スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

南相馬市でボランティア H23.7.9(土)

平成23年7月9日(土) 晴れ

福島県南相馬市に行ってきました。
目的は職場で集めた義援金を届けることとボランティアを
することです。

南相馬市は津波と原発の両方の被害を受けたたいへんな
ところです。津波による被害は約6,000戸に及んでいます。
また、福島第一原子力発電所から20km圏内の避難指示区域、
20~30km圏内の緊急時避難準備区域、計画的避難区域を
抱えています。

今回は20~30km圏内の緊急時避難準備区域にある原町区
でボランティアをしました。放射線量は約0.5マイクロシーベルト。
ここで生活をしている人が多くいます。私たちにできることは
微々たることですが、少しでも役に立てればと考えました。

受付を済ませ、レクチャーを受けてボランティアへ。

今日の仕事は「流失物の洗浄作業」でした。
津波で流失してしまい、回収された写真、葉書、賞状などの泥を落とし
きれいにする作業です。持ち主にできるだけきれいな状態でお返しできる
ようにていねいに作業をしました。

作業をしていると写真の笑顔をが目に入りますが、あの地震で何もかもが
変わってしまったんだと思うと複雑な気持ちになりました。持ち主の方が
生きていてくれるとよいなあとも考えました。

短い時間でしたが、協力できてよかったです。

ボランティア終了後、海の方へ行ってみました。
ニュースでは見ていましたが、実際に自分の目で津波の爪痕を見て愕然と
しました。こんなにもすごいのか・・・と。
加えて原発の被害にも苦しんでいらっしゃる人が多くいます。
私たちができることは小さな事ですが、多くの人が参加することで大きな力と
なると思いました。また機会があれば行きたいです。

いただいた帽子
04 cap

車からみた光景
土台だけを残してすべてが流失している・・・
03 nohara

船が至る所に・・・
01 minamisoma

倒れた電柱
02 denchu


がんばれ福島! 
スポンサーサイト
Home |  Category:その他 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

行かれましたか。
地域によって被災の違いはありますが、土台しか残ってない光景を初めて見たときは、言葉に詰まりました。
つぶれたクルマ、丘に上がった漁船、1階部分が柱しかない住宅、なぎ倒されたガードレール。

一人が数時間やったてどうにもならないですが、それを積み重ねなければ前には進みませんよ。
真っ黒に日焼けしたた若者が、茶髪の髪を無造作に結わえた女の子が、スコップ片手に泥出し。おじさんをやる気にさせてくれました。

こんばんは。

行ってきました。
想像以上の光景に愕然としましたが、
私たち一人一人ができることをすることが
大切なんだとあらためて感じました。

日本の若者は・・・などと言われることもありますが、
どうしてどうして、日本の若者は素晴らしいですね。

ブルさん、エライ~
おつかれさまでした!!!

こんばんは。
ボランティアといってもたいしたことは
できませんが、気持ちだけでもということで
やってきました。

今日は尾瀬に行ってきましたよ♪

随分と遅いコメントとなってしまいましたが、
お疲れ様でした。

日々の忙しさに、ただ押し流されるように暮らしている
自分にとって、ブルさんの行動力は実に尊敬するものが
あります。

こんばんは。
ありがとうございます。

職場の仲間と行ったので行けたという感じです。
1人では踏み出せなかったと思います。

今後は福島に遊びに行くことでも貢献したいと
思っています。閑散とした観光地は寂しいものが
ありますので。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。