スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

竜ヶ岳 紅葉と富士山を楽しむ H26.11.8(土)

今回のお山は竜ヶ岳。
富士五湖の1つ本栖湖の湖畔にある標高1485mの山です。久しぶりに始めていく山なのでちょっとわくわくです。
仕事仲間の2人と一緒に歩きました。

平成26年11月8日(土) 曇り時々晴れ
【4:20 市川市を出発】
順調に走りましたが、おしゃべりをしていて大月ジャンクションで河口湖方面に
行くはずが、通り過ぎてしまい一宮御坂ICで下りて、御坂みちを走り河口湖へ。
少しタイムロスをしましたが、きれいな富士山を見ることができました。

鳴沢のコンビニで
01narusawafuji.jpg 
富士山がきれい。

このあと青木ヶ原を通りましたが、紅葉真っ盛り。
登山口に着く前に堪能してしまいました。

本栖湖に着くと富士山は見えず、どんより。

【6:35 本栖湖キャンプ場着】
湖畔の大きな駐車場には1台しかとまっていませんでした。

【6:45 本栖湖キャンプ場を出発】
最初はキャンプ場の中を歩いて行きますが、
紅葉がなかなかきれい。
02ryukoyo1.jpg 

【7:03 竜ヶ岳登山口】
登山道に入るといきなり急登。息が切れます。
振り返ると今日歩いた中で、ここが一番きつかったです。
しばらく、急坂が続き、平になると最初の休憩ポイント。

【7:32 台地状のピーク】
ベンチが置かれています。
03ryubench1.jpg 

樹間から本栖湖が見えます。曇っていて光が足りないので今ひとつの色。
04ryumotosuko.jpg 

竜ヶ岳の山頂方面が見えます。
05ryubenchisancho.jpg
5分ほど休憩。

7:37出発

ここからは左が開けた明るい道を歩きます。

富士は裾野だけ見えています。手前に光のカーテン。
06ryuhikari.jpg 

登山道に樹林もありますが、すでに葉を落とし、冬枯れの明るい登山道になっています。
07ryutozando1.jpg 
落ち葉を踏みしめるのが気持ち良い。

【8:05 東屋に到着】
08ryuazumaya.jpg 
座って休憩。

ここには石仏があります。
09ryusekibutu.jpg 
牢屋に入っているみたいでちょっとかわいそう。

休憩していると…

富士が頭を出してくれました。
10ryuazumayafuji1.jpg 
やっぱり大きい♪

【8:23 東屋を出発】
笹の中をジグザグに登って行きます。

東屋はあっという間に下の方に。
11ryusitaniazumaya.jpg 

こんな登山道。笹が濡れていてズボンもカメラバッグもびしょびしょ。
13ryutozando2.jpg 


【8:58 本栖湖への下山道分岐】
地図のコースタイムは1時間になっていますが、1時間は絶対にかかりません。
14motosukobunki.jpg 

ここからは眼下に本栖湖が臨めます。
15bunkimotosuko.jpg 

ここから山頂まではかなり緩い登り。


【9:09 竜ヶ岳1485m山頂に到着】
16ryusancho.jpg 

残念ながら富士山も南アルプスも雲の中。

寒いけど笹の陰で食事休憩。

しかし、しばらくすると雲がとれてきました。

南アルプスのお出まし

北岳
17ryukitadake.jpg 

奥に聖岳
18ryuhijiri.jpg 

赤石岳
19ryuakaisi.jpg 

荒川岳
20ryuarakawadake.jpg 

南アルプスが全部見えるようになりました。

塩見岳・蝙蝠岳
21ryusiomikomori.jpg 

そして富士山登場
22ryufuji.jpg 
やっと全貌が見えました♪

山頂は笹が刈られ、広くなっています。
23ryufuji2.jpg 

【10:02 竜ヶ岳山頂を出発】
雄大な富士山を見ながら下山。気持ち良い。
24ryufuji3.jpg 


【10:11 本栖湖下山道分岐】
日差しがでて本栖湖はきれいな深い青。
25ryumotosuko.jpg 

少し下りると鳳凰三山(右)が見えました。
26ryuhoozan.jpg 
真ん中左は北岳から間ノ岳。
 
八ヶ岳は雲の上に頭だけ見せる。
27ryuyatu.jpg 

すぐに樹林帯に入り、下を見ながらひたすら下る。

下の方は紅葉真っ盛り
28ryukoyo2.jpg 

光がもう少し欲しいところですが、とてもきれいです。
29ryukoyo3.jpg 

紅葉に癒される
30ryukoyo4.jpg 

31ryuochiba.jpg 

【11:22 本栖湖湖畔道路】
ここからは車道を歩く

【11:30 本栖湖キャンプ場に到着】

このあと西湖にある日帰り温泉「いずみの湯」で入浴。
小仏トンネルが混雑する前に帰ってこられました。

夜は反省会。飲み過ぎました。

【今回のコース】
歩行距離 約6km
累積標高差 約580m

地図
ryugatakemap.jpg 

断面
ryugatakedanmen.jpg 

気温もほどよく水をまったく飲まない登山でした。

体力的にも楽なので冬もいいかな。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:山梨の山 |  コメントアイコン Comment16  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

おはようございます。
山の紅葉はもう終わって待っていて、少し寂しいような景色になっていますが、でもとても気持ちよさそうですね。こちらはぼつぼつ平地の紅葉も終わろうとしています。
コンビニからの薄明るくなってきている富士山が素敵ですね。少し雲が多くて残念な気もしますが、上から見た湖も綺麗ですね。

こんばんは。
葉を落とした登山道は明るくて気持ち良いです。
晴れればぽかぽか。そんな季節になってきました。
そろそろ雪道も恋しくなってきました。
冬も山歩きは楽しみです。

竜ヶ岳からの富士山は雄大ですね。
南アルプスの眺めもいいので、冬も行きたくなる山ですね。
そうは言っても、私はしばらく行ってませんが (^^;
登山口や本栖湖あたりの紅葉も見頃でよかったですね。

ブルさん こんばんは~。
今回も、やっぱり富士山が美しく見えるお山でしたね♪
そして、光のカーテン。これもきれい~。
葉っぱが落ちた明るい森を歩くのも、雪の上をサクサクと
歩くのも、、、、これからの季節も楽しみです。(*^^)v

汗だくだくにならずに歩けるこれからの季節。
山の上であったかいラーメンの季節でもありますね~。(^^)

こんばんは。
行きに河口湖から見た富士山がきれいだったの
ですが、本栖湖に着くと雲の中。
どうなることかと思いましたが、雄大な姿を見せて
くれました。お手軽に登れてこの景色は魅力ですね。
雪のあるときに行きたいです。

こんばんは。
どこに行こうかなと考えると富士山の見える山が
思い浮かびます。これからの低山は魅力的ですね。
落ち葉や雪を踏みしめて歩く明るい登山道が楽しみ
です。

わたしは1年中汗だくなので…冬山では一番危険な
やつです。あ~あ。

この辺りは、行ったことがありません。
なんとなく、富士五湖のあたりはいつも混んでるんじゃないかってね。
でも、展望台としては、申し分ないですね。
いいお天気の冬の日に行ってみようかな。

 俗に天使の梯子と呼ばれる光線、
まさに絵画的な一葉になりましたね。

ブルさん

お疲れさまでした。
遠くの山々まで見渡せるいい場所ですね。
紅葉も満喫されたようで。
落ちている赤いモミジの写真が何気に好きです。
これから冬となると、また違った景色に出会えそうですね。

ブルさんこんばんは♪

冒頭のコンビニからの富士山、綺麗ですね~!
標高1485mで山頂からは南アルプスも見えるんですね♪
関東のお山は1度も登った事ないので、
背景に富士山って憧れです(*^^*)
ちなみに三重県にも同じ名前のお山がありますが、
本栖湖からの竜ヶ岳も、いつか行ってみたいですね。

こんばんは。
まさしく富士山の展望台でした。
富士山周辺の山はそんなに混雑している
感じではありませんが、それなりに人は
いますね。冬の富士はそれでも見る価値は
ありそうです。ぜひ。

こんばんは。
レンブラント光線って言うんですね。
知りませんでした。
たまに見ることができますが、きれいですよね。
ラッキーだったんですね。

こんばんは。
落ち葉の写真、もっといいところがあったのですが
1人じゃなかったので撮りませんでした。
私も落ちている葉の写真を撮るのが好きです。
このあたりは冬場、良さそうです。

こんばんは。
コンビニのあたりから見た富士がこの日は
ベストでしたね。河口湖あたりからはすべて
きれいに見えていたのですが、山ではもうちょっと
という感じでした。
竜ヶ岳はいくつかあるようですね。尾根が竜に
見えるんでしょうか。
こちらの竜ヶ岳にもぜひ。

こんにちは。

竜ヶ岳、大きな富士山を眺めながら歩く、登山道がいい山ですよね!私もこの山、好きです。

光がカーテンになっている写真が素晴らしいです。
私も雪山になったら、登ってみたいです。

こんばんは。
竜ヶ岳からの富士山、大きいですよね。
これからは空気も澄んでますますきれいに
見える季節。雪を踏みしめながら歩くのも
楽しそうです。
光のカーテン、たまに見ますよね。
運がよいのかな。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。