スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

真夏? 平標山~仙ノ倉山 その2 H26.6.2(月)

その1はこちら

へろへろになりながらもなんとか仙ノ倉山に到着しました。

【10:42 仙ノ倉山 2026m】
32sennokuraoze.jpg  

二等三角点
31senokurasankakuten.jpg

まずはお昼。暑くてあんまり食欲がないですが、今回は冷たいおそばにしました。
凍らせたペットボトルで冷やしながら登って来たので、おそばもおつゆも冷たい。
最高です。あとゼリーを食べました。おにぎりはちょっと食べられませんでした。

お腹が満たされたところで展望を楽しみます。

ここまで来ると谷川岳方面への谷川連峰の尾根がよく見えます。
歩くにはちょっときつそうです。
30sennokuratanigawarenpo.jpg 

平標山の山頂をアップで。
33sennokuratairapyoup.jpg 
奥に薄く見えるのは朝日岳。

武尊山と日光の山々
34sennokurahotakanikko.jpg 

山名入り
34sennokurahotakanikko-sanmei.jpg 

皇海山(左の尖ったピーク)から袈裟丸山方面
35sennokurasukaikesamaru.jpg 

燧ヶ岳。いつ見ても男前。
36sennokurahiuchi.jpg 

武尊山(手前)と日光白根山(奥の高いピーク)
37sennokurahotakasirane.jpg 

山頂で舞っていたキアゲハ
38sennokuracho.jpg 

遠くに高妻山と白馬岳
39sennokuratakatumahakuba.jpg 

39sennokuratakatumahakuba-sanmei.jpg 

一番奥に赤城山。手前に見えるテーブルマウンテンは三峰山というらしい。
40sennokuraakagi.jpg 

守門岳
41sdennokurasumon.jpg 

燧ヶ岳(左)と至仏山(右)
42sennokurahiutisibutu.jpg 

平標山と苗場山
43tairapyonaeba.jpg 

飯士山が下の方に見える
44sennokuraiijisan.jpg 

十分に展望を楽しみ、休憩もとれたので平標山へ戻ります。

【11:25 仙ノ倉山を出発】
小ピークを越えると心地よい稜線歩き。天空のお散歩です。
45senokurakaratairapyo.jpg 

平標山への登り…こう見ると緩やかに見えますが・・・
46sennokuratairapyo.jpg 

ミヤマキンバイ
47mtairapyomiyamakinbai.jpg 
たくさん咲いていました。

【12:26 平標山を通過】
平標山の家へ向けて下ります。
延々続く階段。

途中に雪渓が2箇所。あと少しでなくなる感じです。
48tairappyosekkei.jpg 

かわいいしゃくなげが咲いています。
49yamanoiesyakunage.jpg 

石楠花と仙ノ倉山方面
50sennokuratosyakunage.jpg 

【13:02 平標山の家 1650m】
51tairapyoyamanoie.jpg 
ここで冷たい水を補給。生き返ります。
バッジとコーラの小さい缶を購入。コーラうまし。

【13:17 平標山の家を出発】
ここからも延々階段を下ります。

【13:57 平元新道登山口】
52heigensindoiriguchi.jpg 

ここからしばらく林道を下り、途中から沢沿いの道へ。

【14:47 元橋駐車場に到着】

けっこうハードな山歩き。疲れました。
花と展望はすごい魅力。でもしばらくはあの階段は歩きたくないな・・・

【今日のコース】
歩行距離 約14km
累積標高差 約1300m

降りてきたら29℃。暑いわけです。
真夏のような登山でした。
500のペットボトル、6本飲みました…

今回の山の記録はこちら

バッジ
53senokurabadge.jpg 
54tairapyobadge.jpg
スポンサーサイト
Home |  Category:谷川連峰 |  コメントアイコン Comment16  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

こんばんは。
お天気が良くて、空気も澄んでいたようで遠くの山まではっきり見えてよかったですね。随分お疲れになられたことでしょうね。それでも好きなことしているときはそれ程感じないのでしょうか。

ブルさん♪

縦走お疲れ様でした♪
さすが2000m級となると、風景違いますね。
山頂からの景色、どちらの山からも遠くまでしっかり見えてますねー!
花と展望はすごい魅力☆ って本当です~(*^^*)

500mlのペットボトル6本!?
確かにこの日すっごい暑かったけど、
それはまた相当飲みましたね(笑)

ブルさん、こんばんは!

平標山〜仙ノ倉山縦走、いいコースですね!貴重な平日休みに晴天で、羨ましいです。

1枚目のお写真、後ろに雪がかかった山々が写っていて、いい感じです(≧∇≦)雪渓以外のお写真は、もう夏山ですね!!

標高差1300mあったのですか。ペットボトル4本!!(笑)全部、汗に変わりましたか?

ブルさん こんばんは~。
行っちゃいましたね☆
私が仙ノ倉へ行った時は、一面乳白色。
谷川主稜線は全く見えなかったけれど、お天気が良ければ
大満足の眺望が待ってるんですね~。
延々と続く階段は、ドM心をくすぐります。(笑)
平標と仙ノ倉鞍部のお花畑は、まだ、ミヤマキンバイだけでしたか?
行きたいところだらけで、体がいくつあっても足りません。(笑)

上越の山は、最近なかなか行きません。
特にそのあたりは、まだ未踏ですから、お写真に興味津々です。
今の時期が、花が咲いていて、いいですかねえ。いきたいなあ。

 雪解から初夏まで 谷川連嶺は何処を歩いても花の道、
素晴らしい山行でしたね。
巨漢のブルさんが あの歩調のとりづらい階段を
昇り降りする姿が目に浮かぶようなレポでした・・・。

とても暑い日でばてました。最近、体重もさらに増え、
筋肉が悲鳴をあげていました。
でも景色や花に癒され、また行こうと思っちゃうんです
よね。

景色は前日の方がさらに良かったようですが、
贅沢を言ってはいけませんね。谷川岳では2回とも
乳白色の世界だったので、谷川連峰の山並みが
きれいに見えただけでもよしとしましょう。
水、飲みましたね。3リットルですもんね。さらに家で
麦酒を…

このコースははじめてでしたが、花も展望もすばらしかった
ですね。疲れましたが、夏にまた行きたいなって思える山です。
水、すべて汗にかわりました。この汗のかき方では冬山は
無理ですね。凍死します。

ほんと階段地獄でしたが、また行ってみたいなと
思っちゃうんですよね。
平標山と仙ノ倉山の間はミヤマキンバイだけでした。
まだ雪解けから時間がたっていないからでしょうか。
もう少しすると紫の可憐な花に出会えそうですが…
でもシラネアオイを見られたので満足です。

お久しぶりです。
この時期はまだ花が少ないようです。
もう少しすると山頂付近はお花畑になるようです。
季節をかえて何度も歩きたいところです。

ほんとうに花と展望、すばらしいですね。
シラネアオイ、階段続きで疲れたな下を見たら
草の陰でみつけました。今年は少ないのかも
しれません。
花の季節は始まったばかり。これからもっと
すばらしいんでしょうね。

お忙しい中、素晴らしい展望のお山歩きができて良かったですね!
もうしばらくはお忙しいのでしょうが、
秋、冬に備えて鍛えておいてくださいね。
また、ご一緒しましょうね!

展望は暑い日にしてはよかったですね。
昼近くになると雲が増えてきましたが、
これだけ見えれば登ったかいがありました。
これから土曜日が仕事なので、日曜日に
歩きたいと思っています。
冬、スノーシューで急坂を登れるように
鍛えなければいけませんね・・・

遅れたコメで失礼します。
平標へ行かれてたのですね。
花もいい時ではないでしょうか。
もちろん展望も最高。白馬まで見えるんですね。

自分ヶ行った時も暑くて参りました。平標山の家の水!冷たくてうまかったことを覚えてます。目の前の雪渓からですからね。

花と展望、なかなか良い山ですよね。
階段にはまいりましたけど。
山の家の水はほんとうにおいしくて
がぶ飲みしてしまいました。
また行きたい山です。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。