紅葉の瑞牆山 H26.10.19(日)

紅葉を見たいと思い、見頃をむかえていそうなところをいろいろと
調べて見ると瑞牆山荘のHPに見頃だとでていました。
これは行くしかないということで山友2人と一緒に出発です。

平成26年10月19日(日) 晴れ

私にはめずらしく1時間寝坊をしてしまい、出発が20分ほど
遅れてしまいました。

【3:45 千葉県を出発】
渋滞もなく、コンビニに寄って瑞牆山荘を目指します。

【6:45 瑞牆山荘駐車場に到着】100台くらい駐められる駐車場はあと残り5台といったところ。
たくさんの車です。

【6:58 瑞牆山荘を出発】
01mizugaki3sanso.jpg 
山荘の前の木はきれいに紅葉しています。これは期待できそう。

富士見平までは50分。瑞牆山までは2時間50分
02mizugaki3sidohyo1.jpg 

少し歩くとグラデーションに色づいた木
03mizugaki3koyo1.jpg 

しばらく歩くと樹間から瑞牆山が見える
04mizugaki3sachomieru.jpg 
初めて来たときは本当にあそこまで行けるのか不安になった場所。

このあたりが一番きれいでした。
05mizugaki3koyo2.jpg 

【7:46 富士見平小屋】
06mizugaki3fujimidaira.jpg 
青空がきれいだ

ここからはしばらくは平坦な道。
小川山との分岐を過ぎると急下降。
帰りは苦しい登りとなる。

【8:14 天鳥川出合】
ここを徒渉します。水量は少ないので難なく渡れます。
07mizugaki3amadorigawa.jpg 

渡ったところには大きな桃太郎岩
08mizugaki3momotaro.jpg 
本当に大きな岩。桃太郎が100人は出てきそうな岩。

【8:28 天鳥川出合を出発】
ここからが本格的な登り。山頂まで急坂が続きます。

しばらく歩くと大ヤスリ岩の真下に来ました。
09miaugaki3ooyasuriiwa.jpg 
本当にでかい。

紅葉と大ヤスリ岩
10mizugaki3koyotoiwa.jpg 

山頂まではもう少し。

木をつかもうとしたら…

立派な角がはえた怪獣の顔
11mizugaki3kaizyu.jpg

大ヤスリ岩と同じくらいの高さになった。
12mizugaki3iwatoonaji.jpg 

黒森との分岐を過ぎて鎖、はしごを登ると山頂に飛び出ます。

【9:55 瑞牆山2230m】
山頂標1
 13mizugaki3sancho1.jpg
それにしてもきれいな青空だ

人も多い。
14mizugaki3sancho2.jpg 
休憩場所を探すのもたいへん。

でもなんとか見つけて座る。
風がないので暖かい。

富士山は頭だけ顔を出す
15mizugaki3fuji1.jpg 

御嶽山
16mizugaki3ontake1.jpg 

噴煙を上げているのが見えます
17mizugaki3ontakefunen.jpg 

金峰山 五丈石がシンボル
18mizugaki3kinpusan.jpg 

金峰山の山頂も人がいっぱいだ。五丈石の上に人が立っています。
19mizugaki3gozyoiwa.jpg 

白峰三山。右から北岳、間ノ岳、農鳥岳。
20mizugaki3siraminesanzan.jpg 

甲斐駒ヶ岳(右)と仙丈ヶ岳(左)
21mizugaki3kaikomasenzyo.jpg 

山梨県のヘリコプターが飛んできた。
22mizugaki3heri.jpg 
遭難かと思いましたが、練習でもしているようでした。手をふってくれたので。

富士山jはずっとこんな感じした。
23mizugaki3fuji1.jpg 

大ヤスリ岩と南アルプス
24mizugaki3iwatonana.jpg 

【10:40 瑞牆山を出発】
下山を始めてすぐに鎖場で渋滞。その後もひっきりなしに人とすれ違います。
ものすごい数の人でした。

【11:54 天鳥川出合】
体重が重く膝ががくがく。

【12:01 天鳥川出合を出発】
小川山分岐までの登りで、亀の歩み。死にそうになる。

【12:30 富士見平小屋】
しばし休憩。水場で美味しい水を汲んだ。

水場の近くの紅葉
25mizugaki3koyo3.jpg 


26mizugaki3koyo4.jpg 

27mizugaki3koyo5.jpg 

28mizugaki3ochiba.jpg 

きれいな紅葉を愛でながら下山。

【13:24 瑞牆山荘に到着】
路肩にも車があふれていました。

帰りは増富の湯で入浴。富士見平小屋にあった割引券で770円。

帰りの中央道。渋滞がすごかった。
でも無事に到着。

それにしても身体が重すぎる。
登りも下りもつらっかた。
両足のかかとが靴擦れで皮がむけてしまい、途中から痛くて
テンションが下がりぱなし。帰りの登り返しでは太ももがつる
寸前。トレーニングが必要ですね。

少しがんばらなきゃ。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:山梨の山 |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

おはようございます。
お天気が良くて、見晴らしも紅葉も綺麗で良かったですね。御嶽山が見えるのですねぇ。ちょっと驚きました。この時期は歩いていても気持ちがいいですよね。私、土曜日に八方池に行ってきました。お天気良くてホント気持が良かったです。

ブルさんが、富士山の見える山に帰ってきた~。(^^)
青空とカラマツ。青空とカエデ。どちらもきれいですね~。
そして、以前「遠くから見ると要塞のように見える♪」と仰ってた
岩岩の山~。
行ったことのないエリアなので、やっぱり新鮮な景色です♪
そして、桃太郎岩!!(笑)
大きな岩に木の枝を立て掛けたくなるのは、何かの
儀式なんでしょうかね?(笑)
いや、菅沼から奥白根に登る途中にもそんなのがあったので…

寝坊した。と仰っても4時前の出発。やっぱり早いです~。(^^)

 北へ西へといつものアーリーバードスタイル、もう瑞牆山も
3度目になりましたね。
いろいろなお仲間を案内することが多いためか 今年は
とりわけ頻度多く訪なう峰のレポが目につきます。
カラマツが金色になるまであと1~2週間でしょうか。
 私はこの時期この辺りを訪れると 必ず「つるし柿」用の
渋柿を孫娘の喜ぶ顔みたさに買って帰ります。
 またこの次の峰を楽しみにしております。

こんばんは。
久しぶりに山できれいな青空を見ました。
寒いかなと思っていましたが、風がなく
暖かな1日でした。八方池の写真見ました。
私が行ったときは何も見えなかったので
うらやましいです。

桃太郎岩の大きさにはびっくりしますよ。
割れ目に入るとまさに桃から生まれた感じに
なります。岩に立てかけてある棒をすべて
取り除くと転がってしまうので要注意です。

こんばんは。
最近は気に入った山を誰かと一緒に登ることが
多くなりました。まだ行っていないところも
チャレンジしたいとは思っています。南アルプス
が手つかずなので行ってみたいですね。
泊まりでなかなか行けないのが難点です。
瑞牆山の唐松が黄金色に輝いたらきれいでしょうね。
またいつかの楽しみにとっておきます。

こんばんは。

瑞牆山に登ってみたいと思っているので、参考になりました。紅葉がきれいですね。
私は、土曜日に双子池に行きましたが、紅葉の見頃は、終わっていました。
素敵なお写真をありがとうざいました。

こんばんは。
瑞牆山、楽しいですよ。
周回コースもとれますし。
金峰山とあわせて登る人も多いです。
紅葉、あと少し楽しめそうな感じでした。
双子池、いいですね。北八つはもう初冬
ですよね。いつ行っても楽しめるところ
ですね。

ブルさん こんばんは♪
この日は青空で眺望もよかったんですね。
イワイワのお山は楽しいし紅葉も見頃、バッチリでしたね。
いつもながらの早出に感心しますが、静かなうちに行動できて正解ですね。

こんばんは。
久しぶりにいい天気の日に歩けました。
この日は人の数もすごく、下山時は常に
人とすれ違っている感じ。昼時の山頂は
全くスペースがなかったと思います。
でも、瑞牆山は好きな山です。

富士見平小屋に、ここのところずいぶんご無沙汰してしまっているので、懐かしく拝見しました。
いいお天気ですね。
今の時期が、一番きれいかもしれませんね。

お久しぶりです。
瑞牆山は何度訪れても素敵な山です。
富士見平小屋もかわいく飾られいいですね。
紅葉もきれいでした。
次は残雪期に行きたいです。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: