古の道、浅間尾根を歩く H24.11.25(日)

三連休の最後帰りの渋滞はやだなと思い、関東百名山の本を見て、
まだ登っていないところで、小仏トンネルの手前で、・・・
御前山と浅間嶺が目にとまりました。御前山はいろいろなコースが
ありますが、大ダワからのコース以外は行程が長い。
お手軽そうな浅間尾根に決定。これが思っていた以上に楽しい
山行となりました。

平成24年11月25日(土) 快晴でした!

今回は、払沢の滝の駐車場に車を駐め、バスで登山口へ移動。
縦走して駐車場に戻るコースにしました。数馬行きの始発バスは
6:40に本宿役場前のバス停を通るので、それに間に合うように
余裕を持って出発です。

4:00 市川市を出発。
圏央道ができたので、五日市や奥多摩が近くなりました。
6:00前には払沢の滝の無料駐車場に到着。
星たくさん。いい天気になりそうです。
きれいなトイレもあります。

無料の駐車場。先着は1台。
01hossawanotakip.jpg 

6:21に駐車場を出発し、バス停にむかいます。バス停までは約10分。
歩き出すとすぐに、赤く染まった木が目に飛び込んできました。
02honzyukukoyo.jpg 

予定通り、10分でバス停に到着。昨日、粟又の滝ではバスが来なくて
がっかりしたので、今日は大丈夫か・・・
6:40になってもバスは来ません・・・2分後に来ました。ほっ。

檜原街道は笹尾根と浅間尾根に挟まれた南秋川沿いをゆるゆると上って
いきます。川沿いは紅葉がちょうど良いときで、期待していなかっただけに
朝からご褒美をもらった感じになりました。
バスは谷筋の集落を結んで走っていきますが、アナウンスにミニ情報が
織り込まれていてなかなか楽しい。下川乗は昔、川海苔がとれたとか、
手打前というバス停では、「ここで手打ちをすると仲良くなる」など、へぇ~
って思うことがたくさんありました。
もう一つ、運転手さんが新聞を配っているのは驚きました。バス停に新聞を
おいていくんです。近所の人が取りにくるんですね。
バスは私ともう一人の2人しかのっていません。これじゃ、赤字だなと
思いながら、27分で浅間尾根登山口に到着。ここでも新聞をおろす運転手さん。
「寒いので気をつけて行って来てくださいね」と声をかけてくれました。うれしい
ですね。

【7:14 浅間尾根登山口】
レトロなバス停
03sengenonebusstop.jpg
いすの上に新聞が置いてあります。

道をわたり、道標に従って、街道を少し戻ります。
民宿「浅間坂」を目指して歩けば間違いありません。
街道を左に折れ、橋を渡ります。橋の向こうの民家のわんちゃんに
吠えられました。近づくと静かになりました。

この先、民宿「浅間坂」までが舗装路の急坂。今日の行程の中で
ここが一番きつかったです。
登山道に入ると急ですが、歩きやすくなります。少し登ると明るく開け、
笹尾根が目に入ります。
05sasaone.jpg 
笹尾根も気持ちよさそうだ。

ずっと右の方に目をやると・・・
三頭山(一番右)。
06mitosan.jpg 
今年も雪の時期に行きたいな。

急なところもありますが、けっこう早く数馬分岐に到着しました。

【7:59 数馬分岐】
ベンチがあり、休憩に良いところです。

ここから浅間尾根です。
分岐を過ぎるとすぐに馬頭観音様がありました。
09batokannon.jpg 
浅間尾根は生活道路として昔使われていたそうです。その名残として
祠や観音様が道沿いにあります。安全を見守ってくれているのでしょう。

アップダウンの少ない尾根道は快適です。
北側が開けると、目の前に御前山の大きな姿が目に入りました。

御前山
10sengengozenyama.jpg 
大きくて堂々としています。まだ、登ってないので、この冬には行きたい。

左の方には鷹ノ巣山も見えます。

鷹ノ巣山
12takanosuyama.jpg 

少し歩くと「サル石」。サルの手形がどこかにあるらしいのですが・・・
13saruisi.jpg
どこにあるのか・・・知ってる人います?

【8:15 藤倉分岐】
数馬分岐からここまで山と高原の地図のコースタイムが40分になって
いますが、どう考えてもおかしいですね。16分でつきました。
現在、藤倉へ下る道は通行止め。工事中とのことです。

やせ尾根や狭いところもありますが、快適です。

木の間から大岳山が見えました。
15zyukanoodakesan.jpg 

少し歩くと今日の最高地点一本松に。
16ipponsugi.jpg 
木を見ると一本杉(一本松)、地図は一本松(一本杉)。
ま、どっちでもいいけど。

せっかくなので三角点のある一本松の山頂に寄り道です。
ここから登ること3分。三等三角点がありました。

一本松(930m)山頂
17ipponmatusancho.jpg 
樹林に囲まれ寂しい山頂。

北斜面は葉が落ちすっかり冬の様相。
19fuyunotozando.jpg 

【8:51 人里峠】
人里と書いて「へんぼり」と読むんですね。知らなきゃ読めない。

ほぼフラットな歩きやすい道が続き、山と高原の地図のコースタイムより
早く歩けています。

尾根道とまき道の分岐がありましたが、明るそうな尾根道を進みました。
尾根道をしばらくすると小さな社がありましたが、写真を撮らずに通過。
これが浅間嶺にある浅間神社だったんです。浅間神社を下ると浅間嶺の
休憩所。ここで今日歩きだして、初めて人に会いました。

【9:11 浅間嶺】
浅間嶺休憩所
22sengenreikyuukeisyo.jpg 
ベンチや東屋、トイレがある広場になっていてお弁当休憩には最適です。
東屋の向こうには大岳山や御前山が目の前に見え景色もよいです。
写真に写っている方々は、ここを清掃してくださっていました。
ありがたいですね。

大岳山の山頂をアップに
25odakesancho.jpg 
人がいます。そりゃそうですね・・・大岳山は人気の山です。

ザックはおいて浅間嶺展望台へ。
26sengenreisancho.jpg 

山頂標の向こうには・・・これ
27sengenreifuji.jpg 
真っ白な富士山♪ テンションあがりますね。

丹沢の山々も見えます。

檜洞丸(左)と大室山(右)
28tanzawahoumen.jpg 

蛭ヶ岳
30hirugatake.jpg 

ちょっと目を離していると、富士山の上に雲ができていました。
29fujinouenikumo.jpg 

景色を楽しみ、広場に戻ります。

もう一つの楽しみはこれ
31hirura-.jpg 
今日も同じだけど、やっぱりおいしい♪
清掃をしてくださっている方々には申し訳なかったのですが、いただいちゃい
ました。

【9:56 浅間嶺を出発】
32sengenreisyupatu.jpg 
バス停まで約5km。今日の全行程のちょうど半分くらいでしょうか。

34kooruha.jpg 
北側はこの時間でもまだ葉っぱが凍っています。

しばらく植林帯を下ると沢沿いにでます。
沢沿いには水場がありました。
35sengenmizuba.jpg 
沢の水を濾過してパイプから流しているようです。

峠の茶屋
36togenochaya.jpg 
ここまで結構早くつきました。テレビ紹介されているのを見たことがあります。
まだ支度中でした。今度来る機会があったら食べてもいいな。

この先、舗装路と登山道を交互に歩くことになります。
舗装路がないといいのですが・・・

里の紅葉を楽しみながら歩きました。
37koyo.jpg 

都心方面が見えるところがありました
38tosinhoumen.jpg 
新宿方面でしょうか。

【10:43 時坂峠】
大きなかえでがあります。
39tossakatogekaede.jpg 
きれいです。

浅間尾根道の説明
40sengenone.jpg 
歴史を感じますね。

怖い橋
41kowaihasi.jpg 
崩れそうなんです・・・

真っ赤だ
42satonokoyo.jpg 

【11:07 払沢の滝駐車場に到着】

時間も早いので滝を見にいきました。
滝までは片道10分。
43hossawanotaki.jpg 
見事な滝です。マイナスイオンが放出されています。

このあと、バス停前にある檜原とうふ「ちとせ屋」で
豆腐と卯の花ドーナツを購入。
これから鍋にして食べます♪

【今日のコース】
歩行距離 約11km
累積標高差 +610m  -950m

浅間尾根登山口バス停7:14-数馬分岐7:59-藤倉分岐8:15-
一本松8:25-人里峠8:51-9:11浅間嶺9:56-時坂峠10:43-
11:07払沢の滝駐車場
このあと滝見学…駐車場から往復約20分

【地図】
sengenreimap.jpg 

【断面】
sengenreidanmen.jpg 


昔の人の暮らしに思いをはせながら、歩く古道。
景色も良く、思ってた以上に楽しめました。
Home |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0

鷹ノ巣山 新緑の森にさわやかな風が吹きぬける H24.5.27(日)

どの登山口から登ってもハードそうに感じていた鷹ノ巣山。
調べてみると奥集落に駐車できるスペースがあることが
わかりました。奥集落は標高約940m。山頂までの標高差は
約800m。膝に不安はありますが歩けるだろうと判断し、
今回の山行となりました。

平成24年5月27日(日) 晴れ

4:30 市川を出発

奥集落の登山口周辺にはトイレがないため、峰谷橋の手前の
トイレに寄りました。そこからはひたすら狭い道を上って行きます。
ダートに入るとすぐに登山口。広くなった路肩に駐車します。

6:45 奥集落登山口に到着。
01takanosup.jpg 
先着2台ありました。

6:58 奥集落を出発

いきなりの急登に行きがあがりましたが、ちょっとするとゆるやかになりました。
15分弱で浅間神社の一つめの鳥居です。

7:12 浅間神社の鳥居
03takanosutorii.jpg 
ツツジが咲いています。ここから鷹ノ巣山まで3.8kmの道標があります。

鳥居をくぐると広い道
04takanosujinzyamichi.jpg 

点々と神社の建物が建っています。
05takanosusegenjinjya.jpg 
どの建物も手入れがされていないようで荒れていました。

神社を過ぎると植林された森を急登です。
06takanosusyokurintai.jpg 
一直線に登っていく道です。

傾斜が緩くなると植林帯から雑木林へと変わります。
07takanosuzokibayasi.jpg 
ブナやカエデは秋の紅葉も楽しみです。

新緑が目に優しく、吹く風がさわやかで日常を忘れてしまいます。
とても心地よい。

ツツジがところどころに咲いていて新緑のアクセントになります。
08takanosututuji.jpg 

水場を過ぎるとすぐに避難小屋が目にはいります。

8:48 鷹ノ巣山避難小屋に到着
09takanosuhinankoya.jpg 
避難小屋のまわりにはテーブルとベンチ、トイレがあり、休憩には
もってこいです。おやつタイムにしました。

石尾根の案内板も設置されています。
10isionesyuhenzu.jpg 
避難小屋のまわりは冷たい風が吹き、少し肌寒い感じでした。

8:59 避難小屋を出発

開放感たっぷりの尾根道を登っていきます。
11takanosuisione.jpg 

途中、南面が開けた場所がありました。
12takanosuisionetochu.jpg 
富士山を探しましたが・・・頭だけ少し見えていました。

雲取山方面は見えます。

山頂まであと少し・・・
13takanosuisione2.jpg 

9:28 鷹ノ巣山(1737m)に到着
14takanosusancho.jpg 

南面が開けていて景色は良いのですが、遠くは霞んでいました。
15takanosusanchokara.jpg 

富士山方面
17takanosukara.jpg 
富士山はどこ・・・?

富士山
16takanosufuji.jpg 
真ん中やや左に頭だけ見えるのですが・・・わかります?

大岳山と御前山
18takanosupano1.jpg 

パノラマ
19takanosupano2.jpg 
丹沢の山々はうっすら見えました。

山頂は人が入れかわりやってきていっぱいになりそうなので、避難小屋に戻って
昼食タイムにすることにしました。

9:33 山頂を出発

尾根道を下ります
20takanosuisionekudari.jpg 

雲取山方面はきれいに見えています
21isionekumotori.jpg 
右奥が雲取山です。

雲取山と小雲取山
22isionekumotori2.jpg 

雲取山山頂をアップにすると雲取山避難小屋がみえました
23isionekumotoriup.jpg 

避難小屋は寒かったことを思い出し、尾根道の途中の日だまりで昼食に
しました。

9:45~10:15 昼食タイム
30分のんびり食事しながら休憩しました。

座りながら空を見上げると青空がきれいでした。
24takanosuaozora.jpg 

10:25 鷹ノ巣山避難小屋

学生さんたちでいっぱいでした。

ひたすら下ります。

11:23 浅間神社の最初の鳥居

11:33 奥集落登山口に到着
25okutozanguchi.jpg 

今日のコース
歩行距離 約8.2km
累積標高差 約815m

奥集落登山口6:58-浅間神社7:12-8:48鷹ノ巣山避難小屋8:59-
9:28鷹ノ巣山9:33-9:45尾根道で昼食タイム10:15-鷹ノ巣山避難小屋10:25-
浅間神社11:23-11:33奥集落登山口

地図
takanosuyamamap.jpg 

断面
takanosuyamadanmen.jpg 

5月の奥多摩は新緑が美しく歩いて楽しいところでした。
膝も何ともなく歩けました。
家に帰ってコンクリートの上を歩くちょっと痛いのでダイエットが必要かな・・・
Home |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0

雪山ハイク第2弾 大岳山 H24.2.19(日)

先週の三頭山に続き、今週も奥多摩に。
天気に恵まれ楽しい雪山ハイクでした。

大岳山は山歩きを始めて間もない2009年11月に登っています。

平成24年2月19日(日) 晴れ

5:30 市川市を出発

7:10 御岳山ケーブルカー滝本駅駐車場に到着

7:30 始発のケーブルカーに乗車

ケーブルカーには団体さんも乗っています。
団体さんよりも先に出発しなきゃ・・・

7:40 御岳山駅を出発

御嶽神社までの参道はきれいに除雪されています。
のんびり出発しましたが、徐々に傾斜は急に。
特に神社入り口の手前はかなり急で息があがりました。

8:01御嶽神社

05mitakejinzya.jpg

目の前に日の出山
03mitakehinode.jpg

よく見ると日の出山山頂の向こうにスカイツリー
04mitakeskytree.jpg

筑波山もうっすら見えました
06mitaketsukuba.jpg

登山の安全を心の中で祈願して出発

天狗の腰掛け岩を過ぎて少し進み、アイゼンを装着。
安心して雪道を歩けます。

雪の登山道
08odaketozando1.jpg
09odaketozando2.jpg

ロックガーデンの入口を過ぎると完全に雪道

8:59 芥場峠

踏まれていないところは30cmはありそうです。
10odaketozando3.jpg

岩場もあり慎重に歩きました。

9:36 大岳山荘
大岳山荘は、今は営業されていません。温度計は-3度をさしていました。
帽子をかぶっていないので、髪の毛が凍っていました・・・

山荘の前からはきれいに富士山が見えました
11odakesansofuji.jpg

9:46 大岳山荘を出発


大岳神社の狛犬はとってもかわいい  
12odakejinzykomainu.jpg

ここから急登です。

岩場もあり、なかなか楽しい道
14odakeiwaba.jpg

10:02 大岳山頂
15odakesancho.jpg

大岳山からのパノラマ
16odakesan2pano1.jpg

先週登った三頭山
17odakemitosan.jpg

やっぱり美しい日本一の富士山
18odakefuji.jpg

山頂でのラーメンは最高。具は煮卵、チャーシュー、ウインナー、ミックスベジタブルでした。
19yamara-.jpg

10:47 大岳山頂を出発

来た道を戻ります。

11:03 大岳山荘

11:29 芥場峠

ロックガーデンに入ります。

11:44 綾広の滝
20ayahironotaki.jpg

沢沿いの道で心地よい
21rockgarden.jpg

長いつらら
22turara.jpg

12:10 天狗岩
23tenguiwa.jpg

鎖を使ってのぼってみます。
24tenguiwakusari.jpg

木の根っこもすごい
25tenguiwakusari2.jpg

上には天狗がいました。
26tenguiwatengu.jpg

雪が微妙についていてちょっと怖かったですが、降りられました。

12:17 天狗岩を出発

12:36 長尾平

その後、舗装路い入るところでアイゼンを外しました。

13:04 御岳山駅に到着


今日のコース
歩行距離 約10km
累積標高差 約870m

御嶽山駅7:40-御嶽神社8:01-芥場峠8:59-9:36大岳山荘9:46-10:02大岳山10:47-
大岳山荘11:03-芥場峠11:29-綾広の滝11:44-12:10天狗岩12:17-長尾平12:36-
13:04御嶽山駅

地図
odakesan2map.jpg

断面
odakesan2danmen.jpg

雪山ハイキング、天気に恵まれ最高でした。
Home |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

三頭山 楽しい雪山ハイク H24.2.11(土)

先日、モンベルのスノースパイク10という軽アイゼンを
購入しました。それを試したくて安全に雪山ハイキングが
できそうな三頭山に行くことにしました。

三頭山は御前山、大岳山とあわせて奥多摩三山と言われています。
文字通り3つのピークからなる標高1531mの山です。
一昨年の6月に1度登っていますが、このときは残念ながら眺望に
恵まれませんでした。そのときのリベンジも兼ねています。

平成24年2月11日(土) 晴れ

5;30 市川市を出発

7:40 檜原都民の森の駐車場に到着

7:55 出発です

最初はこのような道が森林館まで続きます
01tominnomori p 
この道は除雪されていて歩きやすくなっていますが・・・
けっこう急です。一気に息があがりました。

8:00 森林館

ここから山道に入ります。

すぐに雪が現れます。
02mitosan2tozando1.jpg 
が、すぐに乾いた道・・・また雪道と交互に出てくるので
アイゼンはつけませんでした。

8:15 鞘口峠

木の間から雲取山が見えました。
03saikuchitogekumotoriyama.jpg 
山頂付近から鷹ノ巣山への稜線には雪が見えます。

ここから雪道の急登です。
ノーアイゼンで歩いていましたが雪が多くなり、
凍っているところも多いので途中でアイゼンを装着することに
しました。
こんな感じの道が山頂まで続きました。
04mitosan2tozando2.jpg 

スノースパイク10は10本爪アイゼンですが、前爪が登山靴の
前にでないように設計されています。初心者でも安全に歩ける
ように配慮されています。履くのも簡単です。
10本爪ですが本格的な雪山には向きません。低山の雪山か
残雪期に活躍してくれそうです。

アイゼンを装着するとこれまでの恐る恐るの歩きが嘘のように
さくさくと歩けます。周りを見る余裕もできました。

三頭山の山頂に近づいてくると美しいブナの林になります。
東京都でもっとも美しいブナ林と言われていますが、ほんとうに
きれいです。
05mitosan2buna.jpg 
雪の白さと空の青さにブナがマッチしてます。

9:35 東峰展望台

ここからはスカイツリーが見えました。
06higasimineskytree.jpg 

ちょっとかすんでいますが、関東平野が広く見渡せます。

奥多摩三山の大岳山(右)と御前山(左)
07higashimineoodakegozzen.jpg 
御前山には木がかぶってしまいました・・・

西武ドームと狭山湖 
08higasimineseibudome.jpg

景色を楽しんだあとすぐ先の東峰に。

9:45 三頭山・東峰

9:48 三頭山・中央峰(1531m)
09tyuoumine.jpg 
本日の最高地点です。
ベンチとテーブルがありますが、景色の良い西峰に向かいます。

一度下り登り返します。

中央峰と西峰の鞍部
10chuounisianbu.jpg 
このあたりは雪が多く、20cmくらいありあそうです。

9:56 三頭山・西峰

本日の大休憩です。ここまであまり休憩を取らずに歩いてきたので
おなかがすきました。
おにぎり、コーンスープ、ゼリーなどでのんびり休憩です。

西峰は景色が良いです。

富士山 
11nisiminefuji1.jpg
ちょっと雲がかかって全体が見えません。

三ツ峠山
12nisiminemitutoge.jpg 
電波塔も見えますね。

西峰は山梨県と東京都との境目になっていますので
2つの山頂標があります。

山梨百名山の山頂標
13nisimineyamanasi.jpg 

こちらは東京都
14nisiminetokyo.jpg 

雲取山や鷹ノ巣山もよく見えます 
15nisimineisione.jpg

雲取山をアップにしてみました。
16nisiminekumotiyamaup.jpg 
避難小屋もよく見えます。

富士山の頭が見えたので撮影しました
17nisiminefuji2.jpg 

12月に登った杓子山・鹿留山
18nisiminesyakusisisidome.jpg 

もう一枚富士山
19nisiminefuji3.jpg 
雲がかかり幻想的です。

10:20 三頭山・西峰を出発

しばらくは雪のない階段を下ります。

階段を下りきると雪が現れ、すぐにムシカリ峠です

10:28 ムシカリ峠

ちょっと登って避難小屋に寄ってみます。

10:30 三頭山避難小屋

20mitosan2hinankoya.jpg 
おしゃれな感じで、中もきれい。
中に温度計がありましたが、-5度でした。
風がないので歩いているときは寒く感じませんが、気温は低いんですね。

10:35 避難小屋を出発

10:37 ムシカリ峠
21mitosan2tozando3.jpg 
峠付近の雪はこんな感じでした。

三頭大滝方面に下ります。

ブナがきれいです
22mitosan2tozando4.jpg 

沢沿いの道を下りますが、とても心地よいです。

10:57 ブナの路テラス

11:10 三頭大滝

ここでアイゼンを脱ぎました。
滝が見える吊り橋の上に行ってみました。

滝は凍っていますが、その下を水が流れています。
23mitoootaki1.jpg 

もう一枚
24mitoootaki2.jpg 

11:16 三頭大滝を出発

ここからはウッドチップの敷かれた道となりますが、凍っているところが
何カ所もありました。転びはしませんでしたが、何度も滑りひやっとしました。

途中、生藤山が見えるところがあります
25mitosan2shotosan.jpg 

11:25 森林館

木の階段を下り、駐車場に。

11:40 檜原都民の森駐車場に到着

このあと、数馬の湯は改装中で入れないので、
十里木に近い、瀬音の湯にいきました。
たいへん人気のある温泉施設でかなり混んでいました。
お湯はつるつるする感じで気持ちよいです。

温泉も堪能し、空いている高速道路で一気に帰宅しました。

今日のコース
歩行距離 約5.8km
累積標高差 約650m

都民の森駐車場7:55-鞘口峠8:15-9:35三頭山東峰9:45-
三頭山中央峰9:48-9:56三頭山西峰10:20-ムシカリ峠10:28-
10:30三頭山避難小屋10:35-ムシカリ峠10:37-ブナの路テラス10:57-
11:10三頭大滝11:16-森林館11:35-11:40都民の森駐車場

地図
mitosan2map.jpg 

断面
mitosan2danmen.jpg 

アイゼンはなかなか良い感じで、もうちょっと雪山を歩きたくなりました。
どこに行こうかな・・・
Home |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0

雲取山 標高2017m 東京都最高峰 その2

平成23年11月22日~23日 晴れ

2日目の朝 雲取山荘は5:00に部屋の電気がつきました。

5:30 朝食
44 asagohan 
おいしかったでので、おかわりしちゃいました。

6:17 雲取山荘を出発。

とても寒い。天気が悪ければ山頂に行かないでまき道を利用しようと
思っていましたが、天気は良さそうなので山頂に登り返すことにしました。

登っている途中、木が揺れる音がすごく風が強いことがわかりました。

6:41 雲取山(標高2017m)

風が強く、寒い。氷点下という感じです

山頂に着くと日の出直後という感じ。
45 kumotori hinode 

富士山がきれい。やっぱり登り返して良かった
46 kumotori fuji1 

丹沢方面
47 kumotori tanzawa 

富士山を縦で切ってみた。
48 kumotori fuji2 

朝日を浴びる飛龍山
49 kumotori hiryu 

雲取山といえばこのカット
50 kumotori saitama2 
なかなか美しい

丹沢の大山
51 kumotori ooyama 

左に雲の上に浮かぶ神山(箱根山)、その右にうっすら天城山
52 kumotori amagisan 

杓子山の右に愛鷹山
53 kumotori asitaka 

大菩薩嶺
54 kumotori daibosaturei 

雲と山が幻想的な風景を作っています。

奥多摩・陣馬方面
55 kumotori okutama jinba 

手前に三頭山、奥に一番高い蛭ヶ岳、その左に丹沢山
56 mito tanzawa 

これから下る稜線
57 kumotori okutama2 
奥の山は右から御前山、大岳山、川苔山

富士山をもう一枚
58 asafuji 

幻想的な大山周辺
59 ooyama 

甲斐駒ヶ岳
60 kaikoma 

山頂で大展望を楽しみました。15分間撮影しましたが、寒さで手が痛く我慢ができないので
残念ながら下山です。

6:56 下山開始

まき道を利用しながらどんどん下ります。

7:14 小雲取山

7:30 奥多摩小屋

7:49 ブナ坂

8:15 七ツ石小屋下分岐

8:39 堂所

8:51 1150m

紅葉がきれい
61 koyo3 

もう一枚
62 koyo4 

9:19 小袖分岐

柿がたくさん。でも鳥が食べないので渋柿だな。
63 kaki 

紅葉をもう一枚
64 koyo5 

9:33小袖乗越

無事に着きました。山頂から2時間37分でした。 休憩しませんでした・・・

今回のコース
歩行距離 約21.3km
累積標高差 約1760m

22日 
小袖乗越7:00-7:22小袖分岐-8:03 1150m-8:30堂所-
9:23七ツ石小屋下分岐-9:35七ツ石小屋9:43-
10:09七ツ石山10:35-10:43ブナ坂-11:12奥多摩小屋-
11:50小雲取山-12:09雲取山13:05-13:30雲取山荘(泊)

23日
雲取山荘6:17-6:41雲取山6:56-7:14小雲取山-7:30奥多摩小屋-
7:49ブナ坂-8:15七ツ石小屋下分岐-8:39堂所-8:51 1150m-
9:19小袖分岐-9:33小袖乗越


地図
kumotoriyama map 

断面
kumotoriyama danmen 

久しぶりの泊まり山行。のんびり山を楽しめていいですね。
小屋での出会いも楽しい。時間を見つけてまた行きたいです。
今回も展望に恵まれました。東京都最高峰は展望も最高峰でした。
Home |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ブル

Author:ブル
バイクとカツカレーを愛する中年ライダー。
登山の魅力にはまりました。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
フリーエリア
現在の閲覧者数: