スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

笠取山 多摩川の源で絶景を楽しむ  H23.11.13(日)

小さな分水嶺から見た笠取山
05 bunsuirei1 


平成23年11月13日(日) 晴れ

多摩川の源を見に笠取山を目指しました。
私が多摩川は生まれてから高校生2年までを過ごした
東京都大田区を流れる川です。河川敷で野球やサッカーを
したり、サイクリングや釣り、川遊びなどをしたり遊び場
でした。小さい頃、多摩川の最初はどんな風になっているの
だろうとよく考えていました。今回、やっとそのチャンスが
やってきました。

3時過ぎに市川を出発。

中央道・勝沼インターから40km近くあります。大菩薩ラインから
一ノ瀬林道に入ると道が狭くなりますが、全線舗装で問題ありま
せんでした。

5:50 作場平登山口に到着

準備をすません、出発です。

6:10 作場平口

歩き始めは緩やかな登り。道も広い。

6:45 ヤブ沢

ずっと沢沿いで心地よい。何度も沢を渡るが橋が整備されていて
問題なく歩けます。

7:21 ヤブ沢峠

ここから笠取小屋までは林道です。

7:36 笠取小屋

ここからはきれいに大菩薩嶺が見えました
01 kasatorikoya daibosaturei 
ここから見た大菩薩嶺はかっこいいですね。

笠取小屋前にはバイオトイレ
02 kasatorikoya wc 

7:42 出発

整備された登山道をのんびり歩きます。

小さな分水嶺へ 
03 chiisana bunsuirei

ちょっと高くなったところが分水嶺です。

7:55 小さな分水嶺

ここに降った雨が流れる方向によって
富士川、荒川、多摩川のいずれかの
川の水となるそうです。
06 bunsuirei2 

きれいな富士山が見えてテンションアップ♪
04 bunsuirei fuji 

8:00 出発 いよいよ笠取山直下の登りです

07 kasatoriyama sita 
写真では伝わりにくいのですが、壁のような斜度です。

途中で写真を撮ります。
08 kumonoline 
雲のラインがお気に入りです。

8:32 笠取山(西・山梨百名山の標柱)
09 kasatoriyama sancho 
バックには富士山

富士山
10 kasatoriyama fuji 
美しいです

北岳
11 kasatori kitadake 

富士山と三ツ峠山、御坂黒岳
12 kasatori fuji mitutoge 

南アルプスの山々のパノラマ(クリック2回でより大きく)
13 kasatori minamialps pano2 

大展望です

大菩薩嶺・丹沢・富士山から南アルプスまで一望パノラマ
14 kasatori pano1-2 

国師ヶ岳方面
15 kasatori pano2-1 

農鳥岳・西農鳥岳
17 kasatori noutori


いつか歩いてみたいあこがれの稜線

青い空に白い雲が心地よい
18 kasatorisanchokara 

先々週の湯の丸山に続き、写真を撮りまくり。
おやつも食べ、出発

8:54 西山頂を出発

狭い尾根道を歩きます。ちょっとした岩場もありました。

9:02 標高点の山頂に到着
19 kasatori hyokoutensancho 

こちらは埼玉県にあるようです。

いよいよ多摩川の最初の一滴を目指します。

9:24 水干
21 mizuhi 

最初の一滴がしたたるところです。

この下に多摩川の源の湧水場所があります。
坂を下り見てきました

9:34 多摩川の源
21 tamagawanominamoto 

ここから138km先の東京湾へ流れていくんですね。

水はとてもきれいです。

笠取小屋に向かう途中に見上げると熊棚のようなものが・・・
23 kumadanakana 
これって熊棚ですか?

分水嶺の丘をの上にはきれいな青空が広がる
24 bunsuirei sora 

10:01 笠取小屋

水場 冷たくて気持ちよかった
25 kasatorikoya mizuba 

きれいな沢がたくさんあって貴重な水源であることが
わかりました
27 sawa2 

10:41 一休坂

10:46 一休坂分岐

11:04 作場平登山口

今日のコース

歩行距離 約10km
累積標高差 約690m

地図
kasatoriyama map 

断面
kasatoriyama danmen



多摩川の思い出に浸りながら歩きました。
たまには幼少の頃を思い出すのもよい
ものですね。
スポンサーサイト
Home |  Category:山梨の山 |  コメントアイコン Comment15  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

ううーん、先に行かれてしまいましたね。。
今年の秋は、このあたりに行きたかったのですが、
ごたごたしたり、体調悪く、いまだかないません。
でも、リアルな感じが見て取れ、とても参考になりました。
なかなかの展望みたいですね。
ぜひ、行ってみたいです。

良いですね、源探しの山歩きって。
それも分水嶺は感動ものです。
ほんとの最初の1滴が、周りからの沢を呼び集め、野を流れ海へ。
沢登りもやりたいです。

こんばんは。
狙っていましたか・・・なかなかよかったですよ。
多摩川はなつかしい思い出の川なので、感動も
大きかったです。
もう少し時期が後だと雪をかぶった南アルプスが
見えると思います。

体調、大丈夫ですか?早く復活できるとよいですね。

こんばんは。
川の源頭に行ったのは初めてです。
ここから川が始まるというのはなかなかの
感動でした。
分水嶺もすごいですね。3つの川の境目も
初めてでした。
どの沢も水がきれいで癒されました。

素晴らしい展望ですね~☆ 
山頂からの雄大な景色がとても良いですね!
私好みな山だわっ♪ と、レポを読んでいました ^^

そう言えば、、、先日の日光旅行の帰りに、戦場ヶ原を
少し歩いてきましたよ (^0^)
義父が車の中で待っていたので、木道を少し散策する程度しか
歩けませんでしたが、とてもとても素敵な場所でした☆
必ずや、またいつか訪れたいです!!
あの広い湿原をゆっくり時間をかけて歩きたいな~♪

こんばんは。
山頂手前以外は急登も無くわりとすんなり登れ
展望がよい、なかなかの山でした。
北側は樹林で展望がきかないのがちょっと残念。

戦場ヶ原、いいですよね。こっちの小学校は日光に
修学旅行や林間学校でいくので、みんな戦場ヶ原を
歩いたことがあります。私も行きました。
男体山が目の前にど~んと見え、いいでよすよね。
今度はぜひ男体山や日光白根山、太郎山を歩きに
いらしてください。

 いつもの早出で 今週は多摩川水源の笠取山でしたか。
素晴らしい天気に恵まれ 晩秋を満喫されたようですね。
この山塊、一之瀬林道を使うときは私は三ノ瀬に車を置くことが多く、
作場平は使ったことがありません。駐車場は広いのでしょうか?

 直下のスキー場のジャンプ台のような防火帯は他に無い特徴が
ありますし、あの茫洋とした大菩薩嶺も北から眺めると 意外と
ピラミダルで見なおしますよね。

 ますます充実した貴ブログ、これからも楽しみにしております。

こんばんは。
子どもの頃からの疑問を解消しに行ってきました。
なかなかおもしろい山でした。
作場平の駐車場は30台近くおけます。
私が着いた6時前は2台。笠取小屋に泊まった方と
思われます。下山後は、マイクロバス含め20台以上
とまっていました。
大菩薩は笠取から見ると鋭鋒でなかなか男前でした。

はじめまして。突然の書き込み失礼致します。

ブログの方を楽しく読ませて頂きました。

是非、私のサイトの方でリンクをさせて頂けたらと思いまして、
書き込みを致しました。

お手数ですが、ご確認して頂けたら幸いです。
また、もし可能でしたら相互リンクをして頂けないでしょうか?

どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

すみません。

リンクをしたページのURLを入れてなかったです・・・

http://sai.sakura.ne.jp/modules/links/

どうぞよろしくお願い致します。

はじめまして、こんばんは。
ブログへのコメントありがとうございました。
相互リンク完了しました。
今後ともよろしくお願いいたします。

ブルさん こんばんはe-133
私も5月に笠取山行きました。
生まれも育ちも川崎の私には多摩川は想い出いっぱいです。
やっぱり最初の1滴e-330は見なくおかなくてはなりません。
とてもいい登山道でしたね。
しかし、体調があまり良くなく最後の急登前に敗退…ざんねん。

とても素晴らしい笠取山ですが、アクセスが悪い…
でもアクセスの悪さである程度の登山客で押さえられているのかと思います。
大賑わいにはなってほしくない…ダメですかね?

笠取小屋下の湧き水おいしかったぁ~

またお邪魔します♪

こんばんは。
clioneさんは川崎出身ですか。
私は大田区出身ですので川を挟んで反対側ですね。
多摩川育ちという点では同じですね。

5月21日に登られたんですか。この日は私は筑波山に
行きました。夏ような暑い日で汗を搾り取られました。
笠取山の山頂はふたつありますが、二つを結ぶ尾根歩きは
ちょっと狭かったり、岩があったりでおもしろかったので、
ぜひ。
多摩川の源流は静かであってほしいですね。
私もまた登ってみたいです。
わき水、冷たくておいしいですよね。

ブルさん こんにちは(^^)

熊棚って初めて知りました。
高いところにあるんですね!
九州と違って 熊の存在が現実的です。

富士山を遠くに望む眺めは とても綺麗ですね。
まるで絵画のよう。
富士山は飛行機の中からと 江ノ島からぼんやりした姿を眺めただけしかありません。
九州にも 〇〇富士と呼ばれる山がありますが、本家本元をもっと近くに眺めてみたいですv-290

こんにちは。
熊棚はくりやミズナラなど熊が好きな実のなる木に
登った時のあとです。この写真はヤドリギという
木に寄生する木だと思われます。
ただいたるところに熊出没注意の看板があるので
がさがさ音がするとちょっと緊張します。これまでは
すべて鹿ですが・・・

富士山は登ってみるのもよいですし、眺めるのも
よいです。山歩きでは槍ヶ岳と富士山を探してしまい
ますね。ぜひこちらの山にも遠征して来て下さい。

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。