブルさん、
ビールに玉子焼きに焼き鳥にお蕎麦・・・・
歩いた以上のカロリーでは(笑)

痛いところつかれました・・・
でも最後栃木駅まで1時間歩きましたから・・・
と言いつつ、家でさらにビールを飲んでしまったので
完全にカロリーオーバー。歩いてもまったくやせません(泣

この日私は栃木市の星野の郷でセツブンソウを撮っていました~!
東北道を宇都宮前で降りることは初めてのことでしたが、
以前より大変気になっていたエリアです。

佐野のみかも山まではまっ平らな関東平野。
それを過ぎるあたりから道路わきに魅力的な山が見え始める。
(っていうか、運転中に見るな!w)
栃木ICから午後に宇都宮まで一般道を走りましたが、
ブルさんが撮られたようなぼんやりとした男体山が巨大に浮いていて
「おぉ~!」と思いました。w
空気の澄んだ日に見える姿を想像してしまいますよね。

岩船山、大平山あたりも気になっていました。
いい所ですねーっ!
yosiさんのおっしゃるように電車利用とか、
みんなで行って車デポとか。
あとは奥日光との折り合いがつくかどうか。w

あら。お近くにいらっしゃったんですね。
男体山はほんとうにぼんやりで春だなと
思いましたよね。
太平山はビールとセットがいいですね。
玉子焼きと焼き鳥は絶対条件になりそうです。
みなさんで歩いて軽く飲むのもいいですね。

先日ブルさんに触発されて、(団子、卵焼き、焼き鳥に触発?w)、謙信平へ写真を撮りに行ってみました。
夕景を撮りに行ったのですが、早く着けば太平山神社まで上がってみようと思っていたのですけど、
渋滞で夕焼けぎりぎりでした。
なので、卵焼きもお預けとなり。。。(ToT)
まぁ、歩かずして行ったのですから当然です。w
その後佐野まで行きましたが、右手にずっと見えていたのが太平アルプスですよね。
よく歩かれましたね~!
途中下山もできそうですし、わたしもそのうち行ってみたくなりました。
卵焼きリベンジ!!w

謙信平からの陸の松島の夕景はきれいだった
ことでしょう。
できれば電車で行って玉子焼きに焼き鳥がいいですね。
栃木駅まで歩いたのでアスファルト歩きが長くなりましたが
バスを使えば、歩く距離も短くなって良いと思います。
階段は大変ですけど・・・

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: