磐梯山 宝の山よ~♪ H23.6.4(土)

噴火記念館付近から撮影した磐梯山
00 hunkakinenkan bandai 

高速道路の休日1000円が無くなってしまうので、ちょっと遠くにと思い、
福島へ遠征してきました。福島も応援したいし。

磐梯山は20年くらい前に八方台から1回、猪苗代スキー場から1回登っています。

山歩きを始めてからは初です。

今回はうまくいけば百名山を3つピークハントするつもりでした・・・


1:45 車中泊の準備をして市川市を出発。

東北道を順調に走っていましたが、白河を過ぎると道路に段差や
うねりがあり、震災の爪痕を感じることになりました。
磐越道に入ると霧がかかってきてどうなることかと思いましたが
アルツ磐梯付近からはきれいに磐梯山が見えました
01 bandaisan arutukara


4:50 八方台駐車場に到着。

02 happodai 
すでに車が数台・・・ん?・・・バスが1台・・・
こんな早くから団体さんか・・・すでに出発しているようです。

5:02 八方台登山口を出発

中ノ湯までは緩やかな広い道
03 bandai tozando1 

オオカメノキがいっぱいあります
04 ookamenoki 

硫黄のにおいがしてくると・・・

5:24 中ノ湯

今は使われていない中ノ湯の跡です
山頂まできれいに見えていてテンションあっぷです
05 nakanoyu1 

ところどころつつじが咲いています
06 bandai tutuji 

中ノ湯を過ぎると道も細くなり、傾斜も少しきつくなります。
08 bandai tozando3 

弘法清水までほとんどが樹林の中ですが、何カ所か展望の開けた
場所があります。

吾妻連峰方面
09 azumarenpo 

檜原湖
10 hibarako 

自分のペースで歩いていると前方に数人人が見えました。
ほどなく追いつくと、一番後ろの人が「団体で20人くらいいるんですけど
追い越しますか?」
「えっ、20人ですか・・・」
まいりました。登山道は細く抜けないこともありませんが、かなり長い列に
なっているようであきらめました。仕方ないので次の休憩ポイントまで
ついて行くことに・・・結局、弘法清水まで延々団体の後ろを歩くことに。

あんなに大勢で登って楽しいのかなぁといつも不思議に思います。
でも、抜きますかと声をかけてくださっただけでもありがたいですね。
平気で登山道を占拠している団体もいますから・・・

6:31 弘法清水
11 koboshimizu 

団体さんは10分休憩だそうで、私も休憩したかったのですが、できるだけ
早く山頂に着かないと団体さんに山頂を占拠されるので、弘法清水をいっぱい
いただき、山頂を目指しました。

弘法清水からは急登
12 bandai tozando4 

あわてて登っていたせいもあり、ちょっと疲れたせいもあり、注意力が散漫だったので、
頭上の木に気付かず枝で頭を少し切ってしまいテンションが下がりました。
かすり傷でよかったですが・・・気をつけねば。

でも、花にちょっと癒され元気に。
山桜かな
13 bandai hana1 

ミヤマキンバイ
14 miyamakinbai 

登山口から休憩なしで歩きっぱなしだったので、最後の急登はちょっと疲れました。

ガレ場をひと登りで・・・

6:56 磐梯山(1819m)
15 bandai sancho 

三角点
16 bandai sankakuten 
説明付きです

17 bandai sankakuten2 

360度の展望です。遠くは霞んでいますが、この時期ではまずまずではないでしょうか。

眼下に大きな猪苗代湖

18 bandai inawasiroko 

反対側には吾妻連峰から安達太良山方面までよく見えます。
19 bandai pano 

さらに左の方を見ると八方台の駐車場や中ノ湯も見えます。
八方台
20 sancho happodai 

中ノ湯
21 sancho nakanoyu 

八方台の奥には猫魔・雄国
23 nekoma 
スキーのコースがいっぱい。

櫛ヶ峰は小さな八ヶ岳みたいな稜線
22 kusigamine 

と思っていると団体さんがあがってきて一気に
喧噪の山に変化。


で、飯豊山は・・・探してみるとうっすら見えました
写真でわかるかな~?

24 iidesan 
飯豊山には団体さんは気付かなかったみたいです

うれしくて大きな声で感動するのは全然気にならないのですが、
携帯電話は勘弁してほしいです。
家族だか友人だかわかりませんが、無事を知らせるだけならまだしも
あれが見える、これが見えると・・・うるさい。家に帰ってからにしてくれ。

あまりにもひどいのでそそくさと下山。団体のうしろを歩くのもいやだし。
もう少しゆっくりしたかったけど・・・

山頂標は一段下がったところにあります。
25 sanchohyo 

7:16 下山開始

来た道を戻ります。

7:33 弘法清水
おいしい清水を2杯いただいちゃいました。
売店が2軒ありますが、時間が早かったので開いていませんでした。
バッヂが買えなくて残念。

8:17 中ノ湯

8:34 八方台駐車場

下山したら、駐車場は満車。びっくりしました。けっこうな人とすれ違ったけど
こんなに多いとは。

今回の記録
歩行距離 約7.1km
累積標高差 約690m

地図
bandaisan map 
断面
bandaisan danmen 
行程
八方台登山口5:02-5:24中ノ湯-6:31弘法清水-6:56磐梯山山頂7:16-
7:33弘法清水-8:17中ノ湯-8:34八方台登山口

やっぱり団体で登る楽しさがわからん。数人のグループは楽しいと思いますが・・・

バッヂが残念。でも次回の楽しみとっておきます。

このあと、西吾妻山に登ろうと思いグランデコに行きましたが、ゴンドラが休止。
デコ平まで林道をあがろうと思いましたが、時間が遅かったので下りてくる車と
すれ違うのがいやだなと思いあきらめました。

明日登る予定だった安達太良山へ向かうことにしました。
スポンサーサイト
Home |  Category:福島県の山 |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

 こんばんは
 自然を満喫する静かな歩きに慣れてしまうと
団体の騒々しさはつらいものがありますね。

 早朝登山、車中泊を挟んで、磐梯山、吾妻連峰、安達太良山
方面でしたか・・・。
この辺りの峰は秋に歩くことが多かったのですが
初夏の緑もいいですね。
 安達太良山のレポ、楽しみに待っております。

なかなかの急登に見えます。。。
しかも 20人抜きとなると、さすがに考えますよね(笑)

猪苗代湖を見下ろす雄大な景色、素晴らしいです!

いよいよシーズン到来っ。
今年もブルさんのレポを刺激に、頑張ろうと思います o(^0^)o

こんばんは。

磐梯山は3回目でしたが、考えてみたら
いずれもこの時期でしたね・・・スキー場から登ったときは
残雪があって道がどっちだろうと考えたのを思い出しました。

紅葉のころもいいでしょうね。
季節とコースをかえてまた登りたいです。

今回は車中泊の準備をしていったのですが、結局日帰りして
しまいました。1日目に西吾妻山に登れなかったので・・・
日曜日は4時までに帰宅だったので西吾妻山は次回の楽しみに
しました。

こんばんは。

このコースは急登は山頂の手前だけで
たいしたことはありませんよ。スキー場からは
けっこうたいへんだった覚えがありますが・・・

手軽に登れる割に景色はすごいです。
独立峰なので360度の展望です。
福島を応援する意味でもぜひお出かけください。

素晴らしい天気に恵まれましたね。
東北の山は、独立峰が多く、登ると、遠隔地の独立峰が眺められ、楽しい気分になります。
学生時代に東北にいたので、そこそこ登りましたが、関東や中部の山とは趣が違って楽しい山々です。
写真、楽しませていただきました。ありがとうございます。

こんばんは。
東北の山もいいですね。たくさん登りたいですが、
高速が高くなるので遠のいてしまいそうです。

磐梯山からの眺めはやはりすばらしかったです。
バッヂもほしいのでもう1回登りに行きたいです。

ブルさんはハシゴしたんですねっ、貪欲♪
私も、今度は吾妻山登りたいなと思ってます!
ご一緒できたらいいですね~^^

こちらにもありがとうございます。
なかなか行けないもので欲張って登ってきました。
次はのんびり山行にしたいですね。

でも、西吾妻山と一切経山とか1日2山行っちゃうかも・・・
やっぱり秋にのんびり歩く方がいいかな・・・

機会があればぜひご一緒にお願いします。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: