雲取山 標高2017m 東京都最高峰 その2

平成23年11月22日~23日 晴れ

2日目の朝 雲取山荘は5:00に部屋の電気がつきました。

5:30 朝食
44 asagohan 
おいしかったでので、おかわりしちゃいました。

6:17 雲取山荘を出発。

とても寒い。天気が悪ければ山頂に行かないでまき道を利用しようと
思っていましたが、天気は良さそうなので山頂に登り返すことにしました。

登っている途中、木が揺れる音がすごく風が強いことがわかりました。

6:41 雲取山(標高2017m)

風が強く、寒い。氷点下という感じです

山頂に着くと日の出直後という感じ。
45 kumotori hinode 

富士山がきれい。やっぱり登り返して良かった
46 kumotori fuji1 

丹沢方面
47 kumotori tanzawa 

富士山を縦で切ってみた。
48 kumotori fuji2 

朝日を浴びる飛龍山
49 kumotori hiryu 

雲取山といえばこのカット
50 kumotori saitama2 
なかなか美しい

丹沢の大山
51 kumotori ooyama 

左に雲の上に浮かぶ神山(箱根山)、その右にうっすら天城山
52 kumotori amagisan 

杓子山の右に愛鷹山
53 kumotori asitaka 

大菩薩嶺
54 kumotori daibosaturei 

雲と山が幻想的な風景を作っています。

奥多摩・陣馬方面
55 kumotori okutama jinba 

手前に三頭山、奥に一番高い蛭ヶ岳、その左に丹沢山
56 mito tanzawa 

これから下る稜線
57 kumotori okutama2 
奥の山は右から御前山、大岳山、川苔山

富士山をもう一枚
58 asafuji 

幻想的な大山周辺
59 ooyama 

甲斐駒ヶ岳
60 kaikoma 

山頂で大展望を楽しみました。15分間撮影しましたが、寒さで手が痛く我慢ができないので
残念ながら下山です。

6:56 下山開始

まき道を利用しながらどんどん下ります。

7:14 小雲取山

7:30 奥多摩小屋

7:49 ブナ坂

8:15 七ツ石小屋下分岐

8:39 堂所

8:51 1150m

紅葉がきれい
61 koyo3 

もう一枚
62 koyo4 

9:19 小袖分岐

柿がたくさん。でも鳥が食べないので渋柿だな。
63 kaki 

紅葉をもう一枚
64 koyo5 

9:33小袖乗越

無事に着きました。山頂から2時間37分でした。 休憩しませんでした・・・

今回のコース
歩行距離 約21.3km
累積標高差 約1760m

22日 
小袖乗越7:00-7:22小袖分岐-8:03 1150m-8:30堂所-
9:23七ツ石小屋下分岐-9:35七ツ石小屋9:43-
10:09七ツ石山10:35-10:43ブナ坂-11:12奥多摩小屋-
11:50小雲取山-12:09雲取山13:05-13:30雲取山荘(泊)

23日
雲取山荘6:17-6:41雲取山6:56-7:14小雲取山-7:30奥多摩小屋-
7:49ブナ坂-8:15七ツ石小屋下分岐-8:39堂所-8:51 1150m-
9:19小袖分岐-9:33小袖乗越


地図
kumotoriyama map 

断面
kumotoriyama danmen 

久しぶりの泊まり山行。のんびり山を楽しめていいですね。
小屋での出会いも楽しい。時間を見つけてまた行きたいです。
今回も展望に恵まれました。東京都最高峰は展望も最高峰でした。
スポンサーサイト
Home |  Category:奥多摩 |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

山頂で迎える朝の時間は、山で泊まったものだけが味わえる珠玉の時ですよね。
ずいぶん、展望が良いですね。
丹沢に行きたくなってきました。

それにしても、すぐ降りてきちゃったんですね。
どこか周遊できたら、もっとよかったかも。
でも、車だとコース取りが限られてしまいますよね。

よい休日でしたね。

こんにちは。
早々にコメントありがとうございます。

朝の山もいいですね。泊まりはほとんどないのですが、
時々は泊まりで行きたいです。

帰りの渋滞が嫌で、早々に下りました。
飛龍をまわって丹波山のとも考えましたが、バスが
少ないのと風邪をひいていて体調が今一つだったので
休憩もせずにひたすら歩きました。
午後は雲がかかって天気も良くなかったようなので
よかったかなと思いました。

初冬の雲取山、空気も澄んで展望も素晴らしいものがあります。
掛け足日帰りもできますが、山の上からの日の出はやはり泊まらなくては。
東京にいたころは雲取にも出かけましたね。学生の身分なんでテントか避難小屋泊まりでしたけど。

こんばんは。
朝の山頂からの眺めは素晴らしいですね。

でもこの日の朝は氷点下で強風・・・15分が写真撮影の
限度でした。手が痛くて早々に下山となりました。

テントや避難小屋となると装備が多くなるので、もともと
重い私には厳しいですね・・・でも、いつかテント泊もして
みたいですね。

20年くらい前ですが、一度雲取山に登ったことがあります。

三峰山ロープウェイを使って、白岩山経由で山荘に1泊し、翌日は
飛竜山に登り三条ノ湯に泊まって、結構お酒を飲みチョッと二日酔い気味で下山したのを、懐かしく思い出しました。

それ以来行く機会が無かったのですが、写真を見て又行ってみたいなと思いました。

こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。
20年前と雲取山は変わっていませんか?
山荘も建て替える前だったのでだいぶかわっているのでは
ないでしょうか?三峰のロープウエイもなくなってしまいましたし。

2泊での山行は余裕があって雲取・飛龍の楽しさを満喫された
ことと思います。私も1泊でしたが朝の雲取山を経験できて
よかったなと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

ブルさん こんばんはe-15
私たちは雪の雲取山に行きました。
体調がいまいちだったのと、慣れない雪道でボロボロになって雲取山荘にたどりつきました。
でも、真っ白な稜線はキレイでしたよ…冬のいい想い出です。
ぜひ、雪の雲取へ~
ただ「雲取山荘」は寒いです。お部屋の豆炭コタツのみで暖を取るのですから。
着こんでお布団いっぱいかけて寝ました。

こんばんは。
雪の雲取山いいですね~
雪の雲取を歩きたくて、雪のない時に
一度歩いておこうと思って、今回歩きました。
いつか雪の雲取山を歩いてみたいですね。

山荘はこの時期でもかなり寒かったです。
部屋はこたつだけなので厳しいですよね。
山なので贅沢はいえませんが・・・

Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: