一等三角点の山 鋸山 H22.2.20

平成22年2月20日(土)
久しぶりの晴れマーク一つ。
と思いきや、晴れてはいるがもやっている。
視界が今ひとつ。

鋸山と御殿山の二つを登ります。

まずは鋸山。標高は329.5m。

nokogiriyama map nokogiriyama danmen
 
日本寺というお寺があります。
2箇所の駐車場があり、山頂に近い駐車場は有料で、
大仏に近い東口駐車場は無料です。
当然、無料にとめました。

8:47 東口駐車場を出発。
8:51 大仏に到着。高さ31m。かなりでかいです。
01 daibutsu 

大仏前には梅が咲いていました。
02 ume 03 umeup

さて、ここから階段の始まり。
04 kaidan 


最初は、足取りも軽かったのですが・・・

通天閣・・・天に続くそうです。
05 tsutenkaku 


通天閣を過ぎる頃は汗びっしょり。
地獄のぞきの展望台まで延々階段です。何段登ったんだろう・・・
かなり疲れました。

9:08 地獄のぞきに到着。
06 jigokunozoki 07 jigokunozoki2

断崖です。汗びっしょりの身体には心地よい風が吹いていました。
地獄のぞきから
panorama jigoku2 

少しくだって断崖の下に。
08 tenbodaisita 

百尺観音  大きいです
09 hyakusyakukannon 


北口の管理所で再入場することをお願いして、鋸山の山頂に
向かいます。日本寺の山頂は地獄のぞきのところになってい
ますが、鋸山山頂はもう少し奥にあります。

石切場跡方面に階段を降りていきます。
どんだけ降りちゃうの・・・・
分岐を過ぎて9:26石切場跡に到着。
10 ishikiriato 11 ishikiriba

12 ishikiriato2 


石切場を過ぎて金谷方面との分岐を過ぎると登り階段・・・
疲れたので途中で写真を撮りました。
東京湾観音が見えました。
13 tozandokara 

さらに階段・・・
14 tozando 

細かいアップダウンを繰り返し、ぬかるんだ狭い登山道を
通ります。
14 tozando2 

9:59 やっとこさ山頂に到着。1時間10分もかかってしまった。
一等三角点がありました。
15 nokogiriyama 16 sanchokanban 

伊予ヶ岳やこのあと行く御殿山が見えます。

17 sanchokara


そういえば、ここまで1人しか会っていない・・・あまり歩かれて
いないのでしょうかね。

山頂はあまり展望がありません。ちょっと休憩し、
戻ります。

帰りは東京湾が見渡せる新展望台に上がってみました。
ここは眺めがいいです。

panorama sintenbodai 2 

富山  
  18 tomisan

この展望台から日本寺の地獄のぞきがすぐ底に見えます・・・
20 ropewayhomen 


しかし、実際は階段の上り下りをしなければいけません。
21 kaidan3 

こんなところにいるんですね・・・
22 moriaogaeru 

そして、また階段
23 kaidan4 

地獄のぞきを下から見ます。
24 sitakarajigokunozoki 

北口のおじさんに声をかけ、再入場します。
西口、大仏口を通って東口駐車場に10:58到着。

鋸山をなめていました。行程の8割は階段だと
思います。細かいアップダウンが多く、予想より
疲れました。

晴れていましたが、かすんで対岸の三浦半島がやっと。富士山が見えなかったのは残念でした。


これから車で御殿山へ17km移動します。

8:47東口駐車場-大仏8:51-9:08地獄のぞき-
9:15北口-9:26石切場跡-9:59鋸山山頂-
10:20新展望台-北口10:45-10:58東口駐車場

スポンサーサイト
Home |  Category:千葉県の山 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

多いんですね。
登山道を整備は有難いのですが、階段が続くと参りますね。
かといって手を加えないと、土の流出や草地に入り込むし。。。

房総の山はもう春の装いでしょうか。

こんばんは。
鋸山の日本寺の管理地内はほとんど
階段。大仏から地獄のぞきまで何段
あったのでしょうか・・・
遊歩道もかなりの階段。トレーニングになりました。

南房総は花摘みの時期です。
初春ですね。

大きな磨崖仏があるんですね。
実は寺や神社を沢山廻っている割に、磨崖仏って見たこと無いんです。
うらやましいです。

コメありがとうございます。

日本寺はいろいろな仏像があり
好きな人にはおもしろいと思います。
百尺観音は切り立った岩肌に掘られて
独特の雰囲気でした。

一度いらしてくださいね。階段ばかりですけど。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: