スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

南八ヶ岳プチ縦走(2) H22.7.22-23

その1はこちら

赤岳から見た横岳、硫黄岳方面
27 kitahomen



7月23日(金) 晴れ

4:15 目が覚めました・・・

4:30 ご来光を見に外にでます
富士山が見えました・・・やっぱり富士山にはテンション
35 fuji 

赤岳天望荘の夜明け
36 tenboso yoake 

朝日に染まる赤岳
37 akadake 

雲海の上に浮かぶ山々は幻想的です。
山小屋に泊ってよかった~と思う瞬間でした。

朝ごはん・・・このほかにも何種類かおかずや
果物があります。バイキングはうれしい。
38 asagohan 

6:05 赤岳天望荘を出発

東側には金峰山、国師ヶ岳などが見えます。
五丈石もはっきり見えますね。
39 kinpusan 

6:10 地蔵の頭
地蔵尾根をあがるとここで稜線にでます。
40 jizonoztama 

これから向かう日ノ岳への稜線
41 23mine 

二十三夜峰の巻き道に最初の梯子
42 hasigo 
とくに怖さはありません。

振り返ると赤岳と阿弥陀岳の雄姿。
かっこいい。
その奥に甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳。
43 akadake amida 

東面を歩きます
44 torabasu 

日ノ岳の手前は20mのスラブの鎖場。
ここが一番登りにくかったです。だいぶ鎖を
頼ってしまいました。
44 surabu 

こんどは鉾岳の西側をトラバース
46 torabasu2 

石尊峰からみた景色
富士山、茅カ岳、黒岳などが見えます。
47 fuji 

パノラマ
48 panorama 2 

7:05 三叉峰に到着
50 mitsumatamine 

無名峰(2829m)付近から
赤岳と阿弥陀岳。奥には北岳も見えてきました。
51 minamialps 

南アルプス 
 53 minamialps2

梯子を登ります・・・すると・・・
54 hasigo 

7:20 横岳(奥ノ院)に到着。
55 yokodakesancho 
ちょっと休憩。

台座の頭へ
56 daizanoatama 

ここからが一番緊張するところ。

これから向かう、上から見たカニの横ばい
57 kaninoyokobai 
人が歩いているのが見えますか?

まず、鎖場を下降。その下に梯子がかかる。
56 hasigo 
鉄の橋を歩くと西側へ移り、鎖場を下降。
そしてカニの横ばい
58 kaninoyokobai2 
といっても足場はしっかりしているので
普通に歩けます。

振り返ると横岳と富士山
59 yokodaketofuji 

台座の頭付近はコマクサの群生地
60 komakusa 

硫黄岳が近い
61 ioudake 

赤岩の頭もよく見えます
62 akaiwanokasira 

8:05 硫黄岳山荘。ちょっと休憩。
63 ioudakesanso 

夏空にやさしい山容の硫黄岳
64 kerun 
ケルンに導かれます

横岳を振り返る
65 yokodake 
なだらかで優しい山容の裏側は切りたった
爆裂火口・・・びっくりしました
66 bakuretukako 

8:35 硫黄岳(2760m)山頂。
67 ioudake sancho 

山頂では中学生が歌を歌っていました。

南八ヶ岳の雄姿・・・かっこいい
68 minamiyatugatake 

御料局の三等三角点がありました。
69 sankakuten 

赤岳。文三郎道がはっきり見えます。
70 bunzaburo 

9:05 下山開始。

9:20 赤岩ノ頭
70 bunzaburo 

硫黄岳をふりかえります
72 ioudake 

ここからは樹林の中をジグザグに降りて行きます。
暑く、長い下り・・・
途中、ちょっと見える阿弥陀岳
73 amida 

10:20 赤岳鉱泉。お水をいただく。
この水がとてもおいしい。
74 akadakekosen 
休憩20分

10:40 出発
75 akadakekosen2 

沢を何度も渡ります
76 sawa 

12:05 美濃戸に無事到着。
78 p 

やまのこ村で赤岳と硫黄岳のバッヂを購入。横岳はありませんでした。

yokodake ioudake map 


yokodake ioudake 


2日目 7月23日(金)
 6:05 赤岳天望荘
 6:10 地蔵の頭
 7:05 三叉峰
 7:20 横岳(2829m)
 8:05 硫黄岳山荘
 8:35 硫黄岳(2760m)
 9:05 下山開始
 9:20 赤岩ノ頭
10:20 赤岳鉱泉 着・休憩
10:40 赤岳鉱泉 発
12:05 美濃戸
累積標高差 +260m -1300m
移動時間 約5時間10分
移動距離 約9km

2回目の山小屋。
八ヶ岳は鎖やはしごで難しいと思っていましたが、
天候の安定している梅雨明け直後を狙って
行ってみました。さわやかな風の中、雄大な
八ヶ岳の山々を歩けたことは素晴らしい経験と
なりました。秋にも行ってみたいです。

八ヶ岳で出会った花はこちら
スポンサーサイト
Home |  Category:八ヶ岳 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

雲海からの日の出、素敵ですね。
私は拝んでみたくなりました。

南八ヶ岳の山容にもそそられました。

おはようございます。
コメントありがとうございます。

南八ヶ岳の山々はかっこよかったです。
鎖やはしごが連続しますが、全体的には
登りやすく、ちょっとした岩場の練習になると
思いました。

ほんとうに日の出の美しさはすばらしかったです。
山小屋での時間も楽しいです。

夏の八ヶ岳も いつか行ってみたいです。
カニの横ばい・・・冬結構いやらしい場所でした・・・

夏山って感じでキレイです。
RRが帰ってきたら行ってみたいです

八ヶ岳の核心部ですね。
梅雨明け後のいいとき狙いましたね。
写真も素晴らしいです。
まさに、夏山~!って感じが出てます。

夏のシーズンはまだ続きます。
さあ、次はどこへ?

こんばんは。

ありがとうございます。

自分の力量では夏に登るのが精一杯。
冬山へのあこがれもありますけど、
この年では難しいですね。

八ヶ岳はすばらしいと言うことがわかりました。

こんばんは。

自分の力では梅雨明け直後を
狙うしかありませんでした。
仕事も無理を言って休ませてもらい
なんとか登れました。

もう少し力をつけて、確実にいろんな
山に登れるようになりたいです。

八ヶ岳はすばらしい山でした。

次は至仏山に行く予定です。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。