スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

南アルプスの女王 仙丈ケ岳 その1

今年のお泊り登山はどこにしようかといろいろ悩みました。
鹿島槍ヶ岳、白馬岳、北岳などいろいろなプランを考えましたが、
ここのところ楽な登山ばかりしていたので、山小屋1泊なら余裕を
もって登れそうな仙丈ケ岳にしました。

平成28年8月8日(月)
仙丈小屋に電話をすると9日は混雑しているが1人なら大丈夫と
言われたので予約をしました。
晩御飯を食べて風呂に入り、19時に出発。
23時半に仙流荘の駐車場に到着。
ビールを飲んで車中泊。ハスラーで初車中泊でしたが、快適でした。

8月9日(月)
【5:00 起床】
6:05のバスに乗る予定で準備をしました。

5:40のバス停 すでに多くの人が待っていました。
01sejyosenryuso.jpg
往復の切符を買い並びました。
1台目は5:55に出発。6:00に来た2台目に乗れました。

バスの中では運転手さんがポイントで説明をしてくれます。
鋸岳の鹿窓を見つけることができました。

【6:50 北沢峠に到着】
02senjyokitazawabus.jpg
28人乗りのバスです。
運転手さんが時間にならなくても28人そろうと臨時便を出してくれると言ってました。

気温は15度くらい。涼しい。
03senjyokion.jpg

【7:01 北沢峠を出発】
傾斜の急な樹林の中をどんどん登り、最初から息が上がって苦しい。
04senjyotozanguchi.jpg

7:19 1合目を通過

1合目を通過して数分後、木の間から甲斐駒ケ岳が見えました。
05senjyotozandokaikoma.jpg
とりあえず、体が重すぎてペースがあがりません。

7:37 2合目を通過

登りがつらいなって思ってたところに…
06senjyofight.jpg
ありがとうございます。

とはいえ、ペースは上がらず。

【8:11 3合目】
少し広くなっていて休憩できる場所
ここから北岳がよく見えます
07senjyosangomekitadake.jpg
かっこいい

北岳をアップで
08senjyosangomekitaup.jpg
左肩に肩の小屋が見えます。

8:33 4合目を通過

イワオトギリ
09senjyoiwaotogiri.jpg

ソバナ
10senjyosobana.jpg

木の間から鳳凰三山
11senjyoyongomehoozan.jpg

【9:035合目 大滝頭】
北沢峠から2時間3分。休憩を除けばほぼコースタイム通り歩けてた。
12senjyootakinoatama.jpg
急登の連続ですでに疲れました。
ここで10分ほど休憩

【9:12 大滝頭を出発】
小仙丈ケ岳方面ではなく、馬の背方面のトラバース道へ進みます。

カラマツ草
13senjyokaramatuso.jpg

トリカブトが群生していました
14senjyotorikabuto.jpg

このコースは何度か小さい沢を渡り、花が楽しめるなかなか良いコースです。

ナナカマドは実をつけています。紅葉の頃はきれいでしょうね。
15senjyonanakamado.jpg

冷たい水が流れる藪沢
16senjyoyabusawa.jpg
顔を洗うと気持ち良い

【10:18 馬の背ヒュッテ】
コースタイムより6分オーバーで到着。

ここには水場があります。冷たくておいしい水です。
甲斐駒ケ岳がよく見えます
17senjyoumanosehyuttekaikoma.jpg

おにぎりを食べてエネルギーチャージ

【10:30 馬の背ヒュッテを出発】
エネルギーをチャージしましたが、完全にばてました。
馬の背の稜線に向けて登りますが、足が前に進みません。

途中、初めて藪沢カールに建つ仙丈小屋が見えました。
18senjyokoyamieru.jpg
しかし、ペースは上がらず…
コースタイム10分の馬の背への登りに20分かかりました。
馬の背に上がったところで、そろそろ森林限界に近いので帽子を装着。

馬の背はちょっとした縦走気分の登山道。ハイマツ越し、きれいな藪沢カールの上に
女王・仙丈ケ岳が見えます。
19senjyoyabusawakaru.jpg

3歩進んで休みのような感じで完全にペースダウン

仙丈小屋が遠い…

振り返ると甲斐駒ケ岳
20senjyoumanosekaikoma.jpg

カールの中に入ると花がいっぱい

ウサギギク
21senjyousagigiku.jpg

ヨツバシオガマかミヤマシオガマか…
22senjyoyotubasiogama.jpg

【12:08 仙丈小屋に到着】
疲れました…馬の背ヒュッテからコースタイム1時間弱のところ1時間38分かかりました。

23senjyokoyatyaku.jpg
仙丈ケ岳を往復する元気もなく、宿泊の受付をすませました。

2階が寝床になっていて3人で布団2枚くらいの間隔で毛布と枕が置いてあります。
う~ん、狭い。隣に来た人がかわいそうだと思いながら着替えて1階へ。

この看板♪
26senjyobeerkanban.jpg

で、甲斐駒ケ岳を目の前に生をいただく。
24senjyonamabeer.jpg
生き返る~♪

飲んでいるとあっという間にガスが出てきました。
25senjyogas.jpg
登らなくて正解だったなぁと自分をなぐさめる。

夕食まで本を読んだり、寝転がったりしてだらだら過ごす。

外気温は8度。この日東京が37.6度だったそうで、その差約30度。
涼しいを通り越し、寒かった。フリースで過ごしました。

【17:00 夕食】
27senjyokoyayusyoku.jpg
ごはんがおいしい。2890mでこんなごはんがいただけるなんてありがたや~

19:30に消灯。

3:30頃からがさがさ始まる。
ご来光を見に行く人がけっこういます。
私は朝一番でご飯を食べて山頂に行き、小仙丈ケ岳を経由して下山の予定です。

4:35 小屋の前で天気を確認
28senjyoyabusawakaruasa.jpg
天気は良さそうです

4:50 朝食
29senjyokoyaasagohan.jpg

1番乗りで朝食を食べる。おいしくてご飯をおかわりしました。

準備をして出発します。いよいよ仙丈ケ岳山頂へ。

その2へ続く
スポンサーサイト
Home |  Category:南アルプス |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。