景信山から高尾山 H27.2.21(土)

近くてのんびり歩ける高尾山へ行ってきました。
ただ高尾山を歩くのはおもしろくないので、今回も
景信山登山口から歩きます。

平成27年2月21日(土) 晴れ
【5:40 千葉県出発】
首都高が少し混んでいて予想よりも時間がかかりました。

【7:30 高尾山口駅前駐車場に到着】
準備をしてタクシーを呼びます。
景信山登山口までタクシーで移動です。

7:45タクシーに乗り、2450円で到着

景信山登山口
01takao4kagenotozanguchi.jpg


【8:04 景信山登山口出発】
登山口からいきなり階段
02takao4kagenokaidan.jpg 
中央道の小仏トンネルの上に登る感じです。

特にぬかるんでいるところはありませんでした。

小下沢分岐
03takao4kogesawabunki.jpg 
ここまで来るといきなり雪があらわれました。

アイゼンはつけません。

山頂まではあと少し

【9:00 景信山山頂】
04takaokagenobusancho.jpg 
雪と泥の世界

都心方面は霞んでいてよく見えず
05takao4kagenobukara.jpg 

富士山
06takao4kagenobufuji1.jpg 

違う場所から
07takao4kagenobufuji2.jpg
写真だけ撮って出発

【9:10 景信山出発】
最初は泥濘の急下り
転ばないように慎重に下ります。

あとはのんびり稜線を歩きます。

【9:47 小仏峠】
たぬきさんたちが迎えてくれます
08takao4kobotoketoge.jpg 

峠の少し先に景色の良いところがあります
09takao4kobotokefuji.jpg 
ここからは高速道路と相模湖と富士山のコラボ写真が撮れます。

城山まではあと少し

城山手前の北斜面は凍っていました。
アイゼンなしでも登れそうですが、付けた方がらくなので
途中でアイゼンを装着。
さくさく登りました。

【10:27 小仏城山山頂】
10takao4siroyama.jpg 
ここでお昼ご飯。

名物なめこ汁250円
11takao4namekojiru.jpg 
持参したおにぎり、サンドイッチ、おやつでお腹を満たしました。

ここからは南アルプスが見えます
12takao4minamia.jpg 
一番高いのが塩見岳

【11:00 小仏城山を出発】

ここからもひどい泥濘の道。
転んでいる人も何人か見かけました。

一度下って登り返すと・・・人がいっぱい

【12:14 高尾山山頂】
13takao4sancho.jpg 
相変わらずの混雑

富士山は消えていました。

ちょっと写真を撮ったら出発

1号路を下ってケーブルカーで下ります。

途中でやまぶどうスカッシュを飲みました。

【13:05 ケーブルカー高尾山駅】
13:15のケーブルカーで下山

【13:21 清滝駅】
歩いて駐車場へ。

お風呂は高尾の湯ふろっぴぃへ。2時間800円。
のんびりお風呂につかり帰宅しました。

のんびり歩ける好きなコースですが、田んぼ道だったので
下ばかり向いていました。

今回の山の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:高尾・陣馬 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

景信山からの景色もいいですよね。
そういえば、ここからの富士山を久しく見ていないことに気づきました。
私もこれからの季節は高尾周辺が多いのですが
あのドロドロは困りものですね。

こんばんは。
高尾山に行ってこられましたですか。都心から近い人気の山ですよね。まだ雪もあるのですね。富士山や南アルプスが綺麗でかよね。
私昨日白馬を見に行ってきましたが、凄い雪でした。でもお天気よくてとても綺麗でした。

こんばんは。
景信山からの景色、いいですよね。この日は
残念ながら都心方面の遠望がだめでした。
富士山はこのときが一番でしたけど。
どろどろにはまいりました。アイゼン少しだけ
付けて歩いたのですが、洗うの大変でした。
くつもどろどろ。滑らないでよかったです。

こんばんは。
高尾山までの道が好きなコースです。
どの山にも茶店があってそれを楽しむのも
楽しいです。高尾山は人が多くてすぐに
下りたい気持ちになってしまいますが。
白馬いいですね。雪遊びしにいきたい
ところです。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: