蓼科山(2530m) 360度真っ白 H22.6.20(日)

将軍平から見た蓼科山
19 syogundairakara

平成22年6月20日(日) 曇り(霧)

2:20 市川市を出発

5:45 大河原峠到着
風が強く、山頂は霧の中・・・6:30まで様子を見て
登ることに決めました。

6:43 大河原峠出発
01 ookawaratoge 
すでに2000mを越えています。

歩き始めは緩い登り
03 tozando1 

10分位すると少し傾斜がでてきますが
大した登りではありません。
04 tozando2 

こんなところもあります
05 tozando3 

ここは木場ですか?
06 kiba 
木から落ちないように慎重に歩きます。落ちたら足首まで水の中・・・

7:49 赤谷の分岐
07 akatani bunki 
ここから将軍平までは緩い下り。

自然の芸術 を発見!
08 geizyutu 

7:58 将軍平
蓼科山荘が建っています
09 tateshina sanso 
天気がよければ山頂が見えますが・・・雲の中
水分補給だけしました。

山荘の脇には花が咲いていました。
10 hana 

ここから蓼科山頂ヒュッテまでは大きな岩が
ごろごろ。急登です。
11 iwaba 

ペンキを頼りに歩きます
12 iwaba2 

山頂まで15分に励まされます
13 15fun 

8:32 蓼科山頂ヒュッテに到着
まわりは真っ白で眺望はありません。
14 sancho hyutte 

ヒュッテ前の看板
15 kanban

周りには可憐なコイワカガミがたくさん咲いています
17 koiwakagami 
唯一、目を楽しませてくれました。

山頂の三角点はどこ・・・?
18 iwayama 

8:37 山頂三角点を発見
16 sancho 

山頂ヒュッテまで戻って、山バッヂを購入。
おやつタイムにしました。少し待つも霧は晴れず・・・あたりは真っ白

9:05 山頂ヒュッテ出発
将軍平までは登ってきた岩場を下ります。

9:34 将軍平
一瞬、山頂がみえました。
19 syogundairakara 
ここから天祥寺原へ向けて一気に下ります。

途中、沢沿いを歩きます。水は冷たくて気持ちよい。
20 sawazoi 

10:48 天祥寺原への分岐
21 tensyojiharabunki 
今にも倒れそうな道標。これがなかったら不安になると思う。

こんな笹の間を歩く
22 sasa 
ズボンも濡れてしまう。

11:02 天祥寺原
23 tensyojihara 
予定では亀甲池、双子池、双子山とまわって大河原峠と
思っていましたが、霧が晴れないのでそのまま大河原峠に
向かいました。

大河原峠までは緩やかな登りが続きます。
24 sasahara 
晴れていれば静かで気持ちよい山歩きが楽しめそうです。

11:38 大河原峠に到着

今回の山歩き 
tatesinayama map 
tatesinayama danmen 

累積標高差668m 歩行距離7.7km
大河原峠6:43-赤谷の分岐7:49-将軍平7:58-
蓼科山頂ヒュッテ8:32-8:37蓼科山山頂9:05-
将軍平9:34-天祥寺原分岐10:48-天祥寺原11:02-
11:38大河原峠

大展望が期待できる蓼科山・・・360度真っ白でした。
いつかリベンジだ。
スポンサーサイト
Home |  Category:八ヶ岳 |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

ブルさんこんばんは。

あれ?ブルさんも山バッジ集めてたんですか?
アングラなイメージから、ちょっとはメジャーな存在になってきたのかも?

こんばんは。

山バッヂ、集めてます。
行ったところで買えそうなところでは
記念に買ってきてます。

一つの楽しみになっています。

期待の展望も霧で。。。
せっかくだったのに惜しかったですね。

下山したら、下は晴れだったなんてよくあることで。
でも、森林、笹原、岩場といい雰囲気出てます。

こんばんは。

三頭山も蓼科山も眺望なしでした。
梅雨にカッパなしで登れただけいいですよね。

蓼科山は初心者でもかなり楽しめる山
だとわかりました。
天気のよい日にリベンジします。

 こんばんは
梅雨の八ヶ岳は 南では、硫黄岳から横岳稜線のツクモグサ、
北では、双子池周辺のカラマツ林とサルオガセ、 それに
白駒池の林床の苔がいまでも目に浮かびます。

 頂上からの展望が得られず残念でしたね。私はブルさんとは逆に
天祥寺原から登りましたが、やはり真っ白でした。
頂上ヒュッテはいつもクラシックの流れる静かな小屋です。

 現役の方はなかなか時間がとれなくて大変でしょうが、
私は山の中にいることが登ることと同様に好きなので
山頂の小屋や麓の温泉でのんびりしてしまいます。
    (山行クロニクルNo20,No10)
 ブルさんの山の世界、どんどん拡がっていますね。
この先が楽しみです。

こんにちは。

展望がなくちょっと残念でしたが、
いろいろ変化がある登山道は楽しかった
です。

行ってみたいところがありすぎて
悩んでいます。八ヶ岳には、7月は平日に
休みをとって1泊で行きたいなと思っています。
とれればですけど・・・

頻繁にトレッキングなさっているんですねv-290

うらやましいですv-363

ペンキを頼りに歩くのも楽しそうですね!

STAFF鶴貝は今年尾瀬に挑戦しようと思ってます!!



こんばんは。

中年になってくると時間が惜しくなってきます。
いつまで元気に登れるのかなぁと。
登れるうちに登っておきたいと思っています。

尾瀬、いいですね。私も行ったことがありませんが、
雪が降る直前くらいに至仏山に行けたらなぁと
思います。

私は、夢に向かってがんばっているみなさんのような
若者がうらやましいですよ。がんばってくださいね。

ブログ、ちょこちょこのぞいているので、
山に行ったらぜひレポートしてくださいね。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: