山の楽しみが凝縮 一切経山~東吾妻山 H26.6.16(日)

今回は開眼した魔女の瞳に会いに行ってきました。
片道320kmは日帰りにはちょっと遠いのですが、
火山、湿原、樹林といろいろなシチュエーションが
楽しるので行くことにしました。

前回はおととしの9月に登っています。今回は2回目に
なります。5人での山歩きです。

平成26年6月16日(日) 晴れ時々曇り 強風

【4:00 市川を出発】
東京で1人拾って、東北道を一気に北上。
安達太良SAで休憩して福島西ICからフルーツ街道、
磐梯吾妻スカイラインを通って浄土平へ。

【7:45 浄土平駐車場に到着】
気温は10℃。少し肌寒い。
一切経山の山肌からは噴煙が立ち上っています。
01zyododairaissai.jpg 

【7:57 浄土平駐車場を出発】
最初は平らなところを歩きます。道端にはイワカガミがたくさん咲いています。
現在、直登コースは通行禁止。酸ヶ平経由で一切経山を目指します。

直登コースの分岐を過ぎるとだんだん傾斜がでてきます。

コースの一部にはまだ雪が残っていました。
02issai2tozandoyuki.jpg 

右手には荒々しい一切経山の山肌
03issai2funen.jpg 

残雪と緑と青空・・・なんとも美しい風景が広がります
04issai2tozandokara.jpg 

イワカガミがたくさん咲いています05issai2iwakagami.jpg 

それにしてものんびり気持ち良い
06issai2tozandokara2.jpg 

一番長かった雪渓 踏み固められていて危険はありませんでした
07issai2sekkei.jpg 

高度が上がると吾妻小富士が見えてきました。きれいな火口です。
08issai2azumakofuji1.jpg 
この縁を歩くのに約1時間。観光に良い。

【8:38 酸ヶ平分岐】
避難小屋で少し休憩。
このあとガレ場を少し急登します。

不摂生をしているので、汗だく。

ガレ場の途中で振り返ると絶景です。
奥に東吾妻山、右に鎌沼。真ん中下方に酸ヶ平避難小屋が見えます。
09issai2higasitokama.jpg 

ガレ場の真ん中くらい
10issai2tozando2.jpg 

ガレ場を登りきると一切経山の山頂(真ん中奥のなだらかなところ)が見えました
11issai2sanchomieru.jpg 

右手には吾妻小富士の大きな口
12issai2azumakofuji2.jpg 
それにしても美しい火口だ

【9:26 一切経山山頂1949m】
空気大感謝塔
13issai2kukidaikansya.jpg 
すごいネーミングだ

傾いた山頂標と三角点
14issai2sancho.jpg 

そして開眼した魔女の瞳へ
15issai2mazyonohitomi.jpg 
雲っているので今ひとつの色合いでしたが、それでもきれいです

少し休憩したいところですが、風が強くじっとしていられません。
来た道を酸ヶ平分岐まで戻ります。

【10:10 酸ヶ平分岐】
ここで少し休憩
ここから酸ヶ平湿原、鎌沼を通って東吾妻山を目指します。

酸ヶ平湿原 雨が続いていたのと雪解けで湿原はとても潤っていました
16issai2sukadaira1.jpg 

池の周りにはワタスゲが揺れていました。
17issai2watasuge.jpg 

鎌沼の周りにはチングルマ
18issai2chinguruma.jpg 

木道をずっと歩いてきましたが、東吾妻山登山口からは雪解け水と雨水で登山道は川。
倒木や雪が道をふさぎ、とても歩きにくい。

道端にはショウジョウバカマ
19issai2syozyobakama.jpg 

樹林帯の中ではほとんど写真を撮らず、黙々と歩く。

ぱっと視界が開け、森林限界。

森林限界を越えると山頂まではすぐ
20issai2higasiazumatemae.jpg 

かわいいミネズオウもたくさん咲いている
21issai2minezuou.jpg 

【11:31 東吾妻山1975m】
ようやく着きました。道が荒れていてかなり時間がかかりました。
22issai2higasiazumasancho.jpg 
帽子が飛ばされるほど風が強くて寒い。でもおなかがすいたのでここでお昼にしました。

一切経山
22issai2issaikyozan.jpg 

磐梯山は雲の中
23issai2sanko.jpg 
下の方に小野川湖、秋元湖、檜原湖、左には猪苗代湖が見えました

西吾妻山方面
24issai2nisiazuma.jpg 

東吾妻山の三等三角点
25issai2higasiazumasankakuten.jpg 

【12:07 東吾妻山を出発】
アスレチックのような道を戻ります。
チングルマが咲き誇る姥ヶ原を経由して浄土平へ

途中、吾妻小富士がみえてきました
26issai2azumakofujinuma.jpg 
だいぶ駐車場に近づきました。

【13:44 浄土平駐車場】
山の楽しさが凝縮されたこの山域。人気が高く多くのハイカーで賑わっていました。

【今日のコース】
歩行距離 約10km
累積標高差 約590m

下山後は野地温泉相模屋へ行こうと思っていましたが
時間が厳しくなっていたので、高湯温泉の花月ハイランドホテルにしました。
白濁の硫黄泉はなかなかの名湯。露天が別になっているのが難点ですが
きれいでおすすめのお風呂です。高湯温泉は源泉掛け流しも魅力です。

帰り事故渋滞にはまりましたが、19:30には帰宅。
打ち上げを行い、おいしく麦酒に日本酒をいただきました。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:福島県の山 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

こんばんは。
今回は随分遠くまで行かれましたですね。お天気もまずまずのようで山々が綺麗に見えていますですね。火口がこんなに綺麗に見えるのですねぇ、それに河口に出来た湖でしょうか、素敵ですねぇ。こんな所を歩かれて気持ちいいでしょうね。羨ましいです。

こんにちは。
福島日帰りはちょっと遠いですが、それでも
楽しめる山なんですよね。吾妻小富士の火口は
ほんとうにきれいな形をしています。観光で歩く人も
多いです。1時間くらいでお鉢を歩けます。
周りには名湯も多いので旅行でぜひ。

こんにちは♪

ここは福島のお山ですね。
名古屋からだと、とても遠いです。
ちなみに、ディズニーランドより上に行った事ありません・・・(^ ^;)
お天気のいい日で、気持ちのいい山歩きでしたね!
残雪と緑と青空の写真、すっごくいいです(*^^*)
吾妻小富士の大きな穴、ヤバいですね。
もう少し近づく事もできるんでしょうか?
アリ地獄みたいに、ちょっと滑ったら2度と上がれない感じです(怖っ)
魔女の瞳、雲がかかってなかったら、太陽が反射してキラキラなんでしょうか?
全てが芸術的なお山で、登ってても楽しそうです♪

こんばんは。
強風でゆっくり休憩できなかったこと以外は
よかったです。
吾妻小富士は火口の縁を1周できます。1時間くらいです。観光客がたくさん歩いています。
魔女の瞳は真ん中が深い青で縁がエメラルドグリーン
なんです。晴れていればほんとうに美しいです。
名湯がたくさんありますので、家族旅行でどうぞ。
安達太良山も磐梯山も西吾妻山も近いので
一気に登ってしまうのもいいですよ。

曇ってるとはいえきれいな青空と緑、残雪が少々。
瞳もいい色出してます。
雪解け直後の湿原、ペターとなった地面からポツポツ緑が出てくる感じが好きです。

ブルさん、こんばんは!

すごくキレイな青空ですね。まだ雪が残っていましたか。
吾妻小富士の大きな口、凄すぎます∑(゚Д゚)実物が見たいです!

空気大感謝塔って、またすごい名前ですね。たくさん刺さっている棒が、それなんでしょうか。一切経山山頂のお写真が、曇ってきたからなのか、戦時中を思わせるような雰囲気。不思議な感じがします。

魔女の瞳が何かわかり、スッキリしました(笑)
ブルさんのブログは、私が知らない山の情報を載せてくださるので、すごーく参考になります。

ブルさん こんばんは。
すっかり魔女の瞳もお目ざめですね~。
一度行きたいと思いながらも地味に遠くて(殴られそうだ(笑))
ご対面できてません。(泣)
季節的にも残雪あり。新緑あり。お花あり。しかも青空っ!
紅葉の時期が一番いいのかな~。とも思っていましたが、
梅雨の晴れ間のこの時期も魅力的♪

こんばんは。
湿原も少しずつ花が咲き始めて初夏の
雰囲気がでてきました。
いろいろな雰囲気が味わえるこの山域、
いいですよね。

こんばんは。
雪はほんの少し残っていました。
もうあと少しでなくなりますね。
一切経山の山頂は完全なはげ山で
何もありませんが、信仰の対象に
なっていたんでしょうね。
魔女の瞳、晴れれば深いブルーに
やられそうな美しさなんでしょうね。

こんばんは。
魔女の瞳、開眼ですね。
エメラルドグリーンな感じは見られませんでしたが
深い青はさすがです。
いつの時期も楽しめるやまですね。
紅葉の時期も良いことでしょう。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: