スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

行きは良い良い、帰りは… 北八ヶ岳スノーハイク その2 H26.4.26(土)

その1はこちら…
白駒池駐車場-高見石-中山と歩いてきました。
ここまで雪は良く締まっていてさくさくと心地よい
スノーハイキングです。

【8:08 中山を通過】
地味な山頂の中山を過ぎると目の前が開け、
これから向かう「にゅう」の岩峰が見えました。
26nyu2nakayamanyu.jpg 

目の前には天狗岳と硫黄岳。硫黄岳の爆裂火口は迫力があります。
27nakayamatenguiou.jpg 

中山からにゅうへの分岐までは狭くて岩がごろごろしているところですが、
今は完全雪道。下りやすくなっています。でも雪はちょっとぐずぐず。

中山から中山峠方面に下ってくるとにゅうへの分岐がありますが、ちょっとぼけっとしていると
見逃しそうなところにあります。勢いよく下っているときには要注意。

【8:19 にゅうへの分岐】
28nyu2nyuhenobunki.jpg 
トレースはばっちりありますが、木がトレースの上を覆っているところが多く、
かき分けながら進むところもあります。袖をめくって歩いていたのでひっかき傷がけっこう
できてしまいました。
ときどき崖のすぐ脇を通って行くのでちょっとどきどき。

しばらく下って行くと、少し登りになります。
するにゅうが目の前に。
29nyu2miageru.jpg 
あとひと登り。

【8:57 にゅう 2352m】
三角点はありますが、山頂標はありません。
30nyu2nyusankakuten.jpg 
片側は断崖になっている岩峰です。

まずはラーメンタイム。
31nyu2yamara-.jpg 
今回はまるちゃん正麺・味噌にしました。

山ラー、最高!
33nyu2yamaraasaiko.jpg 
天狗岳を目の前にいただくご飯は最高にうまい。

にゅうからの景色。真ん中、左のピークは丸山。その中腹の白いところが高見石。
真ん中右は蓼科山・北横岳。右下に白駒池。
32nyu2nyukara.jpg 

にゅうの岩は天に突き出る感じだ。
34nyu2nyukara2.jpg 

迫力ある硫黄岳と天狗岳
35nyu2nyukara3.jpg 

硫黄岳
36nyu2ioudake.jpg 
爆裂火口の壁面には何度見ても圧倒される。

さっき通った高見石。高見石小屋の赤い屋根も見えます。
38nyu2takamiisi.jpg 

天に突き出る岩
39nyu2ganpo.jpg 

鳥が飛んできて木に止まった。飛んでいる鳥の羽がきれいだったので目にとまった。
カケスという鳥らしい。
40nyu2tori.jpg 
広げた羽がきれいでした。写真に撮れなかったけど。

西天狗を見ると人らしき豆粒があったのでズームしてみました。
41nyu2nisinoboruhito.jpg 
やっぱり人だ。

阿弥陀岳の頭が硫黄岳の右肩に見えている。
42nyu2okuni.jpg 

にゅうの山頂部を下から見る。
43nyu2nyuhaiwa.jpg 
山頂にいる間、だれも来ませんでした。山頂、独り占め。

【9:42 にゅうを出発】
あとはさくさく下山。1時間ちょっとで下れるはずでした・・・

ここから白駒池方面はあまり歩かれていないようで、トレースがあまりありません。
テープと薄い踏み跡を頼りに降りていきます。

ここから踏み抜き祭りが開催されました。
2歩進んでは踏み抜き、3歩進んでは踏み抜き・・・膝まで踏み抜くこともしばしば。

白駒池と稲子湯方面との分岐
44nyu2sirakomaikebunki.jpg 
雪のないときに歩いたことのあるコースですが、踏み跡がほとんどありません。
テープもありますが、次のテープがなかなかみつかりません。
地図と記憶を頼りに降りましたが、ちょっと不安になるところもありました。
結果的には迷う事なく降りることができました。

しばらく進むと白駒池から白樺尾根へと続く道と合流。
ここからははっきりとしたトレースがついていて安心。

美しい林の中を歩きますが、踏み抜きは相変わらず。
45nyu2tozando2.jpg 
1時間ちょっとで下れるはずがかなり時間がかかり疲れました。スノーシューがあれば楽だったと
思います。

【10:43 白駒湿原】
なんとか白駒湿原に着きました。ここまで1時間。かかりすぎです。
46nyu2sirakomasitugen.jpg 

さらに白駒池の湖畔にでると、これまたひどい。踏み抜きまくり。

【11:14 白駒荘】
47nyu2sirakomasou.jpg 
ここまでくれば安心。踏み抜きも心配ありません。

白駒池
48nyu2sirakomaike.jpg 
もう氷が溶けかかっているので、池の上は歩けないそうです。

あとは駐車場に戻るのみ。途中で、山ガール3人組とすれ違い、声をかけると1人端を踏んで
膝まで踏み抜いてしまいました。声かけて申し訳ないです。黒百合ヒュッテに泊まって
翌日にゅうにも行くと行っていました。踏み抜き地獄にはまっちゃったかな。

【11:32 白駒池駐車場に無事到着】
にゅうから1時間50分もかかってしまいました。いい汗かきました。

【今日のコース】
歩行距離 約8km
累積標高差 約480m

白駒池駐車場6:07-6:44高見石6:56-7:50中山展望台8:05-中山8:08-にゅう分岐8:19-
8:57にゅう9:42-白駒湿原10:43-白駒荘11:14-11:32白駒池駐車場

渋滞もなくすいすい帰宅。3時前には家に着きました。

それにしてもぐずぐずの雪。膝まで踏み抜くとけっこう疲れますね。小さめのわかんが
あると良かったな。

でも、1ヶ月ぶりの山歩き。楽しかったな。北八ヶ岳、最高だ。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:八ヶ岳 |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

ブルさん こんにちは~。
北八ヶ岳も、まだまだ雪はたっぷりですね。
この冬、一度は…と思っていたけれど、結局行けなかった
北八ヶ岳の雪の森。独特の雰囲気がとってもいいですね~。
今年の雪遊びはもうおしまいっ!って片付けをしたけど
ちょっぴり惹かれちゃってるかも。(笑)

突然の踏み抜きはホントにびっくりしますよね。
私も至仏の山頂で太腿まで踏み抜きまくりで1人苦笑い。

ブルさん、こんばんは!

山ラー最高のお写真、いいですね〜!!
バックに雪山が写っていて、すごく素敵です。

カケスという鳥、初めて知りました。シッポの色が鮮やかで、珍しい鳥ですね。

あー!やっぱり、雪山いいですね!!
北八ヶ岳に行きたくなっちゃいました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今年の北八ヶ岳の雪解けは、雨が少なくて例年より
遅いそうです。雪はあとちょっと楽しめそうですが、
ぐずぐずなので疲れそうですね。
次は残雪の燧ヶ岳に行きたいな。

山ラーのバックには天狗岳、山で食べると何でも
美味しいですね。やせません。
カケス、私も知りませんでした。飛んでいるときの
羽根がきれいで目にとまりました。鳥はぜんぜん
知らないので少しずつ勉強したいと思いますが、
なかなか写真に撮れないのが難点です。
北八ヶ岳はいつ行っても楽しめる大好きなところ
です。

すばらしいスノーハイクでしたねっ!!
場所がまったくわからないのでお写真だけ拝見していると
一泊ツアーくらいの充実ぶりに見えます!
お忙しいご様子ですが、ご自愛の上たまには息抜きしてくださ~い!!

ブルさんこんにちは♪
北八ケ岳、まだこんなに雪があるんですねー!
『にゅう』って山の名前ですか?
どなたか別の方のレポでも見た事あります。
山ラーメン越しの山頂の景色サイコーですね♪
踏み抜き祭り、大ウケ(笑)
さぞ大変だったの分かる感じします(^_^;)
踏み抜くと出る時が大変なんですよね?
お疲れ様でした(*^^*)



北八ヶ岳は蓼科周辺です。四季を通じて
楽しめる私の好きな場所の一つです。
雪山入門には最適なところですよ。
ぜひ。

「にゅう」は尾根に突き出た岩の小ピークという
感じです。三角点はありますが、山頂標はあり
ません。でも、ちゃんと案内はありますし、山バッジも
売ってますよ。割と楽に登れて360度の景色が
楽しめます。奥蓼科ですので名古屋方面からも
たくさん来ているので夏にでもどうぞ。いろいろな
山があるので飽きないです。

ブルさん こんばんは!
この時期にまだ雪踏みが楽しめるなんてすごいっ! 日本は広いな~
九州とはまったく違う景色ですね。
マルちゃん正麺、大好き! 私はしょうゆ派かなv-218

6月中旬くらいまで山を選べば
雪を踏むことができますね。北アルプスなら
もっと遅くでも雪が残っていますよね。
踏み抜きが多くて想像以上に疲れましたけど・・・。
山で食べるラーメンってなんであんなに
おいしいんでしょう。不思議です。

遅れたコメで失礼します。
まだまだ雪がありますね。
岩ゴロ地帯、雪で覆われ歩きやすいはずですが踏み抜き多数のようで。暖かくなり始めてるんですね。

北八ッ、いいところですよね。

北八つ、大好きなところです。
もう少し寒い時期の方がアイゼンが
効いて、展望も良くいいんでしょうね。
でもアプローチが4駆じゃないと不安
なので行けてません。
踏み抜きには疲れましたが、楽しい
ですね。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。