スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

里見八犬伝ゆかりの山 富山 2010.1.17

平成22年1月17日(日) 晴れ
千葉県南房総市の富山(とみさん 標高349.5m)に
行ってきました。御殿山も登ろうと計画していましたが、
うちの奥様も行くというので富山のみとしました。

富山中学校近くの駐車場に止めようと思いましたが、
ロードレース大会があるとのことで、参加者の送迎用の
車やバスが止まっていて駐車できず、伏姫籠窟前の駐車
スペースまで車であがってしまいました。
tomisan map tomisan
 

9:07 伏姫籠窟を出発。
歩き出すとすぐにスイセンが咲いていました。
01suisenbatake 02 suisen 


しばらくは林道を歩いてから、登山道に入ります。
登山道はほとんど階段。所々、急な階段があります。

9:48 南峰と北峰の鞍部に到着。
04 anbu 

先に南峰へ。しかし、工事中で階段が通行禁止に。
05 minamiiriguchi 

仕方ないので、北峰に向かいます。
鞍部を過ぎると左側に巨木が。
縁結びの木らしいです。
06 enmusubisugi 

10:03 富山北峰到着。
さっそく展望台へ。
ほぼ360度の絶景です。

パノラマ

tomisan panorama3 


富士山
07 fujisan 

三浦半島
08 miurahanto 

伊豆大島
09 osima 

伊豆諸島の利島も肉眼ではみえました。利島の左側にもうっすら島が見えたけど
名前がわかりません。天城山も見えました。もうちょっと寒い日の方がきれいに
見えると思います。2月にもう1回くるかな・・
しばらくおやつを食べて休憩。
山頂の看板のところに行きます。
11 sancho 

ここからは伊予ヶ岳がきれいに見えました。
10 iyogatake 

10:45 富山山頂を出発。
鞍部の展望台。里見八犬伝読んでいないからよくわからないけど、
八犬士終焉の地
12 satomihakkenden 

さて、階段を下ります。
13 kaidan1 14 kaidan2 

11:33 伏姫籠窟前に到着。
梅かな・・・
15 ume 

おなかもすいてきたので魚を食べに、道の駅富楽里(ふらり)に。
ここには岩井漁協直営の食堂があります。
カサゴ煮魚定食1500円を食べました。
17 kasago 

スイセン祭りなのかイベントをやっていました。
16 furari 



ちょっと歩き足りないので、帰ってからプールで泳ぎました。

9:07伏姫籠窟-9:48鞍部-9:52富山南峰
-10:03富山北峰・おやつ10:45-10:52鞍部
-11:33伏姫籠窟

スポンサーサイト
Home |  Category:千葉県の山 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

海が見える山ですか~。
千葉の山は行ったことがないのです。
千葉=海 の印象ですが、半島そのもは大きな塊の山ですから歩き処は多くありそうですね。

もうスイセンなのですね。
さすが房総、春が早いようです。

こんばんは。
コメ、ありがとうございます。

房総は350mそこそこの山ばかりですが、
それなりに楽しいです。
昨日の富山は内房の海も外房の海も
見渡せます。お弁当もってのんびり
歩くのにはいいですよ。
花は今がいい時期です。

今回は奥様と一緒ということで、ゆったりとした山行だったようですね。

山嫌いの妻を持つ当方としては、家族から理解を得られているということは羨ましい限りです。

こんばんは。
理解があるというか、うちはお互い
好き勝手なことをしています。
今回はたまたまいっしょに登りました。
もう少し歩きたかったですね。

僕も息子と親子登山となると、ぜんぜん歩けなくて物凄いフラストレーションが溜まってしまうこともあります。

逆に、数年前、アマチュアですがシュートボクシングをやっていた友人と真夏に登ったら、当時タバコを吸っていた僕は物凄いペースについて行けず、山頂付近で熱中症になりかけて、怖い思いをしました。

同行者と言うのは、嬉しいものですが、難しいものですね。

こんばんは。
私も単独で行くことが多いのは、
一番に自分のペースが遅くて
迷惑をかけてしまうのではと考えて
しまうからです。初心者ですので、
ほんとは同行者がいたほうがいいの
ですが、慣れた人には物足りないの
ではと。気を遣わなくてもいい仲間と
登るのはいいかな。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。