南アルプスの女王 仙丈ケ岳 その2

 その1はこちら

平成28年8月10日(水)晴れ
仙丈小屋、ちょっと狭かったけどスタッフの人は良い感じでした。
あとはお米がおいしい。2890mの高地とは思えないおいしさです。

5:20 出発の準備を終え、小屋の前に。
目の前に素晴らしい景色が広がっています。

甲斐駒ケ岳
30senjyokoyamaekaikoma.jpg

乗鞍岳
31senjyokoyamaenorikura.jpg

穂高岳~槍ヶ岳
32senjyokoyamaeyariho.jpg

山名入り
33senjyokoyamaeyariho sanmei

【5:25 仙丈小屋を出発】
34senjyokoyasyuppatu.jpg

まずは目の前に見える仙丈ケ岳を目指します。

チングルマはすべて果穂になっていました
35senjyochinguruma.jpg

甲斐駒ケ岳を見ると太陽の日が光の筋になっていました。
36senjyokaikomahikari.jpg

チシマギキョウ
37senjyochisimagikyo.jpg

【5:50 仙丈ケ岳(3033m)の山頂に到着】
山頂を独り占め♪ ほかに誰もいません。
38senjyogatakesancho.jpg

三角点
40senjyosankakuten.jpg

まさに360度の絶景が広がります

標高ベスト3
39senjyobest3.jpg
富士山 北岳 間ノ岳

馬の背はまさに馬の背のよう。
41senjyoyabusawatoumanose.jpg
奥に鋸岳

北岳と富士山
42snejyokitadakefuji.jpg

鳳凰三山
43senjyohoosanzan.jpg

塩見岳~聖岳
44senjyosiomihijiri.jpg

山名入り
45senjyosiomihijiri sanmei

白山
46senjyohakusan.jpg
御嶽山の右肩付近に白山が見えました

御嶽山
47senjyoontake.jpg

立山 剱岳
49senjyoturugitateyama.jpg

山名入り
50senjyoturugitateyama sanmei

鹿島槍ヶ岳~白馬岳
51snejyokasimayarihakuba.jpg

山名入り
52snejyokasimayarihakuba sanmei

富士山
53senjyofuji.jpg

塩見岳・悪沢岳
54senjyosiomiwarusawa.jpg
塩見岳が手前 奥に悪沢岳

赤石岳
55senjyoakaisi.jpg

聖岳
56senjyohijiri.jpg

北岳
57senjyokitadake.jpg

木曽駒ケ岳
60senjyokisokoma.jpg
千畳敷カールとホテルがよく見えます。

いつまでも見ていたい景色ですが、おばちゃんたちが上がってきてにぎやかになったので
退散です。

【6:10 仙丈ケ岳を出発】
景色の良い稜線を進ます。プチ縦走という感じです。

トウヤクリンドウ
61senjyotoyuakurindo.jpg

小仙丈沢カール
62senjyokaru.jpg
きれいな景色です。アルプスに来たなぁって感じ♪

ライチョウを探しながら歩きましたがいませんでした。
ホシガラスはいっぱいいました。

【7:01 小仙丈ケ岳】
山頂はにぎわっていました。
63senjyokosenjyo.jpg

ここでも標高ベスト3を
64senjyokosenjyobest3.jpg

あとはひたすら下るだけ。
10:00のバスに乗れるかな…

【7:04 小仙丈ケ岳を出発】
ひたすら下る

【7:46 5合目 大滝頭】
8:04 4合目
8:13 3合目
8:30 2合目
8:43 1合目

【8:54 北沢峠に無事に到着】
仙丈ケ岳から2時間43分、小仙丈ケ岳から1時間50分でした。
65senjyokitazawatogetyaku.jpg

10時までバスを待つのかなと思ったら、9時に臨時便が出るとのこと。
ラッキー。下から人を運ぶため仙流荘に戻るとのことでした。乗客は2人。
ゆったり仙流荘まで戻れました。

【9:55 仙流荘に到着】

高遠のさくらの湯で温泉。アルカリのぬるっとしたお湯が心地よい。
さっぱりして帰宅しました。

仙丈ケ岳のカールをまとった美しい山容はまさに南アルプスの女王でした。
景色も最高。また登りたい山です。

歩行距離 約9km
累積標高差 約1100m

仙丈ケ岳の記録はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:南アルプス |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

ブルさんの今年の夏山はどちらかな~? と
楽しみにしていました。仙丈ケ岳だったんですね。(^^)
南アルプスって、登山口までとぉい~。とか、樹林帯が長~い
とか、ネガティブなことばかり考えて、あまりじっくりとルート諸々
調べたことがなかったんだけど、3000メートル級の稜線の散歩道。
それに、カールが作り出す美しい景色。
こりゃぁ、行った人だけが感じることのできる絶景ですね~。
朝日に染まる雲や山並みがとってもきれい。
泊まったからこそで会える景色♪ 
やぁ、行ってみたいなぁ。ここ。
ブルさんの新しいパートナーも大活躍でしたねっ☆

最近はめっきり体力が落ちてきたので楽なところばかり計画して
います。南アルプスはバスを使わないと楽ちん登山ができないと
ころが面倒ですね。でも、行ってよかったです。仙丈ケ岳の3つの
カールは本当に美しく時間が許せばずっと見ていたいです。
泊りはお金がかかるけど、バスの時間を気にしての日帰りより
のんびりできていいですね。
ハスラーの車中泊、思ってたより快適でした。
来年は白馬かな。 

こんばんは♪
仙丈ヶ岳お疲れ様でした(^^)
仙丈小屋で泊まられたんですね!
去年登った時(もちろん日帰り(^^;))仙丈小屋から山頂までの少しの道のりが、とっても苦しかったのを覚えてます。
お天気いい日で良かったですね~!
朝早いと、雲海から山々が見えて何か感動的な風景ですね。
山頂から馬の背の写真がすごく素敵です!
日本1位2位がずっと見えてましたね。
小仙丈ヶ岳からのひたすら続く下り・・・結構キツイですよね(^ ^;)

こんにちは。
自分には仙丈ケ岳日帰りは厳しかったです。
仙丈小屋泊りでなければバスに乗り遅れてたと
思います。
小屋についたころにはガスってきてたので、あっさり生ビール
タイムにして翌朝登りました。景色最高ですね。
標高差1000m以上の下りはこたえますね。
3日間、筋肉痛でした。

ブルさん,ご無沙汰してます。
仙丈ケ岳でしたか、条件良いときに余裕をもったコース取りで満喫できたご様子。
大昔、北沢峠(長衛小屋か?)ベースで甲斐駒・仙丈ケ岳ピストンでしたがサブザックでも相当きつかった記憶が。広河原から林道歩いて北沢峠でしたから。
仙丈小屋、ロケーションも小屋もキンキン生ビールもいい感じですね。

返信遅くなりすみません。ちょっとでかけてたので。

最初は甲斐駒ヶ岳とセットでなんて考えましたが、
体が大きすぎて体力が持たないと判断してやめ
ました。正解でした。
仙丈小屋はロケーションがすばらしくのんびりできたのは
よかったです。
広河原から歩いたんですね。それはたいへんですね。
冬は戸台から入ると聞いてすごいなとも思っていました。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: