富士山 今年こそ剣ヶ峰へ H23.8.9(火)

昨年は山小屋に泊まり、起きたら暴風雨・・・


今年はそのリベンジです。
二の舞にならないように好天を狙って日帰りで山頂を目指します。
(厳密には車中泊ですが・・・)

8月8日 車に登山道具一式を積み仕事へ。
20:30 仕事終了後、コンビニで買い出しをして、いざ富士山へ。
      海老名SAで晩ご飯。

23:00 富士スカイライン 新五合目駐車場に到着。

空は満天の星。登山が楽しみに。缶ビールを一本飲んで仮眠。

8月9日
3:00 起床

3:49 新五合目(2400m)を出発。
01 fujinomiya gogome 

4:04 六合目(2490m)を通過。

しばらくすると空が明るくなってきました
02 houei yoake 

5:00 新七合目(2780m)を通過。

下を見ると雲海に愛鷹山が浮かんでいます
03 fuji asitakayama 

ここまで順調に高度を稼ぎます。

鳥がいました
04 tori 
なんていう鳥? イワヒバリでしょうか?

宝永山の方を見ると登山者が見えました
05 houeizan tozansya 
御来光を見ているのではないかと思います。

上を見上げると八合目あたりまでが見えます
06 hatigome miageru 

ふと見ると富士山の影が空に映っています。
07 fujikage 
ブロッケン現象みたいです

5:19 御来光です。
08 houei goraiko 
御来光といっても山から太陽が顔を出すだけなので
日の出ではありませんが・・・

5:38 標高3000mを通過
09 3000m 

5:41 元祖七合目(3010m)に到着

ちょっと休憩です。
八合目がすぐ上に見えます。
10 gansonangome 

5:53 出発

3000mを超えて、だんだん辛くなってきます。

八合目の手前が急登できつい
11 hatigometemae 

6:24 八合目(3250m)に到着

ここでも休憩。
息があがるので、深呼吸。

下を見ろすとけっこう登ったのを実感
12 hatigomekara 

6:38 出発

すぐに鳥居が見える
13 hatigome torii 
ここから浅間大社奥宮になるらしい

九合目は見た目近い・・・
14 9gomemiageru 

が、なかなか着かない感じ・・・

九合目手前がきつくなんとかたどり着く。

7:23 九合目(3460m)
ここでも休憩
すでにバテバテ

下からガスがあがってくる・・・
15 9gomne gas 


急いだ方がよいのか・・・

7:48 出発

歩みは遅い・・・

雪渓が残っていました
17 fuji sekkei 

ゆっくり歩きなんとか九合五勺に

8:28 九合五勺(3590m)

見上げると山頂は快晴だ♪

18 9go5syakukara


8:44 出発

少し歩くと山頂の鳥居の頭が見えます
19 sacho toriimiageru 

しかし、これが見えてからが長い。急登の連続で
疲労はピークに。

やっとの思いで鳥居までたどりつく
20 sancho torii 

9:30 富士山頂 浅間大社奥宮(3750m)に到着
21 sengentaisya 

きれいなトイレに200円を払い、その後は休憩

9:50 剣ヶ峰を目指す
22 kengamine 

馬の背と呼ばれる道はかなり斜度があり、しかも滑る
23 kengamine2 
必死に登る

10:12 剣ヶ峰 日本最高地点の碑(3776m)
24 fujisaikotennohi 

昨年のリベンジ達成です。ちょっと感動しました。

一番高い赤い点を探す
あった!
25 hontounosaikouten 
お金に野球のボールが置かれていました。

おにぎりを食べながら、しばし楽しむ

火口は迫力満点
26 fujikako 

吉田口の頂上付近を見ると
布団を干しているようだ
27 yosidaguti 
昨年はここまででした。ここから火口が見えなかったとは・・・

剣ヶ峰で夏の雲のもくもくを楽しむ
28 kengamine3 

富士山の三角点
29 fuji sankakuten 
二等なんですね

説明付き
30 fuji sankakutensetumei 


10:32 名残惜しいが下山開始

馬の背を下る
31 umanosekudaru 
急だが下りは早い

10:42 浅間大社奥宮(3750m)

11:05 九合五勺(3590m)

11:25 九合目(3460m)
ここでちょっと休憩

11:34 出発
このあたりから下りが辛くなる・・・

夏の雲だなぁ・・・
32 fuji kumo 

12:05 八合目(3250m)

12:38 元祖七合目(3010m)

かなり疲労・・・ガスがかかってくる・・・

13:19 新七合目(2780m)
小雨が降り出し、ザックカバーをする

13:25 出発

14:12 六合目(2490m)通過

14:31 新五合目(2400m)に到着


本日の行程
歩行距離 約7.5km
累積標高差 約1390m

新五合目3:49-六合目4:04-新七合目5:00-標高3000m5:38-5:41元祖七合目5:53-
6:24八合目6:38-7:23九合目7:48-8:28九合五勺8:44-9:30山頂・浅間大社奥宮9:50-
10:12剣ヶ峰10:32-浅間大社奥宮10:42-九合五勺11:05-11:25九合目11:34-
八合目12:05-元祖七合目12:38-13:19新七合目13:25-六合目14:12-14:31新五合目

地図
fujisan2 map 

断面
fujisan2 danmen 

昨年のリベンジ達成です。
快晴の富士山頂は気温約11度。私にとっては快適な温度で、
半袖で十分でした。山頂に着く頃には下界がガスってしまった
のがちょっと心残り。お鉢巡りもしていないので、次回は空いている
御殿場口か富士宮口の山室に泊まり、景色を堪能できればいいなと
思います。

足は筋肉痛ですが、とても楽しい山行でした。
やっぱり富士山は見るだけの山じゃないです。
スポンサーサイト
Home |  Category:富士山 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

おつかれさまでした~!
感動もんですね。
やはり富士山は登った者でしかわからない魅力があるんでしょうね。
ブロッケンもきれいです。
軌跡断面が富士山型です、当たり前か(*^^)v

こんにちは!
富士宮口からは急登の連続で
八合目あたりからかなり疲れました。

富士山の影が空に浮かんでいるのには
びっくりしました。きれいでした。

比較的空いている御殿場口の山室に泊まって
ゆっくり歩くのがいいかなと思いました。

富士山のリベンジ登山、ご苦労様でした☆
すばらしいお天気に、快適な気温、登山日和でしたね(^^ゞ

私は9年前に一度登ったきりですが、
上から見下ろす、富士山の裾野の雄大さは
今でも心に残っています! もちろん御来光も♪

私のリベンジしたい山は…双六岳かな。
雨で真っ白な世界しか記憶にありません^^;

こんにちはー

富士山行かれたんですね(^^)
僕も1回目は土砂降り、2回目は夕方6時から登り、
御来光を見ました!

やっぱり3000m超えて来ると酸素が薄いの実感します^_^;
天気が持ち、いい山登りでしたね!

 現役故の苦しい日程にもかかわらず、最近の山行は躍動感に
溢れていて、如何にも山が好き、山の中に居るのが楽しいという
雰囲気に満ちていますね。 拍手を贈ります。

 通勤の往き帰りに もう次の峰をあれこれ考えていらっしゃるのでしょう。
私にもそんな時がありました。
そろそろ初秋の北岳や穂高岳をじっくり歩かれては如何でしょう。
いずれ 雪山を歩かれることでしょうから・・・。

こんにちは。
富士山、今年はいい天気でよかったです。
仕事後、直行でちょっと疲れました。
今日も筋肉痛です・・・

双六ですか・・・行ってみたいです。
真っ白はやっぱりリベンジしなきゃだめですよね。
私は谷川岳、蓼科山と真っ白だったので
いつかリベンジに行きます。

こんにちは。
富士山、行っちゃいました。
3000mからはほんとうに空気が薄く
大きく息を吸いながら登りました。

今回は家族に見放され一人で登りました。
息子はめんどくさいと・・・まったく。
一人でこんなに素晴らしい経験をするなんて
もったいないなぁと思っています。

ふろどさんたちのようにわいわいもいいですよね。

こんにちは。
富士山、仕事終わりで疲れましたが、楽しく
歩けました。

北岳も穂高岳も行ってみたいですね。2泊3日の
時間がとれればぜひチャレンジしたいと思っていますが・・・
金曜日、仕事終わりで車中泊、肩の小屋か北岳山荘泊まりで
行けそうな気もします。
穂高は予備も入れて4日の日程がほしいですね・・・
岳沢小屋から重太郎も行ってみたい・・・

頭の中ではいろいろ考えちゃいますね。

お疲れさまです。
やりましたね。よい天気で羨ましいです。
いまのところ、富士山にまたいきたいとは思わないのですが、頂上からの展望には、やはりいいな、と思います。

あすからまた、ちょっと登ってきます。

こんばんは。
下界はガスってよく見えなくなってしまいましたが、
山頂は快晴でした。
とりあえず昨年のリベンジができたので良かったです。

明日からどこへいらっしゃるのでしょうか?
レポ、楽しみにしています♪

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: